Samurai Goal

ポーランド代表


スポンサード リンク





レアル、75億円の“レヴァンドフスキ2世”を獲得へ? セリエA得点王争いでC・ロナウドと接戦中 

20190113-00010022-goal-000-1-view

まだまだ“傷心モード”レヴァンドフスキ、W杯の傷が癒えない様子 

wst1806060003-p1
1 2018/07/19(木) 14:05:44.14 _USER9
Goal

日本と同じグループHで、まさかの最下位に終わったポーランド…。

ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキはロシア・ワールドカップが失意に溢れたものとなったことを認めている。ポーランド『Przegl?d Sportowy』が報じた。

ポーランドはポット1としてグループHで、コロンビア、セネガル、日本と同居した。エースのレヴァンドフスキには高い期待がかかっていが、1ゴールも挙げることはできず。ポーランドもまさかの最下位に終わり、グループリーグ敗退となった。レヴァンドフスキはW杯後には大きなショックを受けていたという。

「眠れない夜が続いたよ。何が間違っていたのか考えていた。今回がいつかの成功のためになると信じている」

「とても傷ついたし、まだ消化できていない。大きな野心があったが、現実は夢とは全く異なっていた。胸が痛いよ。責任を感じている」

また、キャプテンだったからこそ、ワールドカップでの戦いが重荷になったのか、という考え方には「全く気にしていなかった。全員とコンタクトを取るようにしていたよ。若い選手たちともね」と答えている。

大会前から大会中まで、レヴァンドフスキの周りには常に移籍のうわさが渦巻いた。しかし、そういった憶測が影響したとは考えていないようだ。

「僕の移籍話は常に起きてきたことだから、全く考えていなかった。レフ・ポズナンからドルトムントへ移籍する時、ドルトムントからバイエルンへ行く時もそうだった。こういった状況にどう対処するべきかはもう学んでいる」



日本代表、決勝T進出の“立役者”はレバンドフスキ!? 

キャプチャ
1 2018/06/29(金) 14:23:35.61 _USER9
 この男の体たらくも、結果的に日本の決勝T進出をアシストした。ポーランドのエースストライカーであるFWレバンドフスキ(29=Bミュンヘン)のことだ。

 この日もプレーに精彩を欠き、放ったシュートはわずか2本。後半には右からのクロスに吉田と競り合いながら右足で合わせたが、シュートは大きく枠を外れた。日本戦を前にレバンドフスキは自国メディアの取材に「3連敗で終わるわけにはいかない。チームが一丸となる必要がある」と決意を口にしながら、守備はチームメート任せ。前線では日本のDF陣にプレッシャーを与えることさえしなかった。

 独ブンデスリーガの得点王で、W杯欧州予選では史上最多の16得点をマーク。今大会の得点王候補に挙げられたが、1次リーグ3試合でノーゴール。全シュート数9本のうち、枠内に放ったのは3本だけ。自国サポーターのみならず、ゴール量産を期待した世界中のファンを落胆させて大会を去った。

 このレバンドフスキ、2敗目を喫したコロンビア戦後に不甲斐ないチームに怒りを爆発させた。「このチームのクオリティーは低い」と批判すると、「何もないところからは何もできない。シュートチャンスがなかった」と、得点できないのは味方がチャンスを演出しないからだと責任転嫁。「ひとりでは何もできない」と言い放ったが、シュートを決められなかったのはパスが回ってこなかったからではなく、単に自身がパフォーマンスを発揮できなかったに過ぎない。

 今年の欧州移籍市場の目玉のひとりとして、その動向が注目を集めているレバンドフスキ。Rマドリード、マンチェスターUなどのビッグクラブが関心を寄せているとみられているが、今大会の不調で市場価値を下げそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00000031-nkgendai-socc

【速報】試合終了!!日本代表、ポーランドに敗れるも決勝Tへ!![0-1] 

キャプチャ

◆W杯ロシア大会▽1次リーグH組 ポーランド1-0日本(28日・ボルゴグラード)

 引き分け以上で決勝トーナメント(T)進出が決まる日本は、決勝T進出の可能性がないポーランドと対戦し、0―1で敗れた。しかし、同時刻に別会場で行われたセネガル―コロンビア戦はコロンビアが1―0で勝利。H組は勝ち点6のコロンビアが首位。勝ち点4、得失点差プラスマイナス0、総得点4とすべて並んだ日本とセネガルは、イエローカード数などで決まるフェアプレーポイントで日本が辛うじて上回り、薄氷で決勝T進出が決まった。フェアプレーポイント差で決勝Tが決まるのは今大会初。日本は6回目となるW杯で02年日韓大会、10年南アフリカ大会に続き、2大会ぶり3回目の決勝T進出。日本は決勝T1回戦でイングランドあるいはベルギーと対戦する。

