Samurai Goal

マインツ


スポンサード リンク





<武藤嘉紀(ニューキャッスル)>中国行きの可能性?英メディアがベニテスとの“再合流”に言及! 

20190706-00201638-soccermzw-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/07/06(土) 08:53:53.01 ID:rKix19Oy9
昨夏ニューカッスルに移籍した日本代表FW武藤嘉紀は、加入1年目で厳しいシーズンを過ごすことになった。獲得時の指揮官であるラファエル・ベニテス氏は大連一方の監督に就任したが、英メディア「HITC」は「中国入りしたベニテスと合流する可能性のあるニューカッスルの選手たち」と見出しを打って報じ、武藤もそこに名を連ねている。

 武藤は昨季、マインツからニューカッスルへと移籍。念願のプレミア参戦を果たしたが、加入1年目はリーグ戦17試合出場でわずか1ゴールと、不本意なシーズンを過ごすことになった。記事では、ベニテス監督が中国へと活躍の場を移したことで、同監督が獲得を望んだ武藤も後に続く可能性があることを指摘している。

「武藤とのサインはまだ有効なものとは言えない状況だ。武藤はJ1でプレーしていた際、アジアでの経験値を積んだ。タインサイド(イングランド北東部)での最初のシーズンで苦戦を強いられたことを踏まえると、クラブとの決別が実現しても誰も驚かないだろう。キャリアを通して、イングランド、ドイツ、日本でプレーしたが、中国でプレーすることはまた違った経験となるだろう。彼は、異なるタイプのリーグで戦うことに順応できる選手だ」

 武藤の他にも、パラグアイ代表MFミゲル・アルミロン、ガーナ代表MFクリスティアン・アツの名が挙げられているが、武藤は新シーズンをニューカッスルで迎えるのか、それとも新たなユニフォームを着て戦うことになるのだろうか。

7/6(土) 6:40配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190706-00201638-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190706-00201638-soccermzw-000-1-view.jpg

熱すぎるぞクロップ! リバプールサポーターの心を掴んだ闘将の”暑苦しすぎる”事件5選 

20190418-00317910-footballc-000-3-view[1]

<元ドイツ代表GKアドラー>女優の妻と日本で年越し「日本で2019年を迎えたよ!」東京の和食や観光を満喫 

1: 2019/01/01(火) 19:45:51.87 _USER9
マインツの元ドイツ代表GKレネ・アドラーが、日本での滞在を楽しみ、年越しを東京で迎えたようだ。

アドラーは12月26日、女優である妻リリーとともに来日したことをSNSで公表。その後、串カツ、ラーメン、寿司、居酒屋料理など、和食を中心に日本ならではのグルメを満喫している。
渋谷のスクランブル交差点や明治神宮、そのほかにも新宿、赤坂などを訪れ、著名観光スポットでの写真や動画をSNSで次々に投稿した。

日本時間1日未明には『インスタグラム』で「親愛なるみなさんへ。みんなにより良い2019年が訪れますように。僕にとっては(負傷で)苦しい時期が続いているけど、多くの挫折から新たに得ることもある。
そんな中でも、いつも支えてくれるマインツのみんなに心から感謝したい。という新年のあいさつを東京から発信している。

1985年生まれのアドラーはレヴァークーゼンの下部組織育ちで、06-07シーズンにトップデビューを果たすと、すぐさま正GKに定着。
2008年に初キャップを刻んだドイツ代表では、2009年のロベルト・エンケ投身自殺に伴い2010年の南アフリカ・ワールドカップ直前まで、同世代のマヌエル・ノイアーと正GK争いを展開した。
度重なるケガに悩まされながらも、2012年にハンブルガーSVへ移籍し、2017年からマインツに在籍。だが現在はひざの負傷で2018年5月から長期離脱を余儀なくされている。

ハンブルガーSVでは酒井高徳と、マインツでは武藤嘉紀とともにプレーするなど、日本人選手とも親しみのあるアドラー。
年末年始のオフ期間を利用して日本行きを決めた背景には、元同僚からの影響があったのかもしれない。

1/1(火) 16:12配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00000011-goal-socc

写真
no title


ttps://www.instagram.com/reneadler/?hl=ja

【速報】 ドルトムント 2-1で勝利 

20181114_Shinji-Kagawa

【速報】マインツ vs ドルトムント 0-0で前半終了 

20181114_Shinji-Kagawa

【速報】マインツ vs ドルトムント 香川真司はベンチ外 

20181114_Shinji-Kagawa

武藤嘉紀の移籍はほぼ確定!?正式決定かはまだ分からない? 

