Samurai Goal

ペルー代表


スポンサード リンク





ロコモティフ・モスクワ、ペルー代表FWファルファンの新型コロナ感染を発表… 国内の感染者は27万人以上 

20200517-00374718-usoccer-000-1-view




1: 2020/05/17(日) 13:44:52.49
ロコモティフ・モスクワが16日、ペルー代表FWジェフェルソン・ファルファンが新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを明かした。

ロシア『rsport.ru』によれば、ロコモティフ・モスクワは土曜日に新型コロナウイルスの検査を実施。その結果、ファルファンに陽性反応が見つかったという。

ロコモティフ・モスクワのアナトリ・メシェリアコフ会長は、同紙の電話インタビューを受けると以下のようにコメントした。

「確かにファルファンはコロナウイルスに感染してしまった。彼はモスクワにいる。今後の事は保険当局と医師の指示に従って決定する」

「他の選手は全員が陰性だった。ファルファンは誰とも接触していない」

3月中旬から国内でのサッカー活動が停止しているロシア。感染者数も27万人以上と以前増加の一途を辿っているが、ウラジーミル・プーチン大統領は11日にロックダウン(都市封鎖)を段階的に解除することを発表。これを受け、ロシア・プレミアリーグは6月21日から再開するとの方針を発表していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200517-00374718-usoccer-socc

【速報】試合終了!!オーストリア×ペルー、両チームGL敗退[0-2] 

キャプチャ

ロシア・ワールドカップは26日にグループCの最終節が開催。決勝トーナメント進出へ勝利が必須のオーストラリアが、ペルーに0-2で敗戦。グループリーグ敗退が決定した。この結果、グループCはフランスとデンマークがベスト16に進出することが決まった。

序盤から圧倒的にボールを支配するオーストラリアは12分、ミル・ジェディナクが右サイドでボールを奪って攻撃に出る。そしてマシュー・レッキーからトム・ロギッチが受けると、ロギッチはPA手前からゴールを狙ったが、DFにブロックされてしまう。

一方のペルーはこれまでの2試合と違い、自陣で引いてオーストラリアの攻撃を抑え、一発のカウンターを狙う。するとペルーは18分、ロングフィードのこぼれたボールをパオロ・ゲレーロが収めると、左からクロスを供給。これを右から走り込んでいたアンドレ・カリージョが豪快なボレーを叩き込み、ペルーが先制。ペルーは今大会初ゴールをマークするとともに、1982年のスペインW杯以来、実に36年ぶりにW杯の舞台で得点を決めた。

先制を許したオーストラリアは、突破するために2点が必要となったことでより前への姿勢を強める。27分にロギッチがドリブルで強引に仕掛け、シュートを放つ。しかし、これはGKにセーブされてしまう。40分には、アーロン・ムーイのFKからトレント・セインズベリーが頭で合わせたが、惜しくも枠の左に飛んでしまう。

対するペルーは1点リードで前半を折り返すと、後半に入り、前から激しいプレスをかけていく。すると50分、左からの折返しが相手に当たって跳ねたボールをパオロ・ゲレーロが見逃さず。左足ボレーで放ったシュートがマーク・ミリガンに当たってゴールに吸い込まれた。

この直後にオーストラリアは、トミ・ユリッチを下げて、ティム・ケーヒルを投入。38歳のベテランが4大会連続でW杯のピッチに立った。すると59分、ムーイのCKからケーヒルがニアで頭でそらすと、アジズ・ベヒッチがシュート。しかし、これもDFが触って枠を外れてしまう。

ゴールが欲しいオーストラリアだが、ヘディングに無類の強さを誇るケーヒルへシンプルに放り込まずに、パスからの崩しに執着し、中々決定機を迎えることができない。結局、ペルーの堅守に苦しんで1点も返すことができず。3大会連続ゴールのケーヒルも鳴りを潜め、ペルーに0-2で敗れた。オーストラリアは今大会、一勝もできずに大会を去ることとなった。

一方のペルーは1978年のアルゼンチンW杯以来、40年ぶりのW杯白星を挙げ、有終の美を飾った。

グループCは最終戦を引き分けで終えたフランスが勝ち点『7』で首位通過、デンマークが『5』で2位通過している。

■試合結果
オーストラリア 0-2 ペルー

■得点者
オーストラリア:なし
ペルー:カリージョ(18分)ゲレーロ(50分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00010002-goal-socc

