Samurai Goal

ポチェッティーノ


スポンサード リンク





バルサ新監督候補にアンリ氏浮上…本命ポチェッティーノ氏とともに有力か 

スクリーンショット 2020-08-16 19.45.00

スパーズ解任のポチェッティーノ、次の職はバイエルン指揮官か  

1: 久太郎 ★ 2019/11/21(木) 11:47:12.10 ID:C9Tk6y0s9
マウリシオ・ポチェッティーノ氏(47)にバイエルン就任の可能性が浮上している。イギリス『デイリー・メール』がドイツ『ビルト』を引用して伝えた。

2014年にサウサンプトンからステップアップする形でトッテナムの監督に就任したポチェッティーノ氏。クラブを近年のプレミアリーグでトップ4の常連にすると共に、昨シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)準優勝に導くなど躍進させてきた。しかし、今シーズンはここまでプレミアリーグでプレミアリーグで3勝4敗5分けの14位と低迷。早くもトップ4フィニッシュに暗雲立ち込め、20日に解任が発表された。

そんなポチェッティーノ氏、早くもドイツ王者が注目している模様。バイエルンのスポーツディレクターを務めるハサン・サリハミジッチSDが同氏を高く評価しており、現在、ニコ・コバチ監督を解任し、空位となっている監督に招へいしたい意向のようだ。

だが、ポチェッティーノ氏はドイツ語を話すことができない。そこで、今シーズンいっぱいは、暫定的に指揮官を務めるハンジ・フリック氏の体制を継続し、ドイツ語の習得期間を与えることで、来夏に就任させることも考慮しているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-00364774-usoccer-socc

<トッテナム>ポチェッティーノ監督を解任を発表!モウリーニョ招へいか…すでに交渉、合意の可能性も  

1: Egg ★ 2019/11/20(水) 09:20:12.91 ID:wR3Eu/dI9
トッテナムは19日、マウリシオ・ポチェッティーノ監督(47)の解任を発表した。

ポチェッティーノ氏は2014年5月からトッテナムの指揮を執り、2016-17シーズンにプレミアリーグ最高位となる2位フィニッシュに先導すると、昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)でクラブ史上初のファイナル進出に貢献。近年におけるチームの躍進に大きく寄与する働きぶりを受け、2018年5月に2023年まで契約を延長したが、今シーズンはここまでプレミアリーグ14位に沈み、進退問題が取り沙汰され、19日に解任が決まった。

こうなると注目されるのが後任だ。イギリス『BBC』によると、候補として、ボーンマスのエディ・ハウ監督(41)や、RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督(32)、昨シーズンまでユベントスを率いたフリーのマッシミリアーノ・アッレグリ氏(52)が浮上しているが、2018年末にマンチェスター・ユナイテッドを去り、ロンドンに家を持つ無所属のジョゼ・モウリーニョ氏(56)が現時点の有力人物だという。

また、イギリス『スカイ・スポーツ』もポチェッティーノ氏に代わる有力候補として、モウリーニョ氏の名を挙げており、すでに就任に向けて交渉に入っている模様。しかも、双方合意に近く、20日のうちに成立に至る可能性もあるという。そのモウリーニョ氏は先月、プレミアリーグで3つ目となるクラブで主要トロフィーを獲得したいという願望から、イングランドのフットボール界復帰に意欲を示していたとのことだ。

そのほか、ポチェッティーノ氏の後任として、ナーゲルスマン監督に関心を示しているというトッテナムだが、引き抜きの勝算は低く、ホッフェンハイムから招聘するのに1年を要したライプツィヒとの交渉は至難だという。

11/20(水) 8:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00364724-usoccer-socc

写真
no title

<トットナム監督>ソン・フンミンの一発退場に疑問!「レッドカードは信じられない」  

1: Egg ★ 2019/11/05(火) 00:53:41.82 ID:NYnpUuZK9
エバートン戦で“危険タックル”も…ポチェッティーノ監督は擁護「故意ではなかった」

写真
no title


トットナムの韓国代表FWソン・フンミンは現地時間3日のプレミアリーグ第11節エバートン戦(1-1)で対戦相手のポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスへ危険なスライディングタックルを見舞い、一発レッドカードで退場となった。タックルを受けたゴメスは足首を脱臼骨折の重傷。ファールしたソン・フンミンもショックで涙を流すほどの事態となったなか、トットナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は韓国代表ストライカーを気遣うコメントを残した。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

【動画】トットナムの韓国代表FWソン・フンミン、相手MFに危険タックルで一発退場! 脱臼骨折の重傷に選手たちも衝撃
https://www.football-zone.net/archives/227156/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=227156_6

 ショッキングな出来事が起こってしまったのは、トットナムが1-0とリードして迎えた後半34分のことだった。エバートンのゴメスが左サイドでドリブルを開始すると、前線から守備に戻ったソン・フンミンが背後からスライディングタックルを繰り出したものの、ボールには触れることができず、ゴメスの足元をすくう形に。ゴメスは勢い余って前方のトットナムDFセルジュ・オーリエと衝突し、ピッチに倒れ込んだ。

