Samurai Goal

ボリビア


スポンサード リンク





<ボリビア代表監督>批判渦巻く森保ジャパンのコパ・アメリカ参戦を擁護!「私は日本に驚かされた!」  

1: Egg ★ 2019/06/24(月) 17:38:57.35 ID:Y7z8qEeF9
・ドゥダメルの厳しい批判の真裏で…
no title


日本のコパ・アメリカ参戦が物議を醸している。

 現在、ブラジルで開催中のコパ・アメリカは、グループBまでの最終戦が行なわれて順位が確定。日本の属しているグループCの結果を待って、決勝トーナメントに進出する全8チームが決定する。

 現地時間6月24日(日本時間6月25日)に行なわれるエクアドル戦に勝てば、コパ・アメリカで史上初の8強入りを決められる森保ジャパンへの期待値は否応なしに高まっている。しかし、そんなサムライブルーの参戦に批判的な声が上がっている。

「コパ・アメリカは、南米サッカー連盟(CONMEBOL)に登録された南米チームによるものになるべきだ」と語気を強めたのは、ベネズエラの指揮官ラファエル・ドゥダメルだ。

 46歳の智将は、22日に行なわれた記者会見の場で、拘束力がないために主力を招集できず、東京五輪世代の若手を中心に編成で臨んでいる日本を直接的に非難した。

「私はU-23の選手を多く連れてきて、大会の重要性を軽視している日本のようなゲストチームには賛同できない。この大会への敬意を欠いていると思う」

 はっきりと声を上げるよ。コパ・アメリカが南米のチームのためにあるべきだ。アフリカや欧州、中米の大会に南米の国々が招待されたことなど見たことがない。我々が築いたヒエラルキーと“南米だけの大会”に敬意を払わなくてはならない」

 アメリカ大陸ひいては南米の“最強国”を決める戦いへのアジア勢の参戦に否定的な意見を挙げたのは、ドゥダメルだけではなく、パラグアイの監督エドゥアルド・ベリッソも「私たちは、もっとアメリカ大陸全体のコパ・アメリカを思い描くべきだ」と異議を唱えていた。

 しかし、“ゲスト”の参戦を好意的に捉える監督もいる。ボリビア代表のエドゥアルド・ビジェガスだ。

 22日に行なわれたグループA最終節のベネズエラ戦で1-3と敗れ、3連敗で大会を去ることになったボリビア。そんなチームを指揮する55歳は、奇しくもドゥダメルがコメントした直後の会見で、次のように持論を展開した。

「私は招待国がいることは非常にポジティブだと思っているよ。南米の大会にアジア・サッカーのテイストが加わるのは良いことだ。我々は、韓国と日本と3月に対戦したが、その時に彼らのダイナミックさに驚かされた。だから、私は彼らがこの大会でプレーしていることを肯定的に捉えている。それにそれらの国々(アジアなど)に遠征して消耗することを避けられるのだからね」

 また、エクアドルの指揮官エルナン・ゴメスも「日本とカタールが来ているのは良いことだと思う」と肯定的な意見を出しており、コパ・アメリカへのアジア勢の参戦は、まさに賛否両論といった様相を呈している。

6/24(月) 16:47 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190624-00060543-sdigestw-socc

【サッカー】<ベネズエラ代表ドゥダメル監督>日本のコパ・アメリカ参戦に異議「U-23の選手を多く連れてきて大会を軽視している!」★4
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561328864/

【サッカー】<エクアドル代表監督>“日本批判”に異議!「南米がこのチームを下に扱うことはできない」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561329147/

<コパ・アメリカ>前半ブーイングも…コウチーニョ躍動のブラジルがボリビアに快勝スタート!  

1: Egg ★ 2019/06/15(土) 11:26:48.44 ID:9YphATLc9
[6.15 コパ・アメリカGL第1節

ブラジル3-0ボリビア

【得点者】
50分 1-0 コウチーニョ(ブラジル)
53分 2-0 コウチーニョ(ブラジル)
85分 3-0 エベルトン(ブラジル)

https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2019061405

 コパ・アメリカが15日にブラジルで開幕した。開催国のブラジル代表はボリビア代表と対戦し、3-0で勝利。2007年以来4大会ぶり9度目の優勝に向け、好スタートを切った。

