Samurai Goal

ペレ


スポンサード リンク





メッシさんの現在のサッカー選手としての評価を表した絵が分かりやすいと話題  

1: 風吹けば名無し 2019/07/03(水) 19:02:28.97 ID:+BkekF8vF
no title

ビジャが迷いなく挙げた史上最高の選手は…「ペレやマラドーナに比肩する」 

20190415-43465966-gekisaka-000-3-view[1]

<イタリアの名将カペッロが選ぶ!サッカー史の“天才プレーヤー3傑>ペレ、マラドーナ、メッシ! 

maradona-messi-and-pele




1: Egg ★ 2019/03/16(土) 19:44:43.36 ID:g8E36L709
ACミランやレアル・マドリードなどで指揮を執ったイタリア人監督のファビオ・カペッロ氏が、自身が考えるサッカー界の3大天才プレーヤーを明かした。

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシをピックアップした一方で、比較に出されることが多いユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの名は含まれなかった。

 カペッロ氏は衛星放送「スカイ・スポーツ・イタリア」で現地時間12日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第2戦、ユベントス対アトレチコ・マドリードの解説を務めた。この試合はロナウドがハットトリックを決める活躍を見せたユベントスが3-0で勝利。2戦合計スコア3-2と逆転でベスト進出の切符を手にした。

 ロナウドはイタリア移籍後も高い決定力を維持しており、スペイン時代からライバルとして比較されていたメッシとともに依然として世界のトップに君臨する。その実力を遺憾なく発揮した試合の後に、カペッロ氏は2人の比較について「メッシはジーニアス(天才)、ロナウドは並外れた選手」と表現する。

 しかし、ともに素晴らしい選手だという前提の下で、メッシと同じように“天才”と形容できる選手は歴史上でも数人しかいないと語っている。そしてロナウドはその対象には含まれていないという。

「メッシは才能豊かな素晴らしい選手だ。彼は物事を発明してきた。純粋なる天才だ。ロナウドもずば抜けた選手で、誰もが望むようなタイトルをもたらすことができる選手だが、メッシこそが天才だ。フットボールの歴史の中で、天才と呼べるのは3人だけ。ペレ、マラドーナ、そしてメッシだ」

 イタリアが誇る名将は、“サッカーの王様”と呼ばれた元ブラジル代表FWペレ、5人抜きドリブルや神の手ゴールなどの伝説を残した元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ、そして現代最高の選手であるメッシこそがサッカー界の3大天才プレーヤーだと主張していた。

3/16(土) 6:40配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190316-00176478-soccermzw-socc

ペレ氏「ムバッペこそ“第2のペレ”。メッシのようにヘッドできない片方の足しか使えない選手とは比べられない」 

GettyImages-987922082-800x544




1: 2019/01/17(木) 11:22:07.41
 3度のW杯制覇を経験したペレ氏は、FWキリアン・ムバッペ(パリSG)が“第2のペレ”だと考えているようだ。英『ミラー』が伝えた。

 ムバッペのポテンシャルはまずモナコで花開き、その後はパリSGに1億600万ポンドもの巨額オファーで引き抜かれている。パリSGに移籍してから1シーズンと半分が経過したが、ムバッペは22試合に出場し、18ゴールを決めている。ペレ氏は20歳になったばかりのバッペの大ファンだ。

 ロシアW杯ではフランス代表として4ゴールを決めて優勝に導き、最優秀新人賞も受賞した。「彼は19歳でW杯を勝ち取った。私は17歳のときだった」と『フレンチ・フットボール』に語ったペレ氏は「もうちょっとで並ばれてしまうところだったと彼には話したよ」と続けた。

「彼は新しいペレになれると思っている。『またペレが冗談を言っている』と思う人が大半だろうが、それは違う。冗談なんかじゃない」

 “サッカーの王様”ペレ氏はさらに、ムバッペとFWリオネル・メッシとの大きな違いについても指摘している。ペレ氏は先月、メッシについて批判的なコメントをしていた。

「ムバッペはヘッドも上手ければ右でも左でもシュートできる選手。片方の足しか使えずスキルも1つしかないうえに、ヘッドもできないような選手と、どうやって比べることができるのだろう?」と『フォーリャ・デ・サンパウロ』が伝えている。

「このペレと比較したいのならば、左右どちらの足も使えてヘッドでも得点できる選手でなければならない」
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?264347-264347-fl

神様・ジーコ「私の意見だが、彼はペレと比較できない。未だに私はマラドーナがメッシより上だと感じている」 

1: 2019/01/04(金) 19:41:02.67 _USER9
元日本代表監督ジーコ氏が海外メディアに持論「未だにマラドーナがメッシより上」


現在のサッカー界において、クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)と並び、世界NO1選手の呼び声高いリオネル・メッシ(バルセロナ)。

その評価は現代を飛び越え、歴史上のレジェンドと比較される域に突入しているが、元日本代表監督のジーコ氏はマラドーナ、ペレにはまだ及ばないと語ったという。英スポーツメディア「オムニスポーツ」に明かしている。

