Samurai Goal

ポルト


スポンサード リンク





「中島翔哉はオプションではない」1カ月半ぶりに練習復帰もポルト指揮官が次戦起用を否定 

20200705-00010013-goal-000-3-view

ポルトMF中島翔哉がトレーニング復帰! 欠席によるクラブからの懲戒処分はなし 

20200702-01091730-soccerk-000-1-view

「ポルトは中島を必要としている」 代理人の発言に現地紙が注目「非常に困難な立場」 

20200624-00268633-soccermzw-000-1-view




1: 2020/06/24(水) 06:34:02.14
再開後も欠場が続く中島 代理人が説明「新型コロナウイルスの問題を抱えていた」

 ポルトの日本代表MF中島翔哉は、ポルトガル1部リーグの再開後、欠場が続いている。
そうしたなか中島の代理人が離脱している理由について説明しており、「クラブは中島を必要としている」と、ポルトが早期復帰を望んでいると語った。ポルトガル紙「オ・ジョゴ」が報じている。

 ポルトは新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せた5月4日に練習を再開し、中島も当初参加していたが、直後にチームを離脱することに。

リーグ戦再開後、3試合を消化しているが、中島はいずれの試合も欠場している。

そんななか、ポルトガル紙「オ・ジョゴ」は、ポルティモネンセの大株主であり、中島の代理人を務めるテオドロ・フォンセカ氏のコメントを紹介しており、「中島の一件は非常にデリケートだ」と状況を説明。家族の問題で欠場が続いていることを明かした。

「今回、新型コロナウイルスの問題を抱えていた。それが真実だ。通訳や教師らサポート役は皆不安で日本へと帰国し、中島は1人で家族を守ることになった。生まれたばかりの娘がいて、妻には特に注意が必要だ」

 ポルトは再開後1勝1分1敗と低調で、首位をベンフィカに譲り渡している状況にあり、「クラブは家族とではなく、選手と契約を結んでいる。ポルトはリーグ戦で非常に困難な立場になっており、中島を必要としている」と、ポルトが早期復帰を望んでいると語った。クラブが苦戦を強いられているなか、中島はピッチ上で輝きを放てるだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1607eabb58578df1563c0f5fb9b06b77b2fa0cc1
6/24(水) 6:10配信

<ポルトのセルジオ・コンセイソン監督>自宅練習続く中島翔哉に「チームではなくクラブ首脳陣の問題」 

1: 2020/06/10(水) 06:50:04.93
ポルトのセルジオ・コンセイソン監督が中島翔哉の状況について言及した。

新型コロナウイルスの影響により中断したポルトガルのプリメイラ・リーガは3日に再開。しかし、中島は体調不良の妻を看病するために自宅での個人トレーニング継続を選んだことで、5月からチームトレーニングを欠席する。

3日の再開初戦ファマリカン戦前にコンセイソン監督は、日本代表MFがチームとトレーニングを行えておらず、メンバー外になることを明言。さらに、ポルトガル『A Bola』は、同指揮官が中島の決断を快く思っていないと報じ、さらに去就問題に発展する可能性を伝えていた。

そして、マリティモ戦前日の9日、コンセイソン監督はプレスカンファレンスを行い、無観客でのホームゲームに向けて語った後、離脱の続く日本代表MFについて「ナカジマに関しては、先週もしゃべったが、もう一度強調する。これはクラブ首脳陣の問題であり、チームの問題ではない。今、私はチームについて話しているんだ」と言及するに留めた。

なお、『A Bola』は、中島の代理人を務めるテオドロス・リュウキ氏が現状を精査するためにポルトガルに渡り、同選手と面会し、打開案を検討すると報じている。

6/10(水) 5:59 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/5008c89de75c789e872ab1fbe60643dfc864cb15

写真
no title

ポルト監督が中島翔哉の行動にイライラ…今後の去就に影響も 

20200604-43480736-gekisaka-000-12-view

ポルト中島翔哉がリーグ再開試合より妻の看病を優先した背景 

20200606-00000028-nkgendai-000-1-view

広がる波紋…なぜポルト中島翔哉はポルトガルリーグ再開もチーム合流を拒否したのか 

20200605-00010000-wordleafs-000-2-view




1: 2020/06/05(金) 05:41:55.20
ポルトガルを代表する名門、FCポルトの「10番」が敵地のピッチに立つことはなかった。ベンチで出番を待つリザーブのなかにも名前を連ねていない。約3カ月に及んだ中断期間をへて待望の再開を迎えた一戦を、日本代表でも「10番」を背負うMF中島翔哉は自宅で見届けていた。
 新型コロナウイルスの影響を受けて、3月8日を最後に中断されていたポルトガル1部リーグ、プリメイラ・リーガが現地時間3日に再開。2シーズンぶり29度目の優勝を目指す首位のポルトは敵地でFCファマリカンに1-2で競り負け、今シーズン3つ目となる痛恨の黒星を喫した。

 昨夏にアル・ドゥハイルSC(カタール)から加入した中島が、プリメイラ・リーガでベンチ外となるのは通算6度目となる。年明け早々に3試合連続で外れたときは右足の故障が原因だったが、今回はシーズンが始まった直後に外れた2試合と同じく、けがとは別次元の理由があった。

 スポーツ紙の『A BOLA』を含めたポルトガルのメディアは、ファマリカン戦前日の段階で中島の欠場を伝えている。報道によれば5月中旬に体調を崩した夫人を看病するために、中島は全体練習の初日に参加しただけで離脱。自宅で個人練習トレを積みながら、夫人に付き添っているという。

