Samurai Goal

ボルドー


スポンサード リンク





G大阪FWファン・ウィジョがボルドー移籍へ…4年契約で既に合意か  

20190712-00956789-soccerk-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/07/12(金) 06:29:38.51 ID:oEHe6AIa9
リーグ・アンのボルドーが、ガンバ大阪に所属する韓国代表FWファン・ウィジョの獲得に近づいているようだ。
フランス紙『レキップ』が11日に報じている。

これまでにもメジャーリーグ・サッカー(MLS)のクラブからのオファーが報じられており、今夏のG大阪退団が取り沙汰されていたファン・ウィジョ。
今回の報道によると、同選手はボルドーへの移籍が有力となっているようだ。既に4年間の契約で両クラブは合意に達しているという。

ボルドーは昨シーズンのリーグ・アンを14位でフィニッシュ。2008-09シーズンにはリーグ優勝を成し遂げた。
また、かつてはジネディーヌ・ジダン氏(現レアル・マドリード監督)が在籍していたことでも知られている。

現在26歳のファン・ウィジョは2018シーズンからG大阪でプレーしている。同シーズンは明治安田生命J1リーグで27試合に出場16得点を記録し、
「2018 Jリーグアウォーズ」ではベストイレブンを受賞していた。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ18試合に出場し4ゴールを挙げている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00956789-soccerk-socc
7/12(金) 0:12配信

香川の仏移籍、ドルトムントSD否定…合意報道に「何も知らない」  

20181114_Shinji-Kagawa




1: 2019/01/15(火) 11:31:37.85
ドルトムントのツォルク・スポーツディレクター(SD)が、MF香川のフランス移籍報道を否定した。

13日にカタールのスポーツ専門局ビーイン・スポーツのフランス人記者が、香川がフランス1部ボルドーに今季終了まで期限付き移籍することでクラブ間合意したと伝えたが、
ツォルクSDは同日付のドイツ紙ルールナハリヒテン(電子版)で「何も知らない」と語った。
同紙は「おそらく具体的にはならないだろう」と交渉は進展しない見通しを示した上で、香川が希望するスペイン移籍については「具体的な話はない。外国人枠というハードルがある」と報じた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000055-spnannex-socc
1/15(火) 6:00配信

<香川真司>南米選手権で日本代表に招集か…移籍先決まり次第下交渉へ 森保監督「貴重な戦力」 

20181114_Shinji-Kagawa




1: 2019/01/14(月) 13:06:55.44
サッカー日本代表の森保一監督(50)が、南米サッカー連盟の招待で20年ぶりに出場する南米選手権(6月14日開幕・ブラジル)にドルトムントMF香川真司(29)を招集する考えがあることが13日、明らかになった。今季はドルトムントで構想外となった影響で試合勘欠如などの懸念があり、アジア杯(UAE)は招集メンバーから外れたが、指揮官は依然として香川の実力を高く評価。今冬、香川の移籍先が確定次第、日本協会側は招集の可能性を見据えて下交渉に入る意向とみられる。

 森保監督は「前背番号10」のことを忘れてはいない。今夏の南米選手権。指揮官の強い意向によって、東京五輪世代で臨む方針から一転、年齢制限のないA代表を編成することが決定済みだが、関係者の話を総合すると、その招集候補のリストに香川の名前が挙げられているようだ。
 森保監督は昨年11月28日、欧州CLのドルトムント-クラブ・ブリュージュ戦を視察した。香川がベンチ外だったため、翌29日にはドルトムントの練習場を訪れてトレーニングをチェックし、本人と直接会談も持った。最終的にアジア杯への招集こそ見送ったが「日本代表の貴重な戦力であることは伝えた」という熱の入れようだった。

香川本人も昨年末に一時帰国した際「(森保監督に)ドルトムントまで来ていただいて、現状や今後について、いろいろな話をすることができた」と新たな所属クラブでの活躍とともに、22年W杯カタール大会を見据えた早期の代表復帰を強く望んでいる。
 アジア杯と異なり、所属する大陸連盟主催の大会ではない南米選手権に関しては、日本協会側に選手を招集する拘束力はない。欧州クラブにとってはシーズンを戦い終えた選手の貴重なオフ期間が削られるため、選手の派遣を認めるかどうかの見通しは立っていない。
 関塚技術委員長は「しっかりとしたA代表で臨む考えは変わらない」として、各所属クラブと信頼関係を築き、丁寧な交渉で協力を求めていく考え。所属先での復権証明を前提条件に、香川招集の可否を探っていくことになりそうだ。

2019.1.14 デイリースポーツ
https://www.daily.co.jp/soccer/2019/01/14/0011977820.shtml?pg=2

【サッカー】<東京五輪代表“W強化プラン”>主力級はA代表で南米選手権、トゥーロン国際にはBチーム派遣へ...“二刀流”で進化
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547423664/

【サッカー】<日本代表>3月に2試合(22日・日産ス、26日・ノエスタ)を予定している国際親善試合の相手に、南米のボリビアが浮上
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547122514/

