Samurai Goal

ポーランド代表


スポンサード リンク





“日本戦は重要!!”レバンドフスキ「ファンのために勝利を...」 

21-august-robert-lewandowski
1 2018/06/27(水) 21:30:58.44 _USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000027-goal-socc

ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、
28日に行われるロシア・ワールドカップグループH第3戦の
日本戦に向けて期する思いを口にした。『FIFA.com』が伝えた。

3大会ぶりのW杯を戦うポーランドだが、初戦でセネガルに敗れると、
2戦目でもコロンビアに敗戦。
最終節の日本戦を待たずして、グループリーグ敗退が決まっている。

レヴァンドフスキ自身も、ここまで低調なパフォーマンスに終始してノーゴールに終わっている。
チームを勝利に導けていない主将は、日本戦に向けて、
「我々はファンのために勝利を手にしたいと思っている。彼らは常に我々をサポートしてくれた」とコメント。
最終節に向けて覚悟を示し、以下のように語った。

「ポーランドがW杯に出場できたのが偶然ではないことを我々は示したいと考えている」

「過去数年、我々はファンにたくさんの喜びを与えることができた。
しかし、今大会では何も与えることができていない。
W杯に出場できた理由を示すようなスタイルを披露したい。だから、日本戦は我々にとって重要なんだ」

ポーランドは、2002年の日韓W杯と2006年のドイツW杯でも2連敗でグループステージ敗退。
しかし、いずれの大会でも最終節は勝利している。
失うものがなくなり、勝利だけを見据えるポーランドは、もちろん決して侮ることができない相手だ。

ポーランドが本気モード!?「失うものは何もない」レバンドフスキが“反骨の決意” 

42895_ext_04_0
1 2018/06/27(水) 17:50:10.46 _USER9
サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は26日に第3戦でポーランドと激突する。引き分け以上で突破が決まる一戦に立ちはだかるのは、すでに連敗で敗退が決まっているポーランド。

過去に2度、連敗で敗退確定後の第3戦で勝利しており、油断はならない。エースFWロベルト・レバンドフスキは「降伏はできない。失うものは何もない」と“反骨の決意”を燃やしている。ポーランドメディアが伝えている。

 ポーランドが誇るストライカーは本領を発揮し、ロシアを去る。ポーランドのスポーツ紙「PRZEGLAD SPORTOWY」によると、23日の会見に出席したレバンドフスキは日本戦に向け、闘志を燃やしたという。

「我々は精神的に難しい状況を承知しているが、それでも我々は勝ち点と名誉のため世界大会をポジティブな手法で戦う」

 こう語ったという背番号9。今大会は初戦のセネガルに1-2でまさかの敗戦。第2戦のコロンビア戦も敗れて連敗を喫し、前評判に反する形でH組脱落1号となってしまった。

 それでも、ブンデスリーガ得点王は「降伏はできない。出場して戦わなければならない。失うものは何もない」と語ったといい、ファイティングポーズを取っている。

 敗退が決まっていても、闘志を燃やしているストライカーを日本のディフェンス陣は止められるのか。決勝トーナメントに進むためには乗り越えなければならない壁だ。

Theanswer 6/27(水) 13:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180627-00027757-theanswer-socc

ポーランドサポがお手上げ状態!!“日本に勝てない”が93%も! 

1 2018/06/26(火) 19:49:19.22 _USER9
ポーランド紙の読者投票「ポーランドは日本に勝てる?」に「YES」は7%
 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は28日の第3戦でポーランドと激突する。引き分け以上なら突破が決まる西野ジャパンに対し、ポーランドはよもやの連敗ですでに敗退が決定。母国紙が実施した「ポーランドは日本に勝てる?」という読者投票に93%が「NO」と回答し、早くも母国ファンから諦めムードが漂っている。

 2戦負けなしで運命の最終戦に臨む日本。対するポーランドファンは早くも戦意喪失気味だ。ポーランド紙「fakt」は「ポーランドは日本に勝てる?」という読者投票を実施。日本時間26日午後4時現在、800票以上が投じられているが「YES」は7%、「NO」は93%と圧倒的な“ポーランドは日本に勝てない”という結果となっている。

 ポーランドはコロンビアと並び、H組の有力候補とみられていたが、初戦のセネガル戦で1-2とまさかの敗戦。巻き返しを期したコロンビア戦は0-3と完敗を喫した。第2戦を終えた時点で早くも敗退が決定。絶対的エースFWロベルト・レバンドフスキも無得点に終わっており、格下の日本が相手であっても期待値は下がっているようだ。

 それでも、ポーランドは過去2回、連敗から第3戦で意地の白星を挙げており、決して侮れない。日本にとって決勝トーナメント進出が決まる運命の一戦。立場は異なる相手であっても、必勝を期すのみだ。(THE ANSWER編集部)

2018年6月26日 19時1分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14922733/

写真
no title

“不吉なジンクス”ポーランドに噂される法則を日本は打破出来る? 

