Samurai Goal

ポルトガル代表


スポンサード リンク





クリスティアーノ・ロナウドが新型コロナ陽性…ポルトガル代表から離脱へ 

スクリーンショット 2020-10-14 9.23.50




1: 2020/10/13(火) 23:29:53.48 _USER9
 ポルトガルサッカー協会は13日、FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)から新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたと公式サイトで発表した。体調不良などの症状はないという。

 ポルトガル代表は14日、UEFAネーションズリーグのグループリーグ第4節でスウェーデン代表との対戦を控えているが、ロナウドはチームを離脱して自主隔離に入る。なお、その他の選手は全員が陰性だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/443a44cb722fb13abe0a8279588c16132e1188ff

リバプール、23歳ポルトガル代表MF獲得へ…南野拓実のチーム内直接ライバル出現か 

スクリーンショット 2020-09-19 21.57.05

ポルトガル代表、21世紀の最強ベストイレブン。史上最高の選手にフィーゴやデコらレジェンド共演 

20200613-00010013-goal-000-1-view

ポルトガル代表と聞いて思いつくサッカー選手ωωωωωωωωωωωωωωωωω 

cover-3




1: 2020/06/08(月) 23:01:54.09
これはクアレスマ

ポルトガル代表、背番号10の系譜。ルイ・コスタ、ダニー…脇役を脱せず忘れ去られた悲しき業師たち 

20200525-00010002-footballc-000-10-view

C・ロナウド、30日放送の炎の体育会TVに出演し日本のサッカー少年にサプライズ仕掛ける模様  

GettyImages-1052839966-e1549425205635




1: 風吹けば名無し 2019/03/28(木) 17:23:04.42 ID:uoDbKWod0
 サッカー・ポルトガル代表でイタリアのユベントスに所属するクリスティアーノ・ロナウド選手が、30日放送のTBS系『炎の体育会TVSP』(後7:00~9:54)に初出演。自らが仕掛け人となり、彼の大ファンだという日本のサッカー少年にハッピーサプライズを仕掛ける。

 番組では長年にわたって世界No.1プレイヤーのロナウド選手へ出演をオファーし続け、今回ついに実現。イタリア・ミラノで行われた収録現場は緊張に包まれていたが、ハイテンションのロナウド選手は超満面の笑顔で登場し、関係者も「こんなロナウド選手は見たことがない!」と驚くほど。ノリノリで仕掛け人を楽しんだロナウド選手は、どんなサプライズを仕掛けたのか。

 番組ではそのほか、オーストラリア陸上界注目の跳躍美女軍と体育会TV軍が「三段跳びvs 四段跳び」「耐久ジャ ンプ対決」で炎の2番勝負を繰り広げる。美女姉妹との対決に、「今日は絶対に負けない!」と闘志を燃やす体育会TV軍の上田竜也は「三段跳びvs 四段跳び」に参戦。いつにも増して本気モードの上田が、跳躍美女軍を焦らせる波乱の展開を巻き起こす。 


https://mainichi.jp/articles/20190328/orc/00m/200/047000c

デコを直撃!「香川のプレーはいつも好き」「日本人の名前って難しいでしょ? すっと名前が出てこないよ」  

GettyImages-613724784-800x531




1: Egg ★ 2019/03/06(水) 06:38:54.53 ID:kR8GZAuf9
川崎フロンターレの中村憲剛選手などのSNSに、かつてポルトガル代表やバルセロナでプレーしたスター、デコの姿が映っているのを目にした人は少なくないだろう。Jリーグ開幕を前に、代理人として来日していた彼を直撃した。

デコは2013年にブラジルのフルミネンセで現役引退、現在はポルトガルを拠点にサッカークラブ経営者、代理人として世界を飛び回っている。故郷のブラジルではなく、ポルトガルに居を構えたのは「ヨーロッパで最も長く住んだ場所で、家族がヨーロッパに戻りたいと言ったから」だという。

――引退後の活動について教えてください。

「現役時代から引退後はふたつの形でサッカーに関わりたいと思っていたんだ。ひとつはクラブの経営、そしてもうひとつは代理人として若い選手を手助けすることだった」

――代理人として何人の選手を抱えているんですか?

「今、契約選手は30人ほど。そんなに多くはない。最初はファビーニョ(ブラジル代表MF)のモナコ(フランス)への移籍だった(現在はリバプール所属)。その後、ポルトのチキーニョ・ソワレス、フルミネンセのカイオなどを手がけた。日本には川崎のジェジエウ、名古屋のジョアン・シミッチ(いずれも今季新加入)がいる」

――ではJリーグの試合も見ているんですね。気に入った選手はいますか?

