Samurai Goal

ボタフォゴ


スポンサード リンク





本田圭佑 古巣ボタフォゴに大型寄付も…サポーターは辛らつ「ホンダは史上最悪の選手」 

1: 2021/03/02(火) 00:16:47.08 _USER9 BE:952564598-2BP(1000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
3/1(月) 23:34配信
東スポWeb

本田圭佑

 元日本代表MF本田圭佑(34)が申し出たブラジル1部ボタフォゴへの〝恩返し〟に現地ファンの反応は――。

 ボタフォゴは2月28日に、昨年末に退団した本田が2021年シーズンのクラブ年間VIPパスを50枚購入した上で、ファンやサポーターに寄付したことを発表。「本田のご厚意に感謝する。彼とは連絡を取り続けている。希望者を募って抽選して割り振ることになる」とクラブ側は感謝を示した。

 昨年1月に加入した際には熱烈な歓迎を受けて大きな期待が寄せられたが、思うような活躍ができないままシーズン途中の昨年末に突如退団を表明していた。

 チーム低迷の危機から逃げ出す形になったボタフォゴのサポーターは本田への猛批判を展開。さらに退団の際に新型コロナ禍が深刻化している中で大人数の送別会を開催したことが判明して、火に油を注ぐ形になった。火種がくすぶったままとなっていたサポーターに向けて、感謝ととともに贖罪の意味も込めた大型寄付となった。

 本田の熱い思いに応えてサポーターも遺恨は水に流すことに…とはいかなかった。

 この発表を真っ先に報じたブラジルメディア「フォガオネット」には多くの現地サポーターの声が寄せられたが「私は本当に好きだった」などと好意的な意見がある一方で、「ホンダはボタフォゴ史上最悪の選手であり続けている! あなたは決して応援されない!」「彼は私たちが必要なときに放棄した臆病者だった」などと本田を糾弾する声も。いまだに遺恨が根強いことが浮き彫りになった。

 本田は精一杯の誠意を見せているが、サッカーの本場で特に熱狂的で知られるボタフォゴサポーターからの反感は簡単には拭えないようだ。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/202b5f22ed774a79730c87a81610c5b33671d2bd

本田圭佑が古巣ボタフォゴに“恩返し”。VIP会員権50口を購入しファンにプレゼント 

スクリーンショット 2021-03-01 20.59.53




1: 2021/03/01(月) 19:39:12.10 _USER9
ブラジルのボタフォゴは2月28日、昨年末まで同クラブに所属していたMF本田圭佑がファンとクラブへの感謝の思いを表すため“VIP会員権”50口を購入してクラブに寄付したことを発表した。

クラブの発表によれば、本田は昨年12月31日付でボタフォゴのソシオ(クラブ会員)の中で最高レベルとなる「VIP」年間会員権50口を購入。クラブのマーケティング部門は2021シーズンに向けてファンを対象としたコンクールを実施して当選者を選ぶことを決め、その方法については近日中に発表するとのことだ。


「ボタフォゴは本田の活動に感謝する。彼とは国外での商業的活動の協力に向けて常に連絡を取り続けている」とクラブは述べている。

 本田は昨年1月末にボタフォゴに加入し、欧州や国際舞台での実績豊富なスター選手として大きな注目と期待を集めたが、シーズン途中の昨年末に退団を表明。チームはその後カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)で最下位に終わり、来季の2部降格が決まっている。

 2月にはポルトガルのポルティモネンセ入団を発表した本田だが、移籍期間外の選手登録が認められず退団。その後の去就は決定していない。

フットボールチャンネル編集部
3/1(月) 13:31
https://news.yahoo.co.jp/articles/bd3e1f6880a128688c98407fe3bec30f292d5826

本田圭佑が12月に退団のボタフォゴ、ブラジル全国選手権2部降格が決定 

スクリーンショット 2021-02-05 21.53.47




1: 2021/02/06(土) 16:06:24.07 _USER9
カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)第34節のボタフォゴ対スポルチ・レシフェ戦が現地時間5日に行われ、アウェイのスポルチが1-0で勝利を収めた。この結果、ボタフォゴは来季の2部降格が決定している。

 20チームで構成されるブラジル全国選手権1部からは下位4チームが2部へ自動降格。現在最下位のボタフォゴはこの敗戦によって残留圏の16位ヴァスコ・ダ・ガマとの勝ち点差が13ポイントとなり、4試合を残して17位以下でのフィニッシュが確定した。