20180619_japan
1 2018/06/26(火) 16:55:08.45 _USER9
W杯で連敗したポーランドは最終戦で必ず勝利する?日本代表に不吉なデータ

■決勝トーナメント進出へ運命のポーランド戦が控える日本代表。

 ロシア・ワールドカップは24日にグループHの第2節が開催。日本代表はセネガル代表と2-2で引き分けて首位をキープした一方で、
ポーランド代表はコロンビア代表に0-3で敗れてグループリーグ敗退が決定した。
日本は28日の最終戦でポーランドと対戦するが、何とも不吉なデータが存在している。

 3大会ぶり8度目のW杯出場を果たしたポーランドは、初戦でセネガルに1-2で敗れると、続く第2戦でもコロンビアに不覚を取られて痛恨の2連敗を喫した。
ポーランドは過去に2002年の日韓W杯、2006年のドイツW杯でグループリーグを敗退しているが、その過去2大会で今大会と同じく初戦と第2戦を敗れている。
しかし、最終戦ではいずれも勝利を収めており、過去大会の法則通りにいけば、ポーランドは日本に“一矢報いる”という形になるのだ。

 日本とポーランドはW杯での対戦はないが、親善試合では過去に2度対戦。
1回目は1996年2月で5-0で日本が大勝している。2回目の対戦は日韓W杯前の2002年3月。
こちらも日本が2-0と完封勝利を収めている。最後に戦ってから16年と、過去の対戦成績はまったくあてにならないが、
ヨーロッパ相手に善戦を演じてきた過去がある日本からすれば勝機は十分に見いだせるはずだ。

 敗退で戦意喪失ムードが漂っているポーランドだが、地元メディアは、日本戦を「名誉のために戦う試合」と位置づけ、
守護神のボイチェフ・シュチェスニーは「非常に難しいゲームになる」と予想しつつも
「全力を出し尽くして、みすみす日本に3ポイントを与えるような結果にしてはいけない」と気を引き締めている。

 命運懸かるグループリーグ最終決戦を制するのは、未だ無敗の日本か、それとも国の威信を懸けて戦うポーランドか。注目の一戦は日本時間28日23時にキックオフとなる。

Goal.com 2018年6月25日 20時29分

日本代表“ポーランド戦”スタメン予想!現状維持?変更必要? 

20180625-0
1 2018/06/25(月) 20:26:15.33 _USER9
博打を打つには難しいシチュエーションだが

ポーランドとのグループリーグ第3戦を引き分け以上で乗り切れば、決勝トーナメントに進出。ただし、負けると、他方のセネガル対コロンビア戦の結果次第でグループリーグ敗退もあるという“微妙”な状況だ。なかなか博打を打てないシチュエーションであり、セネガル戦のメンバーからの変更は勇気がいるだろう。
 
 ここまでの流れを考えれば同じスタメンで戦うべきだが、GKは思い切って東口順昭を起用すべきだ。今大会の川島永嗣ははっきり言って、厳しい。セネガル戦のパンチングミスに代表されるように、ここぞという場面でビッグセーブがないのがなにより気掛かりだ。
 
 ならば、国際経験が不足しているとはいえ、まだ東口のほうがいいのではないかという結論に行き着く。川島よりも足技が優れている点も踏まえれば、勇気をもって東口を先発させるべきだ。
 
 4バックはいじる必要がない。右サイドバックの酒井宏樹はセネガル戦で最高級のパフォーマンスを披露し、吉田麻也と昌子源のCBコンビも奮闘している。左サイドバックの長友佑都はチームの精神的支柱として不可欠だ。
 
 ボランチはもはや現代表の軸になった柴崎が確定。セネガル戦で見せた、局面に応じて長短のパスを蹴り分けるセンスは日本の攻撃を活性化させるうえで肝となっている。
 
 懸念されるのが長谷部誠のコンディション。セネガル戦ではタイトなマークでだいぶ削られており、中3日で臨むポーランド戦までどこまで回復できるか。このキャプテンに万が一の事態が起これば、代役は山口蛍になる。
 
 GKと同様に難しいのが2列目。コロンビア戦に続き、セネガル戦でもタフに走り回った原口元気はそろそろ疲れが溜まってくる頃か。あくまで試合を観ての印象なのでそうとは限らないが、セネガル戦では細かいミスもあったので、このあたりで武藤嘉紀を使ってもいい。
 
