Samurai Goal

マスク


スポンサード リンク





これは大胆デザイン…「グランパスくん」マスク発売 J1名古屋がMIZUNOの「マウスカバー」とコラボ 

1: 2020/06/23(火) 13:27:00.38
名古屋グランパスは23日、クラブパートナーであるMIZUNOの「マウスカバー」とのコラボマスクを公式オンラインショップで発売すると発表した。

水着や陸上のウエアで採用される素材を使った「マウスカバー」は、5月、購入希望者が殺到したため特設サイトのサーバーがダウンした人気商品。
現在、MIZUNOは抽選販売の申し込みを受け付けている。

今回は通常バージョンと、プロスポーツチームのコラボマスクとしては初となる清涼感のある「アイスタッチ」バージョンを用意。3枚セットで、赤、
グレーのほか公式マスコット「グランパスくん」の顔を前面に押し出した大胆デザインのモデルも含まれる。

試合当日には選手やスタッフも装着予定。販売は1会員あたり1回1セットの制限付きで、ファンクラブ会員向けは26~28日、一般向けが29日から
行われるが、ファンクラブ先行販売で完売すれば一般販売は行わない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7632ea3daa24b674c84b28b3eac454f04c142141

画像
no title

クロップ監督、英国の新型コロナ対応を批判。「私しかマスクをしていない」 

20200621-00378089-footballc-000-1-view




1: 2020/06/21(日) 18:18:08.81
 リバプールのユルゲン・クロップ監督は、母国ドイツなどと比較するとマスクの着用が徹底されていないとして、英国政府や国民の新型コロナウイルスに対する対応を批判している。英紙『ガーディアン』など複数メディアが20日の会見でのコメントを伝えた。

 プレミアリーグであと2勝を収めれば30年ぶりのリーグ優勝が決定する状況にあるリバプールは、現地時間21日に行われるエバートンとのダービーマッチでシーズン再開の予定。リーグ打ち切りが懸念されたこともあったが、「政府のせいでタイトルが獲得できなくなると心配したことは全く無かった。それよりも死亡者数について心配している」とクロップ監督は語る。

 英国では公共交通機関などでのマスク着用が今月15日から義務化された。だがクロップ監督は「個人的には、他国が5週間や6週間も前からやっていたことなのに、6月15日からマスクを着け始めたことが理解できない」と対応の遅さを指摘している。

「マスク着用に意味があるかどうかに議論の余地もあるだろう。だがもっと早くマスクを着け始めた国では英国より死亡者数が少ない。それが事実だ」とクロップ監督。英国ではアメリカとブラジルに次いで世界3番目に多い4万人以上の死亡者が出ており、人口あたりの死亡者数は非常に高い比率となっている。

「ドイツではマスクを着けなければ店に入れさせてもらえないが、マスクを着ければどこにでも行ける。英国でガソリンスタンドに行くと、マスクと手袋を着けているのは私しかいない。自分が異星人のようだ」とマスク着用率の低さを批判。「だが私は(パンデミックが)もう終わったと誰かに言われるまでは(マスク着用を)やめないつもりだ」と語っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1dc029fc591a430721fd01f28ccb096080a264ab

元サンフレ塩谷選手がマスク寄贈 広島市に8000枚 

20200517-00010005-chugoku-000-1-view




1: 2020/05/17(日) 17:52:53.66
 J1サンフレッチェ広島で3度のリーグ制覇に貢献し、現在はアラブ首長国連邦(UAE)のアルアインに所属する塩谷司選手(31)がこのほど、広島市にマスク8千枚を寄贈した。市によると、
市医師会を通じて医療機関で活用してもらうという。

 塩谷選手は、知人の医療従事者などを通じて、日本のマスク不足を知った。2012年にJ2水戸から加入し、移籍する17年まで過ごした広島に対して「お世話になったので何か恩返しできないか」と
マスクを贈ることにした。

 UAEの国内リーグ再開は8月。感染リスクを考慮して日本には戻らず、自宅で読書やトレーニングに励む現状を会員制交流サイト(SNS)で報告している。塩谷選手は「厳しい状況は続きますが、
みんなで力を合わせて乗り越えましょう」とのエールを寄せた。

中国新聞社

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200517-00010005-chugoku-l34

広島がマスク販売発表 夏場対応へ冷感素材を使用も 

20200515-25150368-nksports-000-3-view

Kリーグが無観客で開幕! ベンチ全員がマスクを着用した一戦は王者・全北が勝利 

20200508-01067808-soccerk-000-1-view




1: 2020/05/09(土) 01:36:57.07
◆Kリーグ開幕節 全北1―0水原(8日、全州W杯競技場)

