Samurai Goal

ボローニャ


スポンサード リンク





ボローニャ冨安健洋へのオファーを拒否…クラブ幹部は「最も素晴らしい才能は手放さない」 

1: 2020/09/08(火) 19:34:11.61 _USER9
ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋の去就を巡り、クラブのテクニカルディレクター(TD)を務めるヴァルテル・サバティーニ氏が、7日付のイタリア紙『レプブリカ』ボローニャ版のインタビューで語った。

冨安は昨シーズン、シント=トロイデンから加入するとすぐさま右サイドバックのレギュラーとして定着。新型コロナウイルスの影響によりリーグが約3カ月にわたって中断された異例のシーズンにおいて、
リーグ戦29試合に出場。7月18日のミラン戦ではセリエA初ゴールもマークするなど印象的な活躍を見せた。

そんな21歳の日本代表DFは、今夏の移籍市場において熱視線を浴びる。かつて中田英寿氏も所属した名門ローマや、近年チャンピオンズリーグの常連だったナポリからの関心が伝えられたほか、
ニューカッスルやウェストハムなどプレミアリーグのクラブも獲得を目指し、移籍金2000万ユーロ(約25億円)を準備しているとみられる。

しかしボローニャのサバティーニTDは、こうしたオファーに応じる姿勢は見せない。21歳のガンビア代表FWムサ・バロウとともに、“非売品”であることを改めて強調した。

「バロウとトミヤスは唯一の“非売品”だ。日本人選手については、すでにいくつかのオファーに断りを入れた。すぐさま2000万ユーロの現金を手に入れることはできるはず。
しかし我々は中東のクラブのようなキャンペーンを行うつもりはない。少なくともこれに関しては(会長のジョーイ)サプートのおかげと言える。
どのクラブも選手を売っているが、ボローニャは違う。サプートは最も素晴らしい才能たちを手放さない」

またボローニャ幹部は、クラブの恵まれた環境を自負し、選手たちもボローニャ退団を望んでいないと主張。「選手たちはボローニャを離れたがらない。
多くの選手がより有利な条件の移籍を拒否しているんだ。名前を公にするのは問題なので言わないがね」と明かした。

9/8(火) 11:31配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/24ae1c38810800da47e5c8ae9cb7671f4d4d7d7c

写真

no title

「基本的なミスが多すぎる」冨安のCB起用にボローニャOBが苦言! 

スクリーンショット 2020-09-02 10.48.41




1: 2020/09/02(水) 00:39:54.13 _USER9
イタリアでの2年目は、冨安健洋にとって新たな挑戦となる。守備の国イタリアで、本職のCBとして勝負するシーズンとなるからだ。

 ボローニャに加入して1年目のシーズン、冨安は右SBで高い評価を受けた。市場価値は3倍以上となり、国内外の強豪から熱い視線を寄せられるように。技術部門のトップを務めるワルテル・サバティーニは、マンチェスター・ユナイテッドでプレーするのにもふさわしい選手と称賛した。

 だが、シニシャ・ミハイロビッチ監督は今季、冨安を右SBではなく最終ラインの中央に戻す意向だ。すでに新シーズンに向けて始動したチームにおいて、冨安はベテランのダニーロらとCBのポジションを争うことになる。

 日本のファンにはおなじみの本職だが、イタリア・サッカー界における冨安はCBとしての地位を確立していない。チーム事情からCBを務めた昨季の数試合では批判も浴びた。

 OBのレナト・ヴィッラも懸念を示すひとりだ。ボローニャ専門サイト『bologna SPORT NEWS.it』によると、ヴィッラは地元紙『Resto del Carlino』で「トミヤスは中央でプレーする特徴の選手じゃないと思う。ミスが高くつく役割なのに、ポジショニングのミスを犯すことが多すぎる」と指摘した。

「守備の中央を強化したいなら、チームに別の適役がいるじゃないか。ガリー・メデルだよ。トミがベストを発揮するのは、SBかWBだと思う。プッシュできるし、飛び出すタイミングも良い。深い位置まで攻め上がれる」

 ヴィッラは「今季の守備面には疑問が残った。だが、サイドならミスをしてもチームメートたちがカバーしてくれる。CBでミスをすれば、失点を防ぐのはGKしかいない」と続けている。

