Samurai Goal

ボカ・ジュニアーズ


スポンサード リンク





<南米制覇に歓喜のリーベルファン>ボカサポーターに刺殺される悲劇が発生 

GettyImages-1055821148-vert-800x534




1: 2018/12/13(木) 22:56:50.68 _USER9
 スペイン・マドリード開催となった南米クラブ王者を決めるリベルタドーレス杯決勝だが、異例の頂上決戦の数日後に新たな悲劇が発生してしまった。リーベル・プレートのファンである青年が優勝を喜んだことを理由に、ボカ・ジュニアーズのファンに殺害されたと、スペイン紙「マルカ」などが報じている。

 リーベルの大ファンだった21歳のエセキエル・アーロン・ネリス氏は、愛するクラブのシャツを着て優勝を喜んでいたところを、18歳と22歳のボカ・ジュニアーズファンの青年二人に襲われ、ナイフで数カ所を刺されて一つが大動脈を切断する致命傷となり死亡したという。二人は現地警察に逮捕されたと伝えている。

 死亡したエセキエル青年の家族は「リーベル・プレートのファンであったこと、優勝を喜んだことを理由に殺された」との声明を発しているという。そして、事件当時の状況を「無防備な犬のように刺された」とした。

 試合は第1戦がボカのホームで2-2のドロー。そして第2戦の試合当日、スタジアムに向かうボカのチームバスがリーベルのファンに襲撃され、投石などで選手にも負傷者が出て試合が延期。南米サッカー連盟が異例のスペイン開催を決め、延長戦の末にリーベルが3-1と制して優勝を決めていた。

 多くのアルゼンチンサッカー関係者から国外開催になることの無念さと今後の懸念が話されていた「スーペル・クラシコ」だが、ついにサポーター同士による殺人事件が発生するという悲劇が起きてしまった。

12/13(木) 22:41配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181213-00154127-soccermzw-socc

クラブW杯までに間に合う?南米リベルタドーレス杯決勝、リバープレートがスペイン開催拒否 

1: 2018/12/02(日) 08:58:21.16 _USER9
no title


クラブ・ワールドカップまでに間に合うのだろうか。リバープレートがサンティアゴ・ベルナベウ(スペイン)での開催を正式に拒否した。

 南米王者を決めるコパ・リベルタドーレスは、決勝にリバープレートとボカ・ジュニアーズが進出。11月11日にボカのホームで行われた第1戦は2-2で引き分けた。そして、同24日にリバープレートのホームで第2戦が開催される予定だったが、リバープレートの過激サポーターがボカのチームバスを襲撃。選手が負傷する事態に発展し、開催が延期となっていた。

 その後、南米サッカー連盟(CONMEBOL)は29日、決勝第2戦を12月9日にレアル・マドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで開催することを発表した。

 しかし、リバープレートが1日にクラブ公式サイト上に「リバープレートは会場の変更を拒否します」と声明を発表。その理由として、チケットを購入したサポーターに対して不誠実であること、アルゼンチンで最も重要なダービーマッチを自国で開催しないことに理解できない、などと理由に挙げている。

 UAEで開催されるクラブ・ワールドカップは12日に開幕。南米王者は18日に初戦を迎える。果たして、これまでに出場クラブが決定するのだろうか。

12/2(日) 8:33配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-07411373-gekisaka-socc

つづく

<コパ・リベルタドーレス>ボカ・ジュニアーズのバス襲撃から事態は収束せず…決勝は25日に延期 

c3706d87de8f0b3eddcbb9c5e129aeb0




1: 2018/11/25(日) 13:55:04.83 _USER9
 24日、18時にキックオフ予定だったコパ・リベルタドーレス決勝第2戦、リバー・プレートvsボカ・ジュニアーズは、25日19:15開始に延期されることとなった。

 クラブの南米王者を決めるコパ・リベルタドーレス決勝第2戦は現地時間18時キックオフ予定となっていたが、会場入りしたボカのバスをリバー・プレートのサポーターが襲撃。投石によってバスの窓が割られ、制止に入った機動隊の催涙スプレーなどによって、ボカの選手が病院に搬送される事態に。

 試合開始が危ぶまれる中、一時は現地時間19:15にキックオフが後ろ倒しされることに。しかし事態は収束せず、さらに21:00キックオフへとスライドされた。

 だが、ボカ選手数人が負傷したことにより、リーベルとボカ双方が「本日試合することは不可能」という紳士協定を結ぶことに。この動きを受け、南米サッカー連盟(CONMEBOL)のアレハンドロ・ドミンゲス会長は「両チームの意向により、試合を延期することに決めた。これはフットボールの試合であり、戦争ではない」との声明を出し、25日19:15(日本時間26日AM7:15)キックオフに延期すると正式発表。当初予定されていた時刻より、25時間遅れで開催されることとなった。

 またボカの主力が負傷したと伝えられる中、25日の試合では問題なくピッチに立てるのか、その動向が注目される。

 コパ・リベルタドーレスの決勝は、ファン同士の対立が激しいとされる、ボカ・ジュニアーズvsリバー・プレートのスーペルクラシコに。南米王者を決める大一番は、両チームの対立構造から思わぬ形で開催が1日遅れる事態となっている。

18/11/25 11:27ゲキサカ
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?260021-260021-fl



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索