 スタメンとサブ組をかっちり分けることで、控え組のモチベーションが下がるケースもある。そう考えると、2戦目まで出番がなかった武藤にチャンスを与えてもいいのだが、ここが難しいところ。グループリーグを突破したわけではないので、これまで戦ってきたチームをいじるか否かは本当に悩みどころなのだ。
 
 例えば決勝トーナメント1回戦を見据えて主力を温存した結果、ポーランドに敗れてグループリーグ敗退となれば本末転倒だ。セネガル戦で失った“勝点2”は選手起用にも多大な影響を与えるのは間違いない。

乾はラッキーボーイ的な存在になりつつある

最初の2試合で1得点・1アシストと結果を残している本田圭佑は“スーパーサブ”として効いているので、この起用法を続けたほうがいい。なので、トップ下は香川真司を先発させるべきだろう。セネガル戦でも相手を引き付けるなど地味ながら貴重な仕事をしていただけに、引き続き“10番”にトップ下を任せるべきだ。
 
 左サイドは乾貴士か。守備に不安も、セネガル戦では1得点・1アシストと決定的な仕事をしたのもまた事実。6月12日のパラグアイ戦でゴールを決めたあたりから“ラッキーボーイ的な存在”になりつつあるので、ここは乾に賭けてみたい。
 
 CFは大迫勇也だろう。セネガル戦でも中盤に引いてポストプレーをこなすなど精力的だった。あの60分の決定機は決めてほしかったが、それでも西野朗監督の信頼は揺らがないだろう。
 
 天国と地獄の分かれ目となる第3戦、西野監督はどんなスタメンをピッチに送り出すのか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180625-00042928-sdigestw-socc&p=2

【朗報】ポーランド代表“チーム崩壊の危機”レヴァンドフスキが仲間を批判! 

11edcbc4-2cd5
1 2018/06/26(火) 05:12:10.61 _USER9
ポーランド代表は現地時間24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループHでコロンビア代表に0-3で敗れ、ヨーロッパ勢最初のチームとして敗退が決定。同チームの主将を務めるロベルト・レヴァンドフスキは、同僚に対して、痛烈な批判を口にした。

前評判が高かったポーランドだが、セネガル戦は1-2で黒星スタートを切ると、コロンビア戦では0-3で完敗。グループHで最下位に沈む同チームにとって、28日の日本戦はプライドのみを懸けた消化試合となってしまった。

その現状に未だに自身W杯初のゴールをマークしていないレヴァンドフスキは不満が爆発。ドイツ誌『キッカー』がそのコメントを伝えた。

「この世界にはボールを奪い、相手選手5人、そして相手GKをかわしてゴールを決められるような選手なんて1人もいない。僕だって何もないところからゴールを挙げることはできない」

チームメイトの働きへの不満を漏らすレヴァンドフスキは、「チャンスを迎え、それを外していたら自分に対する怒りを感じていたかもしれない。僕はアシストを必要とするフォワードなんだよ」とも発言。さらにチームは「サッカーにおけるクオリティーがない」とも批判を口にしている。

主将のレヴァンドフスキが仲間に向けた激しい言葉。日本戦でのパフォーマンスにどのような影響を及ぼすのだろうか。

6/25(月) 22:49配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00000049-goal-socc

【速報】試合終了!!コロンビア、ポーランドに圧巻の勝利![3-0] 

poland-

[6.24 W杯H組第2節 ポーランド0-3コロンビア カザン]

 コロンビア代表がポーランド代表を3-0で下した。グループHは勝ち点4で日本代表とセネガル代表。勝ち点3でコロンビアが続き、連敗のポーランドは敗退が決まった。

 FIFAランキングの高い両チームの対戦が、“崖っぷち決戦”になるとは誰が予想したか。負けた方が敗退が決まる生き残りをかけた決戦を制したコロンビアが、決勝トーナメントへの望みを繋いだ。

 試合の入りは良かったポーランドだったが、徐々にコロンビアが圧力をかけて行く。コロンビアに先制点が決まったのは前半40分、右CKの流れからFWハメス・ロドリゲスがクロス。DFジェリー・ミナが高い打点のヘディングで合わせて、スコアを動かす。

 追加点は後半25分、MFフアン・フェルナンド・キンテロのスルーパスにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したFWラダメル・ファルカオ。GKと1対1になると、右足アウトサイドに当てたシュートで流し込み、勝利をグッと引き寄せる。

 さらに後半30分には超絶カウンターを発動。相手スローインの流れを左サイドでカットしたハメス・ロドリゲスが、ハーフウェーライン手前からDFの裏にロングパス。これに抜群のスピードで抜け出したMFファン・クアドラードにピタリと合うと、クアドラードも難なく決めて、ポーランドの息の根を止めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-01655520-gekisaka-socc

【速報】前半終了[1-0]コロンビアがポーランドにリードで後半へ! 

