Samurai Goal

ボローニャ


スポンサード リンク





采配的中のボローニャがインテルに逆転勝ち!冨安健洋は退場者の出た後半に退く 

20200706-00010002-goal-000-1-view




1: 2020/07/06(月) 02:17:04.98
現地時間5日、イタリア・セリエAは第30節が行われ、冨安健洋の所属するボローニャは敵地ジュゼッペ・メアッツァでインテルと対戦した。

前節6得点と攻撃陣が爆発した3位インテルに対し、ボローニャは完全にレギュラーとして定着している冨安が右サイドバックとして先発出場。立ち上がりからインテルの攻勢に晒され、持ち味の攻撃参加ができず自陣での守備を余儀なくされる。

迎えた22分、大きなサイドチェンジをペナルティーエリア左に走り込んだアシュリー・ヤングが受けると、対峙した冨安が寄せ切る前に左足でクロスを入れる。これをニアサイドのラウタロ・マルティネスが頭で合わせ、右のポストに当たって跳ね返ったボールをルカクが押し込み攻勢のインテルが先制する。ボールを持ったヤングに対し、冨安はクロスのコースを切ることができなかった。

28分には、再び左サイドでボールを受けたヤングに対し、今度はより間合いを詰める冨安。しかし、それを逆手に取ったヤングが冨安の股を抜いてカットイン。そのままエリア内に侵入し、右足を振り抜く。強烈なシュートはGKスコルプスキがかろうじて触ってゴール右へと外れたが、決まっていてもおかしくない場面だった。

守勢の続くボローニャだが、34分に決定機。カウンターから7が抜け出しGKハンダノヴィッチとの1対1に持ち込むも、シュートは足でブロックされてCKへ。千載一遇のチャンスを生かすことができなかった。

後半に入ってもインテルのペースは変わらず。47分、カンドレーヴァの強烈なシュートはGKスコルプスキが横っ飛びではじく。

1点ビハインドながらも、よく耐えていたボローニャだったが、57分にアクシデント。ソリアーノが自身のファール判定に納得がいかず、思わず吐いた暴言により一発退場。10人での戦いを余儀なくされる。

さらに62分には、カンドレーヴァを倒してしまいPKを献上。しかし、L・マルティネスのキックはGKスコルプスキが素晴らしい読みで防ぎ、さらに詰めていたガリアルディーニのシュートもはじいて1点差を死守する。

65分、1人少ないボローニャは冨安、サンソーネ、オルソリーニを下げてバーニ、ジュワラ、パラシオを投入する。するとこの交代枠が的中。迎えた74分、左サイドから入れたロングスローはバロウには合わないが、こぼれ球をペナルティーエリア手前で待ち構えていたジュワラが左足で捉えると、強烈なシュートがゴール左へと突き刺さる。18歳新星の初ゴールで、10人のボローニャが同点に追いつく。

追いつかれたインテルは75分にエリクセンを下げてアレクシス・サンチェスを投入。しかし77分、中盤で突破を図ったジュワラを倒してしまったバストーニが2枚目のイエローカードで退場。10人対10人の戦いとなる。

勢いに乗ったボローニャは80分、ニコラス・ドミンゲスの浮き球パスをエリア内左で受けたバロウがネットを揺らし、逆転に成功する。

これで流れは完全にボローニャ。インテルは85分にL・マルティネスを下げてスポージト、A・ヤングに代えてビラーギを投入し勝負に出る。ボローニャもボロウに代えてスヴァンベリを投入する。

87分にはN・ドミンゲスが左サイドを突破してエリア内に侵入。決定的なシュートを放つが、ここは守護神ハンダノヴィッチがファインセーブ。決まっていれば試合が終わっていた場面だった。