 ブラジルは大会前にエースのFWネイマール(パリSG)が負傷離脱。前線にFWダビド・ネレス(アヤックス)、FWロベルト・フィルミーノ(リバプール)、FWリシャルリソン(エバートン)を並べ、開始からボールを支配し続けたが、攻撃のギアが上がらずにスコアレスで前半を折り返す。フラストレーションのたまる展開に、スタンドからはブーイングも聞かれた。

 それでも後半4分、PA内右のリシャルリソンが放ったシュートがボリビアDFアドリアン・フシノ(ボリバル)の左手に当たったとして、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を経てPK判定となる。

 後半5分、PKキッカーを務めたMFコウチーニョ(バルセロナ)が右足でゴール左に決め、先制に成功。同8分にはリシャルリソンが右へ展開し、ボールを受けたフィルミーノがPA内右から柔らかいクロスを送る。これをファーのコウチーニョがヘディングで押し込み、リードを2点に広げた。

 さらに後半40分、途中出場のFWエベルトン(グレミオ)が左サイドから中央に切れ込み、右足を一閃。鮮やかにゴール右隅へ突き刺さり、そのままブラジルが3-0の快勝を飾った。

 第2節は19日に行われ、ブラジルはベネズエラ、ボリビアはペルーと対戦する。

6/15(土) 11:22配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-43468230-gekisaka-socc

写真
no title

【動画】ボリビアで悲劇 主審が試合中に倒れて帰らぬ人に  

20190521-43467241-gekisaka-000-2-view[1]




1: THE FURYφ ★ 2019/05/21(火) 11:00:03.52 ID:gqVFWGF69
ボリビアで衝撃的な出来事が起きた。英『BBC』によると、主審が試合中に心臓発作で倒れ、病院に搬送されたが、
その後に死亡が確認されたという。

19日、ボリビア1部リーグでオールウェイズ・レディとオリエンテ・ペトロレロが対戦。後半2分、この試合の主審を務めていた
ビクター・ウーゴ・ウルタド氏がボールとは関係ないところで突然ピッチに倒れ込んだ。

すぐさま両チームの選手やドクターが駆けつけ、病院へ救急搬送。しかし、その後に再び致命的な発作が起こり、
ウルタド氏は息を引き取ったという。

同紙によると、この試合はボリビアの首都ラパスに隣接するエル・アルトにあるムニシパル・スタジアムで行われ、
その標高は海抜3900メートルだったという。

これを受けて、ボリビアのフアン・エボ・モラレス・アイマ大統領はツイッターで「我々はレフェリーのビクター・ウーゴ・ウルタドに
追悼の意を表したい。あなたの家族、友人、そして仲間たちと誓う。ボリビアサッカー界は深い悲しみに包まれている」と
綴っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-43467241-gekisaka-socc

<南野拓也>代表戦2試合で、香川真司よりも相手に脅威を与えた!  

f8f641ebe19bc965a5358221420033c020190402105344512[1]




1: Egg ★ 2019/04/03(水) 06:23:00.80 ID:G9zYSpdA9
 香川真司(ベシクタシュMF)VS南野拓実のトップ下争いが注目された日本代表の3月2連戦。森保一監督は、新体制発足時から主力に据えてきた南野を優先。コロンビア戦(3月22日)で中島翔哉(アルドゥハイルMF)と堂安律(フローニンゲンMF)の「三銃士」とともに先発させ、続くボリビア戦(同26日)でも、後半からベンチスタートだった3人をピッチに送り出した。そこで南野は中島の決勝弾をアシスト。「ゴールを決めるのが僕らの仕事だった」と胸を張り、香川との競争も一歩リードした。


 ◇  ◇  ◇

 昨夏のロシアW杯の後、本田圭佑(メルボルンMF)が代表の一線から退き、ドルトムントで出番を失っていた香川も招集を見送られたころで南野に<代表トップ下>が転がり込んできた状態だった。もちろん彼自身が2018年の親善試合5戦4発という目覚ましい結果を残したことで、森保監督の信頼を一気に引き寄せた部分はあった。

いう過去になかった姿を見せた。香川と初めて<直接バトル>を強いられた3月シリーズでは、緊張感と危機感が高まったに違いない。



「真司君は誰が見ても日本で最も実績、経験、実力のある選手。真司君の良い部分を見て学び、自分らしいプレーをしていければいい」と南野はセレッソ大阪時代からの先輩をリスペクトしつつ、彼ならではの独自性を追求しようとしていた。