 ゴメスの右足首があらぬ方向に曲がっており、目にした選手や観客が一様に頭を抱え、思わず目をそらすほど。ソン・フンミンも大きなショックを受けており、マーティン・アトキンソン主審からレッドカードを提示され、ピッチを去ることとなった。

 試合後、トットナムのポチェッティーノ監督は「非常に残念だ。本当に良くない形となってしまって、着地も不運だった。彼(ゴメス)の快復を祈ることしかできない。今回の件には、とてもショックを受けている。フットボールよりも彼のほうが重要だ」とコメント。そのうえで、次のようにソン・フンミンに下された処分についても次のように語っている。

「ソンのプレーが故意ではなかったことは明らかだ。彼にレッドカードが提示されたことは信じられないよ。レッドカードに抗議することもあり得るが、今は分からない」

 そして当事者となってしまったソン・フンミンの精神面について問われると、「フィジカルコーチ、ドクター、チームメート、そしてエバートンの選手たちは素晴らしかった。彼らには感謝したい。(エバートンの)キャプテンの(アイルランド代表DFシェイマス・)コールマンはドレッシングルームまで来て、ソニーを慰めてくれたんだ」と明かした。

 プレミアリーグで起きてしまった衝撃的な負傷。現地では重傷を負ったゴメスだけでなく、ソン・フンミンの精神状態も心配されている

11/4(月) 18:30配信 フットボールゾーン
https://www.football-zone.net

<トッテナム>ソン・フンミンのレッドカードに異議申し立て!アンドレ・ゴメスの曲がった足のケガを誘発...  

1: Egg ★ 2019/11/05(火) 09:31:38.87 ID:kgC5XcLG9
トッテナムは、韓国代表FWソン・フンミンへの判定に異議を申し立てたようだ。4日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 ソンは3日に行われたプレミアリーグ第11節エヴァートン戦の78分、ポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスに背後からスライディングタックルを仕掛けた。A・ゴメスはこれでバランスを崩すと、直後にトッテナムのコートジボワール代表セルジュ・オーリエとも交錯。A・ゴメスは軸足の右足首を脱臼骨折し、ソンにはVAR(ビデオ判定)によってレッドカードが提示された。

 ソンはA・ゴメスの曲がった足首を見てショックを受け、スタッフに抱えられながらピッチを後にした。試合後には、エヴァートンの主将を務めるアイルランド代表DFシェイマス・コールマンもトッテナムの控え室を訪れ、同選手のことを慰めたという。

 なお、A・ゴメスの手術は4日に行われ、無事に成功。経過も極めて良好だという。しかし、復帰時期については未定となっている。

 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は試合後、「ソンがあのような状況を招き入れる意図を持っていなかったことは明らかだ。レッドカードを見るなんて不可解だよ。審判の決定はイエローカードだったが、VARが決定を(レッドカードに)変更した。このような状況は変えていく必要がある。これは(VARが)明確ではない最新の事例だ」と語っていた。一方、プレミアリーグはソンにレッドカードを提示した理由について、「選手の安全を危険にさらしたため」としている。

11/5(火) 9:00配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00995255-soccerk-socc

写真
no title


【サッカー】<一発退場ソン・フンミンの様子をチームメイトが明かす!>「ひどく落ち込み、泣いていた」 ★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1572868095/


【サッカー】<エバートン主将>涙したソン・フンミンを激励!ネット絶賛「完璧な紳士」「彼もひどいタックル受けてるのに」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1572875208/

【サッカー】<トットナム監督>ソン・フンミンの一発退場に疑問!「レッドカードは信じられない」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1572882821/

日本代表DF酒井宏樹にトットナム移籍の可能性浮上 「強い興味を抱いている」と英報道  

1: 豆次郎 ★ 2019/06/10(月) 18:58:46.01 ID:RWoHup1F9
6/10(月) 18:35配信
日本代表DF酒井宏樹にトットナム移籍の可能性浮上 「強い興味を抱いている」と英報道

サイドバック強化に向けて「ポチェッティーノ監督の求める選手像に一致する」と指摘

 フランス1部の名門マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹は今季、リーグ戦27試合出場1得点を記録し、チームの中心選手として継続的な活躍を見せた。そんな酒井にプレミアリーグのトットナム移籍の噂が浮上している。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 酒井は2012年に柏レイソルからハノーファーに移籍。ブンデスリーガで評価を高めると、2016年にマルセイユに加入し、同クラブでこれまで122試合に出場してきた。本職の右サイドバック以外でも起用され、チームに欠かせない存在として活躍している。

 欧州9年目を迎える来季に向けて、プレミアリーグ挑戦の可能性が浮上した。「スカイ・スポーツ」は「トットナムがマルセイユの右サイドバック酒井宏樹の獲得を考えている」と見出しを打って報道。「トットナムは強い興味を抱いている」と伝えつつ、同時に「29歳という年齢が不安材料になっているようだ」としている。

 また、「日本代表の右サイドバックは、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の求める選手像に一致する」として、酒井が指揮官の求めるタイプに合致することを強調する一方、クラブ方針として23歳以下の選手を好んでいることも指摘。さらにクラブの現状を踏まえ、次のように続けている。

