Samurai Goal

ポドルスキ


スポンサード リンク





<ポドルスキ>日本のサッカーについて「スピードは欧州より遅いし、タックルもより少ない」 

1: 2018/10/28(日) 00:07:55.73 _USER9
J1のヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキはドイツメディアのインタビューに対し、
日本での体験や今後の見通しについて語っている。ドイツ『Sportbuzzer』がインタビューを伝えた。

ポドルスキは日本での生活について、「この国での日々は相変わらず信じられないほど素晴らしい」と称賛。
「日本の人々や全てのものが大好きになった。清潔で安全で、食事も素晴らしい。人々はとても敬意を持ってくれる。ここに来ることができて本当に幸せだ」と述べた。

しかし、昨年の来日当初ほど笑顔を見せなくなったのではないかとも指摘されている。

それに対しポドルスキは、「確かに最近はたくさんやるべきことがある」と神戸が置かれた苦しい現状に言及しつつ、
「バルセロナやバイエルンなどのトップチームにいるのでなければ、いつも笑顔でいる理由があるとは限らない」と答えている。

「トップチームにいればいつも良く見える。全体的によりクオリティーが高いわけだからね。ポドルスキと、
今は(アンドレス・)イニエスタもいるという理由だけで、チームが全く別のサッカーをできるというわけじゃない」と神戸の苦境について語った。

日本のサッカーについては、「この国のリーグを欧州のリーグと直接的に比較することはできない」としつつ、 「スピードは欧州より遅いし、タックルもより少ない」と率直な感想も述べている。

神戸との契約を2019年まで残すポドルスキは、今後の見通しについて「まずは今季を良い形で終えなければならない」とコメント。

その上で、「最後にもう1年続けるかもしれない」とプレー続行に意欲を見せている。
「もう6年か7年国外にいて、家族や友人も恋しい」と契約終了後のドイツ帰国も示唆した。

10/27(土) 21:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181027-00294801-footballc-socc

写真
no title

“イニエスタ&ポドルスキ”が異例の出席!!新監督就任会見について言及 

キャプチャ
 J1神戸は17日、神戸市内で新体制に関する会見を行い、スペイン人のフアンマヌエル・リージョ氏(52)の新監督就任を発表した。

 会見には主将のFWルーカス・ポドルスキ(33)、MFアンドレス・イニエスタ(34)ら午前中に練習を終えた全選手が出席。約30分間、会見場の最前列でリージョ氏、三木谷浩史会長、三浦淳寛スポーツダイレクター(SD)の言葉に耳を傾けた。

 新監督発表会見に、選手が立ち会うのは異例。三浦SDはその意図を「一致団結、手を取り合ってアジアナンバー1を目指そうという思いがある」と説明した。

会見後にはチームを代表してポドルスキが報道陣に対応。退任した吉田孝行前監督(41)に対して「すごくいい仕事をした。別れないといけないのは残念なこと」と惜しんだ上で、「新しい監督が来るということは新しい流れを生む。ポジティブに捉えないといけない」と前を向いた。

リージョ新監督については「会ったばかりなので特別な印象はない」と多くを語らず。連敗阻止が懸かる23日の浦和戦へ「一つの音を奏でるために他の音が混じると戦えない」とチーム一丸を強調した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00000167-dal-socc

V神戸が北海道地震の募金活動!!ポドルスキは終始『ジュウマンエン』と叫び続けた 

キャプチャ
1 2018/09/11(火) 14:12:38.00 _USER9
9/11(火) 13:23配信
 J1神戸が11日、神戸ユニバー記念競技場で行われた公開練習の後に「平成30年北海道胆振(いぶり)東部地震」の募金活動を行った。

 活動には、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)ら選手27人が参加。中でも元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)がひときわ存在感を示し、活動を盛り上げた。まず最初に募金箱を手にしたポドルスキは、カタール代表DFヤセルとともに「MONEY! MONEY!」と大きな声を挙げた。ド直球な呼びかけには周囲の選手や練習に集まった約700人のファンも爆笑に包まれた。

