Samurai Goal

マテラッツィ


スポンサード リンク





マテラッツィ、ジダン頭突きを振り返る「お前の姉ちゃんがほしいと言った。頭突きされるとは思ってなかった」 

20200503-00010022-goal-000-3-view

マテラッツィ“兄貴”、インテル時代にバロテッリへ鉄拳制裁を下したと告白 

1: 2020/04/17(金) 16:56:50.18
マテラッツィ“兄貴”、インテル時代にバロテッリへ鉄拳制裁を下したと告白
(写真:Getty Images)

インテルのレジェンドである元イタリア代表DFマルコ・マテラッツィが、インテル時代のマリオ・バロテッリとのやり取りを回顧した。

マテラッツィは2001年から2011年インテルで活躍したDFで、ロッカールームをまとめる兄貴分としてチームの統率をとり、ファンからも愛されたレジェンドだ。

そんなマテラッツィが16日、インスタグラムのライブ配信を使用したインタビューに応え、インテルでの経験を振り返り、2010年のチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナとの準決勝で起こったバロテッリとの事件についても回顧している。

この試合、途中交代で入ったバロテッリはピッチ上で精細を欠くパフォーマンスを見せたあげく、試合終了後にユニフォームを地面に投げつけていた。
その後、ロッカールームに引き上げるバロテッリをマテラッツィが追いかけていく姿が目撃されている。

マテラッツィ氏は当時を振り返り、バロテッリを殴っていたことを明かした。

「彼をぶっ飛ばしたよ。本当だ。彼を愛しているが、あの日の彼はそれに相応しかった。今は友人だし、兄弟のような関係だが、マリオはあの日やってはいけないことをした」

「ベンチから出てきた後、カウンターのチャンスがあったのに彼はハーフウェイラインからロングシュートを打ったりしていた。ディエゴ・ミリートはカンカンだったよ」

「みんなマリオのポテンシャルを信じていたし、多くのゴールを決めて勝利にも貢献した。
でも、その事件の1週間後、トレーニングで彼とマッチアップさせるようにモウリーニョに頼んだんだ。(対戦した後)一瞬で医務室送りにしてやったよ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-00373362-usoccer-socc
4/17(金) 16:30配信

no title

no title

no title

元インテルDFマテラッツィ氏「バロテッリは子供のまま大人になった。可愛がってやったよ」 

20200406-00010024-goal-000-1-view




1: 2020/04/06(月) 23:10:48.26
元イタリア代表DFのマルコ・マテラッツィ氏が、インスタグラム上のライブ配信で元フランス代表GKのセバスティアン・フレイ氏と対談し、元同僚のFWマリオ・バロテッリなどについて語った。

現役時代、インテルやペルージャなどで活躍し、2006年にはイタリア代表としてドイツ・ワールドカップ優勝を果たしたマテラッツィ氏。元フィオレンティーナGKのフレイ氏との対談の中で、インテルのライバルクラブであるユヴェントスについて問われると本音を明かしたほか、インテルで同僚だったバロテッリに触れた。

「どれほどユーヴェが嫌いかって?スポーツ上に限った話だが、かなり嫌いだよ」

「バロテッリ?彼はナンバーワンの選手だし、素晴らしい青年だ。しかし時折、私が叩き直してやらなければならなかった。ある日、ミランの靴下を履いてきたから、私が切ってやったよ。それでも彼のことは大好きだし、ダメな奴なんかじゃない。いい奴だよ。子供のまま大人に成長したような奴だ。初めて一緒に練習をしたときは、私の股下からボールを通して抜こうとしてきたが失敗に終わった。私と(イバン)コルドバで可愛がってやったよ」

続いてマテラッツィ氏は、ミランのFWズラタン・イブラヒモヴィッチについて問われると、「非常に強い選手だ。それでも(リオネル)メッシや(クリスティアーノ)ロナウドのような最強レベルではない」との見解を示した。

また2010年にインテルを率いたラファエル・ベニテスやレオナルドについてコメント。「(ジョゼ)モウリーニョの後を引き継ぐのは難しかったと思うが、レオナルドがやったように真似をすればスクデットは獲れたかもしれない。レオナルドは、6カ月前にしていたことを“コピー&貼り付け”しただけだからね。賢かった」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200406-00010024-goal-socc

元伊代表マテラッツィが毒舌!「06年W杯のドイツは“ひよこ”。C・ロナウドは私が洗礼」 

1: 2020/03/20(金) 20:36:07.00
元イタリア代表DFのマルコ・マテラッツィ氏が、インスタグラム上でイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューを受け、2006年ドイツ・ワールドカップなどを振り返った。