 新型コロナウイルスの感染拡大により延期されていた韓国のプロサッカーリーグ・Kリーグが8日開幕し、3連覇中の全北が水原を1―0で下し、白星発進した。

 新型コロナの影響で各国リーグが中断している中、Kリーグが無観客で開幕した。
7日時点での韓国国内での感染者数は1万810人だが、新規感染者は3日連続で5人未満に収まっており、博物館など公共施設もすでに再開。韓国プロ野球も5日に無観客で開幕したことから、当初は2月29日に開幕する予定だったKリーグも開幕に踏み切った。

 対策も徹底した。5月1日までに選手やスタッフ、レフェリーやクラブ関係者などは全員検査を受け、陰性を確認済み。この日も、両チームの選手やスタッフはスタジアム入りする際に検温を実施した。ベンチの選手や監督も全員マスクを着用。
視察に訪れた同国代表のパウロ・ベント監督も、マスクをつけてスタンドから試合を見守った。

 ユーチューブとツイッターを通じて無料中継を実施し、世界から注目を浴びた一戦は、白熱した試合となった。昨季王者の全北が前半から攻め込むが、水原がカナダ人DFヘンリーを中心に耐える展開。
得点が欲しい全北は、後半16分にかつて福岡でプレーした元U―20日本代表MF邦本宜裕(22)を投入して攻勢を強める。均衡が破れたのは後半39分。
右CKから途中出場の元韓国代表FW李同国(41、イ・ドングク)が頭で決勝点をたたき込んだ。ゴール後も味方とは手のひらでの接触を避けるため、グータッチで喜びを分かち合った。

 そのまま試合は終了。Kリーグの今後の動向は、Jリーグをはじめ、各国リーグに大きな影響を与えることになりそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200508-01067808-soccerk-socc

日本代表MF柴崎岳さん、故郷・青森の福祉現場へマスク1万枚寄付 

20200507-05070196-sph-000-5-view




1: 2020/05/08(金) 13:00:07.77
スペイン2部デポルティボの日本代表MF柴崎岳(27)が新型コロナウイルス対策への支援として、
出身地である青森県の福祉現場へマスク1万枚を寄付するとマネジメント会社「UDN SPORTS」が7日、発表した。

「UDN SPORTS」は、一般社団法人「Get in touch」の活動である「#福祉現場にもマスクを」プロジェクトに対してマスクの寄付などを協力。
今月1日にも、柴崎ら契約している75選手が資金を出し、全国の学童や医療従事者向けにマスク20万枚を寄付すると発表していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/464b032b9a9dd775a15218c88bd5acabd31149a6

<香川真司ら>マスク20万枚を配布!「#つなぐ」プロジェクト開始.. . 

1: 2020/05/02(土) 00:09:13.39
アスリートのマネジメント事業中心に活動するUDN SPORTSは1日、サッカー香川真司、柴崎岳やバドミントン桃田賢斗、陸上サニブラウン・アブデルハキームら所属選手が自ら話し合い、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている日本に対して今できることを考えた結果、契約アスリート75人が参加する「#つなぐ」プロジェクトを同日から開始すると発表した。

第1弾として全国の学童や医療従事者、各選手と縁のある地域へマスク20万枚を配布する。

合わせて、社会貢献プラとフォームUDN Foundationの活動の証であるリストバンド、選手のメッセージが入ったレターも届ける。選手が出演するコンセプトムービー、選手からのメッセージムービーも展開する。

「#つなぐ」コンセプトムービーは、トイレットペーパーを選手の「支援の気持ち」に見立て、選手同士をつなげ、さらに大きなつながりに広がっていく様子を表現した映像。香川は「映像の最後は、僕からの皆さんへのパスなんです。ぜひ皆さんも、このパスをつなげるようにリフティング映像を投稿してみてください。支援の輪をみんなでつなげていきましょう!」と呼び掛けた。

このプロジェクトには「今まで普通につながっていた人たちと、直接つながれなくなってしまった人たちに、心のつながりをもたらしたい」「一過性のものではなく、このような支援の輪がつながり、広がっていくように」との思いを込めた。

ゴールデンウイーク期間には日替わりのオンラインイベントを開始。原口元気のYouTube LIVEトークセッション(3日午後5時)や桃田のインスタライブ出演(5日午後7時)が予定されている。UDN SPORTSの総力を挙げたイベントとなる。

5/1(金) 11:56配信https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200501-25010203-nksports-spo

写真
no title

ブンデスリーガ、マスク着用でプレーか!?「マスクが滑ったら試合はすぐに止められなければならない」 

curetex_mask09




1: 2020/04/25(土) 09:38:21.21
ドイツはマスク姿でサッカー再開!? 5月9日に19-20年シーズンの公式戦再開を無観客試合で見込むブンデスリーガは、選手がマスク着用でプレーする可能性が出てきた。

