Samurai Goal

ペペ


スポンサード リンク





【動画】ペペはずっと泣いてたんだな。。。UCL決勝PK戦でのレアル選手たちの表情! 

508: 名無しさん 2016/05/30(月) 22:41:45.62 ID:3vP8DzSS0
PKのときのみんなの表情
ペペ泣いてたんだな
https://www.youtube.com/watch?v=9lXQo_m32ac


【動画】エスコートキッズにハイタッチを拒否されるレアルDFペペwww 

1: 名無しのSamurai
入場待ちのエスコートキッズとハイタッチをするペペ


拒否されてるwww

【画像】レアル・ペペ vs バルサ・スアレス 

1: 名無しのSamurai
レアル・ペペ vs バルサ・スアレス
no title

モウリーニョが頭突きで退場のDFペペを痛烈批判 

1: えりにゃんφ ★@\(^o^)/ 2014/06/18(水) 21:32:44.63 ID:???0.net
 チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、ポルトガル代表のDFペペを酷評した。
ペペは17日に行われたドイツ戦で、MFトーマス・ミュラーとボールを競り合い、軽い接触で
大袈裟に倒れたドイツ人選手に激昂。頭突きを食らわせ、前半37分の時点で主審に
退場を命じられていた。すでに0-2とビハインドだったポルトガル代表は、その後、
10人での戦いを強いられると、さらに2失点を喫して、初戦を0-4で落としている。

 ポルトガル人であるモウリーニョは、我慢が出来なかったのだろう。12-13シーズンまで
率いていたレアル・マドリーでは、ともに仕事をしていたブラジル出身のDFを痛烈に批判した。

『ESPN』によると、モウリーニョは「事実として、彼はもともとポルトガル人ではない。
だからこそ、彼は余計にポルトガル代表としてあるべき振る舞いをするべきだったが、
そうしなかった」と、一刀両断。そして、「おそらくあれは一発でレッドカードをもらうような
プレーではなかった。だが、妥当な判定といったところだ。明らかな暴力ではなかったにせよ、
まずいボディーランゲージが何回もあった。あれが審判にああいう決断をさせてしまった」と、
試合開始直後からのペペの振る舞いを否定した。

 さらにモウリーニョは、「10人で長い時間をプレイするということは言うまでもなく大きな
ハンディキャップだ」と、早い時間帯の退場がチームに及ぼすデメリットを口にし、
ポルトガル代表が強豪相手には勝てていないことを指摘した。

「今までのW杯やユーロでのポルトガルのパフォーマンスを分析すると、ポルトガルは
トップレベルのチームが相手の時は、良い成績を残せていない。だから、私は
『ポルトガルはドイツを倒せる』とか、『クリスティアーノ(・ロナウド)が3点も4点も取れる』とは
思わないし、そう言ったら嘘になってしまう」

 厳しい言葉を並べたスペシャル・ワンだが、母国を思うからこその発言のようだ。
「ただ、私はもっと拮抗した試合になると思っていた。長時間を10人でプレーすることが
難しいのはわかっているが、それでも4-0という結果は失望に値する」と、結果に不満の様子だ。

 批判を受けたチームは、23日のアメリカ戦、27日のガーナ戦でモウリーニョを
喜ばせる結果を出せるか。

ゲキサカ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140618-00136515-gekisaka-socc
no title

【画像】ペペが頭突きをした結果wwwwwwwwww 

1: 名無しのSamurai
ペペが頭突きをした結果w
no title

【動画】メッシ、トーレスらのブラジルへの旅 ~アニメ『World Class Adventure to RIO』のエピソード3が公開!! 

1: 名無しのSamurai
World Class Adventure to RIO {Ep3}
http://youtu.be/gGyjLDjDis8


クリロナらとは別の場所に漂着したメッシ、トーレス、ペペの前に大きな川が・・・

【動画】クリロナ、メッシらサッカー界のスターがブラジルに出発した結果www 

1: 名無しのSamurai
World Class Adventure to RIO {Ep1}
http://youtu.be/wHa-z9SCouY


SnapCrab_NoName_2014-5-17_9-42-15_No-00

レアル・マドリーDFペペ「人殺しと呼ばれることは…」 

1: 名無しのSamurai
ペペ:「人殺しと呼ばれることは…」
http://www.footballchannel.jp/2014/03/12/post30376/
レアル・マドリーDFペペは、自身の過去の過ちや激しいプレースタイルから“人殺し”と形容されてしまうことを残念がっている。

「ひとりの母親にとって、息子が人殺しと呼ばれることは、苦しいことだ。僕は犯罪を犯したわけじゃない。あのヘタフェ戦では、自分でも何が起きたか分からなかった。今でも理解できずにいる」
「僕があのときに擁護したのは、それがカシージャスだったからじゃない。それが僕のチームメートであり、マドリーのためにすべてを尽くしてきた選手だったからだ。ただ、それによりカップ戦の決勝に出場できなくなって、自分の無力さを感じたよ」
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索