現役時代にインテルやペルージャなどで活躍したマテラッツィ氏は、2006年にイタリア代表メンバーの一員としてW杯に出場。決勝でPK戦の末、フランスを下して世界の頂点に立った。当時、フランス代表主将だったジネディーヌ・ジダンを頭突きによる退場へと追い込んだことでも知られるマテラッツィ氏は、最近イタリアで再放送された大会を視聴して当時を回想。中でもドイツとの準決勝を自画自賛した。

「すべての試合を見直したが、私は良いプレーをしていたね。決勝よりも準決勝の方が良かったかな。私は少し外出が多すぎたかもしれないが、コーヒーくらい飲みにいってもいいだろう。(ファビオ)カンナヴァーロや(ジャンルイジ)ブッフォンもついてきていた。当時は難しい時期だったが、スポーツが国民を1つにまとめることができると証明できた」

「ドイツ戦では、少々手荒すぎたかな。相手をボコボコにしてしまったからね。向こうのホームなのに、イタリア代表と戦っている彼らはまるで“ひよこ”のようだったよ。最高に満足できた試合だった。あの試合こそ本物の決勝だったと思う」

続いてマテラッツィ氏は、自身のキャリアで出会った中での最強選手にフェノーメノ(怪物)こと元ブラジル代表ロナウド氏を挙げた。

「私はあらゆる最高峰レベルの選手と戦ってきた。その中で最強だったのはブラジル人のロナウドだ。一方クリスティアーノ・ロナウドはロボットのようだよ。初めて対戦したときは、私が彼に洗礼を浴びせてやった。C・ロナウドは自身のプレーをして勝利するだけだが、フェノーメノは相手を待ち構えてからあざ笑うかのようにゴールを決めていた。強くてスピードも凄かった」

3/20(金) 20:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200320-00010026-goal-socc

写真
no title

<イブラヒモビッチ>元同僚マテラッツィを“口撃”「殺人タックルを受けたから病院送りにしてやった!」  

1: Egg ★ 2019/12/07(土) 00:45:27.18 ID:2ZTQFpFn9
no title


インテル時代にチームメイトではあったが、ズラタン・イブラヒモビッチとマルコ・マテラッツィの関係は良好ではない。

【動画】イブラヒモビッチがマテラッツィに見舞った衝撃のテコンドーキックはこちら
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=67455

 去就が注目されるなか、イタリア誌『GQ』のインタビューに応じたイブラヒモビッチは、再びマテラッツィを“口撃”している。『Gazzetta dello Sport』紙によると、イブラヒモビッチは「ユベントス時代にアイツから殺人タックルを見舞われ、ケガをしたことがある」と述べた。

「彼は“ワルい”選手だった。それを示すやり方はふたつある。例えば、パオロ・マルディーニもずる賢い選手だったが、目的は別にあった。だが、マテラッツィは本当に相手をケガさせたがったんだ」

 インテルを離れ、バルセロナを経てから、ミランに移籍したイブラヒモビッチは、ミラノ・ダービーという大舞台でマテラッツィと対戦している。その際、イブラヒモビッチはマテラッツィに“テコンドーキック”を見舞った。

「病院送りにして、デヤン・スタンコビッチから『なんであんなことしたんだ?』と聞かれたんだ。『この瞬間を4年前から待っていたのさ』と答えたよ」

 これに対し、マテラッツィは自身のインスタグラムで反応。「『来た、見た、勝った』。とにかく、いつでも感謝している。お前がいなければオレたちは勝っていなかった」とコメントした。

 一見すると、マテラッツィの対応は大人だ。だが、投稿にはサミュエル・エトーのアカウントが含まれ、選ばれた写真はインテルがチャンピオンズ・リーグを制し、ハビエル・サネッティがトロフィーを掲げた瞬間のものだった。

 2009年夏にイブラヒモビッチがバルセロナに移籍した際、トレードのかたちでインテルに加わったのがエトーだ。そしてそのシーズン、インテルは欧州制覇を含む3冠をイタリア勢で初めて実現し、歴史の1ページを記した。イブラヒモビッチは、ビッグイヤーを獲得したことがない。

 『GQ』のインタビューで「再び勝たなければいけないクラブに行く」と、低迷する古巣ミランへの復帰を想起される発言を残したイブラヒモビッチ。

 彼のミラン加入が実現した場合、インテルOBのマテラッツィとのやり合いが、これまで以上に注目を集めそうだ。

12/6(金) 18:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191206-00067455-sdigestw-socc

マテラッツィ「長友は最高の選手さ!」「日本という国が大好きなんだ」 5回目の来日を堪能 

1: 名無しさん 2016/06/21(火) 14:20:30.65 ID:CAP_USER9
インテルの公式旅行代理店を務める株式会社エス・ティー・ワールド本社に元イタリア代表のマルコ・マテラッツィが訪れた。かつてインテルで日本代表DF長友佑都とともにプレーした長身DFは、日本という国をすっかり気に入ったようだ。元同僚の長友については、「礼儀正しく、感じの良い選手だ」と印象を語っている。
(取材・文:今関飛駒/通訳:浜川絵理) 