89分、ルカクのポストプレーからダンブロージオがカットインしてエリア内左にラストパス。A・サンチェスがダイレクトで捉えるが、シュートはゴール左へと外してしまう。

アディショナルタイムは6分と長めに取られたが、ボローニャはベテランのパラシオを中心に上手く時間を使う。インテルの猛攻も実らず、逃げ切ったボローニャが敵地でインテルに逆転勝ちを収めた。

■試合結果
インテル 1-2 ボローニャ

■得点者
インテル:ルカク(22分)
ボローニャ:ジュワラ(74分)、バロウ(80分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/d17682ff24563a9270e675d4bfeb056583ee13b0

冨安健洋は再開後3戦連続のフル出場…ボローニャ、先制点守れずドローで連勝逃す 

20200702-01091605-soccerk-000-1-view




1: 2020/07/02(木) 10:09:33.15
セリエA第29節が7月1日に行われ、DF冨安健洋が所属するボローニャはホームでカリアリと対戦した。冨安は右サイドバックでスタメン入りし、再開後3試合連続でフル出場した。

 前節5試合ぶりの白星を挙げた11位のボローニャは開始6分にムサ・バロウがペナルティエリア前のFKで直接狙ったが、シュートは枠の上に外れる。一方、勝ち点差1で10位のカリアリは直後の7分にラジャ・ナインゴランがエリア前から強烈なミドルシュートを打ったが、これも枠を捉えられなかった。

 主導権を握るボローニャは29分、ロドリゴ・パラシオがエリア左に抜けてシュートを放つが、相手GKに阻まれる。39分にはエリア右に抜けたガリー・メデルの折り返しで決定機を迎えたが、ゴール前で合わせたパラシオのシュートは惜しくも枠を捉えなかった。

 ボローニャの攻勢が実ったのは前半アディショナルタイム3分、バロウがエリア左へ抜け出し、左足シュートをニアに突き刺して先制点を決めた。しかし、1点ビハインドで折り返したカリアリは後半開始直後の46分、エリア内でパスを受けたナインゴランがターンして左足を振り抜くと、中央のジョバンニ・シメオネが押し込んで同点ゴールを挙げた。

 追いついたカリアリは56分にジョアン・ペドロがエリア前から強烈なミドルシュート、ボローニャも直後の57分にバロウがエリア前からシュートを放ったが、どちらもお互いのGKの好セーブに阻まれた。

 ボローニャは77分、リッカルド・オルソリーニがエリア右に抜けたが、シュートはGKのセーブ。81分にはバロウがエリア左へ抜けて左足を振り抜いたが、これは枠の左へ外れた。その後もボローニャは勝ち越しを目指して攻勢を仕掛けたが、得点は生まれず。このまま引き分けで終わり、ボローニャは連勝を逃し、カリアリは連勝が2でストップした。

 次節、ボローニャは5日にアウェイでインテルと、カリアリは同日にホームでアタランタと対戦する。

【スコア】
ボローニャ 1-1 カリアリ

【得点者】
1-0 45+3分 ムサ・バロウ(ボローニャ)
1-1 46分 ジョバンニ・シメオネ(カリアリ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/49ddcde3d5d4096f80765b38930af9e9b3ab9296

冨安健洋と吉田麻也の日本人対決実現。ボローニャが5試合ぶり勝利 

20200629-00378994-footballc-000-1-view




1: 2020/06/29(月) 09:52:08.78
【サンプドリア 1-2 ボローニャ セリエA第28節】

 セリエA第28節のサンプドリア対ボローニャが現地時間28日に行われた。試合は2-1でアウェイのボローニャが勝利した。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場。サンプドリアのDF吉田麻也は74分から途中出場している。

 残留争いの位置にいるサンプドリアと、中位につけるボローニャの対戦。前半はどちらも決定機が少なく、互角の展開で折り返した。

 後半に入っても同様の展開が続くが、70分すぎにボローニャが試合を動かした。カウンターからチャンスをつくったオルソリーニがペナルティーエリア内で倒されてPKを得ると、途中出場のバロウが決めて先制する。