 さらに自身の持つ箱の前にファンが通ると「ジュウマンエン!」と募金を呼びかけ、お札を入れたファンがいれば「ナイスプレー!」などと言って拍手で讃えた。中には財布の中の小銭を全て、ポドルスキの箱に入れた男性ファンもいた。また時折ファンとの撮影を自ら提案するなど、サービス精神とユーモアたっぷりで場を盛り上げた。

 約30分間の募金活動の後、取材に応じたポドルスキは「(地震は)心が痛むニュース。被災された方はたくさんのものを失って、苦しいことがたくさんある。この募金で彼らに力を与えることができたんじゃないかなと思う。これからも彼らのためになることを協力していければ」と真剣な表情で語った。集まった26万1048円は楽天クラッチ募金を通じて北海道の各自治体に送られる。15日のG大阪戦(ノエスタ)でも募金活動を検討しているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00000093-sph-socc

“ポドルスキ退場問題”三木谷氏が友人のピケに相談した結果がコレ 

http _o.aolcdn.com_hss_storage_midas_93aa
1 2018/09/03(月) 20:21:09.34 _USER9
楽天ヴィッセル神戸株式会社の代表取締役会長である三木谷浩史氏は、1日に行われた北海道コンサドーレ札幌戦におけるFWルーカス・ポドルスキの退場処分に納得がいっていない。“専門家”に意見を求めたことを自身のツイッターで明かしている。

 三木谷氏は友人であるバルセロナのDFジェラール・ピケにこの一件を報告した模様で、テキストメッセージのやりとりをしている。

 ピケは「試合を見たよ。ルーカスへのレッドカードが試合を壊してしまったね」と述べると、三木谷氏は「レッドだと思う?」と返答。するとピケは「最大でもイエローカード。相手を痛めつける意図はないし、レイトタックルというだけだ」との見解を示している。

 このやりとりの画像を掲載した三木谷氏は、「Jリーグは改善の必要がある…」と一言添えた。

9/3(月) 20:10 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180903-00287977-footballc-socc

【動画】ドライブするポドルスキがSNSで話題に!!BGMが何と“ミスチル” 

Dl5uZ-JU4AAJTH5
1 2018/08/31(金) 22:56:54.12 _USER9
 ヴィッセル神戸のFWルーカス・ポドルスキがインスタグラム(@poldi_official)に投稿した動画が話題になっている。

 ポドルスキは29日にインスタグラムを更新。ストーリーに投稿した動画では、オープンカーに乗るポドルスキが風に当たりながら自ら運転
している様子がわかる。スピーカーからはMr.Childrenの「君がいた夏」が流れ、33歳のドイツ人FWは心地よさそうに神戸の夜を楽しんでいた。

 全治6週間の骨折による怪我を負っていたポドルスキは11日のJ1第21節・磐田戦から復帰。直近の2試合ではそれぞれフル出場している。


ゲキサカ:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-01741997-gekisaka-socc

【議論】「外国人枠撤廃」日本人選手の活躍の場が減ってしまう!? 

1 2018/08/31(金) 10:12:38.95 _USER9
四半世紀を迎えたJリーグの歴史で初めてとなる光景が生まれた。横浜F・マリノスへ電撃的に加入したFW久保建英が、17歳2ヵ月22日と史上2番目の年少ゴール記録を樹立した26日の明治安田生命J1リーグ第24節で、対戦相手のヴィッセル神戸が6人の外国籍選手を同時に起用したのだ。ベンチ入りできる外国籍選手の上限が3人と定められている中で、プレーする選手の過半数を外国籍選手が占める、前例のないケースはなぜ生まれたのか。Jリーグ内で議論されて久しい外国籍選手枠の撤廃を踏まえながら、FCバルセロナとスペイン代表で一時代を築いたビッグネーム、アンドレス・イニエスタが加入して注目を集めるヴィッセルの現状を追った。(ノンフィクションライター 藤江直人)

● ヴィッセル神戸が外国籍の選手を 同時に6人起用できた「カラクリ」とは?

