Samurai Goal

ペレ


スポンサード リンク





【サッカーの王様】 ペレ氏(80)がコロナワクチン接種 

1: 2021/03/03(水) 13:23:07.52 _USER9
「サッカーの王様」の呼称で知られる元ブラジル代表のペレ氏(80)が2日、自身のインスタグラムを更新し、
新型コロナウイルスのワクチンを接種したことを明らかにした。

注射を受けながら反対の手で親指を立てるポーズの写真を公開。「忘れられない日になった。周りの人のことを考え、助け合えば乗り切れる」
などと記し、感染対策の徹底を呼び掛けた。

ペレ氏は近年体調が優れず、公の場では車いすに乗った姿などを見せている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021030300543&g=spo#:~:text=%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3

新型コロナウイルスのワクチン注射を受けるペレ氏=2日、サンパウロ(EPA時事)
no title



【ブラジル】 1日当たりのコロナ感染による死者、過去最多の1641人
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1614744936/

メッシの単独クラブ最多得点記録更新に異議 “サッカーの王様”の得点数を643と伝えられ「ペレは1091得点」 

1: 2020/12/28(月) 17:55:16.38 _USER9
ブラジルのサントスが、同クラブのOBでありブラジルのレジェンドであるペレ氏の持つ単独クラブによる最多得点記録を、バルセロナのリオネル・メッシが更新したという報道に反論した。

メッシは12月22日に行われたラ・リーガ第第15節のバジャドリー戦に先発で出場し、65分に左足からチームの3点目を奪った。このゴールでメッシはバルセロナでの通算得点数を644とし、ペレ氏がサントスで記録した643ゴールを上回って、単独クラブでの最多得点記録を更新したことが伝えられている。

メッシの偉業達成にペレ氏も祝福のコメントを寄せていたが、サントス側だけが納得いかないようだ。「ペレ氏もSNSでメッシを祝福しています。しかし、一部で報道されている歴史的な偉業について、最も偉大なものである『クラブでの総ゴール数』を無視しています」と報道を真っ向から否定するコメントをクラブの公式サイトに掲載している。

さらに、サントスは「ペレ氏はサントスで1091得点を挙げました。しかし、報道では“サッカーの王様”の得点数を643ゴールと伝えられ、その他の試合や親善試合で得点された448ゴールは、他の試合よりも価値が低いかのように取り除かれました」と、集計方法に異議を唱えている。そして次のように続けた。

「今無視されている448ゴールの中には、主要クラブから奪ったゴールもあります。リーベル・プレート、ボカ、レアル・マドリー、ユヴェントスなど。そしてメッシが所属するバルセロナとの試合でも4試合で4ゴールを奪っています」

「一部のアナリストの主張では、親善試合で奪った448ゴールが弱小クラブやそのような地域のクラブだったと言われています。しかし、これらの試合では公式のユニフォームを着用し、公式のルールに従って、スコアシートも残っています。そしてこれは国際サッカー連盟(FIFA)が課している規則の1つです」

「対戦相手の強さなど主観的な属性を考慮することは、統計データを編集する際に理想的ではありません。数値は絶対的です。(スリナムの)トランスファールに対するゴールは、サンティアゴ・ベルナベウでレアル・マドリーを相手に決めたゴールと同じ勝ちがあります」

12/28(月) 17:29 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/fcb5f0bed87664b7196e247557f959ea5a780c72

写真no title

ペレ(80)、マラドーナ氏(60)急逝に「いつの日か空の上で一緒にボールを蹴ろう」 

スクリーンショット 2020-11-26 11.39.19




1: 2020/11/26(木) 03:07:16.72 _USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201126-43741965-gekisaka-socc

 アルゼンチンサッカー界のレジェンド、ディエゴ・マラドーナさんの突然の訃報に悲しみが広がっている。

 マラドーナさんは25日、ブエノスアイレス郊外の自宅で死亡。60歳だった。

 『BBC』によると、元ブラジル代表のペレ氏(80)は短くコメントを発表。「いつの日か空の上で一緒にボールを蹴ろう」と哀悼した。

80歳目前のペレ氏、「ぼけていない」ことに喜び 

スクリーンショット 2020-10-22 15.42.44

ペレ氏も大台突破のC・ロナウドを祝福!「100ゴールを祝うと思っていたが…」 

1: 2020/09/10(木) 02:06:48.63 _USER9
元ブラジル代表FWペレ氏が、ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの大台到達を祝った。

C・ロナウドは8日、ポルトガル代表として出場したUEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ3の第2節スウェーデン代表戦で2ゴールをマーク。主将としてチームを2-0の勝利に導いた。

これにより、C・ロナウドのポルトガル代表における通算得点数が101得点に到達。ヨーロッパでは初めの大台到達となり、この数字を超えるのは元イラン代表FWアリ・ダエイ氏が記録した109得点しかない。

自身も現役時代に代表通算77得点を記録した“サッカーの王様”ペレ氏も、C・ロナウドを祝福している。

「今日は100ゴールを祝うと思っていた。だが、実際には101ゴールだったね!おめでとう、クリスティアーノ。君は旅路の中で新たな高みに到達したんだ」

また、C・ロナウドはクラブも含めたキャリア通算では739得点を記録。767得点を積み重ねたとされるペレ氏の記録まで、あと28得点に迫っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/572be91a17f6ae064e1211d02f8b5638ce23ac62
no title