 その後、サンプドリアはトネッリが負傷して吉田が投入された。

 その直後にボローニャが追加点。左サイドでボールを持ったバロウが2人のDFの間を抜けてドリブルでペナルティーエリア内に侵入すると、吉田らを引きつけてクロス。このボールにオルソリーニが合わせて2点差とした。

 サンプドリアは終盤の88分、左からのクロスにボナッツォーリがあわせて1点を返すが、勝ち点を奪うには至らず。

 2-1で勝利したボローニャが5試合ぶりの白星を手にしている。

【得点者】
72分 0-1 バロウ(ボローニャ)
75分 0-2 オルソリーニ(ボローニャ)
88分 1-2 ボナッツォーリ(サンプドリア)

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ebbac489045543f2809f67d9297e8685db4daff

セリエAの第35節までの日程が発表!冨安所属のボローニャは再開初戦でユヴェントスと 

20200602-01077131-soccerk-000-1-view




1: 2020/06/02(火) 10:19:14.15
セリエAは1日、延期されていた第25節と第27~35節の日程とキックオフ時間を発表した。

 ヨーロッパでも最大規模のパンデミックに見舞われたイタリアだが、先月28日にイタリアサッカー連盟(FIGC)が6月20日からのリーグ戦を再開することを発表していた。

 20日には延期されていた第25節の2試合が行われ、日本代表DF吉田麻也のサンプドリアはインテルと相まみえる。また、22日以降に行われる第27節では日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャは首位を走るユヴェントスと対戦する。

 セリエAの再開後の日程は以下のとおりである(キックオフ時間は現地時間)。

■第25節
▼6月20日
19:30 トリノ vs パルマ
21:45 ヴェローナ vs カリアリ

▼6月21日
19:30 アタランタ vs サッスオーロ
21:45 インテル vs サンプドリア

■第27節
▼6月22日
19:30 レッチェ vs ミラン
19:30 フィオレンティーナ vs ブレシア
21:45 ボローニャ vs ユヴェントス

▼6月23日
19:30 ヴェローナ vs ナポリ
19:30 SPAL vs カリアリ
21:45 ジェノア vs パルマ
21:45 トリノ vs ウディネーゼ

▼6月24日
19:30 インテル vs サッスオーロ
21:45 アタランタ vs ラツィオ
21:45 ローマ vs サンプドリア
https://news.yahoo.co.jp/articles/254f54908c1ebcacc09d08a59b89951867f9e476

>>2以降に続く

「驚きの事実。トミヤスはボローニャの“隠れレジスタ”」伊紙が冨安健洋を絶賛! 

20200601-00010019-goal-000-1-view

「誰もトミヤスの価値を評価できない」ボローニャ幹部が“非売品”と改めて強調 

20200518-00010011-goal-000-1-view

<ボローニャ>冨安健洋の今夏退団を拒否…ローマらが狙うも29億円を要求か 

1: 2020/05/16(土) 07:22:11.28
ボローニャに冨安健洋を放出する意思はないようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

昨夏の移籍市場でベルギーのシント=トロイデンからセリエAのボローニャに加入した冨安。本職ではない右サイドバックを新天地の主戦場とするものの、リーグ戦中断まで公式戦21試合で2アシストを記録するなど、シニシャ・ミハイロビッチ監督の信頼を掴むとともに、評価は急上昇。この活躍を受け、セリエAの強豪の1つであるローマが冨安に興味を持ち、今夏の移籍市場で獲得を熱望すると頻繁に報じられる。

しかし、ボローニャは冨安の残留を強く望む様子。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ローマはすでにアレッシオ・リッカルディやアレクサンダル・コラロフ、フアン・ジェズスといった選手を譲渡するオファーを提示したものの、ボローニャが拒否したようだ。

ボローニャは冨安の移籍金として最低でも2500万ユーロ(約29億円)を求めており、今夏の放出を頑なに拒むと考えられている。

5/16(土) 6:59 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/dd7a6211f4a0e6583e64e6caa8c1290acdc93370