「わたしは、まだCBの準備ができていないと思う。基本的なミスがまだ多すぎるんだよ。特にポジショニングのミスだ。残念ながら、セリエAでそれは大きな代償を支払うことになる」

 冨安はOBの意見を覆すことができるか。日本代表CBの奮起に期待したい。


https://news.yahoo.co.jp/articles/20d4b28a7aee659fb6a7fac6076f623c6c612395

<ボローニャ>元イタリア代表右SB・デ・シルベストリを間もなく獲得!冨安健洋はCB起用へ 

1: 2020/08/29(土) 14:40:34.12 _USER9
ボローニャは、トリノに所属する元イタリア代表の右サイドバック、ロレンツォ・デ・シルベストリを間もなく獲得する。契約期間は9月1日からの2年間。トリノとの契約が8月31日で満了するため、移籍金は発生しない。
 
デ・シルベストリの獲得は、シニシャ・ミハイロビッチ監督のリクエストに沿ったものだ。この2人は、2010―11シーズンのフィオレンティーナ、13~15シーズンのサンプドリア、16~18シーズンにトリノでともに戦っており、厚い信頼関係で結ばれている。
 
この補強により、新シーズンの冨安健洋のポジションは、かねてから報じられてきたように、センターバックになるだろう。19―20シーズンのボローニャはリーグワースト6位タイの65失点を喫しており、守備陣のテコ入れは急務。

ミハイロビッチは冨安を「本職」のCBにコンバートすることで、守備の立て直しを図る考えだ。
 
粘り強い守備と正確なビルドアップ、前線への駆け上がりと、19―20シーズンの冨安は右サイドバックで一躍ブレイク。若手選手に辛口のイタリアのメディアから「自身の価値をプレーで証明した」(『Gazzetta dello Sport』紙)と評されるまでになった。

CBでプレーする新シーズンもイタリアのメディアを納得させるプレーを見せられるか、注目だ。
 
8/29(土) 14:35配信 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/8af2bc28021a92a0a46da72d24861d9be6b27c7d

写真
no title

<冨安健洋>伊紙が賛辞!「ボローニャで最も貴重な宝石」 市場価値が加入時と比較して3倍に 

スクリーンショット 2020-08-27 21.18.51




1: 2020/08/27(木) 19:47:24.32 _USER9
新シーズンに向けて高まる期待感

昨年は白血病との闘病、今年は新型コロナウイルス感染と、シニシャ・ミハイロビッチ監督は2年連続でプレシーズンのトレーニングを指揮できていない。
だが、ボローニャは新シーズンに向けて準備を進めている。それは先週末にイタリアに戻った冨安健洋も同じだ。

セリエA2年目に挑むサムライ戦士は、地元紙からも評価が高まっている。
現地時間8月26日、イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は、2019-20シーズンの活躍で高く評価される冨安が残留したことは、「チームにとって大きな後押しだ」と伝えている。

冨安は、守備の国イタリアでの1年目、右SBにコンバートされたにもかかわらず、攻守両面で質の高いプレーを披露して、ローマをはじめとする国内外の強豪からの関心が騒がれるようになった。

だが、クラブに日本代表DFを手放すつもりはない。『Gazzetta dello Sport』は、「トミヤスとオルソリーニはOK。ボローニャ、宝石が残留」との見出しで、
昨シーズンの冨安が「見事なパフォーマンス」だったと称賛。市場価値が加入時と比較して3倍に跳ね上がったことを伝え、ムサ・バロウ、リッカルド・オルソリーニと並ぶ「ボローニャでもっとも貴重な宝石」と賛辞を寄せている。

来る新シーズンは、冨安にとって新たな挑戦の一年になる。ミハイロビッチ監督が本職のCBに戻すと明かしているからだ。『Gazzetta dello Sport』も「新たな変貌、あるいは過去への回帰が待たれる。守備陣中央に戻るのだ」と伝えた。
ただ、冨安がチームとキャンプインできるかは、新型コロナの検査次第だ。記事によれば、22日に日本からイタリアに戻った冨安には、14日間の隔離が義務付けられる。これでは実質的にキャンプに参加できない。

