Samurai Goal

マドリディスタ


スポンサード リンク





“ひふみん ”だけじゃない! マドリディスタな著名人たち #サッカーキング 

WXov6N_h




1: 2020/07/25(土) 22:36:24.20 _USER9
“ひふみん”だけじゃない! マドリディスタな著名人たち | サッカーキング
https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20200725/1100519.html
https://pbs.twimg.com/card_img/1286998005933993990/WXov6N_h?format=jpg&name=small

2020年7月25日 21:15

16日に行われたリーガ・エスパニョーラ第37節のビジャレアル戦に勝利し、3年ぶり34回目の優勝を決めたレアル・マドリード。世界中のファンが歓喜する中か、ある日本人のツイートが話題となった。

「ひふみんレアル・マドリードファンなので超うれしい!おめでとうございます」とツイッターで喜びを表したのは、“ひふみん”の愛称で知られる元プロ将棋棋士、加藤一二三・九段。根っからの“マドリディスタ”(レアル・マドリードの熱心なファン)であることを以前から公言し、今回もFIFAクラブワールドカップでレアル・マドリードが来日した際には、自ら試合のチケットを購入しに行ったというエピソードも披露するなど、ファンを改めて驚かせた。

そこで今回は、レアル・マドリードのファンだという著名人を7名紹介していく。

ラファエル・ナダル(プロテニス選手/スペイン) 
フェルナンド・アロンソ(レーシングドライバー/スペイン)
ウサイン・ボルト(元陸上選手/ジャマイカ)
エドゥルネ(歌手/スペイン)
ペネロペ・クルス(女優/スペイン)
ジェニファー・ロペス(歌手・女優/アメリカ)


※各コメントは、省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

画像引用元(サッカーキング)
https://twitter.com/SoccerKingJP/status/1286998470415458304

ひふみんツイート
https://twitter.com/hifumikato/status/1283896426842296320

関連スレ
【将棋】“ひふみん”こと加藤一二三・九段も歓喜 「おめでとう!」 レアル優勝へのツイートにSNSも騒然 #さくら [ニーニーφ★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1594946518/
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

「天才に幸運を!」「明らかに過小評価だ」久保建英の“決断”をマドリディスタはどう見ている?  

20190823-00010001-sdigestw-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/08/23(金) 05:30:03.30 ID:T7yMI81L9
エトーを引き合いに「クボはちゃんと戻ってくる?」
現地8月22日、マジョルカへのレンタル移籍が決まった日本代表FW久保建英。レアル・マドリーの公式SNSがその事実を伝えたところ、返信欄にはマドリディスタからのコメントが殺到し、大きな反響を呼んでいる。

今夏にFC東京からマドリーに加入した久保は、主戦場となるはずのカスティージャ(Bチーム)ではなく、すぐさまトップチームに合流。
ジネディーヌ・ジダン監督の下でカナダ、アメリカ、ドイツの遠征に帯同し、バイエルンやアトレティコ・マドリーなど強豪クラブとのプレシーズンマッチで出色のパフォーマンスを披露した。
それでもそこは、分厚い選手層を誇るスター軍団。ジダン監督は「カスティージャで(3部リーグの)試合に出場しながら、練習は我々(トップチーム)とともに積む。それで様子を見ようじゃないか」と青写真を明かすに至った。

だが、ファンもメディアも久保はトップリーグでプレーすべきだとの意見が大勢を占め、実際にマドリーの元には複数の1部クラブから獲得オファーが届いた。
バジャドリー、マジョルカ、エスパニョール、ビジャレアル、レバンテの5クラブで、結果的にそのなかから、久保の武者修行先がマジョルカに決まったのだ。

マドリーの公式SNSには今回の久保の電撃移籍を受けて、実にさまざまな意見が寄せられている。

「天才に幸運を!」
「素晴らしい選択だろう。逞しくなって戻ってきてほしい」
「本当は近くで観たかったが、クボには1部リーグが相応しい」
「大ブレイクしてほしいね」
「マドリーの選手である誇りを胸にポテンシャルを見せつけてほしい」

など、エールに近い好意的なメッセージがある一方で、懐疑的なコメントも少なくない。

「ほかに放出すべき選手がいるだろ!」
「これだけ怪我人が多いのにクラブはなにを考えているんだ?」
「十分トップで通用する人材。明らかな過小評価だった」
「間違いだ。でもこんなヘボいチームにいるよりは……」
「あとはネイマールが来てカオスを招くのだろう」

といった調子だ。なかには、かつてマドリーからマジョルカへ期限付き移籍し、
そこでスターダムを駆け上がってバルセロナに旅立ったサミュエル・エトーのケースを引き合いに出し、「クボはちゃんと戻ってくるんだろうな?」と皮肉るファンも登場した。

賛否両論に分かれてはいるが、大半のマドリディスタが久保の才能と将来性に小さくない期待を抱いているのは疑いがない。
入団からおよそ6週間で、確かな声価を得ていたようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190823-00010001-sdigestw-socc
8/23(金) 5:09配信

メッシは次男にタジタジ!? 自宅での気まずさを語る「『僕はバルサを破ったリバプールだ!』って言ってくる…」  

20190606-00059700-sdigestw-000-5-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/06/06(木) 23:02:42.69 ID:uhzQvh1+9
“禁断”のマドリディスタにもなる?
 バルセロナの10番が語った息子たちへの本音が話題を呼んでいる。

 現地時間6月5日、アルゼンチン・メディア『Tyc Sports』のインタビューに応じたリオネル・メッシが、愛する息子たちとのユニークなやり取りを告白した。

 2017年に愛するフィアンセのアントネラ・ロクソさんと結婚したメッシには、現在、長男のチアゴ君、次男のマテオ君、そして三男のシロ君がいる。このやんちゃ盛りの子どもたちのなかでも、とくに父親を悩まされているのが次男坊だという。

 現在、3歳のマテオ君は3つ年上のチアゴ君を“イジる”ことにハマっており、様々な挑発を仕掛けて、兄を悩ませている。その言葉の中には、父の心にグサりと刺さるものもあるようだ。
 
 メッシによれば、マテオ君がとくに最近ハマっているのが、バルセロニスタのチアゴ君に対する嫌がらせをするためにバルサを皮肉ること。今シーズンのチャンピオンズ・リーグ準決勝でリバプール、コパ・デル・レイ決勝でバレンシアに痛恨の敗戦を喫したことを口にし続けているというのだ。

「ある時、家で息子たちと遊んでいたら、マテオが『僕はバルサを破ったリバプールだっ!』って言っていたんだ。そして、僕らがバレンシアに負けた後には、同じように『僕はバレンシアだぞ』って言うんだ。あれは堪えたね(笑)」

 さらにマテオ君は、“禁断”のマドリディスタ(レアル・マドリーのファン)に扮して兄を挑発しているという。メッシは苦笑いを浮かべながら明かしている。

「家で家族とテレビを見ていた時だった。マテオはチアゴをイライラさせたくて、マドリーのゴールに大喜びしたんだ。マテオは兄の前ではマドリディスタなんだ」

 ピッチ上では、唯一無二の存在であるメッシも、愛息の無邪気な振る舞いには、お手上げなようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190606-00059700-sdigestw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索