Samurai Goal

ペルセポリス


スポンサード リンク





<イラン女性>40年ぶりの「サッカー観戦」解禁  

1: 2018/11/13(火) 08:30:33.60 _USER9
イラン政府は、首都テヘランで行われた10日のサッカークラブのアジア王者を決めるアジアチャンピオンズリーグ(ACL)決勝で、女性の競技場での観戦を認めた。親米王政が倒れた1979年のイスラム革命以来、イランでは女性の競技場でのサッカー観戦が原則禁止されてきた。国際サッカー連盟(FIFA)によると、国際的な公式試合で認められたのは約40年ぶりという。

 ◆勝利

 約10万人が詰めかけたイラン最大のアザディ競技場の観客席に、フェンスで隔離したイラン人女性向けの専用席が設けられ、約1000人が声援を送った。会社員の女性(36)は「スタジアムでサッカーが見られるなんて、夢のよう」と興奮した様子で話した。この日の試合では、イラン代表のペルセポリスは日本代表の鹿島アントラーズと0対0で引き分けたが、ホームアンドアウェー方式に基づき、鹿島が優勝した。それでも、地元紙は「イラン人女性の大勝利」などと大きく報じた。

 ◆不満

 サッカーはイランで最も人気があるスポーツだ。イラン代表チームは、ワールドカップに今年のロシア大会も含めて5度出場し、アジアの強豪国として知られる。FIFAランキング(10月25日現在)は、アジア連盟所属で最高位の30位で、日本(50位)や韓国(53位)を上回っている。

 だが、イスラムの教えを厳格に適用するイランの体制指導部は、「男女が一緒に集えば腐敗をもたらす」などとして、競技場への女性の入場を禁止してきた。

11/13(火) 7:50 読売新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00050009-yom-int

写真
no title

アジア初制覇王手の鹿島、完全アウェイで迎える“後半90分”。今こそJのチカラを示すとき 

original

鹿島アントラーズに処分の可能性? ACL決勝で乱入者通し…政治的パフォーマンス許す 

1: 2018/11/07(水) 13:17:19.62 _USER9
【鹿島アントラーズ 2-0 ペルセポリス ACL決勝1stレグ】

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝1stレグが3日に行われ、鹿島アントラーズはホームにイラン1部のペルセポリスを迎えて対戦し2-0の勝利をおさめた。この試合中、観客がピッチに乱入するハプニングがあったが、それが理由で鹿島に処分が下る可能性があると、5日にイランメディア『ParsToday』が報じている。

 事件が起きたのは22分、ピッチ外から旗を持った人物が乱入し、試合が一時中断される騒動があった。持っていた旗は、イランのパフラヴィー朝時代の国旗で、政治的パフォーマンスに当たるとされている。問題は、この人物を簡単に通したことにあるようだ。

 同メディアは「映像を見る限り、保安員がスタジアムの柵を開け、認証カードなどを持たないこの人物のピッチ侵入を許したという証拠になっている。また、柵の外にいた2人の保安員は、この人物の侵入に何の注意も払っていなかった」と伝えている。セキュリティに問題があったとして、鹿島に処分が下る可能性があるという。

11/7(水) 12:20配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181107-00296066-footballc-socc

写真no title

鹿島に苦杯…相手監督「審判が壊した」判定に激怒 

20181103-00381673-nksports-000-7-view

<ACL>「あそこでなら倒せる!」鹿島に敗戦も、ペルセポリス主将は10万人収容本拠地での逆転に自信! 

20181103-04258484-gekisaka-000-1-view




1: 2018/11/03(土) 20:35:16.19 _USER9
現地時間11月3日、県立カシマサッカースタジアムでアジア・チャンピオンズリーグ決勝の第1レグが行なわれ、鹿島アントラーズがイランの強豪ペルセポリスを2-0と破り、通算20冠獲得へ前進した。

 序盤こそペルセポリスの力強い攻撃に押された鹿島だったが、58分にセルジーニョが先制弾を叩き込むと、70分にレオ・シルバが追加点を決めて相手を突き放し、大勢のサポーターたちが見守る前で会心の勝利を挙げた。

 試合後、鹿島が歓喜に沸いた一戦をリポートしたイランの有力紙『Teheran Times』は、「我々のペルセポリスはすでに次週の対戦に目を向けている」と綴ったうえで、チームキャプテンでジャラル・ホセイニのコメントを紹介した。

 この試合でCBとして先発フル出場を果たしていたホセイニは、「大事な第1レグを落としてしまった」と肩を落としながらも、ホームで迎える第2レグでの逆転勝利とアジア制覇へ意気込んだ。

「テヘランでの第2レグが楽しみで仕方がない。僕らはアザディ・スタジアムで大勢のサポーターたちの後押しを受けるだろうし、あそこで鹿島アントラーズを破ることができると確信している」

 36歳の大ベテランが自信を漲らせるのは当然だろう。第2レグの会場となるアザディ・スタジアムは、10万人もの収容能力があり、ホームサポーターによってスタンドが埋め尽くされた時の雰囲気は、相手チームにとって文字通りの“完全アウェー”だ。事実、その後押しもあってか、ペルセポリスは今大会ホームで負けなしである。

 20冠目を手にするべく大きく踏み出した鹿島は、完全アウェーとなることが予想されるテヘランの地で、クラブ史上初のアジア制覇を成し遂げられるだろうか?

11/3(土) 19:37配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181103-00049801-sdigestw-socc

【速報】ACL決勝1stレグ 鹿島2-0の完勝! 

GettyImages-645476034-800x534

【速報】ACL決勝 鹿島 vs ペルセポリス 鹿島追加点2-0 

GettyImages-645476034-800x534

【速報】ACL決勝 鹿島 vs ペルセポリス 鹿島先取点奪う 

GettyImages-645476034-800x534

【速報】ACL決勝 鹿島 vs ペルセポリス 前半終了0-0 

GettyImages-645476034-800x534

【速報】ACL決勝 鹿島 vs ペルセポリス スタメン発表 

GettyImages-645476034-800x534


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索