【速報】前半終了!!オーストラリア×ペルー“ペルーリード”[0-1] 

オーストラリア対ペルー-1

ロシア・ワールドカップは26日にグループCの最終節が開催。オーストラリアとペルーの一戦は、18分にアンドレ・カリージョのゴールでペルーが先制した。オーストラリアはグループリーグ突破へ2点が必要となっている。

ペルーは18分、ロングフィードのこぼれたボールをパオロ・ゲレーロが収めると、左からクロスを供給。これを右から走り込んでいたカリージョが豪快なボレーを叩き込み、ペルーが先制。今大会初ゴールをマークした。

オーストラリアは決勝トーナメントに進出するにはペルーに勝利することが絶対で、そのうえでもう1試合のデンマークvsフランスでデンマークが敗れることが条件となっている。

【速報】試合終了[1-0]フランスがペルーに勝利!!エムバペの1点で逃げ切る! 

キャプチャ

[6.21 ロシアW杯グループリーグC組 フランス1-0ペルー エカテリンブルク]

 ロシアW杯8日目が21日に行われ、エカテリンブルクのエカテリンブルク・アレーナではフランス代表とペルー代表が対戦。前半34分にFWキリアン・ムバッペの得点で先制したフランスが1-0の完封勝利を収めて決勝トーナメント進出を決め、2連敗を喫したペルーは1試合を残してグループリーグ敗退が決まった。C組の第3節は26日に行われてフランスはデンマーク、ペルーはオーストラリアと対戦する。

 16日に行われた第1節でフランスはオーストラリアを2-1で下して勝ち点3を獲得し、ペルーはデンマークに0-1で敗れて勝ち点のないまま第2節を迎えた。互いに相手守備を攻略し切れずになかなかフィニッシュまで持ち込めない時間帯が続く中、前半12分にフィジカルの強さを生かしてボールキープしたMFポール・ポグバがミドルレンジから右足シュートを放つが、ボールはゴール左に外れる。さらに同14分にはグリエーズマンが蹴り出したCKをDFラファエル・バランがヘディングで合わせたものの、シュートは枠を捉え切れなかった。

 徐々に主導権を握り始めたフランスは前半16分、最終ラインのバランが放り込んだボールをFWオリビエ・ジルが落とし、走り込んだグリエーズマンが狙うが、シュートはGKペドロ・ガレセの守備範囲に飛んでしまう。一方のペルーは同31分、左サイドのMFクリスティアン・クエバが送ったパスをPA内で受けたFWパオロ・ゲレーロが至近距離から左足で狙うが、好反応を見せたGKウーゴ・ロリスにストップされてしまった。

 すると前半34分、フランスが先制に成功する。ポグバのスルーパスからPA内に侵入したジルが放ったシュートは相手選手にブロックされたものの、ゴール前に浮かんできたボールを走り込んだムバッペが押し込み、スコアを1-0とした。背番号10を背負う19歳のムバッペにとってW杯初ゴールとなった。さらに同43分には右サイドからムバッペ、MFエンゴロ・カンテ、グリエーズマンと華麗につなぎ、PA内に侵入したDFルーカス・エルナンデスが決定機を迎えるが、シュートはガレセに阻まれてしまった。

 1-0とフランスがリードしたまま後半を迎えると、ペルーはDFアルベルト・ロドリゲスに代えてDFアンデルソン・サンタマリアを投入する。同5分にはMFペドロ・アキーノがミドルシュートでゴールを脅かしたもののポストを叩いて同点ゴールとはならず。さらに同16分にはFWアンドレ・カリージョがミドルレンジから狙うが枠を捉え切れなかった。

 その後も同点に追い付こうとするペルーが押し込む時間帯こそ続くが、フランス守備陣がきっちり対応。バランとDFサムエル・ウムティティがCBでコンビを組む中央の守備は強固で、ペルーのシュートはミドルレンジからのものが多くなってしまう。最後までフランス守備は崩れることなく、1-0のまま逃げ切って2連勝を飾った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-01655386-gekisaka-socc

【速報】前半終了[1-0]フランス×ペルー フランスリードで後半へ! 

