Samurai Goal

ボローニャ


スポンサード リンク





冨安健洋がマン・オブ・ザ・マッチ。ボローニャ9試合ぶり白星でイタリアメディア絶賛 

スクリーンショット 2021-01-17 13.17.30




1: 2021/01/17(日) 11:17:38.98 _USER9
 ボローニャは現地時間16日、セリエA第18節のヴェローナ戦で1-0の勝利を収めた。イタリアメディアがDF冨安健洋の活躍を高く評価している。

 ボローニャは11月末のクロトーネ戦で勝利したあと、リーグ戦で8試合勝利から見放されていた。それでも、この日はヴェローナの攻撃を完封。センターバックを務めた冨安は、その最大の功労者とみられているようだ。


『スポルト・メディアセット』は、冨安に「7」の高評価。これは両チーム合わせて単独最高点で、「正真正銘の守備の巨人。あらゆるデュエルを制した」と、存在感の大きさに触れた。

『トゥットメルカート』も冨安に「7」を付けており、チーム最高タイ。「(相手FW)カリニッチを完全に封じた。ハイボールでも足もとでも、常に先手を取った」と絶賛している。

『スカイ』も「7」を付け、冨安をマン・オブ・ザ・マッチに選出した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6dd26ecc59ca23cf9fad818cc3d220ea42280192

<DF冨安健洋(ボローニャ)>今季2点目!FKに頭で合わせて先制点マーク 

1: 2021/01/06(水) 23:52:04.85 _USER9
 ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋が、6日のセリエA第16節ウディネーゼ戦で今季2点目をマークした。

 開幕から16試合連続の先発出場を果たした冨安は、右サイドバックでの起用となった。0-0で迎えた19分、ボローニャは右サイドでフリーキックを獲得し、リッカルド・オルソリーニがキッカーを担当する。左足でゴール方向に向かうボールを供給すると、高く跳んだ冨安が頭で合わせてゴール右隅に突き刺した。

 昨シーズンからボローニャでプレーする冨安は、昨年7月18日に行われた昨シーズンのセリエA第34節ミラン戦でリーグ初ゴールをマーク。昨年12月23日に行われた今季のセリエA第14節のアタランタ戦では、FW顔負けの鮮やかなループシュートで今シーズン初ゴールを決めていた。

1/6(水) 23:30 サッカーキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/f5dd2aaac25b076b0a39340021bcf88c458e8252

写真
no title

<冨安健洋(ボローニャ)>2020年の「欧州5大リーグ日本人選手MVP」に選出!“鉄壁”のデータとは? 

1: 2020/12/31(木) 23:19:35.96 _USER9
リーグ戦出場試合数、インターセプト、デュエル、空中戦回数で日本人選手トップを記録

ボローニャの日本代表DF冨安健洋は、イタリア挑戦2年目の今季も存在感を示している。そのなかで、データ分析会社「オプタ」は、日本人選手トップクラスの成績を評価し、独自に2020年の「欧州5大リーグ日本人選手MVP」に選出している。

 日本代表の次世代DFリーダーとして期待を背負う冨安は、福岡の下部組織で育ち、2015年にトップ昇格。18年にベルギー1部シント=トロイデンに移籍し、昨季からボローニャで主力として活躍している。今季はここまでリーグ戦14試合1ゴールを記録。不慣れな左サイドバックでの起用にも対応しているなか、現地時間12月23日のセリエA第14節アタランタ戦(2-2)では、技ありのチップキックから今季初ゴールを決めた。

 スペイン、イングランド、イタリア、ドイツ、フランスの欧州5大リーグでは、日本人選手も多く活躍するようになったが、データ分析会社「オプタ」は、自社データを基に2020年の「欧州5大リーグ日本人選手MVP」を選出。リーグ戦出場試合数(31)、インターセプト(58回)、デュエル(303回)、空中戦数(128回)が日本人選手最多で、空中戦勝率がセリエAで120回以上空中戦を記録しているDF登録選手の中ではリーグトップの60.2%を記録している冨安に同賞を贈り、「鉄壁」と称している。

 2020年にはセリエAの名門ACミランが獲得に興味を示したと報じられるなど、世界的にも存在感を増した冨安。21年にどんな成長を遂げるのか、楽しみだ。

12/31(木) 19:20 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/890bb404244a42ad15a10d6bdd349ba62e381651

写真
no title

ボローニャDF冨安健洋 地元メディアも高評価「今や2000万ユーロの価値」 ビッグクラブ移籍も見えてきた 

スクリーンショット 2020-12-30 8.06.14




1: 2020/12/29(火) 21:42:13.36 _USER9
ビッグクラブ移籍も見えてきたDF冨
ボローニャDF冨安健洋 地元メディアも高評価「今や2000万ユーロの価値」


イタリア1部ボローニャの日本代表DF冨安健洋(22)が異国の地でも確かな爪痕を残している。

 今季の冨安はリーグ戦で14試合に出場。23日のアタランタ戦では今季初ゴールをマークするなど、攻守で高いパフォーマンスを発揮している。

 そんな中、イタリアメディア「トゥット・ボローニャ」は「ボローニャの真のジョーカーであり、1分も欠場することなくプレーしてきた。今は国内だけでなく、何よりも魅力的で潜在的なトップ選手をボローニャは見つけた」と高評価を下した。