写真
no title


 往年のブラジルの神様が、現代のアルゼンチンの至宝について口を開いた。「オムニスポーツ」に語ったインタビューでは、メッシをアルゼンチンとブラジルのレジェンドを比較し、持論を展開している。

「メッシはマラドーナに近い。つまり、私の意見だが、彼はペレと比較できない。未だに私はマラドーナがメッシより上だと感じている。ペレとではなく。ペレはサッカー選手に必要な全ての質と特徴を兼ね備えていた」

 このように語り、メッシはまだマラドーナに及ばず、ペレとは比較もできないと言及。その上でリアルタイムで感じてきたペレの凄さについて語っている。

「神は彼(ペレ)を作った時、フットボーラーに必要なもの全てを与えた。スピード、強さ、勢い、テクニック、キック能力、ヘディング、ドリブル――その全て、選手が持ちうるもの全てだ」

「彼のようにヘディングできるものは少数だ。彼は170センチだ。基礎は完璧。ボールさばきとヘディングに精通していた。あらゆる方法で向上していた。ある選手から想像できること全てをペレはやっていた」

ジーコ氏が挙げた“メッシにまだ足りないもの”とは

 上背は決してなかったが、サッカー選手として欠点がなかったことを強調。その上でメッシについて「ほぼ全てを持っているが、ペレが持っているワールドカップタイトルを持っていない。これは大きい」と指摘している。

「なぜなら、我々の時代のようにマラドーナも常に選手を背負ってプレーしていた。マラドーナはメッシと同様にクラブに多くをもたらし、アルゼンチン代表にも寄与した。マラドーナは世界王者だ」

「マラドーナは大きな大会で常に活躍していた。アルゼンチン代表が今のようなヨーロッパのビッグクラブの多くのスターがいる本命チームではない頃にね」

 このように語り、ペレ、マラドーナの代表チームに対する貢献度の差を強調。さらに「(マラドーナは)メッシが現在バルセロナでプレーしているようなチームではプレーしてないと思う。彼にはピケもイニエスタもスアレスもシャビもネイマールもいなかった」と孤軍奮闘したかつてのアルゼンチンの10番を持ち上げていた。

 現代では世界NO1選手の呼び声の高いメッシだが、ブラジルの英雄であるジーコ氏の目にはまだ足りないものあると映っているようだ。

2019.01.04 THE ANSWER
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190104-00048087-theanswer-socc

<王様”ペレ>“メッシに辛口評価連発!「片足しか使えない」「マラドーナのほうが上」 

1: 2018/12/06(木) 22:26:56.30 _USER9
ブラジル紙のインタビューで発言 「ペレと比較すると言うなら…」
 
サッカー界の王様、元ブラジル代表FWペレ氏は世界最高の選手と言われるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)よりも、
ディエゴ・マラドーナ氏が優れた選手だと考えている。ブラジル紙「Folha de S.Paulo」のインタビューで語った。

メッシと言えば、バロンドール史上最多タイの5度受賞を誇る正真正銘のスーパースターで、現代サッカー界におけるベストプレーヤーの一人として知られている。
その実力を疑う者はいないが、歴史上最も優れた選手かどうかについては人によって意見が分かれるところでもある。

ペレ氏は自身も歴代最高の選手と評価を受けるレジェンドだが、メッシの評価に関してはかなり厳しい意見を述べている。

「ある選手はヘディングも上手く、左足でも右足でもシュートを打てる。もう一方は片足しか使えず、スキルもたった一つだけ。
ヘディングも上手くない。どうやって比較すればいいんだ? ペレと比較すると言うなら、左足でも右足でもシュートを打てて、ヘディングでも点を取れる選手じゃないとね」

ペレ氏は自身が左右両足を自在に使え、ヘディングでも点を取れる選手だとしたうえで、メッシは利き足である左足に頼りきりで、得点パターンも限られていると指摘している。

「私からすれば、マラドーナが世界最高の選手の一人」

さらにペレ氏は、メッシよりも5人抜きや神の手ゴールといった数々の伝説を残してきたマラドーナ氏のほうが優れた選手だったと語っている。

「私からすれば、マラドーナが世界最高の選手の一人。もし『彼(マラドーナ)がメッシよりも優れているか?』と聞かれれば、私はイエスと答えるよ」
さらにペレ氏はマラドーナ氏だけでなく、「(フランツ・)ベッケンバウアーや(ヨハン・)クライフも(メッシより)良い選手だ」とし、メッシ以上に「ベスト」の称号が似合う選手は多いとの見解を示していた。

12/6(木) 19:10配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181206-00152489-soccermzw-socc

写真
no title

今までネイマールを擁護も…ペレ氏がついに非難へ「これ以上彼を守ることは難しい」 

20181206-00010014-goal-000-1-view

サッカーの王様ペレ引退時の言葉「みなさん、この言葉を3回繰り返してください。LOVE…LOVE…LOVE」 

1: 名無しさん 2016/10/03(月) 19:45:31.29 ID:MHYGgRzL0
引退セレモニーで世界への愛を謳ったペレさんかっけー

no title


https://youtu.be/2zM0zjRXOjE

ペレ「ネイマールはメッシやC・ロナウドには劣る」 

1: 名無しさん 2016/06/04(土) 20:30:52.14 ID:CAP_USER9
元ブラジル代表のペレ氏がバルセロナに所属する同胞のFWネイマールについて言及した。4日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