 21世紀生まれの唯一のJリーガーが眩い輝きを放ったノエビアスタジアム神戸のピッチで、四半世紀を迎えたJリーグの歴史上で初めてとなる光景も生まれていた。

 FC東京から横浜F・マリノスへ電撃的に期限付き移籍したばかりのFW久保建英が、出場7試合目にしてJ1初先発を果たした26日の明治安田生命J1リーグ第24節。スペインの名門、FCバルセロナもその才能に惚れ込んだ逸材は後半11分、鮮やかなJ1初ゴールを決めて先制した。

 この瞬間、対峙していたヴィッセル神戸の選手たちのうち、実に6人が外国籍選手だった。プレーしている11人の過半数を外国籍選手が占めるチームは、もちろんこれまで前例がない。例えば対戦していたマリノスの外国籍選手は、久保がゴールを決めた時点では2人だった。

 Jリーグが定める外国籍選手の登録数は、試合でベンチ入りできる上限は3人となっている。共通のルールがある中で、ヴィッセルが倍となる外国籍選手を起用できたのはなぜなのか。謎を解いていく前に、同時にプレーした6人の外国籍選手の顔ぶれをまずは見てみたい。

 ヴィッセルはマリノス戦で5人の外国籍選手を先発させている。GKに韓国代表のキム・スンギュ、センターバックにカタール代表のアフメド・ヤセル、インサイドハーフに元スペイン代表の至宝アンドレス・イニエスタ、右ウイングにキャプテンで元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキ、そしてセンターフォワードにチーム得点王のブラジル人、ウェリントンが名前を連ねた。

 そして、後半開始と同時に左サイドバックの橋本和に代わって、タイ代表のティーラトンが投入された瞬間に歴史が変わった。FW長沢駿との交代でウェリントンがベンチへ下がるまでの約25分間、スタジアム内に2つある電光掲示板上ではカタカナが漢字を上回っていた。

〈略〉

8/30(木) 6:00配信 ダイヤモンド
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180830-00178536-diamond-soci

写真
no title

バルサ化が止まらないV神戸“イニエスタ&ポドルスキ”を繋ぐ日本人選手の存在 

1 2018/08/26(日) 00:03:00.06 _USER9
アンドレス・イニエスタとルーカス・ポドルスキが揃ってからのヴィッセル神戸は、確かにバルセロナに少し似てきている。左にイニエスタ、右にポドルスキがいるので、攻め込むのかやり直すのかの判断が両方のサイドでできている。藤田直之が中央で二人を連結していて、この3人の関係はかなりスムーズだ。

 一方、守備面ではまだバルセロナとは似ても似つかぬ状況ではある。一時期、ヨーロッパでもバルセロナを模倣するチームがあった。だいたいパスはつながるようになるのだが、その割に点が取れず、自分たちにはリオネル・メッシがいないと気づく。

 イニエスタのプレーぶりはバルセロナの時と変わらない。敵が寄せてくればパスでかわして入れ替わり、敵が構えていればドリブルで突っかけていく。縦へ仕掛ける時と、やめて後ろに下げる、逆へ持っていくメリハリも相変わらず。もうこのへんはナチュラルにやっているのだろう。

 サッカーにミスはつきもので、イニエスタもミスはするが、ナンセンスなミスが少ない。上手い選手でも「つい」やってしまうミスはある。後で考えれば通るはずのないパスコースを狙ったり、成功の見込みの薄いドリブルをやっていたり。つい、うっかり、ミスをしてしまうものだが、イニエスタはそれが非常に少ない。自然体でやっているのに、ほとんど理に適っている。「達人の境地」と言えばそれまでだが、周囲の選手はイニエスタから多くのことを吸収できると思う。

 仮に神戸がメッシを獲得していたら、すぐに優勝できるかもしれないが、誰にも真似できないし真似しても良いことがない。真似できそうで届かないイニエスタは、神戸にとって絶妙の補強と言えるかもしれない。

8/25(土) 16:40配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180825-00130791-soccermzw-socc

写真
no title

ポドルスキ“漢気溢れる”魂のツイートが話題に!! 

