Samurai Goal

ペップ


スポンサード リンク





「FFPは死んだ」。マンCの処分撤回に厳しい声続出。ペップはスタッフと歓喜 

20200713-00380671-footballc-000-2-view

リヴァプールから王座奪還へ。来季ペップ・シティのプレミアリーグ優勝に必要なもの 

20200630-00010012-goal-000-2-view

ペップを超えたフリック監督、バイエルン強すぎで就任後25戦22勝! 

20200531-00375411-usoccer-000-1-view

「ペップのバルサでの仕事は簡単だった」元Jリーガーストイチコフが主張 

20200511-00010008-goal-000-1-view

メッシ&ペップ、新型コロナ対策にそれぞれ1億円以上を寄付 医療従事者から感謝の声 

20200325-00253378-soccermzw-000-1-view




1: 2020/03/25(水) 11:23:55.56
メッシから寄付を受けたクリニックが声明 「献身とサポートに心から感謝したい」
 欧州選手権(EURO)2020、そして東京五輪の1年延期が決まるなど、新型コロナウイルスの感染拡大はスポーツ界に多大な影響を及ぼしている。各国欧州サッカーリーグも現在ストップした状態にあって、選手たちが対策への寄付に動いているが、スペイン紙「マルカ」によると世界ナンバーワンプレーヤーと名将がそれぞれ100万ユーロ、日本円にして約1億1000万円を寄付したと伝えている。

 それぞれ100万ユーロを寄付したのはバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、マンチェスター・シティを率いるペップことジョゼップ・グアルディオラ監督だ。同紙によるとメッシはバルセロナのクリニック、そしてグアルディオラ監督の寄付はファンドを通して、カタルーニャの医療センターに分配されるという。

 これらを受け取って感謝の念を伝えているのは、医療従事者の人々だ。バルセロナの病院である「Hospital CLINIC」は公式ツイッターアカウントで以下のように感謝の念を伝えている。

「レオ(メッシ)はコロナウイルスとの戦いのため、当クリニックに寄付をしてくれた。レオ、あなたからの献身とサポートに心から感謝したい」

 またグアルディオラ監督の寄付額は、マスクや手袋に消毒剤、呼吸器などの購入のための資金として使用され、そして3Dプリンタを通じた人工呼吸器の製造などにも充てられるのだという。スペインでも猛威を振るっている新型コロナウイルスだが、サッカー界からの善意は収束への第一歩となるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200325-00253378-soccermzw-socc

<マンC帝国の崩壊>CL出場停止でペップや一流選手の退団も加速へ... 

1: Egg ★ 2020/02/15(土) 21:14:56.16 ID:nzKpEyq79
写真
no title


昨シーズン、マンチェスター・シティは、プレミアリーグ、FAカップ、カラバオ杯、コミュニティシールドを制覇し、イングランド史上初めて4冠を達成した。

クラブオーナーのシェイク・マンスールは、2011年にクラブを買収してから常にチャンピオンズリーグ制覇に強い執着心を持っているが、その野望だけが叶わずにいる。

シェイク・マンスールは、これまでおよそ14億ユーロ(約1,660億円)を投じて補強を行い、そのうち560億ユーロ(約665億円)が、ペップ・グアルディオラが監督としてチームを率いている直近3シーズンに費やしている。この膨大な投資は間違いなくチャンピオンズリーグという栄冠を手にするためのものである。

しかし、今回のUEFAによる2シーズンにわたるUEFA主催大会への出場停止処分により、シティのプロジェクトがトランプで作った家のように一気に崩壊するかもしれない。

この衝撃は計り知れず、シェイク・マンスールのモチベーションにも強い影響を及ぼしかねない。

シティの提訴が認められず、チャンピオンズリーグ制覇の可能性が2シーズンなくなれば、この処分による影響はチームにとって壊滅的なものになるだろう。

チャンピオンズリーグに出場できないという事実は、監督ペップ・グアルディオラに加えてチームの柱となるスター選手達のクラブ残留を非常に難しくすることになる。

グアルディオラは、自身がCL制覇のためにシティに雇われたことを明言しており、もし今回のUEFAによる処分が現実となれば、昨夏にユヴェントスからオファーを受けている事実なども考慮し、その去就が一気に不透明となる。

もしグアルディオラやスター選手達を残留させることができなければ、新たな選手を惹きつけることはさらに難しくなる。彼は、FCバルセロナやレアル・マドリーなどのクラブとの選手獲得競争が非常に難しいと常に口にしており、もしチャンピオンズというオプションがシティになくなれば、移籍マーケットでの選手獲得は、より一層困難を極める。

CLに出場できなければ、UEFAからの多額の放映権や、UEFAを通した広告契約もできなくなり、金銭的にも大きな打撃を受けることになる。

パリ・サンジェルマンと並び、ヨーロッパの新勢力であるマンチェスター・シティは、近年のチャンピオンズリーグ制覇の有力候補にも挙がっていたが、今回の処分が現実となればここ数シーズンにおいてクラブが保ってきた成長を大きく鈍化させることは明白である。

2/15(土) 16:04配信 スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200215-00010012-sportes-socc

“固定しない”ペップにマンC選手たちが直訴か? 英紙が報道 

20200205-43477895-gekisaka-000-1-view[1]

ペップ監督、イタリアでの指揮に興味? 意味深発言「もしかすると、あり得るかもね」  

20191109-00227946-soccermzw-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/09(土) 22:33:42.31 ID:lmATpAud9
 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、イタリアでの監督業に興味を示したようだ。衛星放送局「スカイ・スポーツ」イタリア版の取材に応じたグアルディオラ監督は、「今はイングランドで心地良い」と答えた一方で、イタリアでの指揮の可能性については「もしかすると、あり得るかもね」と回答した。

 2016年からイングランドに渡りマンチェスター・シティで指揮を執るグアルディオラ監督は、今季で4シーズン目を迎えている。以前には3年を一つの周期と考えていると話していたこともあり、昨年から去就が注目されていたが、2021年まで契約を延長している。それでも来シーズン末の契約終了を前に新天地の噂が後を絶たず、グアルディオラ監督はその度に現在のクラブで満足していると主張してきた。

 今回はイタリア人記者からセリエAで指揮する可能性を問われたが、グアルディオラ監督の主張内容はこれまでと大きくは変わらなかったようだ。しかし、その可能性に関して否定はしていない。

「偉大なるカルロ・マッツォーネ監督の下で、選手としてイタリアでできたことは嬉しく思っている。素晴らしい時間を過ごしたし、私はその国が大好きだ。だが、現在は優勝もできたし、イングランドで心地が良い。だが、もしかすると、あり得るかもね。私はまだそれほど年をとっていない」

 続けて、今夏にユベントスから接触があったことに関して、「あなた方は間違った情報を持っている。あなた方はもっと仕事に励まなければならない」と改めて否定し、誤情報に対してチクリと釘を刺していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191109-00227946-soccermzw-socc

久保建英はなぜペップとマンCのオファーを断ったのか。海外メディアが明かした“理由”の一端は… 

20190720-00010000-sdigestw-000-3-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索