写真
no title

イタリアが称える冨安健洋の才能。「ボローニャに収まる器じゃない」 

20200514-00843496-number-000-1-view




1: 2020/05/14(木) 14:07:08.20
ボローニャDF冨安健洋が再始動した。

 5月4日、イタリア政府による国民の活動制限が一部解禁され、セリエAの各クラブが選手を練習場に呼び集めつつ、少人数単位での練習を実施することが可能になった。

【秘蔵写真】15歳にして貫禄漂う冨安&12歳のバルサ久保。ロン毛時代の長谷部&本田、ニコニコ話す俊輔&中田英寿、ギラつくカズや川口、レアな現役時代の松木。

 翌5日にはボローニャのカステルデボレ練習場にも第一陣として14人が集まり、その中に冨安の姿もあった。チーム全体の団体練習解禁は18日以降とされている。

 ボローニャの他にセリエAの3クラブを抱えるエミリア・ロマーニャ州は、感染中心地として最初に移動制限がかかった北部4州の1つだ。2月中旬、ジェノア戦を取材に行った際、1人暮らしで自炊していると聞いた冨安の身を心配していただけに、クラブ広報から元気だと伝え聞いて、ほっとした。

 練習再開を誰より喜んでいるのはミハイロビッチ監督かもしれない。

 白血病を患う身でありながらホテルでじっとしているのを心底嫌う闘将は、練習解禁と同時にグラウンドに顔を出し、腹筋運動やランニングで汗を流している。9日には、ソーシャルディスタンスを保ちながら選手たちと2カ月ぶりに再会した。慣れ親しんだ芝の上で、彼らもようやく自分たちの職場に帰ってきた実感を得たことだろう。

ローマが獲得に向けて熱視線?
 そんな折、「ローマが冨安獲得に熱入れる」という報道が出た。

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などの現地メディアが報じたもので、“1000万ユーロあたりでの買取りを打診したローマに、最低2000万は積んでもらわないと話にならん! とボローニャが突っぱねた”という内容だった。

 セリエA再開の可否は18日の団体練習解禁を経て、この先、何らかの道筋がつけられる見込みだが、その前に冨安に対する現在の評価を考えてみたい。

“ボローニャの日本人テルツィーノ(=サイドバック)”は、今季のセリエAに新鮮なサプライズをもたらした。

 3月9日に中断した第26節までに20試合に出場し(すべて先発)、決めたアシストは2本。188cmのサイズを備えた冨安は、将来有望な本格派DFとして評価を固めつつある。

守備だけでなく展開力も目を見張る。
 カタログスペック止まりではなく、実戦で期待以上の働きを見せてきた。対人守備能力や当たりの強さはもちろん、縦へのスピードとドリブルでの展開力には目を見張る。攻撃の組立ては大きな武器で、ゲーム中に右サイドから前線を見通す冨安が放つ最初のパスが、チームにとって攻撃の足がかりとなる場面も多かった。

 敵地で強豪に逆転勝ちした第14節ナポリ戦は出色のパフォーマンスだった。細心の注意で危険の芽を正確に潰し、ボールキープの場面では肉弾戦も厭わない。攻めでも守りでも積極性を見せた。度胸も新人離れしていて、本当に今季セリエAデビューの21歳かと何度も目を疑った。

 マルチタスクを課されているせいで集中力が落ちる時間帯のあることや、ハイボールの競り合いなどに向上の余地があるとはいえ、SBもCBもできる冨安のような人材が1人いれば戦術の幅は大きく広がるのだから、彼を欲しがらない指導者は少ないだろう。

 現地紙記者が「まるでイタリアで生まれ育ったようにクラブにも新生活にもすぐに馴染んだ」と驚くように、順応性も問題ない。

 各クラブの強化担当者の頭にはすでに「トミヤス」の名が刻まれているはずだ。今年2月の対戦で煮え湯を飲まされたローマが、食指を動かしても何の不思議もない。

5/14(木) 11:41
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200514-00843496-number-socc