『Gazzetta dello Sport』によると、短期間に2度のPCR検査を受け、いずれも陰性であれば、14日の隔離が不要になり、現在は検査の結果が待たれている。
何はともあれ、特殊な環境下でイタリアでの2年目を迎える冨安が、CBとしてもカルチョの世界で通用するところを見せてくるのを期待するばかりだ。

8/27(木) 19:41
https://news.yahoo.co.jp/articles/7af0649307a85752e73653625d0fb347d7d63adc

<冨安健洋>来季も右サイドでのプレー希望? ボローニャは新SB獲得を保留か 

1: 2020/08/09(日) 15:03:10.87 _USER9
ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋は、来季センターバックと右サイドバックのどちらのポジションで起用されるかが不確定な状況であり、
その影響で新たな右SBの補強も保留されているという。伊紙『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。

これまでの所属クラブや日本代表ではCBとしてプレーしてきた冨安だが、昨夏加入したボローニャでは主に右SBとしてプレー。
不慣れだったはずのポジションで不動のレギュラーに定着し、年間を通してのプレーで高く評価された。

シニシャ・ミハイロビッチ監督は先週末にセリエA最終節を終えたあと、来季は冨安をCBとして起用するつもりだとコメント。
そのため別の右SBを補強したいという考えも口にしていた。

だが『コッリエレ』によれば、監督の考えとは異なり、冨安自身はこれまで好プレーを見せることができた右サイドでのプレーを続けることを希望しているという。
またクラブ幹部のワルテル・サバティーニ氏やリッカルド・ビゴン氏も、指揮官の構想を尊重しながらも冨安の右サイド起用を望んでいるとされている。

冨安は右SBとして「攻守両面で本当に素晴らしいシーズンを過ごした」が、何度かCBとして起用された試合では「大きな不安定さを露呈した」と評されている。
ミハイロビッチ監督はシーズンのラスト3試合でも冨安のCB起用をテストすることを考えていたとされているが、負傷のため実現することはなかった。

新たな右SBとして、ボローニャはトリノのイタリア代表DFロレンツォ・デ・シルヴェストリを獲得しようとしていることが以前から報じられていた。
だが冨安のポジションが不確定なため、その補強も一時的に保留されている状況だという。

8/9(日) 14:48配信 フットボールチャンネル
https://news.yahoo.co.jp/articles/f90fe95addcf067d02d4ff21e8953bb8a9e3a201

写真
no title

ボローニャ指揮官、来季の冨安健洋の起用に言及「彼にはCBでプレーしてもらいたい」 

スクリーンショット 2020-08-03 15.13.38

冨安健洋“25億円超オファー”をボローニャ幹部が明かす!「ローマからではない。そもそも、安すぎるがね」 

1: 2020/07/31(金) 19:31:27.90 _USER9
◆「ローマではなく…」冨安健洋への“25億円超オファー”をボローニャ幹部が明かす!「トミはアンタッチャブルで安すぎる」

イタリア国内のクラブからのオファーが

負傷でシーズンを終えることになったのは残念だが、ボローニャの冨安健洋が1年目のイタリアで大きな飛躍を遂げたことは間違いない。

開幕前にシニシャ・ミハイロビッチ監督の白血病が発覚し、シーズン途中には新型コロナウイルスの影響で3カ月も中断を余儀なくされた。
異例づくしのシーズンで、本職のCBではなく右SBを主戦場に、“守備の国”イタリアのリーグ戦で29試合に出場し、1得点を記録。堂々たる成績だ。

当然、冨安の株は右肩上がりだ。技術部門の幹部であるワルテル・サバティーニは、シーズン中に日本代表DFがマンチェスター・ユナイテッドでプレーするにふさわしい選手と絶賛している。
実際、来季に向けて冨安に対する強豪からの関心も噂されており、セリエAではローマが狙っているとの報道もあった。ただ、ローマ以外のビッグクラブも冨安の獲得に動いていたようだ。
 
7月31日のイタリア紙『Gazzetta dello Sport』のインタビューで、サバティーニは冨安とリッカルド・オルソリーニが「アンタッチャブル」な存在だと強調。放出を否定する中で、すでに高額オファーが届いていたことを明かしている。
「トミにはイタリアから2000万ユーロ(約25億円)以上のオファーが届いた。ローマからではないよ。そもそも、安すぎるがね」