1 2018/08/24(金) 00:14:41.53 _USER9
ポドルスキがインスタグラムに異例の日本語メッセージ

サッカーJ1神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが23日、インスタグラムを更新。日本語のみで91文字をつづり、次戦へ向けた決意を明かしている。来日2年目だが、日本語のみで決意を伝えるのは異例のこと。熱いメッセージが大きな話題を呼んでいる。
 
no title


「僕ら選手、サポーターそしてクラブが一つになって全員で目標達成に向けて一緒に戦わないといけない 試合毎に悲しんではいられない、これがフットボールなんだ 日曜日は勝ち点3のために全てを捧げる」

 オール日本語で91文字。26日のホーム横浜M戦へ向けての、熱い思いをサポーターに届けている。

 元スペイン代表アンドレス・イニエスタとのホットラインが注目されることも多いポドルスキだが、故障明けでコンディションも上がってきた自身の得点への期待も高まっている。

 加えてチームも4位と好位置。3位のF東京との勝ち点差は「4」と、上位進出は十分に可能な位置。気持ちの高揚が日本語メッセージにつながったのかもしれない。26日のパフォーマンスがイニエスタと共に注目だ

8/23(木) 21:03配信 The answer
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180823-00034391-theanswer-socc

王者の晩餐!?「イニエスタ・ポドルスキ・三木谷会長」豪華3ショットを公開 

1 2018/08/16(木) 23:38:42.13 _USER9
ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、サンフレッチェ広島戦後に、同僚の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタと神戸のオーナーを務める楽天の三木谷会長との豪華3ショット写真を公開している。

no title


 神戸は15日、J1第22節で広島と対戦し、1-1と引き分けた。前半15分に先制点を許すも、新加入のイニエスタがその2分後に圧巻のミドルシュートを突き刺し、2戦連続のゴラッソを記録した。

 試合後、ポドルスキが自身の公式インスタグラムを投稿。ポドルスキ、イニエスタのレジェンドコンビに加え、両選手を招聘した三木谷浩史会長の3ショットを公開。「王者たちのディナー」とメッセージを添えている。

 この強烈なトリオの写真に、コメント欄には「なんてゴージャスなんだ!」「まさに英雄だ」「ファンタスティック」など賛辞の言葉で溢れていた。

 広島戦では勝利こそ逃したものの、チーム状態は右肩上がりで暫定4位につけており、大型補強の成果が徐々に反映され始めている。イニエスタとポドルスキの競演が実現してからまだ2試合目だが、両者の連携が磨かれていくほど、神戸の攻撃は輝きを増していきそうだ。

8/16(木) 11:55配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180816-00128709-soccermzw-socc

黄金ライン『ポドルスキ→イニエスタ』2試合連続見事ゴラッソ!! 

no title
1 2018/08/15(水) 19:32:38.39 _USER9
明治安田生命J1リーグは15日、第22節の9試合を開催。ノエビアスタジアム神戸ではヴィッセル神戸とサンフレッチェ広島が対戦した。

試合は15分、FWパトリックのゴールで広島が先制する。すると神戸は17分、中央のFWルーカス・ポドルスキからのパスを、アンドレス・イニエスタがペナルティエリア左で受ける、するとイニエスタは中央に向かってドリブルをして右足を振り抜く。

イニエスタのシュートはゴールネットを突き刺し、神戸は1-1に追いついた。

イニエスタは前節・ジュビロ磐田戦に続き、2試合連続でのゴールとなった。

8/15(水) 19:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00010003-goal-socc no title
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索