キャプチャ

◆W杯ロシア大会▽1次リーグC組 フランス―ペルー(21日、エカテリンブルク)

 勝てば1次リーグ突破が決まるフランスは、初戦でデンマークに敗れたペルーと対戦。フランスは19歳の新星、FWエムバペの待望のW杯初得点で前半を1―0で折り返した。

 負ければ1次リーグ敗退が決まるペルーは、試合開始早々から全員で猛プレスをかけた。なかなかボールを前に運べなかったフランス。だが、最初に決定機を作ったのはフランスだった。前半11分、FWグリズマンが右サイドを突破。右足でシュートを放ったが、ボールは枠を外れた。1分後には、MFポグバが右足で豪快ミドルを放つも、シュートは枠をとらえきれず。同14分には、左CKから191センチのDFバランがヘディングシュート。これはわずかに右ポストの外。波状攻撃を仕掛けたが、ゴールは奪えなかった。

 すると20分以降から一時は、ペルーがペースを握る。同24分にはFWフローレスがこの日2本目のシュートを放つも、ボールは大きく外れた。31分にはFWゲレーロが左クロスに反応。ゴール前で至近距離から左足でシュートを放つも、フランスの守護神ロリスが防いだ。

 先制ゴールを奪ったのはフランスだった。同34分、FWジルーが放ったシュートのこぼれ球を、FWエムバペが押し込み大会初ゴール。前半を1―0で折り返した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00000033-sph-socc

【速報】「フランス×ペルー」スタメン発表!!試合の見どころは? 

france-v

【速報】試合終了!!デンマーク×ペルー[1-0]デンマークに軍配! 

キャプチャ

◆W杯ロシア大会▽1次リーグC組 ペルー―デンマーク(16日、サランスク)

 10年南アフリカ大会以来の出場となるデンマークが、1―0でペルーを下して2大会ぶりの勝利を挙げた。

 前半43分にペルーMFクエバがペナルティエリア内で倒されたプレーが、VAR(ビデオアシスタントレフリー)でPKと判定。だがそのPKをクエバが外し先制の絶好機を逃した。

 試合が動いたのは後半14分。MFエリクセンからのスルーパスを、左サイドで受けたFWポウルセンが冷静に決めてデンマークが先制した。

 勝ち点がほしいペルーは後半19分に温存していたFWゲレーロを投入。薬物違反で出場停止処分を受けたが、その後に裁判所の判断で今W杯直前に出場可能となった大黒柱の登場で反撃を開始した。

 だがデンマークは平均身長で186センチを超える高さを生かしてペルーの攻撃をはね返し、守護神・シュマイケルも好守を連発。最後までゴールを割らせなかった。

 ペルーは9大会ぶり出場のW杯初戦は悔しい結果となった。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00010000-spht-socc

【速報】「ペルー×デンマーク」スタメン発表!!! 

キャプチャ

両チームにとって絶対に落とせない大一番の結果が、おそらくグループCの結末を大きく左右することになるだろう。

36年ぶりに本大会への進出を決め、母国のサポーターに熱狂をもたらしたペルー。リカルド・ガレカ監督が打ち出すサッカーのコンセプトは、単純にして明快だ。コンパクトな陣形でプレスを仕掛け、ボールを奪うや否や素早く攻勢に転ずることで、南米予選から大陸間プレーオフにかけて破竹の8戦無敗をマーク。一時は出場が危ぶまれていたエースストライカーのパオロ・ゲレーロを加え、今年に入ってからの親善試合においても4勝1分けと好成績を残しているチームは、勢いのままに初戦を制して「台風の目」となれるか。

一方のデンマークも、高い組織力と完成された戦術で欧州予選を勝ち上がったチームといえる。今年のテストマッチでは4試合全てでクリーンシートを続けており、カスパー・シュマイケルが守るゴールマウスは堅固だ。それだけに、カギを握るのは先制点。クリスティアン・エリクセンが軸となり、列強国にも引けを取らない破壊力を秘めたパスワークを披露することで、相手の守備を切り崩せるか。新生「ダニッシュ・ダイナマイト」の爆発に期待したい。

https://russia2018.yahoo.co.jp/game/score/2018061617/


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索