GettyImages-480578084
1 2018/07/29(日) 09:42:41.68 _USER9
 ニューカッスルは、マインツから日本代表FW武藤嘉紀(26)を獲得することで合意したと発表した。すでにメディカルチェックを終えており、あとは英国での労働許可証の取得のみ。クラブは来週の後半に正式決定の発表ができる見通しであるという。英メディアによると移籍金は950万ポンド(約14億3000万円)だと報じた。

 武藤は15年からマインツに加入し、3シーズンのリーグ戦通算66試合20得点。ワールドカップ・ロシア大会では1試合の出場にとどまった。リバプールで欧州チャンピオンズリーグ(CL)制覇に導いた名将ベニテス監督の下、8月11日の開幕戦では昨季2位トットナムと対戦。第3節ではチェルシー、第4節マンチェスターC、第5節アーセナルと強豪クラブとの連戦が続く。

 ◆ニューカッスル・ユナイテッドFC 1892年創設。ニューカッスル・アポン・タインの本拠地「セント・ジェームズ・パーク」は、収容約5万2000人。1部リーグ時代(現プレミアリーグ)に優勝4度の古豪。1992-93年シーズンにプレミアリーグが新設して以降、優勝はないもののイングランドの名選手シアラーを擁して95-96年シーズンから2季連続2位など躍進。16-17年シーズンに2部降格も1年でプレミアリーグ復帰。昨季は10位で終えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00283598-nksports-socc

武藤嘉紀、ニューカッスル入り秒読み段階!?メディカルチェック手前まできたぞ! 

2018-04-30-muto_a50bsn4krohh10dq72mben6xc
1 2018/07/27(金) 08:33:17.53 _USER9
日本代表FW武藤嘉紀(26)が夢だったプレミア入りを実現させた。マインツからニューカッスルに移籍することで合意。26日に予定される現地でのメディカルチェックを経て正式に発表される。この日、羽田空港から離日した武藤は「自分の最終目標はプレミアでプレーすること。そこに身を置けるのなら、そんな刺激的な毎日はない。ポジション争いは厳しくなるが、より厳しいところに身を置くことが成長につながる」と目を輝かせた。

 移籍金は推定950万ポンド(約13億8000万円)で、年俸4億円の複数年契約と破格の条件。W杯ロシア大会での出場は1次リーグ第3戦ポーランド戦のみに終わった。4年後のW杯カタール大会へ向け、移籍に関してサウサンプトンのDF吉田からの助言も受けた。かつてチェルシーから正式オファーを受けた俊足FWは「日本代表の中心選手になりたい。僕たちの世代が底上げしないと日本代表が強くなることはない」と世界最強リーグでさらなるレベルアップを誓った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000069-spnannex-socc

【議論】武藤嘉紀はプレミアリーグに挑戦すべきか? 

GettyImages-875766650-1-800x600
1 2018/07/25(水) 22:43:04.42 _USER9
マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀は、プレミアリーグのクラブへ移籍する可能性があると報じられ続けている。25日付の英メディアも続報を伝えた。

 英紙『デイリー・メール』は、武藤のニューカッスルへの移籍に向けて「交渉が進展している」と伝えている。ニューカッスルは移籍金の基本額900万ポンド(約13億2000万円)でマインツと合意できることを望んでいるという。

 ニューカッスルが武藤を獲得するかどうかは、セルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチのフラムへの移籍が成立するかどうか次第との見方もある。『デイリー・メール』によれば、フラムの提示額とニューカッスルの要求額の間にはまだ200万ポンド(約2億9000万円)の開きがあるとのことだ。

 ニューカッスルの他、ウェスト・ハムも武藤の獲得に関心を示しているクラブのひとつだと言われている。これまで3シーズンをブンデスリーガで過ごしてきた武藤だが、新天地へ向かうことになるのだろうか。

7/25(水) 22:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180725-00282959-footballc-socc

武藤嘉紀“市場価値20億円”獲得にウェスト・ハムも挙手!武藤の判断はいかに!? 

img_5195495f64ea9b8134a221bd165d915b216587
1 2018/07/24(火) 18:44:51.54 _USER9
日本代表FW武藤嘉紀の獲得レースをリードしているのはウェスト・ハムのようだ。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

2015年夏に4年契約でFC東京からマインツに渡った武藤だが、昨シーズン終盤には今夏の退団を示唆し、憧れのプレミアリーグに向かう可能性が報じられてきた。だが、ドイツメディアではヴォルフスブルクやボルシア・メンヒェングラットバッハからの興味が伝えられるも、今のところいずれも具体的な動きを見せていない。

そんな中、長く名前が挙がってきたニューカッスルはFWアレクサンダル・ミトロビッチが昨季プレーしたフルアムにそのまま新天地を求める場合、武藤の獲得に乗り出すと伝えられる。そこで、ライバルを出し抜こうとしているのがマヌエル・ペジェグリーニ監督率いるウェスト・ハム。1400万ポンド(約20億円)ほどの市場価値と伝えられる武藤に関して獲得を狙う意思があるようだ。

すでに今夏は5000万ポンド(約72億9000万円)を費やし、ウィンガーにはアンドリー・ヤルモレンコ、フェリペ・アンデルソンというタレントも揃えるウェスト・ハム。それでも、現状でウェスト・ハムがニューカッスルを獲得レースでリードしていると言えそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00000022-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索