香川真司にフランスの名門ボルドー行きが急浮上!クラブ間は既に半年レンタルで合意か 

1: 2019/01/13(日) 21:24:59.48
1/13(日) 21:02配信
香川真司にフランスの名門ボルドー行きが急浮上!クラブ間は既に半年レンタルで合意か

ボルシア・ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は、今シーズン後半戦をフランスのボルドーで過ごすことになるかもしれない。フランス『beIN Sport』の記者が伝えている。

ルシアン・ファーヴル監督の下で出場機会を得られず、ドルトムントからの移籍を希望する香川だが、ここにきてレンタルでリーグ・アンの名門ボルドーに加わる可能性が浮上。『beIN Sport』のエリック・バレール氏によると、クラブ間では6カ月間の期限付き移籍で基本合意に至っているという。

ボルドーはリーグアン第18節消化時点で勝ち点22を獲得して13位に位置。経験豊富な攻撃的MFを探しているとみられる同クラブだが、香川本人とはまだ合意に達していないとのこと。今冬でのスペイン移籍の意思を度々口にしてきた同選手は以前、セビージャからの関心が伝えられていたが、この話は具体的に進んでいないとみられる。

ボルドーへのレンタルが実現すれば、マルセイユのDF酒井宏樹、ストラスブールのGK川島永嗣、そして先日トゥールーズに加わったDF昌子源に続いて、同リーグでプレーする4人目の日本人選手となる。香川の選択に注目が集まる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00010030-goal-socc
no title

アンリの代わりにハリル?リーグ・アンのボルドーがオファー検討か!? 

img_893feef427401ef3f957a621303fb1b8148266
1 2018/08/28(火) 22:27:57.68 _USER9
フランスの古豪クラブを救うのは、日本を指揮した知将なのかもしれない。

 8月28日、フランス紙『L'Équipe』は、リーグ・アンのボルドーが次期監督に元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏の招聘を検討していると報じた。

 ボルドーは過去6回のリーグ優勝を誇る名門だが、2008-09シーズンのリーグ・アン制覇を最後にタイトルからは遠ざかっている。

 2012-13シーズンに国内カップを制して以来、5年ぶりのタイトル奪取を期した今シーズンだったが、先週21日にボルドーがフランス人FWのガエタン・ラボルドを勝手に売却したことに不満を表したグスタボ・ポジェ監督と契約を解除。新監督探しを模索していた。

 ポジェの解任後は、エリック・ベドゥエを暫定監督に据えてきたボルドー。気になる新監督候補には、元フランス代表FWで、ベルギー代表のヘッドコーチを務めていたティエリ・アンリの名前が上がり、一部メディアでは就任が秒読み段階に入っていたことが報じられていた。

 しかし、『L'Équipe』は、「両者の間で数日に渡って行なわれてきた交渉は、最終的に合意に至らず、決裂した」と現状をレポート。そのうえで、今年4月まで日本代表を率い、かつてリールやパリ・サンジェルマンを指揮した経験を持つハリルホジッチ氏が最右翼となっていることを伝えた。

「決定的と見られていたアンリとの交渉がこじれ、ボルドーは仕切り直しを余儀なくされた。新監督候補には、ナントを率いるクラウディオ・ラニエリ、モロッコ代表の躍進を支えたエルベ・ルナール、そして現在フリーのヴァイッド・ハリルホジッチだ。とくにルナールとハリルホジッチは最も可能性のある候補者と言われており、両者の“デュエル(決闘)”になりそうだ。いずれにしてもボルドーは一早く新監督を決めなければならない」

 二転三転しているボルドーの監督人事。はたして、南フランスの雄の指揮官に、ハリルホジッチ氏が就任することはあるのだろうか?

8/28(火) 20:36 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180828-00046386-sdigestw-socc

「ちょっと待った」バルサが横入りでブラジルの新星を強奪!?ローマは涙目に? 

skysports-malco
1 2018/07/24(火) 12:40:33.79 _USER9
ボルドーFWマウコン獲得で合意に至っていたローマだが、ここへ来て交渉成立に暗雲が立ち込めている。イタリア『スカイ』が伝えた。

21歳ながらリーグ・アンで38試合に出場して12ゴールを記録したマウコン。ブラジル人新星には、アーセナルやトッテナムらビッグクラブが興味を示していたが、23日にローマとボルドーがそれぞれ移籍に関し合意に至ったことを発表していた。

しかし、ここへ来て交渉成立に暗雲が立ち込めている。『スカイ』によると、バルセロナがローマの提示額3800万ユーロ(約50億円)を上回る4100万ユーロ(約53億円)を提示したという。バルセロナは、ファーストチョイスとしてブラジル代表FWウィリアン獲得に動いていたが、チェルシーに3度目のオファーの拒絶されたと見られており、その代案としてマウコンに狙いを定めたようだ。

マウコンはローマへ飛び、翌日にメディカルチェックを行う予定だった。しかしバルセロナの動きを受け、ボルドーは交渉を一時ストップしたようだ。

将来が期待される21歳のブラジル人FWの新天地は、どこになるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00000003-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索