Samurai Goal

ポドルスキ


スポンサード リンク





香川真司 トルコ1部・アンタルヤスポルでポドルスキとチームメートに? 

スクリーンショット 2021-01-16 21.03.37

「神戸での時間は大きな財産」「最高」ポドルスキが絶賛…ドイツ人が日本人から見習えることとは? 

スクリーンショット 2020-10-09 11.16.51

ポドルスキ「日本人は穏やかで控えめだといつも言われているが、それは間違いではない。」 

スクリーンショット 2020-10-09 8.12.05





1: 2020/10/08(木) 23:37:15.83 _USER9
トルコ1部リーグのアンタルヤスポルのFWルーカス・ポドルスキがDFB(ドイツサッカー連盟)のインタビューの中で、古巣であるヴィッセル神戸について話している。

ポドルスキは2017年春、ガラタサライから神戸に移籍。トルコでのシーズンを終えた同年夏にJリーグデビューを果たし、約2年半にわたって在籍した。昨季の天皇杯決勝では先制点をアシストするなど活躍を遂げ、
悲願のクラブ初タイトルを置き土産にJリーグから去った。

ポドルスキはインタビューの中で「それは最高の時間だった。人々や文化、そしてリーグを知ることは正解だったと思う。私はいつでもそこに戻ることができ、両手を広げて歓迎されることを知っている」と日本・神戸での時間を話した。

「クラブを少し発展させるために行った」と語ると、クラブに残したものについてはSNSの活用方法や栄養学、スタジアムやドレッシングルームの構造変更を列挙したポドルスキ。
「自分の思いは今後もヴィッセル神戸に影響を与えていくと断言できる」と役割を果たせたことに満足しているようだ。

また、日本や日本人との関わりの中で得たものを聞かれて「日本人は穏やかで控えめだといつも言われているが、それは間違いではない。尊敬はそこで大きな関心事であり、
特に年配の方に対して若い人はそう。私たちドイツ人も日本人を手本にできると思う。そこでの高齢者への敬意に感銘を受けたよ。日本人はとてもフレンドリーでとても親切で、とても清潔で、すべてが揃っている。私はそれが印象に残っているよ」と語った。

そして最後に「神戸での時間は私たちにとって本当に充実したものだった。ドイツから一歩踏み出して良かったと思っているよ」とコメントを残した。

10/8(木) 21:16配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/98e9ef968e1ed60cf514df45705ed701e630525b

ポドルスキ、エジルに対し「あいつはクソ野郎なんかじゃない」「本当に良いキャラクターの持ち主なんだ。」 

1: 2020/08/20(木) 08:26:17.83 _USER9
・「あいつはクソ野郎なんかじゃない」非難殺到で苦境のエジルを元J助っ人が熱く擁護! 「誰も得しないのに…」

苦境に立たされるアーセナルの10番

写真no title


ドイツが誇る稀代の司令塔が居場所を失くしている。アーセナルのメスト・エジルだ。

 チーム最古参の31歳は2019-20シーズン、自身のパフォーマンスの低下や、新加入のダニ・セバジョスの突き上げもあって出場機会が激減。中断明けからは一度も出番がなく、ミケル・アルテタ監督の信頼を全く得られていない状況だ。

 クラブは週給35万ポンド(約4900万円)とされる背番号10を放出して、軍資金の捻出に当てようと企てているものの、21年6月までの契約を残す本人は、「僕の姿勢は明確だ。契約の最終日までここにとどまる。このクラブのために全力を尽くす」と残留を明言している。

 また、新型コロナウイルスの影響による中断期間中には、給与の減額を拒んだこともあって、一部のメディアやファンから総スカンを喰らう始末。そんな元ドイツ代表MFを擁護したのが、現在トルコ1部のアンタルヤスポルに所属するルーカス・ポドルスキだ。

 エジルとはアーセナルで約2年間にわたって同じ釜の飯を食い、ドイツ代表ではともに2014年のブラジル・ワールドカップ制覇に貢献したポドルスキは、米メディア『The Athletic』で、苦楽をともにしてきた盟友をかばっている。

「あいつは本当に良いキャラクターの持ち主なんだ。決してクソ野郎なんかじゃない。自分のインタビューでも、あいつがアーセナルやチームメートに対して、苦言を残したことなんてあったかい?」

 35歳の元Jリーガーは、さらにエジルを取り巻く周囲の雰囲気を嘆いた。

「こんなことになってしまったのは本当に残念だ。誰も得なんかしないのにね……。エジルはベンチに座り、アーセナルは彼に給与を払い続けるだけさ。勝者なんていない。まぁあいつ自身と代理人が対処すべき問題だと思う」

 英紙『The Sun』などによれば、自身のルーツがあるトルコの強豪フェネルバフチェからの関心も伝えられているエジル。そのキャリアは、間違いなく正念場だ。

8/20(木) 5:10 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/9654714fa69ddb46e1b418a011b95596ad78115a

「親しい関係じゃない」元神戸の助っ人が語るイニエスタらスター軍団の実情「ポドルスキが中心にいたけど…」 

スクリーンショット 2020-08-08 15.29.16

ポドルスキが神戸時代語る「クソ野郎のようには退団しない」 

20200504-43480035-gekisaka-000-7-view

「僕はJリーグをより良くした」「クソ野郎としては…」ポドルスキが海外メディアで語った日本と退団への想い 

20200503-00010008-sdigestw-000-1-view

<ポドルスキ>日本で学んだ「規律とは何か?コロナ拡大の欧州は「日本を目指すべき」 

20200326-00109180-theanswer-000-1-view




1: 2020/03/27(金) 01:10:14.08
元ドイツ代表FWで、現在はトルコのアンタルヤスポルでプレーするルーカス・ポドルスキ。Jリーグでもプレー経験した34歳は、日本での経験をもとに「規律が必要なんだ」と強調。新型コロナウイルスが世界的に拡大する中で、自制心を持とうと呼びかけている。