ブラジル代表を3度のW杯優勝に導き、「サッカーの王様」とも崇められるペレ氏。
ネイマールについて問われると「私はネイマールのことを小さい時から知っていて、何年も前に当時のコーチから素晴らしい選手だと知らされたよ。
しかしながら、彼はメッシや(クリスティアーノ)ロナウドには劣る。
今日におけるナンバーワンの選手を言わなければならないとしたら、メッシと言うね。
ロナウドは異なるプレースタイルを持っていて、個人的にはメッシが最高だ」と、
バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとレアル・マドリードの
ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを比較相手に出して、世界一の選手にはなっていないと明言した。

また、一部のメディアで相手に見せつけるかのような挑発的なボールさばきを非難されることがあるネイマール。
多くのブラジル人選手が、対戦相手への尊敬の念に欠けているのではと質問を受けると、同氏は「ジーコも私もそのようなことはしていない。
ブラジル人みんなというわけではないよ。それぞれスタイルはあるが、
敵に対するリスペクトをいつも持たなければならないね、ロマーリオのように」と、相手選手へ敬意を払うことは大切だと強調した。

さらに、3日に開幕したコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016にも言及。「今まで以上に実力が拮抗していて、優勝候補はない。
昔は他のチームと比べてブラジルとアルゼンチンが上にいたが、今回は完全に力が互角だよ」と、
出場チームに優劣はつけられず、優勝の行方は読めないと語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160604-00451471-soccerk-socc
SOCCER KING 6月4日(土)19時41分配信

no title

ペレが認めた世界最高の選手ジョージ・ベスト 『クライフは地上でつくられ、ベストは天でつくられた』 

1: 名無しさん 2016/05/03(火) 19:47:06.54 ID:CAP_USER9
■サッカー選手名鑑『ジョージ・ベスト』

 ベスト(最高)――。

 それが、れっきとしたファミリーネームである。サッカーの王様ペレは全盛期のベストを「世界最高の選手」と評している。
彼こそベスト・オブ・ベストということか。また、こんな言い回しも残されている。

『クライフは地上でつくられ、ベストは天でつくられた』

 巨星ヨハン・クライフは、若い頃に『オランダのベスト』と呼ばれた時期がある。
わずか1歳違いだが、当時のベストはクライフのはるか先を走っていた。

 名誉ある『バロンドール』(ヨーロッパ年間最優秀選手賞)を獲得したのが、22歳のとき。
史上最年少でヨーロッパのサッカー界の頂点へと駆け上がったわけだ。

 生まれ故郷は北アイルランドの首都ベルファスト。15歳のときにスカウト担当のボブ・ビショップに見いだされ、
2年後の誕生日に名門マンチェスター・ユナイテッドとプロ契約。それから数カ月後の9月にプロデビューを飾った。

 2年目には早くもユナイテッドの主力となり、リーグ優勝に貢献。18歳を迎えた頃には英国全域にその名が知れ渡った。
ポジションは右ウイング、背番号は7。のちにカントナやベッカムらに受け継がれる『ナンバー7』の神話は、
このベストが始まりである。

1968-69シーズンにイングランドリーグの得点王を獲得。さらに欧州チャンピオンズカップではユナイテッドを
初優勝へ導いた。ベンフィカ(ポルトガル)との決勝では延長前半に決勝点をマーク。
その活躍が、バロンドール受賞の決め手になったといわれる。

 ベストがひとたび球を持てば、誰も止められなかった。同じ相手を二度、抜いたこともある。
相手が球の在りかを見失うほど、速く巧みなドリブルは魔法のようだった。

ある時は太ももで球をリフティングしながらピッチの半分を駆け、ある時は背中で球を止めてみせた。
試合中に球の上に腰を下したかと思えば、おもむろに脱いだユニホームで闘牛士のマネごとをして、
相手を挑発したこともある。相手どころか、味方の球を奪ってドリブルを始めることさえあった。

 保守派や良識派はベストのとがったキャラに眉をひそめたが、若者たちは熱狂した。長髪に甘いマスク。
若い女性たちからアイドル視され、やがて『5人目のビートルズ』と呼ばれるようになる。
サッカー界の枠には収まらないポップスターの先駆けだった。

 もっとも、最盛期は短かった。1972年5月に引退を宣言。まだ25歳のときだ。
すぐに撤回したが、同年末に再び引退願いを提出し、半年間もピッチから遠ざかる。
復帰後は二度と全盛期の姿に戻ることはなかった。

 アルコール依存症、実母の死、離婚、ギャンブル、破産……。
晩年もトラブルがついて回り、2005年に59歳の若さでこの世を去る。太く、短く。
ベルファストの異端児はあっという間に人生を駆け抜けていった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160503-00010000-asahit-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索