Samurai Goal

ペルー


スポンサード リンク





ブラジル代表はなぜネイマール不在でも強かったのか。優勝と若手の台頭を同時に掴んだ指揮官の起用法 

20190708-00010001-footballc-000-3-view[1]

ブラジルが4大会ぶり9度目のコパ・アメリカ制覇! ジェズス退場もペルーを3発撃破  

1: 豆次郎 ★ 2019/07/08(月) 07:00:47.85 ID:hzWfBDTX9
7/8(月) 6:58配信
ブラジルが4大会ぶり9度目のコパ・アメリカ制覇! ジェズス退場もペルーを3発撃破

 コパ・アメリカ2019・決勝が7日に行われ、ブラジル代表とペルー代表が対戦した。

 開始5分は積極的に試合に入ったペルーがやや押し込んだが、徐々にブラジルが主導権を握ると15分にスコアが動く。ロングバスで右サイドの裏に抜け出したガブリエウ・ジェズスがファーサイドにクロスを入れ、走り込んだエヴェルトンが右足ダイレクトで叩き込んだ。

 その後もボールを支配したブラジルだったが、ペルーが前半のうちに追い付く。41分、ペナルティエリア内右に抜け出したクエバが折り返したボールがDFチアゴ・シウバの手に当たり、主審はハンドの判定。44分、このPKをパオロ・ゲレーロがきっちりと決めて試合を振り出しに戻した。

 だが、このまま折り返すかに思われた前半アディショナルタイム3分、ブラジルは敵陣でボールを奪うとアルトゥールがエルア手前右まで持ち上がり、中央へラストパス。これを受けたG・ジェズスがゴール左に流し込み、勝ち越しに成功した。

 後半に入り70分、ブラジルは浮き球の競り合いでファウルを取られたG・ジェズスが2枚目のイエローカードで退場となり、数的不利となってしまう。それでもペルーにゴールを許さず時計の針を進めると、90分にはエヴェルトンがエリア内で倒されてPKを獲得。これを途中出場のリチャーリソンが決め、決定的な3点目を奪った。

 試合はこのまま3-1でタイムアップ。ブラジルがペルーを下し、4大会ぶり9度目の優勝を果たした。

【スコア】
ブラジル代表 3-1 ペルー代表

【得点者】
1-0 15分 エヴェルトン(ブラジル)
1-1 44分 パオロ・ゲレーロ(PK/ペルー)
2-1 45+3分 ガブリエウ・ジェズス(ブラジル)
3-1 90分 リチャーリソン(PK/ブラジル)

【スターティングメンバー】
■ブラジル(4-2-3-1)
アリソン;D・アウヴェス、マルキーニョス、T・シウバ、A・サンドロ;アルトゥール、カゼミーロ;G・ジェズス(70分 退場)、コウチーニョ(77分 ミリトン)、エヴェルトン(90+3分 アラン);フィルミーノ(75分 リチャーリソン)

■ペルー(4-2-3-1)
ガジェセ;アドビンクラ、サンブラーノ、アブラム、トラウコ;タピア(82分 C・ゴンサレス)、ジョトゥン(78分 ルイディアス);フローレス、クエバ、カリージョ(86分 ポロ);ゲレーロ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00955509-soccerk-socc
no title

「もしも、勝ったらキスを!」コパ・アメリカ決勝進出のペルーを奮起させたのは美人女優との“本気の約束”? 

20190704-00060975-sdigestw-000-6-view[1]

チリ代表はなぜ大敗したのか? 孤立したサンチェス。支配率35%で制圧したペルーの戦法【コパ・アメリカ】 

20190704-00010002-footballc-000-2-view[1]

伏兵ペルーが前回王者チリを破る番狂わせ!44年ぶりの決勝でブラジルと激突【コパ・アメリカ】  

20190704-00060964-sdigestw-000-4-view[1]




1: 幻の右 ★ 2019/07/04(木) 11:30:54.26 ID:CzrtctGY9
現地時間7月3日、ブラジルで開催されているコパ・アメリカの準決勝で、前回王者チリとペルーが激突した。

 立ち上がりからペースを握ったペルーは2分、パオロ・ゲレーロのパスを受けたクリスティアン・クエバが狙うも、枠を捉えられない。

 チリも7分、左サイドから崩してジャン・ボセジュールの折り返しにチェルレス・アランギスが右足で合わせるも、ゴール左に外してしまう。その後は、ペルーのハイプレスに苦しみ、なかなかチャンスを作り出せない。