キャプチャ

ロシア・ワールドカップは24日、グループHの試合が行われ、ポーランドとセネガルが対戦。前半はコロンビアが1-0とリードして折り返した。


この試合の前に行われた一戦で、日本はセネガルと2-2と引き分け。この結果、暫定で日本とセネガルが勝ち点「4」に伸ばした。そのため、初戦黒星で終えたポーランドとコロンビアは、連敗となれば敗退が決定。崖っぷちの状況で、大一番を迎えた。

ポーランドは、初戦から先発メンバー4人を変更。エースのレヴァンドフスキやジエリンスキを先発させた一方、ブワシチコフスキらがベンチスタートとなった。ナバウカ監督は、3バックを採用している。

一方のコロンビアでは、初戦コンディション不良でベンチスタートとなっていたハメス・ロドリゲスが先発に。3人を入れ替えて臨んだ。

立ち上がりはポーランドが攻勢。開始1分でCKを獲得するなどコロンビアを押し込んでいく。5分にも、レヴァンドフスキをねらったクロスを送り込むなど、コロンビアにプレッシャーをかける。

両者とも気迫を持って臨んだ試合は、序盤から球際で激しい攻防が続く。互いに前線から激しいプレッシャーで、主導権を握ろうとする。

15分を過ぎてもハイテンションが続く試合は、徐々にコロンビアがボールを握り押し込む展開に。右サイドのクアドラードが早いタイミングでエリア内のファルカオをねらい、クロスを何度も送り込んでいく。しかし、ポーランドも負けじと跳ね返し続ける。

お互いに死力を尽くし、試合は落ち着く気配を見せない。すると29分にコロンビアにアクシデントが。この日強行出場となったアギラールが、プレー続行不可能に。ウリベが投入された。

しかし、アクシデントにもコロンビアは動じず。右サイドのクアドラードを起点に相手陣内でチャンスを作る。サイドからのクロスにファルカオが何度も飛び込み、ポーランドDFを脅かす。36分には、クアドラードがエリア内にドリブルで侵入するが、シュート性のクロスはGKシュチェスニーが弾き出した。

すると40分、コロンビアが欲しかった先制点を手にする。CKのパス交換からハメス・ロドリゲスがボールを持つと、浮き玉のクロス。これにミナが反応し、ヘディングで豪快にゴールを決めた。良い時間帯で、コロンビアが先制に成功する。

前半はコロンビアの1-0で終了。このままいけば、コロンビアは勝ち点を「3」に伸ばす事になり、ポーランドは同「0」で敗退が決定する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00010025-goal-socc

【速報】「ポーランド×コロンビア」スタメン発表!!注目のカード! 

poland-

【速報】試合終了[2-1]セネガルがポーランドに勝利!!セネガル強すぎ!? 

キャプチャ

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦が19日に行われ、ポーランド代表とセネガル代表が対戦した。


 ポーランドは絶対的エースでキャプテンのロベルト・レヴァンドフスキが最前線に入る4-2-3-1の布陣で臨む。対するセネガルは4-4-2のシステム。サディオ・マネは2列目の左サイドに入った。

 38分、セネガルは左サイドから攻撃を仕掛けると、マネのパスを受けたイドリッサ・ゲイェが右足を振り抜く。このシュートがチアゴ・チョネクに当たってコースが変わり、ゴールネットに吸い込まれた。前半はセネガルの1点リードで折り返す。

 後半に入り60分、セネガルの大きなクリアボールが前線まで届くと、エムバイェ・ニアンが飛び出してきたGKヴォイチェフ・シュチェスニーをかわし、無人のゴールに流し込んだ。対するポーランドは終了間際の86分、カミル・グロシツキのFKをグジェゴシュ・クリホヴィアクが合わせて1点差に詰め寄ったが、試合は1-2で終了した。

 グループHの次戦は24日、ポーランドはコロンビア代表、セネガルは日本代表と対戦する。

【スコア】
ポーランド代表 1-2 セネガル代表

【得点者】
0-1 38分 オウンゴール(チアゴ・チョネク/セネガル)
0-2 60分 エムバイェ・ニアン(セネガル)
1-2 86分 グジェゴシュ・クリホヴィアク(ポーランド)


SOCCER KING

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00779848-soccerk-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索