Samurai Goal

マドリー


スポンサード リンク





<元コロンビア代表リンコン>マドリー時代の不遇を激白!「活躍できなかったのは白人じゃないからだ」 

1: 2020/05/02(土) 16:41:07.35
「マドリーの選手はみんなエゴイストだった」
 
元コロンビア代表MFのフレディ・リンコンは4月29日、『Gol Caracol』とのインスタライブで、
レアル・マドリー時代に活躍できなかったのは、「人種差別のせいだった」と明かした。スペイン紙『Marca』などが伝えている。

1990年のイタリア大会から3大会連続でワールドカップに出場した名手は、96年にナポリからマドリーへ加入。
だが、さしたるインパクトを残せずに、失意のまま1シーズンでスペインへ去ることになった。当時の苦しみをこう語っている。

「私に足りなかったのは、“白人であること”だ。常に人種差別に苦しんきたわけではないが、レアル・マドリーでプレーしていた時はそうだった。
(当時監督だったホルヘ・)バルダーノも、相当プレッシャーがかかっていたため、(リンコンを起用するのは)非常に困難だったと思う」
 
それでも、マドリーには感謝しているようだ。

「マドリーの選手はみんなエゴイストで、プライドが高くて、自分にはヘビーだった。でも、だからこそ世界最高のチームでいられるんだ。
そんな選手たちと切磋琢磨できたのは、とても良かった。いい友人もできたしね」

最後に、マドリーで長くプレーできなかった経験がキャリアにおける“痛み”となったが、「もっとチャンスがあれば成功できたと思う」と語ったというリンコン。
スペインを去った後は、ブラジルでキャリアを送り、2004年にユニホームを脱いだのだった。

5/2(土) 16:21配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200502-00072616-sdigestw-socc

写真
no title

<久保建英>またもスペイン紙一面に登場!「マドリーに居場所がある」 

1: 2020/04/13(月) 11:33:03.16
スペイン全国紙『アス』が現地時間11日夜、翌12日朝刊の一面を公開し、マジョルカ所属の日本代表MF久保建英を特集したことが分かった。大見出しには「マドリーに居場所があるだろう」と記されており、レアル・マドリー帰還を予感させる内容となりそうだ。

 イメージカットには、1ゴール1アシストで全3ゴールに絡んだ2月21日のリーガ・エスパニョーラ第21節ベティス戦でのサムズアップ写真が採用。大見出しの脇には「久保建英が再び白色を着るという夢を『アス』に語る」と記され、久保が同紙の単独インタビューを受けたことが伝えられている。

 また小見出しでは「ベルナベウで悪いプレーはできない」「フロレンティーノ(・ペレス会長)に感激させられた。ここでは自分を家族のように扱ってくれる」「メッシはドリブルとボール支配でトップの立ち位置だ」といった久保本人のコメントも引用された。

 久保はFC東京からレアル・マドリー加入が決まった直後の昨年7月14日、初めて『アス』の一面を単独で飾ると、同10月14日にもR・マドリー所属の若手選手の一員として登場。また同10月18日には大手紙『マルカ』でも単独で一面を飾っており、スペイン移籍から1年足らずで大きな注目の的となっている。

4/12(日) 11:45配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200412-43479572-gekisaka-socc

写真
no title

久保建英がスペイン紙『AS』の一面に「マドリーでの成功が僕の目標」 

20200412-00010008-goal-000-1-view

ベイル+ハメス+ナバス+125億円! ネイマール獲得を狙うマドリーのメガオファーにパリSGの回答は… 

20190822-00063147-sdigestw-000-5-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索