 すると22分、クエバのクロスのこぼれ球をエディンソン・グローレスが左足でゴールに叩き込み、ペルーが先制点を挙げる。

 さらに38分には、ロングパスに反応したカリージョが、飛び出してきたGKをかわして折り返すと、ジョシマール・ジョトゥンが胸トラップから左足を一閃。無人のゴールにシュートを突き刺し、リードを広げる。

 43分に、CKからピンチを招いたものの、ホセ・ペドロ・フエンサリーダのヘッドをGKペドロ・ガジェスが好セーブ。2点のアドバンテージを保ったまま、前半を終える。
 
 反撃に出たいチリは50分、アランギスのFKにエドゥアルド・バルガスがヘッドで合わせたものの、ポストに嫌われる。

 67分にボセジュールのクロスがゴールに向かい、思いがけない決定機となるも、75分にバルガスが1対1となったシーンとともに、ガジェスの好守に防がれる。

 結局、後半アディショナルタイムに、主砲ゲレーロのゴールでダメを押したペルーが、その直後に献上したPKも防いで、3-0で快勝を飾った。

 王者を破ったペルーは、二度目の優勝を飾った1975年以来、44年ぶりの決勝進出。現地時間7日に開催されるファイナルで、ホスト国ブラジルと相まみえる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
7/4(木) 11:26
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190704-00060964-sdigestw-socc

ゴール取り消しにPK戦で失敗…号泣のスアレス「キックの瞬間、日本戦を思い出した」 

20190630-00010013-goal-000-2-view[1]

コパ・アメリカ、ペルーがPK戦の末に番狂わせ!ウルグアイはスアレスの失敗と「3度のゴール取り消し」が響く 

1: Egg ★ 2019/06/30(日) 09:21:51.60 ID:rSMhGVHI9
【スコア】
ウルグアイ代表 0-0(PK 4-5) ペルー代表

【スターティングメンバー】
ウルグアイ代表(4-4-2)
ムスレラ;カセレス、ゴディン、ヒメネス、G・ゴンザレス;ナンデス(57分 トレイラ)、ベンタンクール、バルベルデ(90+7分 ストゥアニ)、デ・アラスカエタ;スアレス、カバーニ

ペルー代表(4-2-3-1)
ガレセ;トラウコ、アブラン、サンブラーノ、アドビンクラ;タピア、ジョトゥン;フローレス、クエバ(85分 ルイディアス)、カリージョ(75分 C・ゴンザレス);ゲレーロ

https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2019062920

両軍ともなかなかチャンスを作り出せず
 
現地時間6月29日、ブラジルで開催されているコパ・アメリカの準々決勝で、グループCを首位通過したウルグアイがグループA3位のペルーと対戦した。
立ち上がりからボールを支配するものの、なかなか決定機を作り出せないウルグアイは14分、右サイドからのクロスにルイス・スアレスがヘッドで合わせるも、ミートできない。
 
28分には、ジョルジアン・デ・アラスカエタがシュートを決めるも、直前にオフサイドがあったとして無効となる。この10番のスルーパスからエディンソン・カバーニが放った37分の一撃もGKにセーブされ、先制点が奪えない。
対するペルーも1トップのパオロ・ゲレーロが何度いい形でボールを受けるも、ディエゴ・ゴディンとホセ・ヒメネスのCBコンビに水際で防がれ、フィニッシュに持ち込めない。チーム全体でも前半はシュート1本に終わった。
 
スコアレスで折り返して迎えた53分、ウルグアイはマルティン・カセレスのロングスローの流れから、最後はゴディンがフリーでシュートを放つも大きくふかしてしまう。
 その後もウルグアイが圧倒的に押し込む時間帯が続く。66分にカバーニ、73分にはスアレスがネットを揺らすも、VAR検証の末にいずれもオフサイドと判定され、ゴールは認められない。結局、両チームとも得点が奪えず、PK戦に突入する。

ウルグアイは1人目のスアレスがまさかの失敗。5人全員が決めたペルーが勝ち上がりを決めた。
激闘を制したペルーは、現地時間7月3日に行なわれる準決勝でチリと対戦。勝った方が、ブラジル対アルゼンチンの勝者とファイナル(7日開催)で相まみえる。

写真
no title


サッカーダイジェスト 6/30(日) 6:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190630-00060775-sdigestw-socc