 ボタフォゴには昨年末までMF本田圭佑が所属。本田は今季の全国選手権で18試合に出場して2得点を記録していた。ボタフォゴは10月には今季初の2連勝を飾るなど一時は降格圏を脱出したが、11月から12月にかけて7連敗、12月末から1月にかけて再び6連敗を喫するなど低調な戦いが続いた。

 ボタフォゴの2部降格は前回2部で戦った2015年から6年ぶり。前回は2部優勝を飾って1年での1部復帰を果たしていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e058c15ce09e3bc9222bcdf7300d7d990dfa5e6e
2/6(土) 13:15配信

MF本田圭佑がボタフォゴ正式退団 「名誉も献身性もない日本人だった」サポーターの怒り再燃 

1: 2021/01/30(土) 18:49:50.40 _USER9 BE:309252702-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
1/30(土) 17:48配信
東スポWeb

MF本田圭佑

 元日本代表MF本田圭佑(34)のブラジル1部ボタフォゴ退団が29日付けで正式に承認された。

 ブラジルメディア「フォガオネット」によると、本田はすでに昨年末に退団を発表してクラブ側も合意していたが、残っていた書類上の手続きが進められていた。29日に手続きが完了し、ブラジルサッカー連盟から退団選手として発表された。

 昨年末に新型コロナ禍で送別会を開催して猛批判を浴びた本田が、この発表を受けてファンやサポーターからは非難の声が再燃。同メディアの正式退団報道に対して「ボタフォゴの歴史の中で最悪の移籍の一つだった。名誉も献身性もない日本人だった」「残念ながら何も機能しなかった。クールだったのは空港のレセプションだけだ」などとファンやサポーターからの辛らつな言葉が次々と投稿された。

 本田はオファーを受けているポルトガル1部ポルティモネンセの施設で練習を行っている。26日には自身がパーソナリティーを務めるニッポン放送「本田圭佑『NowVoice』」で「他のクラブも継続してアプローチしている。もう少し粘りたい。僕はフリーなのでウインドー期間に縛られず移籍ができる。最悪は1月を越えてもちゃんと選びたい」と新天地を模索しているが、ブラジルの名門との間には大きな禍根を残してしまったようだ。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/ac0dea382c6f407882ff9b9deac25658d85a6ce2

〝送別会動画〟流出で批判浴びた本田圭佑 「ボタフォゴの友人たちに謝ります」 

1: 2021/01/14(木) 10:55:55.40 _USER9
1/14(木) 10:33
東スポWeb

〝送別会動画〟流出で批判浴びた本田圭佑 「ボタフォゴの友人たちに謝ります」
本田圭佑
 ブラジル1部ボタフォゴを退団した元日本代表MF本田圭佑(34)が元チームメートたちに謝罪した。

 現在、ポルトガルに滞在中の本田はブラジルを出国する前、リオデジャネイロでボタフォゴの友人たちと送別会を開催。そのときに大騒ぎしている動画が流出し、地元メディアで公開されると、チームの低迷が続いていることに加えて新型コロナウイルス禍での〝パーティー〟実施を疑問視する声が続出。本田や参加者たちへ批判が殺到している。

 本田は13日(日本時間14日)に自身の公式ツイッターを英語で更新し、批判する人たちに向けて「あなたたちがどんなに嫌いでも私は感謝しています」と記すと、続けて「ボタフォゴの友人たちに謝ります。私と最初と最後のランチをしたことで批判された人たちですが、私は来てくれたことに感謝します」と書き込んだ。

 本田が昨年末にボタフォゴ退団を表明し、サポーターから「チームを見捨てた」と非難されたときも、年が明けてから自身のツイッターで「結果を出せなったとの批判はすべて受け入れる。言い訳はしない。私も失望しているし、申し訳ない」とした上で「個人的かつプロフェッショナルとしてこの決断をした」とつぶやいていた。

 今回の行動で本田への風当たりは強まることは確実。ポルトガル1部ポルティモネンセ入りが間近に迫っていると報じられる中、騒動の影響も懸念されそうだ。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/c6f882f7aff639701cbb626db580f3c2ee1e3c49