24日に英紙ミラーがドイツ紙シュピーゲルの報道を引用し、ドイツ労働省によって作成中の文書で明らかになったと報じた。

同文書には、選手とレフェリーは「スポーツに適した口鼻保護」の必要性が強調されていた。「マスクが滑らないようにする必要がある。マスクが滑ったら試合はすぐに止められなければならない」と、マスク落下の場合にはプレーが止められるという。さらに「呼吸量の増加のため、マスクは早くぬれて使用できなくなるため、遅くとも15分に1回は交換する必要がある」と、試合途中にマスク交換タイムを設けることが提言された。

マスク交換時には選手が1・5メートルの距離を維持し、試合中はマスクを手で触れてはいけないとの記述もあった。またマスク以外でも、チームメートや対戦相手とのハグも禁止され、ボールの奪い合い時に起こる不必要な接触はレフェリーに注意される内容もあった。

ドイツ・ブンデスリーガでは公式戦再開前に約1100人の全選手の新型コロナウイルス検査が必要とし、厳しい衛生上の予防措置が講じられている。ドイツフットボールリーグのクリスティアン・ザイフェルトCEO(最高経営責任者)は23日の記者会見で5月9日から無観客での公式戦再開の方針を示した上で「再開できるかどうかは、私たち次第ではありません」と説明し、政府判断に委ねる姿勢を示していた。

4/25(土) 8:37 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200425-24250098-nksports-socc

【浦和】MF宇賀神が戸田市らにマスク3万枚を寄付…追加支援も計画【イケメン】 

columnsv2_34250




1: 2020/04/21(火) 21:04:21.03
【浦和】MF宇賀神が戸田市らにマスク3万枚を寄付…追加支援も計画


J1浦和のMF宇賀神友弥(32)が21日、出身地である埼玉県戸田市にマスク3万枚を寄付すると自身のブログで発表した。


「コロナの感染が止まらない今、医療従事者の方やマスクが不足して困っている人たちの力になりたいと思い、色々な繋がりからマスクを準備することができました」。さらに「自身の背番号にちなみ3万枚支援させてもらおうと思います」とコメントした。

 新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるう中、ついにJリーガーが支援に動き出した。マスク不足が叫ばれる中、宇賀神は関係者を通じて、マスクを手配。この日、宇賀神が戸田市内で経営する「UGAJINエスフォルソプレイス」にマスクが到着した。2万枚を戸田市に、1万枚を同市内の病院、高齢者施設に寄付するという。

 また、追加支援策として、台風19号による豪雨で水没したサッカー場を再生するために発足した「#きみのてプロジェクト」の名前を使って、寄付金を集め、追加でマスクを確保して、さらに寄付するプランも画策している。

宇賀神は@ThanksMedicalWorkersというインスタグラムのアカウントを作成。MF柏木陽介、長沢和輝、DF鈴木大輔(以上浦和)、元浦和の日本代表MF遠藤航(シュツットガルト)の5人で協力して、医療従事者へメッセージを届ける活動を行うことを13日に自身の公式ブログで発表した。その支援の一環として今後、5人でマスクを購入し、不足が深刻な場所へ寄付することも計画している。

2020年4月21日 20時19分スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20200421-OHT1T50183.html

宇賀神友弥のチャント

ラララ ラーラララ 宇賀神友弥 ラーラララ
オオオ オオオオ 宇賀神友弥 オーオオオ
※原曲は「ボブ・マーリー(Bob Marley)」の「Buffalo Soldier」

日本代表DF長友佑都が”太っ腹” マスクを医療従事者に届けるプロジェクトに『500万円』寄付 

20200417-00010000-chuspo-000-1-view




1: 2020/04/17(金) 10:10:04.15
 サッカーのトルコ1部ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都(33)が16日、自身の公式ツイッターで、新型ウイルス禍で不足しているマスクを医療従事者に届けるクラウドファンディングに500万円を寄付したことを明かした。

 「院内感染の恐怖の中で自分の危険もかえりみず、かけがえのない命を救ってくださっている医療従事者の皆様に心から感謝します」と医師や看護師など不眠不休で稼働する医療従事者に謝意を示すとともに、「少しでも支えることができればと思い、500万円を寄付させていただきました。みんなの力でマスクを届けましょう!」とつづった。

 「#マスクを医療従事者に」のハッシュタグで特定非営利活動法人ジャパンハートが展開しているクラウドファンディングで16日午後11時に募集が終了。寄付者は計算1万5195人で総額1億5271万2000円が集まった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-00010000-chuspo-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索