 自宅での個人練習はイコール、国内がロックダウンされていた5月上旬までの状態に逆戻りしたことを意味する。全体練習を積み重ねてきたチームメイトたちとはコンディション面で大きな差が生じていて、ポルトのセルジオ・コンセイソン監督もファマリカン戦前日の会見でこう言及していた。

「ナカジマはグループとともに練習を積めていない。なので、彼は明日のグループに入っていない」

 夫人は呼吸器系の疾患に罹ったと報じられている。全土で発令されていた非常事態宣言が先月3日から災害事態宣言に切り替えられ、経済的活動や社会文化活動などに課されていた制限が段階的に緩和されていた時期だったが、ポルトガル国内で新型コロナウイルス感染が終息したわけではない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/67f55156151a38971c6cbb16bd02c81dec084363

<ポルト中島翔哉>リーグ再開初戦欠場へ…5月中旬から妻の体調不良で自宅練習 

1: 2020/06/03(水) 09:16:51.73
ポルトの中島翔哉がプリメイラ・リーガ再開初戦を欠場するようだ。

新型コロナウイルスにより3月中旬に中断したポルトガルのプリメイラ・リーガ。他国同様に状況が改善する中、6月3日についに再開する。昨夏から中島がプレーし、リーグ首位を走るポルトは、同日に敵地でファマリカンとの一戦を迎えるが、どうやら日本代表MFはこの試合を欠場するようだ。

中島は2位で19億円!アジア人選手の最新市場価値ランキング

ファマリカン戦前日の2日、セルジオ・コンセイソン監督は会見に臨み、欠場者について「スカッド全員を起用できないことはいつだって残念だ」と話し、イヴァン・マルカノとともに中島がチーム練習に参加できていないことを認めた。

「ナカジマに関して言えば、彼はグループとともにトレーニングを積めていない。彼の欠場に対処するために最善を尽くしたい。ただし、彼のことについてはあまり多くのことを話したくはない」

チームトレーニング再開初日には練習場に姿を現した中島だが、5月中旬以降、妻の体調不良により自宅で個人トレーニングを続ける。そのため、2週間余りチームから離れており、現段階でいつ合流できるか不透明だ。

6/3(水) 6:28GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/39dec31e866dd9e58756a3a6fe203b2b7d5c3921

写真
no title

中島翔哉はなぜ先発起用されないのか? 首位奪還のポルトで脇役に甘んじる最大の要因は… 

20200303-00010002-footballc-000-3-view




1: 2020/03/03(火) 14:32:31.07
ポルトガル1部リーグ第23節が現地2日に行われ、ポルトはサンタ・クララ戦で2-0の勝利を収めた。
6連勝でベンフィカを抜いて15試合ぶりの首位に返り咲いたが、ベンチスタートが続く中島翔哉はチームに貢献しきれなかった。
脇役に甘んじるのはなぜか。財政難に喘ぐポルトにおける背番号10の現在地を読み解く。(文:舩木渉)

●ポルトがついに首位の座に

ポルトがついに首位の座を奪還した。現地2日に行われたポルトガル1部リーグ第23節のサンタ・クララ戦に2-0で勝利すると、
約1時間後に終了した試合でベンフィカがモレイレンセと1-1のドローに終わった。

前節終了時点で2位ポルトと1位ベンフィカの勝ち点差は1ポイントだったため、勝ち点3を積み上げた前者が順位表のトップに返り咲いたのだ。
一時は10ポイント近く差をつけられたこともあったが、実に15試合ぶりの首位。今節は激しさを増す優勝争いにおいて、重要な転換点となったかもしれない。

だが、中島翔哉にとって自身の立場を一変させる試合にはならなかった。ベンチスタートが続くポルトの背番号10は、サンタ・クララ戦もキックオフの笛をベンチから聞くことになった。

先月27日のヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32のレバークーゼン戦2ndレグでコロンビア代表FWルイス・ディアスが負傷し、約1ヶ月の戦線離脱が見込まれる中で、中島の出番が増えていくという見方もあった。
ところがセルジオ・コンセイソン監督はウィルソン・マナファを右サイドバックで起用し、その右サイドバックからヘスス・コロナを本来の攻撃的なポジションに移すことを選んだ。
ターンオーバーの少ないチームとはいえ中島の公式戦5試合連続スタメン落ちは厳しい立場だと言わざるをえない。

サンタ・クララ戦のポルトは普段の4-4-2とは違う、4-1-4-1でスタートした。中盤アンカーに負傷から復帰したキャプテンのダニーロ・ペレイラを据え、
右サイドにはオターヴィオ、インサイドハーフをセルジオ・オリベイラとコロナに任せ、ルイス・ディアスが主戦場としていた左サイドに本来ストライカーのムサ・マレガを配置したのである。

試合が始まると、劣悪なピッチコンディションの影響などもあってサンタ・クララに苦しめられる展開に。パスが思うように通らず、手堅く守る相手をなかなか崩せなかった。
それでも37分にマナファが自ら中央突破を試みて、セルジオ・オリベイラとの華麗なパス交換から先制点を奪ってポルトが先制に成功する。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200303-00010002-footballc-socc
3/3(火) 12:03配信

ポルトFWが自ら退場、人種差別に怒りの抗議 

20200217-00000004-jij_afp-000-6-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索