「インターネットを使って見ているんだけど、時差があるのでなかなか難しいんだ。気に入った選手は......いるにはいるんだけど、日本人の名前って難しいでしょ? すっと名前が出てこないよ」

デコことアンデルソン・ルイス・デ・ソウザは1977年にブラジルのサンパウロ州で生まれた。ブラジルでは目立った存在ではなかった彼は97年、19歳のときにポルトガルへ渡り、ベンフィカと契約。そして、その名が広く知られるようになったのは、99年にポルトと契約してからだ。

02-03年シーズン、ジョゼ・モウリーニョを監督に迎えたポルトはポルトガルリーグ、UEFA杯(現ヨーロッパリーグ)で優勝。翌シーズンにはチャンピオンズリーグも制覇。その間、主力として活躍したデコは、04年にバルセロナへ引き抜かれ、そこでもチャンピオンズリーグとスペインリーグの制覇に貢献した。ポルトガル代表としては06年、10年と2度のW杯に出場している。



――日本代表の試合は見ていますか?

「アジア杯でカタールに負けたのはサプライズだった。でも、カタールは(地元開催の22年)W杯に向けて10年以上前から投資を続けている。それが実を結んだのだろう。アジア杯は結果だけしか知らないけど、ロシアW杯での日本の試合は見たよ」

――印象は?

「いつものように、戦術に忠実でチームワークのあるチームだった。総じて速い選手が多くて、ボール扱いがうまい」

――日本代表は決勝トーナメント1回戦でベルギーに2点を先行しながら逆転負け。

「W杯は難しい大会なんだ。一瞬、気を抜いたことで負けてしまったね。でも、いい試合だった。ベルギーは日本のプレーに驚いたはず。僕の中ではロシアW杯のベストマッチのひとつだよ」

――日本代表で目を引いた選手はいましたか?

「香川(真司)のプレーはいつも好きだね」

――あなたの住むポルトガルでは、つい最近まで中島翔哉選手がプレーしていました。彼のプレーを見たことは?

「もちろん。彼の登場はポルトガルリーグのビッグサプライズだった。僕が彼を評価するのは、コンスタントにいいプレーをすること。いいときと悪いときの差があるのはいい選手ではない。彼は常に一定以上のプレーを見せた」

――日本代表は彼をロシアW杯に連れていくべきだった?

「ポルトガルで彼が見せていたプレーはW杯出場に値した。(W杯前の)日本代表の試合をずっと見ていたわけではないので、なぜ選ばれなかったのかはわからないね」

――中島選手はカタールのアル・ドゥハイルに移籍しましたが、個人的にはバルセロナのようなビッグクラブを目指してほしかったです。また先日、FC東京の久保建英選手がバルセロナのBチームに復帰するという報道もありました。将来的にバルセロナのようなメガクラブで日本人がプレーできると思いますか?

「それは誰にもわからない。バルセロナは世界中の選手が夢見るクラブだからね。ただ、ひとつ言えるのは、サッカーに国籍はない。大切なのは質だ。中島がカタール行きを選んだことについては彼の選択なので何も言えない。ただ、彼のような選手は世界中どこに行っても、チームにとって重要な選手になるだろう

2019年03月06日
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190306-01083370-playboyz-socc&p=1

レアルがポルトガル代表MFをリストアップ、モドリッチの後任として興味か 

20190120-20217563-gekisaka-000-1-view

ロナウド不在のポルトガル代表がイタリア代表に勝利!UEFAネーションズリーグ 

columnsv2_75656
1 2018/09/11(火) 05:58:00.29 _USER9
【ポルトガル 1-0 イタリア UEFAネーションズリーグ リーグAグループ3第2節】
 
 現地時間10日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグAグループ3第2節のポルトガル対イタリアは、ホームのポルトガルが1-0で勝利した。

 ポルトガルは試合開始から前線からの積極的なプレスでイタリアに組み立てをさせない。またボールを取ってから素早いタッチでシュートまで持ち込むポルトガルは27分、ベルナルド・シウバ、32分はマリオ・ルイそして35分にはカルバーリョが立て続けにシュートを打つもイタリアDFの身体を張った守備もあり得点は奪えず。

 そんななかで迎えた48分、ポルトガルは相手陣地でボールを奪うとアンドレ・シウバがペナルティーエリア内でボールを受け左足でシュート、これがゴール左下に決まる。勢いに乗るポルトガルは68分にはピッツィがペナルティーエリア内でフリーの状態から左足でシュートを打つもこれはGKに止められる。同点に追いつきたいイタリアも選手を入れ替え流れを変えようと試みるもポルトガルの堅い守備陣の前に大きなチャンスを作れない。

 このまま試合は終了、1-0でポルトガルが勝利した。

【得点者】
48分 1-0 アンドレ・シウバ(ポルトガル)

9/11(火) 5:39配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180911-00288905-footballc-socc

ロナウド“計画通り”ポルトガル代表に選出されず!!ユベントスに専念! 

キャプチャ
1 2018/09/02(日) 09:34:38.14 _USER9
9/2(日) 9:30配信
日刊スポーツ

ロナウド、ポルトガル代表に選出されず
クリスティアノ・ロナウド(2018年6月30日撮影=PNP)
ポルトガル代表メンバーが発表され、ユベントスFWロナウドはクラブでのプレーに集中することを考慮され、選ばれなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00317750-nksports-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索