<ペレ>“メッシ・ロナウド論争”に持論!「最も継続性があるのは…」歴代No.1は?「私は誰よりも優れていた」 

1: 2020/03/26(木) 12:44:52.98
リオネル・メッシか、クリスティアーノ・ロナウドか――世界最高の選手に関する論争にブラジルのレジェンド、ペレ氏が一石を投じた。

2008年から10年間にわたり世界最高の選手に贈られるバロンドールを独占してきたバルセロナのメッシとユヴェントスのC・ロナウド。2018年はルカ・モドリッチにトロフィーを譲ったものの、翌年には再びアルゼンチン代表FWが受賞し、2020年も両選手が本命に挙がることが予想される。

その他にも数々のチームタイトル、個人タイトルを獲得してきたメッシとC・ロナウドは、長年にわたりフットボール界のトップに君臨する。これまでにも数々の現役選手や元選手らがどちらが“世界最高”かの議論を交わしてきたが、ブラジル代表として3度のワールドカップ制覇を誇り、史上最高の選手の1人とされるペレ氏がYouTubeチャンネル『Pilhado』で自身の考えを示した。

「今現在で言えば、クリスティアーノ・ロナウドが最も継続して活躍する選手だと思う。しかし、もちろんメッシのことを忘れてはいけない」

さらに、自身がメッシやロナウドよりも勝っていたかの問いに対しては「答えるのがタフな質問だ。何度もそう聞かれてきた」と前置きした79歳になるレジェンドだが、“ペレ”が1番であることを強調した。

「ジーコやロナウジーニョを忘れるわけにはいかない。それに、みんなは(フランツ)ベッケンバウアーや(ヨハン)クライフのようなヨーロッパの選手についてもよく話をしている。しかし、私は誰よりも優れていた。このような選手はこれからもペレだけだ。私のような選手は現れないだろう」

3/26(木) 11:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200326-00010011-goal-socc

写真
no title

“王様”ペレがうつ病に…自力歩行の困難から外出も控えめに、偉業の重圧に苦しむ 

20200211-43478061-gekisaka-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/11(火) 10:59:10.86 ID:N/P+c2mu9
“王様”の愛称で親しまれる元ブラジル代表のペレ氏(79)がうつ病に苦しんでいる。10日、英『BBC』が伝えている。

3度のワールドカップ優勝にも輝いたペレは、昨年に尿路感染症で病院に搬送。以前から苦しんでいた腰痛もあり、今では自力で歩行するのも困難になっているという。
ブラジルのテレビ番組『Globo』によると、息子のエディーニョ氏は父の苦悩を語る。

「想像してみてください。彼は“王様”です。いつも堂々としていましたが、今ではしっかり歩くことも難しくなった。戸惑った父は外出して人に見られることを嫌がり、無気力になってしまった」

エディーニョ氏はこもりがちになったペレ氏がうつ病にもなったことを明かした。ブラジル代表として91試合出場77得点を記録し、ワールドカップで3度の優勝にも輝いた。
生涯ゴール数1281得点という記録も残した“王様”は、反面でその偉業ゆえの重圧に苦しんでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200211-43478061-gekisaka-socc
2/11(火) 10:50配信

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Et77LbTdL.jpg

メッシさんの現在のサッカー選手としての評価を表した絵が分かりやすいと話題  

1: 風吹けば名無し 2019/07/03(水) 19:02:28.97 ID:+BkekF8vF
no title

ビジャが迷いなく挙げた史上最高の選手は…「ペレやマラドーナに比肩する」 

20190415-43465966-gekisaka-000-3-view[1]

<イタリアの名将カペッロが選ぶ!サッカー史の“天才プレーヤー3傑>ペレ、マラドーナ、メッシ! 

maradona-messi-and-pele




1: Egg ★ 2019/03/16(土) 19:44:43.36 ID:g8E36L709
ACミランやレアル・マドリードなどで指揮を執ったイタリア人監督のファビオ・カペッロ氏が、自身が考えるサッカー界の3大天才プレーヤーを明かした。

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシをピックアップした一方で、比較に出されることが多いユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの名は含まれなかった。

 カペッロ氏は衛星放送「スカイ・スポーツ・イタリア」で現地時間12日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第2戦、ユベントス対アトレチコ・マドリードの解説を務めた。この試合はロナウドがハットトリックを決める活躍を見せたユベントスが3-0で勝利。2戦合計スコア3-2と逆転でベスト進出の切符を手にした。

 ロナウドはイタリア移籍後も高い決定力を維持しており、スペイン時代からライバルとして比較されていたメッシとともに依然として世界のトップに君臨する。その実力を遺憾なく発揮した試合の後に、カペッロ氏は2人の比較について「メッシはジーニアス(天才)、ロナウドは並外れた選手」と表現する。

 しかし、ともに素晴らしい選手だという前提の下で、メッシと同じように“天才”と形容できる選手は歴史上でも数人しかいないと語っている。そしてロナウドはその対象には含まれていないという。

「メッシは才能豊かな素晴らしい選手だ。彼は物事を発明してきた。純粋なる天才だ。ロナウドもずば抜けた選手で、誰もが望むようなタイトルをもたらすことができる選手だが、メッシこそが天才だ。フットボールの歴史の中で、天才と呼べるのは3人だけ。ペレ、マラドーナ、そしてメッシだ」

 イタリアが誇る名将は、“サッカーの王様”と呼ばれた元ブラジル代表FWペレ、5人抜きドリブルや神の手ゴールなどの伝説を残した元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ、そして現代最高の選手であるメッシこそがサッカー界の3大天才プレーヤーだと主張していた。

3/16(土) 6:40配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190316-00176478-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索