「長友は最高の選手さ!」「日本という国が大好きなんだ」

――日韓ワールドカップでは日本で試合をしたこともありますけど、今回で何回目の来日ですか?
「今回で日本に来たのは5回目くらいかな。日本はとても美しいし、すごく行儀が良くてきちんとした日本の人たちが大好きだよ。やっぱり、お寿司は美味しいよね」

――あなたはインテルで長友と一緒にプレーしていました。ピッチ外でも親交が深いようだったけど、彼はどんな選手でしたか?
「アイツは最高のサッカー選手さ! 全ての日本人に共通した特徴である“礼儀正しさ”がある。プレースタイルはとてもクリーンだ。明るくてとても感じが良い。人としても大好きだよ! インテルとの契約は延長したけど、もっと活躍できるように願ってる。それに値する人だからね。またタイトルを取れるようになってほしいな」

――昨日の夜は長友と本田と夕食を共にしたようですね。
「昨日会って、挨拶を交わしたよ。一緒に過ごした過去について話したんだ。とても仲が良かったし、チェゼーナから来たばかりの彼をオレは歓迎した。すぐに仲良くなれたよ!」
※取材前日にマテラッツィが自身のツイッターで本田と長友との3ショットを公開

――現在フランスでEUROが開催されています。イタリア代表は決して前評判が良くないようですが、優勝できるでしょうか?
「決勝までは行けるはずさ。だけど、勝つことというのはいつも簡単ではないんだ」

――マテラッツィ選手が注目する今のイタリア代表選手は?
「オレはワールドカップで優勝したときに一緒にプレーしていた選手との繋がりを感じているんだ。だから、ブッフォン、バルザーリとデ・ロッシの3人かな」

――インテル退団後はインドでもプレーしました。現在はどんな活動をしていますか?
「インドのシーズンは3ヶ月しかないから、とりあえずあとは様子を見てみようかなと思っている」

――最後に日本のファンにメッセージを!
「日本にはいつも喜んで戻って来たいと思っている。日本の人々を愛しているし、日本という国が大好きなんだ。だから、早くまたここに戻って来れることを願っているよ!」

フットボールチャンネル 6月21日 11時4分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160621-00010015-footballc-socc

no title

【画像】本田圭佑、長友佑都、マテラッツィが三軒茶屋で3ショットパシャリ!!! 

★: 名無しさん

13392695_1587406704891116_899995998_n

マテラッツィが長友を絶賛「ユウトの魅力は日本特有の集中力」 

1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/09/20(金) 10:01:14.15 ID:???0
フリースタイル・フットボール世界大会「レッドブル・ストリートスタイル・
ワールドファイナル 2013 東京」が、東京芝公園の増上寺の境内にて開催された。

19日に行われた決勝大会では、元イタリア代表DFのマルコ・マテラッツィ氏が
スペシャルジャッジとして参加。
大会終了後の記者会見で、インテル在籍時のチームメートである
日本代表DF長友佑都について言及した。

マテラッツィ氏は、長友がインテルに移籍してきた2011年1月から半年間ともに
プレー。当時について「ユウトとプレーできたことは非常に光栄に思っている」と
振り返るとともに、長友が今シーズンの開幕から2試合連続ゴールを挙げたことに
ついても、賛辞を送った。
「決めた2ゴールはヘディングだったが、それは全く簡単なことではなく、
ユウトは常に非常に集中してプレーしているから、隙やチャンスを見つけて
ゴールを決めている。良いポジションに自分を置いていると感じているよ。
日本人特有の集中力がユウトにはあるから、それを自分としては魅力的に感じていた」

同イベントは、足や胸、肩、頭などを駆使してサッカーボールを様々な方法で
動かして一連の動作を行い、パフォーマンスとしての完成度を競う
フリースタイル・フットボールの世界大会。
今回で4度目となり、アジアでは初開催で、ポーランド出身のジモン・スカルスキーが
優勝を果たした。

ソースは
http://www.soccer-king.jp/news/japan/japan_other/20130920/135930.html
スペシャルジャッジとして参加したマテラッツィ
no title

マテラッツィ「日本の人たちは入れ墨が見たくないのだね・・・」 

859: 名無しに人種はない@実況はサッカーch 2013/09/19(木) 17:25:19.04 ID:VF8Z6QF50
マテラッツィ「日本の人たちは入れ墨が見たくないだね・・・」
https://twitter.com/iomatrix23/status/380511396456587264
no title



いや、あんたのは特に凄いからw

【画像】”I LOVE JPN”のTシャツを着てマテラッツィ来日!! 

313: 名無しに人種はない@実況はサッカーch 2013/06/08(土) 16:07:57.65 ID:TYp7Zup20
ついにマテ来日

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索