「44歳の私より遅かった」ボタフォゴ退団の本田圭佑を元ブラジル代表MFがバッサリ! 同僚やOBからも厳しい声 

スクリーンショット 2021-01-02 14.50.36

本田、ブラジル1部ボタフォゴから「離れる」ことを報告 ファンやチームメートに感謝 

1: 2020/12/31(木) 01:51:20.97 _USER9
12/31(木) 1:27
スポニチアネックス

本田、ブラジル1部ボタフォゴから「離れる」ことを報告 ファンやチームメートに感謝
本田圭佑
 元日本代表MF本田圭佑(34)は31日、自身のツイッターを更新し、ブラジル1部ボタフォゴから「離れる」ことを報告した。

 本田は「ボタフォゴを離れます」とし「最初は結果が出せなくて皆さんの批判を全て受け入れました。批判されるのは当然なので言い訳もしません。ごめんなさい」とファンに謝罪。その上で「皆さんが今までしてくれたことにとても感謝しています。自分が空港やスタジアムに到着した時にファンの皆さんとこれほど大きなものを一緒に見たり、感じたりしたことはありませんでした。個人的な理由と仕事上の理由で決めましたが、今シーズンはとても嬉しかったです。また、チームメートの皆さんにも感謝しています」とファンやチームメートに感謝した。

 本田は次の移籍先としてポルトガル1部ポルティモネンセが濃厚と報じられており、ポルティモネンセのサンパイオ会長が29日、現地ラジオ局TSF(電子版)のインタビューで本田について言及。「よく知っている。年齢に関係なく非常に価値のある、どのチームも欲しがる選手」と高く評価した上で「まだ少し詳細を詰める必要があるが、できるだけ早く解決したい」と契約交渉が大詰めであることを認めた。

 ポルティモネンセは、ポルトガル1部で現在最下位。元浦和MFのポンテ氏が副会長を務めており、DF安西幸輝が在籍するほか、これまでFW金崎夢生(名古屋)、MF中島翔哉(ポルト)、GK権田修一(今月に清水移籍が決定)ら多くの日本人選手がプレーしてきた。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/8bdb15df5ac76860a2d5913a1d1a4d01bc81d2d6

本田圭佑がボタフォゴと契約解除へ、今週末にも決定か 

スクリーンショット 2020-12-30 6.42.06




1: 2020/12/29(火) 20:34:02.25 _USER9
MF本田圭佑(34)が、ボタフォゴを退団することになるようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。

本田は2020年2月にフィテッセからボタフォゴに加入。しかし、2019年10月に就任していたアルベルト・バレンティン監督が2月に解任されると、後任として鹿島アントラーズやセレッソ大阪を指揮したパウロ・アウトゥオリ監督が10月に解任。後任のブルーノ・ラザロニ監督が1カ月も持たずに解任されると、ラモン・ディアス監督(61)も体調不良からの復帰が見込めずに解任されていた。

その後、本田は「この数日で僕を納得させないなら、去ることを考え始める」とツイート。チームとの話し合いが必要だと語っていた。

その本田には、ポルトガルのポルティモネンセが興味を示しているなど、ヨーロッパからのオファーもあること、さらに、ケガの状態やクラブの問題などがあり、契約を解除する流れとなっている。『グローボ』によれば、本田とボタフォゴは今週末にも契約を解除するとのことだ。

本田は、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで18試合に出場し2ゴールを記録していた。

選手としての契約は解除するものの、本田はボタフォゴとの関係を完全に経つつもりはないようだ。パートナーシップは解消せず、アジアでのボタフォゴのアンバサダーや、ブラジルでのプロジェクトを持ちたいと考えているようだ。

また、選手としては、ブラジルのサッカーや選手たちのやり方に馴染めなかったとも報じられ、ロッカールームでは摩擦が起きたとのこと。本田のプロフェッショナリズムがあまり受け入れられず、本田もチームメイトの習慣や態度に不満を持っていたと『グローボ』は報じている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/15f3ebb1a31372913db5dfdef039b138d64bf3ab
12/29(火) 17:15配信

<本田圭佑(ボタフォゴ)>電撃退団報道にブラジル人記者が苦言!サポーターからも嘆きの声が殺到 

1: 2020/12/29(火) 17:43:08.43 _USER9
契約は2月まで。早期退団する理由は?