 西野朗監督(63)は、セネガル戦(24日)から先発メンバーを6人も変更する大胆なプランで勝負に出た。

 システムも4―5―1から4―4―2にチェンジ。1トップのFW大迫勇也(28)をベンチに温存。FW岡崎慎司(32)とFW武藤嘉紀(25)が2トップを形成。トップ下のMF香川真司(29)が先発を外れ、右MFに酒井高徳(27)、左MFに宇佐美貴史(26)が入った。ボランチは主将のMF長谷部誠(34)に代えて対人プレーに強いMF山口蛍(27)を起用。左センターバックにはDF昌子源(25)に代わりDF槙野智章(31)が入った。31歳の槙野は日本代表史上最年長のW杯デビューとなった。GKはセネガル戦で痛恨のミスを犯した川島永嗣(35)が引き続き出場し、ゲームキャプテンとしてチームを率いた。

 ポーランドは02年日韓大会、06年ドイツ大会でいずれも1次リーグで開幕連敗を喫したが、最終3戦目で意地の勝利を挙げた。「最後まで戦う」と試合前に明言したエースのレワンドフスキらの闘志の前に苦戦を強いられた。

 後半14分にポーランドのDFベドナレク(22)に先制点を許した。その時点で第2戦終了時でH組首位だった日本は3位に転落。1次リーグ敗退の大ピンチに陥ったが、その直後にセネガルが失点し、決勝T進出が転がり込んだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00010000-spht-socc

“攻めろっ!!”『日本代表×ポーランド』日本の反撃は!? 

wc2018_japan_poland

【速報】先制点はポーランド!!日本が追いかける![0-1] 

DgyckV3X4AAPVkm


 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は28日午後5時(日本時間午後11時)からボルゴグラードでの最終第3戦でポーランドと対戦。

 前半を0-0で折り返したが、後半14分、ポーランドのフリーキックからベドナレクに先制ゴールを許し、0-1とリードされた。

 日本はこれまでの2戦から先発を6人入れ替えて臨んだ。

 前半12分、日本は武藤が相手のパスをカットし、左サイドを駆け上がった長友にパス。長友からのクロスに岡崎が頭で合わせたものの、枠をとらえられない。1分後、柴崎が前線へパスを送り、岡崎が頭で落として、武藤がペナルティーエリア手前からシュートを放ったが、GKにはじかれた。同16分、宇佐美のパスを受けた酒井高のシュートはGKの正面に。

 ポーランドは同32分、速攻から最後はグロシツキがヘディングシュート。川島が右手一本でかき出し、こぼれ球を酒井宏がクリアした。

 日本は1勝1分けの勝ち点4でセネガルと並び首位。第3戦で勝つか引き分ければ、2010年南アフリカ大会以来2大会ぶりの決勝トーナメント進出が確定する。負けても、同時に行われているセネガル-コロンビア戦の結果次第で勝ち上がる可能性がある。ポーランドは1次リーグ敗退がすでに決まっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00000000-mai-socc

【速報】前半終了!!日本×ポーランド、両者譲らずスコアレス[0-0] 

DgyTOa7W0AACTfl

日本×ポーランド“川島好セーブ炸裂”後半のメンバー交代は必要!? 

DgyN1pFXUAI7WiT

【速報】日本代表“ポーランド戦”スタメン発表!!! 

20180628094542c27

“日本戦は重要!!”レバンドフスキ「ファンのために勝利を...」 

21-august-robert-lewandowski
1 2018/06/27(水) 21:30:58.44 _USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000027-goal-socc

ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、
28日に行われるロシア・ワールドカップグループH第3戦の
日本戦に向けて期する思いを口にした。『FIFA.com』が伝えた。

3大会ぶりのW杯を戦うポーランドだが、初戦でセネガルに敗れると、
2戦目でもコロンビアに敗戦。
最終節の日本戦を待たずして、グループリーグ敗退が決まっている。

レヴァンドフスキ自身も、ここまで低調なパフォーマンスに終始してノーゴールに終わっている。
チームを勝利に導けていない主将は、日本戦に向けて、
「我々はファンのために勝利を手にしたいと思っている。彼らは常に我々をサポートしてくれた」とコメント。
最終節に向けて覚悟を示し、以下のように語った。

「ポーランドがW杯に出場できたのが偶然ではないことを我々は示したいと考えている」

「過去数年、我々はファンにたくさんの喜びを与えることができた。
しかし、今大会では何も与えることができていない。
W杯に出場できた理由を示すようなスタイルを披露したい。だから、日本戦は我々にとって重要なんだ」

ポーランドは、2002年の日韓W杯と2006年のドイツW杯でも2連敗でグループステージ敗退。
しかし、いずれの大会でも最終節は勝利している。
失うものがなくなり、勝利だけを見据えるポーランドは、もちろん決して侮ることができない相手だ。



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索