 トップ下の2人を比較すると、南野はゴールに突き進む点取り屋に近いタイプ。香川は中盤でお膳立てに回る傾向の強いプレーメーカーだ。

■「役割分担が少し見えた」

代表2連戦で相手により脅威をもたらしたのは南野の方だった。その優位性には本人も手応えを感じたことだろうが、コロンビア戦で<良好なタテ関係>を形成したように、香川とは共存の可能性も見いだした。

「(一緒にプレーした)時間は短かったけど、2人の役割分担は少し見えたかな」と南野。香川も「技術とスピードのある彼らの特長をうまく生かしてあげたい」とサポートへの意欲を示した。

 その上で南野に求められるのは、やはり得点ということになる。同い年の中島が脚光を浴びる中で負けず嫌いの男は「自分もやってやる!」と意気込んでいるはずだ。

「(中島)翔哉が前を向いた時に攻撃のギアが入る。それは今のチームに必要。自分も個人としてもっと精度を上げないといけない」と言い残して南野は欧州に戻っていった。

 彼の前向きな変化を楽しみに待ちたい。

19/04/03 06:00 日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/250969

スペインの知将が森保Jをぶった斬る。 「プレースピードが遅い」  

20190402-00010001-sportiva-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/02(火) 07:14:43.95 ID:1cRamZK39
「日本のプレーはスローだった。ポゼッション率は高かったが、横パスが多すぎた。
なかなか”ラインを破るパス”を入れられていない。中島翔哉(アル・ドゥハイル)、堂安律(フローニンゲン)の投入で、攻撃はスピードアップしたが……」

スペイン人指導者、ミケル・エチャリ(72歳)は、1-0で勝利した日本代表のボリビア戦について、そう語っている。

2012年、エチャリはバスク代表(FIFA非公認)を率いて、ボリビアを6-1と粉砕している。
守りにおいては堅実なファイターだが、対応力に限界のあるボリビアを、戦術的に完全に打ち負かした。弱点を見極めるスカウティングは、まさに知将ならでは、だった。

そのエチャリは、ボリビアと戦った日本をどのように評価したのか。

「日本はボリビア戦をテストと位置づけたのだろう。主力中心だったコロンビア戦からスタメンを全員入れ替えた。
4-2-3-1というシステムで選手を試しながら、高いレベルでプレーできる個々の力量を見極める試合だったか。

対するボリビアは、4-4-1-1を採用。守備のブロックを作って、カバーを怠らず、我慢強く守った。
攻撃に関してはほとんど形を作れなかったが、守備は戦術的に整備されていた。

日本はボールを支配し、ポゼッション率は70%を上回っている。しかし、プレーはスローだった。とくに前半は横パスが多すぎ、相手が守備ブロックを作る時間を与えてしまい、攻撃は立ち往生した。
敵陣深くまで入れない時間が続いた。後半になっても、途中までは、その流れは大きく変わっていない。コンビネーションが円滑でなく、攻撃面は物足りなさが残ったと言える」

エチャリは苦言を呈する一方、評価する選手もいた。

「ボランチに入った橋本拳人(FC東京)のプレーは特筆に値した。守備面での仕事の質は高かった。
スペースを支配しながら、ボールが入るタイミングを迅速に予測。非常に鋭い出足で、インターセプトに成功していた。

先発メンバーの中で、橋本は一番気に入った選手だ。

中盤で橋本とコンビを組んだ小林祐希(ヘーレンフェーン)も、悪いMFではないだろう。
左利きで、パスセンスには見るべきものがあった。ただ、守備面に課題があるように見えた。もうひとつ前のポジションのプレーヤーではないか。

前線では、トップ下に入った香川真司(ベシクタシュ)の動きが鈍かった。ボールを受けに中盤に落ち、サイドにも積極的に流れていたが、効果的ではない。
連係が思うようにいかず、ロシアW杯のようなプレーは見せられなかった。それは宇佐美貴史(デュッセルドルフ)、乾貴士(アラベス)も同じだろう。とくに宇佐美はほとんど存在感がなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190402-00010001-sportiva-socc
4/2(火) 6:22配信

森保J「大迫の代わりがいない」以外の新たな課題が明らかになった 

20190330-00010001-sportiva-000-1-view[1]

<中島翔哉>狙い通りの股抜きゴール「相手は大きいので股を狙った」  

20190328-00179318-soccermzw-000-6-view[1]




1: Egg ★ 2019/03/27(水) 06:10:13.17 ID:0K/Xw8lT9
[3.26 キリンチャレンジ杯 日本1-0ボリビア ノエスタ]