【画像】日本文化の吸収にも意欲的だった…ポルディが平成の大横綱と決め顔で仁王立ち!? ポドルスキが公開した白鵬の2ショット

 欧州にも蔓延する新型コロナ。日本でもお馴染みのポドルスキの言葉を伝えているのは、ドイツ紙「エクスプレス」だった。所属リーグも中断を余儀なくされる中で、元ドイツ代表のレジェンドは「僕らのリーグも休止中なので、家でコンディションをキープしなければならない。みんな先行きが分からず、状況を見守っているところだ」と語っている。

 ポドルスキ自身、サッカー以外でもコロナの影響を受けているという。

「僕にもレストランを経営している友人がたくさんいるし、僕のケバブ屋、アイスクリーム屋は売り上げがなく苦しんでいる。仕事がなくなるかもしれないんだ」

アジアの現状を説明「状況が落ち着き、再び日常生活に戻り始めている」

 こうした状況では自制心を持つことこそ、大事だと強く訴えている。

「大事なのは、この状況が極めて深刻だときちんと理解することだ。家にとどまるべき! 大変かもしれないが、そうするしかないんだ。これが冗談だと思う人がいるなら、目を覚ましてくれ。真剣にだ! 日本にいた時、規律とは何かを学んだ。そして、ウイルスに打ち勝つために、人間には規律が必要なんだ! アジアでは状況が落ち着き、再び日常生活が戻り始めている。ヨーロッパが目指すべきは、まさにそこなんだ」

 記事では、ポドルスキは日本は日常生活を取り戻しつつあるという現状を説明。日本人の規律正しさこそが、その根底にあると確信しているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200326-00109180-theanswer-socc

<ポドルスキ>新天地で”過激”な歓待を受ける!「信じられないほどの愛と情熱を持つ国」と動画を投稿 

1: Egg ★ 2020/01/27(月) 22:37:45.87 ID:63F5Zc/z9
「キング、帰ってきてくれてありがとう」
no title


トルコに到着したルーカス・ポドルスキへの”過激な”歓待ぶりが話題となっている。

 契約満了でヴィッセル神戸を退団し、23日にトルコのアンタルヤスポル加入が決まったポドルスキが、27日に自身のSNSを更新。次のようなメッセージとともに、飛行機でトルコに向かうところから始まり、メディカルチェックを受けるまでの動画を投稿した。

【動画】「すごいことになってる」トルコで”過激”な歓待を受けるポドルスキ
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=69232

「次の挑戦はアンタルヤ。サッカーに対する信じられないほどの愛と情熱を持つ国、トルコに戻って来た。クラブのために戦うのが待ちきれない」
 

 その動画には、トルコの降り立ち、空港でファンにもみくちゃにされて熱烈な歓待を受ける元ドイツ代表FWの姿が収められている。

 SNS上でもファンから以下のような投稿が続々と寄せられた。

「再びようこそ!」
「トルコに戻ってきてくれてありがとう」
「伝説のプレーヤーだ」
「なぜガラタサライに来てくれなかったんだ」
「キング、帰ってきてくれてありがとう」
「なんかすごいことになってるな」
「ガラタサライ戦が楽しみだ」

 3度のワールドカップを経験し、神戸でもクラブ初タイトルとなる天皇杯制覇に貢献したポドルスキ。その”勝者のメンタリティー”で、現在リーグ15位に沈むチームの救世主となるか。


1/27(月) 19:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200127-00069232-sdigestw-socc

<ポドルスキ>新天地で”過激”な歓待を受ける!「信じられないほどの愛と情熱を持つ国」と動画を投稿 

1: Egg ★ 2020/01/27(月) 22:37:45.87 ID:63F5Zc/z9
「キング、帰ってきてくれてありがとう」
no title


トルコに到着したルーカス・ポドルスキへの”過激な”歓待ぶりが話題となっている。

 契約満了でヴィッセル神戸を退団し、23日にトルコのアンタルヤスポル加入が決まったポドルスキが、27日に自身のSNSを更新。次のようなメッセージとともに、飛行機でトルコに向かうところから始まり、メディカルチェックを受けるまでの動画を投稿した。

【動画】「すごいことになってる」トルコで”過激”な歓待を受けるポドルスキ
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=69232

「次の挑戦はアンタルヤ。サッカーに対する信じられないほどの愛と情熱を持つ国、トルコに戻って来た。クラブのために戦うのが待ちきれない」
 

 その動画には、トルコの降り立ち、空港でファンにもみくちゃにされて熱烈な歓待を受ける元ドイツ代表FWの姿が収められている。

 SNS上でもファンから以下のような投稿が続々と寄せられた。

「再びようこそ!」
「トルコに戻ってきてくれてありがとう」
「伝説のプレーヤーだ」
「なぜガラタサライに来てくれなかったんだ」
「キング、帰ってきてくれてありがとう」
「なんかすごいことになってるな」
「ガラタサライ戦が楽しみだ」

 3度のワールドカップを経験し、神戸でもクラブ初タイトルとなる天皇杯制覇に貢献したポドルスキ。その”勝者のメンタリティー”で、現在リーグ15位に沈むチームの救世主となるか。


1/27(月) 19:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200127-00069232-sdigestw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索