Samurai Goal

マドリード・ダービー


スポンサード リンク





【詳報】アトレティコが衝撃7発でレアル粉砕! 今季初の“マドリード・ダービー”制す 久保建英は途中出場  

20190727-00961420-soccerk-000-12-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/07/27(土) 10:56:26.56 ID:fADxWIWD9
 インターナショナル・チャンピオンズカップ2019(ICC)が行われ、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードの”マドリード・ダービー”が行われた。

 レアル・マドリードはエデン・アザールやルカ・ヨビッチ、ナチョ・フェルナンデスらを先発起用。久保建英は61分から途中出場を果たした。一方、アトレティコ・マドリードは新背番号「7」のジョアン・フェリックスやキーラン・トリッピアー、ジエゴ・コスタなどがスタメンに名を連ねた。

 試合は開始44秒でいきなり動く。D・コスタが、フェリックスからのノールックパスを受けるとペナルティエリア右に侵入。コスタは右足を振り抜くと、ボールはDFセルヒオ・ラモスに当たって軌道が変わり、ゴール左に吸い込まれた。アトレティコ・マドリードが先制に成功して、幸先の良いスタートを切る。

 さらに8分、エリア付近でサウール・ニゲスがボールを奪うとエリア左からクロスを供給。ゴール前に飛び出したフェリックスが、これを押し込み初ゴール。アトレティコ・マドリードが追加点を奪った。

 試合は完全にアトレティコ・マドリードのペースに。19分、ターンで相手をかわしたコケはエリア右のアンヘル・コレアにパス。コレアはゴール左に流し込み、アトレティコ・マドリードはわずか開始20分の内に3ゴールを挙げて、レアル・マドリードを突き放す。

 さらに28分、サウールがDFラモスのパスを高い位置でカットすると、フリーになっていたD・コスタにスルーパス。コスタはゴール前で冷静にGKクルトワとの1対1を制して、アトレティコ・マドリードが4点リードとした。

 45分にはD・コスタがPKによりゴールを挙げて、前半の内にハットトリック達成。アトレティコ・マドリードの5-0で前半を折り返した。

 後半に入ってもアトレティコ・マドリードが試合を支配。51分、フェリックスのスルーパスに反応したD・コスタが相手DFの裏に抜けてボールを受け取る。D・コスタはGKクルトワの頭上を通すシュートでネットを揺らして、4ゴール目をマーク。

 得点が欲しいレアル・マドリードは60分、アザールが左サイドをドリブルで突破するとグラウンダー性のクロスを供給。このクロスにナチョがゴール前で合わせて、レアル・マドリードは1点を返す。得点直後に久保建英が投入された。

 すると63分、ダニエル・カルバハルとD・コスタが接触してつかみ合いの乱闘騒ぎに。ジネディーヌ・ジダン監督もピッチ内に入って止めに入る事態となったが、両選手が退場することで事態は沈静した。

 70分、ビトーロが右サイドをドリブルで突破すると、そのままエリア左に侵入してシュート。このシュートはゴール左に決まり、アトレティコ・マドリードは7-1とした。

 レアル・マドリードがその後PKにより1点を奪うと、ハビ・エルナンデスがヘディングで押し込みゴール。

 このまま試合は終了してアトレティコ・マドリードが3-7でレアル・マドリードに勝利を収めた。

【スコア】
レアル・マドリード 3-7 アトレティコ・マドリード

【得点者】
1分 0-1 ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリード)
8分 0-2 ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリード)
19分 0-3 アンヘル・コレア(アトレティコ・マドリード)
28分 0-4 ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリード)
45分 0-5 ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリード)
51分 0-6 ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリード)
60分 1-6 ナチョ・フェルナンデス(レアル・マドリード)
70分 1-7 ビトーロ(アトレティコ・マドリード)
85分 2-7 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
88分 3-7 ハビ・エルナンデス(レアル・マドリード)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190727-00961420-soccerk-socc

久保建英、ダービーで「扉開く」…明日09:06~Aマドリード戦でアピールだ!  

1: 豆次郎 ★ 2019/07/26(金) 07:03:19.41 ID:OfwyTQ++9
7/26(金) 6:08配信
久保建英、ダービーで「扉開く」…26日・Aマドリード戦でアピールだ!

◆インターナショナル・チャンピオンズ杯 Rマドリード―Aマドリード(26日、米ニュージャージー・メットライフ・スタジアム)

 【ニューヨーク(米国)24日(日本時間25日)=岡野誠子】スペインの名門Rマドリードに移籍した日本代表MF久保建英(18)は26日のAマドリード戦に向けて、ワシントンでの練習後、チームと共に空路で同地に入った。

 23日のアーセナル戦で、スペイン代表MFアセンシオが負傷。左膝前十字靭(じん)帯及び外側半月板損傷と診断され、全治まで9か月かかる見込みとなった。右FWの1番手の負傷を受け、スペイン大手スポーツ紙「as」は、「アセンシオの負傷が、ロドリゴと久保の扉を開く」との見出しで、アーセナル戦に出場しなかった久保とブラジル人MFロドリゴのトップチーム入りの可能性を伝えた。

 最終戦はAマドリードとのマドリード・ダービー。同じ都市に本拠を構えるライバルとの一戦は、久保にとって試金石となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000375-sph-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索