 その上で、イタリア1部の名門ACミランからオファーが届くなど、各国のクラブが熱視線を送っているため「900万ユーロ(約11億4000万円)だった彼の市場価格はさらに上昇しており、今や2000万ユーロ(約25億4000万円)の価値がついている。冨安がもしボローニャから移籍する場合は、クラブの資金面でも大きな取引となるだろう」と指摘した。

 最後には「冨安は基本的なテクニックが必要とされる中央の中盤に戻り、底辺からのプレーになるが、オールラウンダーとして、豊かな人間性を高めていきながら、応用力を発揮していくことになるだろう」と伝えており、改めて冨安への期待値の高さが示された形となった。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/2df470735472f832eea5523561f0e04ffac04637
12/29(火) 20:55配信

冨安健洋が今季初ゴール! ボローニャは2点差追いつきアタランタと2-2ドロー 

スクリーンショット 2020-12-24 19.57.18




1: 2020/12/24(木) 08:23:54.33 _USER9
冨安健洋が今季初ゴール! ボローニャは2点差追いつきアタランタと2-2ドロー
12/24(木) 7:39
配信
フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201224-00403384-footballc-socc

【ボローニャ 2-2 アタランタ セリエA第14節】

 セリエA第14節、ボローニャ対アタランタの試合が現地時間23日に行われた。試合は2-2の引き分けに終わっている。

 ボローニャに所属する冨安健洋は先発出場を果たした。22分にアタランタのルイス・ムリエルにPKを決められると、直後の23分にも再びムリエルにゴールを決められた。


 追いかける展開になったボローニャも73分、リッカルド・オルソリーニとのワンツーパスから抜け出した冨安がゴールを決めて1点を返す。冨安にとっては今季初ゴールとなった。82分には、コーナーキックからネフエン・パズがヘディングシュートを決めて同点に追いつく。その後はお互いに勝ち越しゴールを奪うことは出来ず、試合は2-2の引き分けに終わった。

【得点者】
22分 0-1 ムリエル(アタランタ)
23分 0-2 ムリエル(アタランタ)
73分 1-2 冨安(ボローニャ)
82分 2-2 パズ(ボローニャ)

「1年間のSB起用は賢かった」ボローニャDF冨安健洋についてザッケローニ氏がそう語るワケは? 

スクリーンショット 2020-12-18 22.07.13

冨安健洋、インテル戦は低評価「前半のネガティブな主人公」。チーム最低タイ連発 

1: 2020/12/06(日) 08:50:17.66 _USER9
 ボローニャのDF冨安健洋は現地時間5日に行われたセリエAのインテル戦にフル出場した。イタリアメディアが冨安のパフォーマンスに採点を付けている。

 主に3バックの左を担当した冨安。この一戦ではインテルのFWロメル・ルカクとの競り合いに負けるなど、厳しいシーンが目立った。試合は1-3で敗戦しており、低評価が多くなっている。


 『スポルトメディアセット』はチーム最低タイとなる「4.5」の採点。「インテルの前半の2得点におけるネガティブな主人公」と評した。

 『トゥットメルカートウェブ』も同じく最低タイの「4.5」。「素晴らしい夜ではなかった。ルカクとのコンタクトは、まるで小さなウインガーのようだった」と記している。

 ボローニャ専門メディアの『ボローニャニュース』は「5」を付けたが、こちらもチーム最低タイの評価。「冨安は悪かった」と記事のタイトルにも書かれているとおり、良い印象は与えられなかったようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5038f2c66798d87c3c478dcc2289951b94bf04f1
no title

ボローニャ冨安健洋に伊メディアから賛辞「素晴らしいデュエル。攻撃でも脅威」 

スクリーンショット 2020-11-30 14.56.36

強豪ナポリ戦でフル出場のボローニャ冨安健洋、イタリアでの評価は?「もはや彼は…」 

スクリーンショット 2020-11-09 14.54.26

冨安健洋所属のボローニャが不名誉記録、38試合連続失点で45年ぶりの欧州5大リーグ記録に 

pcimage




1: 2020/10/25(日) 23:19:20.49 _USER9
冨安健洋が所属するボローニャが、不名誉な記録を作ってしまった。

ボローニャは24日、セリエA第5節でラツィオと対戦。ルイス・アルベルト、チーロ・インモービレにゴールを許し、2-1で敗戦となった。

冨安はこの試合に先発フル出場。58分にイエローカードを受けていた。

この試合でも失点したボローニャだが、このラツィオ戦でセリエAで38試合連続失点。これは1975年のデュイスブルクが記録したヨーロッパ5大リーグでの最長失点記録となってしまった。

ボローニャが最後にセリエAでクリーンシートを達成したのは2019年9月25日のジェノア戦で、その際は0-0のゴールレスドローだった。

そこから38試合連続で失点。69ゴールを許していた。

http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=383960



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索