<DF冨安健洋>ローマ移籍は実現困難? ボローニャの強気姿勢に、伊紙「こんな金額を支払うのは困難である」 

1: 2020/05/09(土) 18:24:35.35
セリエAのボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋に、名門ローマが興味を示している。だが、その移籍は簡単には実現しないかもしれない。

 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』によれば、ローマは昨夏にベルギーのシント=トロイデン(STVV)からボローニャに加入した冨安を高く評価しているという。イタリア1年目ながら不動のレギュラーに定着したことに加え、まだ若いことから、首脳陣がチームに迎え入れたいと考えているようだ。

 だが、ボローニャはこの日本の俊英に、2000万ユーロ(約25億円)という強気の値札を付けているという。同紙は、ローマ側が見積もっているのは1000万ユーロ(約12億5000万円)で、この差は「埋めがたい」と指摘している。

「新型コロナウイルスの影響もあり、ただでさえ経営の苦しいローマにとって、この数字は見合わない。イタリアのクラブが日本人のためにこんな金額を支払うのは困難である」

 また、移籍情報サイト『TUTTO MERCATO WEB』は、冨安が来年に延期された東京五輪の代表候補であることから、「本人が五輪出場を優先しており、今すぐに成立は難しいのではないか」と指摘。一方で「五輪が終わってからの可能性は残っている」と綴っている。

 はたして日本の若武者は、イタリアでのステップアップ移籍を果たすのだろうか。

5/9(土) 15:46配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200509-00072992-sdigestw-socc

写真
no title

<冨安健洋>プレミアとリーガの有力クラブにステップアップする可能性が浮上...ボローニャは引き留めに全力 

1: 2020/03/15(日) 07:24:32.14
ボローニャは引き留めに全力を尽くす構え
no title


 今シーズンにセリエAで活躍を続けているサムライに、欧州の有力クラブから触手が伸びているようだ。セリエAのボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋だ。

 昨夏にベルギーのシント=トロイデンからボローニャに加入した冨安は、開幕戦からスタメンで抜擢されると、以降は主に右サイドバックを主戦場に公式戦21試合に出場。かつてラツィオやインテルで活躍したセルビア人のシニシャ・ミハイロビッチ監督の信頼を掴むとともに、名手たちとの戦いの中で研鑽を積み続けている。

“守備の国”で声価を高めている21歳の日本代表DFを欧州のスカウトたちが見逃すはずがない。イタリア紙『La Gzzetta dello sport』は、冨安が今夏にステップアップする可能性が浮上していると伝えた。

 同紙は、冨安とチームメイトのリッカルド・オルソリーニに対して、ラ・リーガやプレミアリーグのクラブが強い興味を示していると伝えたうえで、若き日本人DFのパフォーマンスについて、こう絶賛した。

「トミヤスはシニシャ(ミハイロビッチ)にとって貴重なトランスフォーマーだ。この日本人は優れた便利屋で、攻撃者でもあり、守備者でもある。そしてボローニャの戦術兵器だ。この柔軟性は印象的で、今シーズンは少なくとも4つの異なる役割を、レベルを落とすことなく完璧にこなした。今やミハイロビッチのチームの戦術的なバリエーションを増やす意味で、とても重要な存在だ」

 一方で同紙は、チームの欠かせない主力となっている冨安とオルソリーニを引き留めたいボローニャは、来る夏の移籍市場に向けて、「“壁”を作るだろう」と報道しており、その獲得“競争”は激しさを極めそうな情勢だ。

 ボローニャとは24年6月までの契約を締結している冨安は、さらなるステップアップを決断するのか。今夏の動静からも目が離せない。

3/15(日) 7:03配信サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200315-00010003-sdigestw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索