DFに2000万ユーロを提示できるのは、セリエAの中でも強豪に分類されるクラブだ。サバティーニは名前を明かさなかったが、冨安に対する関心の高さがうかがえる。

移籍サイト『Transfermarkt』での冨安の評価額は、4月8日更新の最新版で1350万ユーロ(約16億9000万円)。コロナ禍前の3月3日時点の最高額でも1500万ユーロ(約18億8000万円)だ。
それでも、ボローニャは2000万ユーロのオファーを不十分とみなしている。

来季はミハイロビッチが本職のCBで起用する構想と言われる冨安。クラブが大きな信頼と期待を寄せる21歳は、2年目のイタリアでどこまで市場価値を高められるだろうか。

7/31(金) 19:14配信 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/af792a800377a98e111c6e1b4ed412968ebf8130

写真
no title

イタリア・セリエA ボローニャ監督「無観客ならプレーしないほうがまし」 

1: 2020/07/26(日) 11:34:21.93 _USER9
7/26(日) 10:01配信
ロイター

サッカーのイタリア・セリエA、冨安健洋が所属するボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督(写真)は、来季も試合が無観客となる場合、プレーしないほうがいいとの考えを明かした。イタリアのベルガモで21日撮影(2020年 ロイター/Alberto Lingria)

[25日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエA、冨安健洋が所属するボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督は25日、来季も試合が無観客となる場合、プレーしないほうがいいとの考えを明かした。

ミハイロビッチ監督は報道陣に対し、「無観客試合は苦痛」とし、「ファンがいない状況で長時間プレーするのは疲れる」と説明。

さらに「今季はそれがシーズンを終了する唯一の方法だったが、9月から観客の入場が認められることを願っている。無観客試合を行うくらいなら、プレーしないほうがましだ」と語った。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、同リーグの試合は無観客で行われている。しかしイタリアのスポーツ相は24日、状況次第では9月からファンの入場を再開する可能性があると述べた。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/64a54586d82055ef159e4fa3ad99515504b82a88

ボローニャ・冨安、右大腿二頭筋の軽度肉離れ 全治約2週間 

1: 2020/07/25(土) 05:44:17.57 _USER9
7/25(土) 5:30配信
スポニチアネックス

セリエA・ボローニャの冨安健洋

 21日のアタランタ戦で負傷したボローニャの日本代表DF冨安が、右大腿二頭筋の軽度の肉離れで、全治約2週間と診断された。23日にクラブが公式サイトで発表した。

 この負傷により冨安は今季残り3試合を全て欠場する可能性が高まった。ベルギーのシントトロイデンから加入して1年目。右サイドバックを主戦場にリーグ戦29試合に出場し、チームにとって不可欠な存在に成長していた。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/e9867d9881c4b002eb4efd8705e53143198f35fa

ボローニャ冨安健洋 今季絶望の可能性も 21日アタランタ戦で右太腿裏を負傷 

スクリーンショット 2020-07-22 13.10.53のコピー




1: 2020/07/22(水) 10:04:21.20 _USER9
21日の敵地・アタランタ戦で右太腿裏を負傷して途中交代したボローニャの日本代表DF冨安健洋(21)に関し、「ボローニャウェブ」は試合後、この負傷で冨安の今シーズンが終了した可能性もあると報じた。冨安は0―1で敗れた同アタランタ戦に9試合連続となる先発出場。右サイドバックで攻守に献身的なプレーを見せたが、後半27分に相手の背後へのボールに反応した際、右太腿裏を痛めた。冨安は自ら立ち上がりタッチライン外に出たが、そのまま交代。過密日程の中、ミハイロビッチ監督はほぼ休みなしでプレーし続けていた冨安の状態を危惧するコメントも発していたが、その不安が的中した形となった。

 同サイトによれば、クラブの最初の発表は右太腿裏の違和感だったというが、一方で全治などの詳細はこの数日で明らかになるだろうとした上で、今シーズンでの復帰がかなわない可能性もあると報じた。今シーズンは残り4試合。チームは次節、26日にホームでレッチェと対戦する予定だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e976ee7787f0b12f6f479d8baa6bd682317d7652



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索