準々決勝の試合結果と、準決勝の対戦カードは以下の通り。日程は全て日本時間表記。

■準々決勝結果
▼6月28日
 ブラジル 0-0(PK 4-3) パラグアイ
▼6月29日
 ベネズエラ 0-2 アルゼンチン
 コロンビア 0-0(PK 4-5) チリ
▼6月30日
 ウルグアイ 0-0(PK 4-5) ペルー

■準決勝の対戦カード
▼7月3日 9時30分キックオフ
 ブラジル vs アルゼンチン
▼7月4日 9時30分キックオフ
 チリ vs ペルー

サッカーキング 6/30(日) 8:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00953260-soccerk-socc

南米選手権第3節 ブラジル、ペルーに5発大勝し首位通過!ベネズエラが2位通過  

20190623-00327579-footballc-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/06/23(日) 10:41:44.60 ID:UvfHrCuB9
コパ・アメリカ2019のグループA第3節が22日に行われ、ペルー代表とブラジル代表が対戦。ブラジルが5-0でペルーを下してグループ首位通過を決めた。

 試合は12分、ブラジルが左CKを獲得。フィリペ・コウチーニョのクロスにマルキーニョスが頭で合わせると、ゴール前のカゼミーロが押し込み、ブラジルが先制に成功した。

 さらに19分、ロベルト・フィルミーノが相手GKのクリアを弾くと、そのままこぼれ球を流し込む。ブラジルが追加点を奪うと、32分には左サイドのエヴェルトンがペナルティエリア外から強烈なミドルシュート。このシュートはゴール左隅に決まり、ブラジルが3点目を獲得。

 後半に入ってもブラジルのペースは続く。53分、ブラジルの見事な連携でペルーの守備陣を崩すと、ダニエル・アウベスがチームの4ゴール目をマーク。90分には、ウィリアンが左CKを起点に、ペナルティエリア外からミドルシュートを決めてダメ押し弾となる。

 その後、ブラジルはPKを獲得するがガブリエル・ジェズスが外して試合終了。しかし、終わってみれば5-0でブラジルがペルーを圧倒する結果となった。

 この結果、ブラジルは勝ち点「7」でグループAの首位通過を決めた。一方、同時刻に行われた同組ベネズエラとボリビアの試合は、3-1でベネズエラが勝利。ベネズエラが2位に浮上し、ペルーはグループ3位に降格となった。各グループ上位2チームと3位の上位2チームの計8チームが決勝トーナメントに進出する。

【スコア】
ペルー代表 0-5 ブラジル代表

【得点者】
12分 0-1 カゼミーロ(ブラジル代表)
19分 0-2 ロベルト・フィルミーノ(ブラジル代表)
32分 0-3 エヴェルトン(ブラジル代表)
53分 0-4 ダニエル・アウベス(ブラジル代表)
90分 0-5 ウィリアン(ブラジル代表)

無敗ベネズエラが決勝Tへ。日本代表のライバルとなり得るのはペルー【コパ・アメリカ】

【ボリビア 1-3 ベネズエラ コパ・アメリカ2019・グループステージA組第3節】

【画像】決勝トーナメント表 コパ・アメリカ2019

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)・グループステージA組第3節、ボリビア代表対ベネズエラ代表が現地時間22日に行われた。試合は3-1でベネズエラが勝利を収めている。

 ここまで2戦2敗のボリビアと、2戦2引き分けのベネズエラの対戦は、開始直後に動く。2分、右サイドからのクロスにマチスがヘディングで合わせて先制。ベネズエラが今大会初得点を奪った。

 後半に入って55分、ベネズエラはマチスがこの日2点目を決めてリードを広げると、82分に1点を返されたが、マルティネスのゴールで再びリードを2点として勝利を収めた。

 これでベネズエラは勝ち点を5に伸ばし、グループ2位通過が決定。同時刻開催のゲームでブラジルに敗れたペルーが3位に転落となった。

 今大会では、各組上位2チームのほか、各組3位のうち成績上位2チームが決勝トーナメントに進む。日本代表はC組で3位になった場合、勝ち点4・得失点差マイナス3のペルーがライバルの一つとなる。

【得点者】
2分 0-1 マチス(ベネズエラ)
55分 0-2 マチス(ベネズエラ)
82分 1-2 フスティニアーノ(ボリビア)
87分 1-3 マルティネス(ベネズエラ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190623-00327579-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索