12月28日、ボタフォゴはホームでコリンチャンスに0-2で敗れ、19位となった。1部残留の可能性は試合ごとに少なくなっている。
これまでは「共にチームを救おう」などと言っていた最もお人よしの部類のサポーターでさえ、今はチームに怒りを覚えている。

エドゥアルド・バロッカ監督の言う「毎試合をワールドカップの決勝のような気持ちで戦っている」というのも、今ではむなしく響くだけだ。
ブラジルでは「悪いニュースは一人ではやってこない」というが、まさにその通りだ。

試合当日の夜、チームの二人の選手がリオのナイトクラブで遊んでいるのを目撃されて非難される(ブラジルは再びロックダウン状態に入っている)。しかし決定打は21時、ブラジルの『ラジオTUPI』で放送されたニュースだった。
「本田の代理人マルコス・レイテがボタフォゴの新幹部(来年の1月1日から交代)のところに話に行き、本田の契約解除を依頼したようだ」

パーソナリティのクラウディオ・トゥピはその理由を「家族の問題」と「ヨーロッパのチームからのオファーがある」からだとした。このニュースはその後『FOX』や『ESPN』でも取り上げられているので、どうやら信ぴょう性は高そうだ。
次のボタフォゴの試合は1月6日のアトレティコ・パラナエンセ戦だが、本田は今怪我をしており、あと15日から20日くらい治療にかかる。もしこのニュースが本当だとしたら、もうプレーするところをブラジルで見ることはないだろう。
彼が最後に公の場に姿を現わしたのは3日前、難病の子供を助けるために自分のサイン入りのユニホームを寄付した時である。
 
とにかくこのニュースにボタフォゴのサポーターは今怒り心頭だ。ボタフォゴのオフィシャルサイトには「本田でていけ」「日本人の恥」「期待して損した」などのコメントが次々に寄せられている。
10月までに契約を2月までに延ばしたのは本田側からの申し出だった。また12月の頭に「僕はチームを離れない。この状況を変えるために最大の努力を尽くす」と言っていたのは本心ではなかったのか。

私はがっかりしている。本田は何でもできたはずだった。大変な状況であるのはわかるが、それでも契約が終わる2月末まで、黙ってボタフォゴのために戦ってほしかった。それでこそ真のプロというものだ。そんな姿にブラジル人も拍手を送ったはずだ。
かつてイタリアのユベントスがセリエBに落ちた時、ジャンルイジ・ブッフォンはそのまま2部でプレーしたではないか。大変な状態のチームを見捨ててさっさと出て行ってしまう本田は、ボタフォゴに本当の愛着を持ったことは一度もなかったのだろう。

もしこの先、翻意して移籍を取りやめても、もう遅い。ブラジル人の心はすっかり本田から離れてしまった。

文●リカルド・セティオン
翻訳●利根川晶子

【著者プロフィール】
リカルド・セティオン(Ricardo SETYON)/ブラジル・サンパウロ出身のフリージャーナリスト。8か国語を操り、世界のサッカーの生の現場を取材して回る。FIFAの役員も長らく勤め、ジーコ、ドゥンガ、カフーなど元選手の知己も多い。
現在はスポーツ運営学、心理学の教授としても大学で教鞭をとる。

2/29(火) 17:18配信 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/8c9f1b3434b3dbd4e08a5e92553149479258a56f

写真
no title

本田圭佑がボタフォゴ残留を宣言 ツイッターで「この状況を変えるために努力していく」 

1: 2020/12/06(日) 15:39:35.81 _USER9
12/6(日) 15:26配信
東スポWeb

本田圭佑

 チームの迷走で退団の可能性を示唆していたブラジル1部ボタフォゴの元日本代表MF本田圭佑(34)が残留を宣言した。

 本田は5日のフラメンゴ戦でフル出場したもののチームは0―1と敗れて5連敗。20チーム中19位と深刻な不振にあえいでいる。

 本田は低迷の要因の一つとしてクラブの姿勢も指摘しており、11月にラモン・ディアス前監督が1試合も指揮することなく退団するなど混迷を極めた監督人事を問題視。状況が改善されなければ退団する可能性も示唆していた。

 だが、自身の公式ツイッターを更新し「みんながどう感じているのか分かっているから言葉にはしない…だけど僕が去ることはないし、チームメートたちとこの状況を変えるために努力していく」と投稿。少なくとも来年2月まで続く今季中は残留する考えを示した。

 目標とする来夏の東京五輪でオーバーエージ枠による代表メンバー入りへ向け、まずはブラジルでアピールしていく構えだ。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/34e75f33ce0d0b310edaadbaf9e95a25ee992ef1



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索