「ポチェッティーノ監督は両サイドバックを強化したいと考えており、DFキーラン・トリッピアーとDFセルジュ・オーリエへのオファーがあれば、聞き入れる構えだ。スパーズの補強が思い通りにいかなければ、マーケット終盤になった時、酒井はより真剣なターゲットとなるだろう」

 今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で決勝に進出し、新スタジアムも完成するなど、近年の進境著しいトットナム。酒井は今夏、その一員となるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190610-00195203-soccermzw-socc
no title

ポチェッティーノ監督がソン・フンミンを2200万ポンド(約35億3000万円)で放出したい模様 

1: 名無しさん 2016/05/23(月) 06:49:18.37 ID:CAP_USER9
2016年5月21日 0時20分
超ワールドサッカー

▽トッテナムが韓国代表FWソン・フンミン(23)の放出を考慮しているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。

▽昨年の夏に2200万ポンド(約36億9000万円)の移籍金でレバークーゼンからトッテナム入りしたソン・フンミンは、リーグ戦28試合に出場して4ゴールを記録。貴重な得点を挙げる試合もあったが、MFクリスティアン・エリクセンやMFエリック・ラメラがいる2列目では、MFデレ・アリの台頭もあり、先発出場数が13試合にとどまった。さらに、ニューカッスルに1-5で敗れた最終節では、ハーフタイムに交代となるなど、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の信頼を得ることができていない。

▽『テレグラフ』によれば、ポチェッティーノ監督はソン・フンミンの放出を考慮。クラブは、昨夏に獲得した2200万ポンド(約35億3000万円)ほどで放出したいと考えているようだ。

▽また、ポチェッティーノ監督は、アルジェリア代表MFナビル・ベンタレブ(21)とイングランド代表MFライアン・メイソン(24)に関してもオファーを聞く準備があるとのことだ。今季リーグ戦出場が5試合にとどまったベンタレブに関しては、1000万ポンド(約16億円)ほどのオファーが届けば放出を許可するという。

http://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_240915/
no title

バーディ欠場の衝撃はどんな結果を生むのか?トッテナム指揮官「彼らがポイントを落とすことを願う」 

1: 名無しさん 2016/04/23(土) 11:49:57.66 ID:CAP_USER*.net
優勝争いの行方を左右する週末に

リーグ制覇を狙うレスター・シティにとって、FWジェイミー・バーディを欠いた状態で戦う今節のスウォンジー戦は非常に重要な意味を持つ。レスターにとっては未知の領域であり、これまでの勢いが止まってしまう可能性も考えられる。しかも2位トッテナムは現在3連敗中で15位に沈むWBAとホームで戦うことになっており、よほどのことがない限り勝ち点を落とさないだろう。

英『Daily Star』によると、トッテナム指揮官マウリシオ・ポチェッティーノも今週末の戦いがタイトル争いに大きな影響を与えるものになると感じており、バーディの欠場が両クラブに大きな衝撃を与えることになると語った。

「私はバーディの欠場がレスターにとって大きなインパクトになると思うよ。もちろん我々にとってもね。レスターは良い選手を抱えているし、今の順位にふさわしい。だけど、バーディはプレミアリーグ最高のストライカーの1人だからね。我々はタイトルを争っているんだ。次の試合で彼らが勝ち点を落とすことを願っているよ」

仮にレスターが敗れてトッテナムが勝利すれば勝ち点差は2に縮まり、タイトルの行方は一気に分からなくなる。トッテナムが格下のWBAと対戦することはレスターにとってもプレッシャーとなるだろうが、今節に何か大きな動きが起こるだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160423-00010002-theworld-socc
no title

ドルトムントを称賛するトッテナム指揮官「主力はレアルやバルサでプレーできるレベル」 

1: 名無しさん 2016/03/10(木) 17:21:59.69 ID:CAP_USER*.net
トッテナムは10日にヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦の第1戦でドルトムントと対戦する。マウリシオ・ポチェッティーノ監督は「レアル・マドリーやバルセロナでプレーすることもできる」とドルトムントの選手層の厚さを警戒している。英『ESPN』が報じている。

 プレミアリーグとブンデスリーガの2位チーム同士の対決に向けて、メンバーの入れ替えを明言しているトッテナムの指揮官は、「ドルトムントには非常に優れている選手が揃っており、素晴らしい監督もいる、大変良いチームだ。トーマス・トゥヘルはファンタスティック。彼はシーズンの最初から実力があることを示している」と、対戦相手を称えた。

 また、「明日は我々にとって良いチャレンジになるだろう。ヨーロッパでもベストのクラブの一つと対戦するわけだからね」とタフな試合を予想。その上で

「彼らには有名な選手が揃っている。オーバメヤン、ムヒタリアン、ロイス、ギュンドガン、フンメルス、彼らはドルトムントに留まることもできるし、あるいはレアル・マドリーやバルセロナでプレーすることもできるだろう」と、個々のレベルも高いと警戒した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160310-01625286-gekisaka-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索