 膠着状態を打ち破り、自らの右足で試合を決めた。日本代表は0-0の後半16分にMF中島翔哉(アルドゥハイル)とMF堂安律を同時投入。さらに同24分からMF南野拓実、MF柴崎岳がピッチに入ると、前への推進力を高めて一気にボリビアを押し込んだ。

 そして迎えた後半31分、中央に流れたボールを堂安が拾って南野へつなぐ。タメをつくった南野は自身を追い越していく中島にパス。PA左でボールを受けた中島は切り返して右足に持ち替え、右足を振り抜くと、MFルイス・アキンの股間を抜けたシュートがニアサイドを破った。

「瞬間の判断だけど、ファーに打つこともできたし、相手は大きいので、相手の股を狙って今回は打った」。ゴール前での落ち着き、決め切る決定力。24歳のファンタジスタが平成最後の代表戦で白星をもたらした。

 途中出場した堂安、南野、中島の“若手三銃士”が絡んでの決勝点。「ああいうシーンはポルトガルにいたときからよくあった。全員でいいパスをつないであそこまで持ってきてくれた」。チームメイトに感謝する中島は南野、堂安との関係性について「どの選手とやってもやりやすいけど、よりゴールに直結する動きが増えるのは確か」と認める。

 ただ、「それぞれに良さがあるし、いろんな組み合わせでゴールは取れると思う」と“三銃士”ばかりにスポットが当たることを避けるように念を押した。MF香川真司、MF乾貴士、MF宇佐美貴史ら先発組の攻撃がボディブローのように効き、終盤にスペースが生まれてきた面もあるだろう。そうした意味でのリスペクトも忘れなかった。

 1月のアジアカップは本大会直前に無念の負傷離脱。あらためてその存在を高める3月シリーズとなった。特に成長を見せたのは守備での貢献度。22日のコロンビア戦(●0-1)後にも「これまでの代表戦の時よりは前のほうでボールを奪えたと思うし、そういうのを求めてカタールに行ったというのもある」と話していたが、この日も「ボールを取りに行ったとき、取り切れない場面もあるけど、足に当たるようになった気がする」と笑顔を見せた。

「足は長くなってないけど」。そう言って報道陣を笑わせるジョークも飛び出した。「今日はゴール前のパスの精度が低かった。そこはまた練習して速い判断ができるようにしていきたい」。攻守両面で進化を続ける中島は間違いなく森保ジャパンの中心にいる。

3/26(火) 22:57配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-42793838-gekisaka-socc

写真https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/270000/269799/news_269799_1.jpg

「なぜあのスタメン?」「失われた60分間」ポジティブ視点の英国誌記者も今回ばかりは… 

20190328-00010000-sdigestw-000-3-view[2]

「ここには中島がいる!」 殊勲の決勝弾を海外メディア絶賛「新世代が責任を取った」 

20190326-00179076-soccermzw-000-5-view[1]

「結果がほしかった」悔やむ香川真司 裏を狙うパス出し続け ボリビア戦  

91d5c90730f255




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/26(火) 22:53:47.13 ID:mTf32daz9
◇国際親善試合キリンチャレンジカップ

 ○日本1-0ボリビア●(26日、神戸・ノエビアスタジアム)

左腕にキャプテンマークを巻いた香川は前半途中、定位置のトップ下から中盤の底へ何度も下がった。
ボランチからパスを受け、前線へボールを散らす。左右にコンパクトに守ろうとするボリビア守備陣の裏を狙い、乾へのロングパスを正確に通した。

0―1で敗れた22日のコロンビア戦で、昨夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会以来の代表復帰を果たした香川は「(森保監督が就任し)新しい体制で初めて代表に選ばれた。
結果がほしかった」と悔やんだ。
「結果」とは単なる勝利ではなく、勝利を引き寄せるためのすべをどれだけ高い精度で実行できるかのスキルを指すのかもしれない。

香川が10番を背負った昨年のW杯で、日本は2点のリードをベルギーにひっくり返され、念願の8強入りを逃した。
チャンスを確実に仕留め、劣勢でもしぶとく流れを引き寄せる。
ロシアで明確になった日本代表の当たり前すぎる課題に対し、この日の香川は自らのプレーで範を示そうとした。

ボリビア戦の先発メンバーのうち、代表デビューの畠中、橋本を含む8人の代表経験は10試合にも満たない。
「平成最後」という手あかの付いた感のある枕ことばが付された代表戦が、日本サッカーに新たな時代を切り開く礎になる。


3/26(火) 22:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00000100-mai-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索