Samurai Goal

ベンゼマ


スポンサード リンク





C・ロナウド退団でもPKキッカーになれないベンゼマ…キッカーだったらメッシを超えてラ・リーガ得点王に 

20200713-00010029-goal-000-4-view

久保建英、今節のベストイレブンに選出! メッシやベンゼマらとともに  

no title




1: ぜかきゆ ★ 2019/11/11(月) 19:45:48.19 ID:PaMah+7J9
久保建英、スペイン複数メディアでベストイレブン選出! メッシやベンゼマらとともに

 リーガエスパニョーラ第13節のマジョルカ対ビジャレアル戦が現地時間10日に行われ、ホームのマジョルカが3-1で勝利を収めた。マジョルカの日本代表MF久保建英はこの試合での活躍により、スペイン複数メディアで今節のベストイレブンに選出されている。

 先発で出場した久保は前半10分にエリア内左サイドでの突破からマジョルカの先制点となるPKを獲得。21分にチームが2本目のPKを獲得した場面でも起点となるパスを出した。ビジャレアルに1点を返されたあと、53分にはエリア手前からの強烈な左足シュートを突き刺して待望の移籍後初ゴールを挙げ、チームの3得点全てに絡んだことになった。

 スペイン紙『マルカ』では今節のベストイレブンの中盤右サイドに久保を初選出。「見事なゴラッソで初得点。それだけではなくPKも獲得し、もうひとつのPKにも絡んだ。リーガでの彼の最高の試合になった」と評している。

 スペイン『besoccer』も久保をベストイレブンに選び、「マジョルカの攻撃陣全体に電気ショックをもたらした。輝くチャンスを最大限に活かした」とコメント。『ムンド・デポルティーボ』も久保をベストイレブンに選出している。

 ハットトリックを達成したバルセロナのFWリオネル・メッシ、2得点を挙げたレアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマ、同じくマドリーのMFフェデリコ・バルベルデなども各メディアのベストイレブン入り。マジョルカで苦戦が続いていた久保だが、今節はようやくリーガの他のトップスターたちと並ぶ評価を受けた形となった。

フットボールチャンネル編集部 11/11(月) 19:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191111-00347238-footballc-socc

デシャンがベンゼマをバッサリと切り捨てる「レ・ブルーのシャツを着る資格はない」 

20191013-00010011-sportes-000-1-view[1]

首位レアル・マドリー、2位グラナダとの直接対決に勝利…ベンゼマ、アザール、モドリッチ、ハメスがゴール!  

1: 豆次郎 ★ 2019/10/06(日) 00:57:51.37 ID:DAgstZeG9
10/6(日) 0:55配信
首位レアル・マドリー、2位グラナダとの直接対決に勝利…ベンゼマ、アザール、モドリッチ、ハメスがゴール!

5日のリーガ・エスパニ5日のリーガ・エスパニョーラ第8節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのグラナダ戦を4-2で制した。

スター勢揃いのCL…もし監督ならどの11人を選ぶ? 福田正博氏、“一人ドラフト”でMyベストイレブン選出

ミッドウィークにクラブ・ブルージュと2-2で引き分け、再び疑惑の渦の中に巻き込まれたレアル・マドリー。次にベルナベウに迎えたのは、自分たちより得点数が1多く、失点数が同じという今季リーガのサプライズチーム、2位グラナダだ。

ジダン監督は胃腸炎を患ったクルトワの代わりにアレオラ、またマルセロ、メンディ、ナチョが負傷する左サイドバックにカルバハル、そして右サイドにオドリオソラを起用。GKアレオラ、DFオドリオソラ、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ、MFバルベルデ、カセミロ、クロース、FWベイル、ベンゼマ、アザールをスタメンとしている。

ミドルゾーンで強烈なプレッシングを仕掛けて鋭い速攻を繰り出すグラナダは、一筋縄ではいかないチームのはずだった。が、レアル・マドリーは戦術的要素が絡み合うはずだった試合を、キックオフからわずか2分後に並外れた個の力で打開してしまう。主役となったのはブルージュ戦を欠場したベイルだ。右サイドのウェールズ代表MFが左足アウトサイドでパスを出すと、急カーブするグラウンダーのボールがペナルティーエリア内に走り込んだベンゼマの足元にぴたりと合う。背番号9がしっかりとボールを押し込み、先制に成功した。

スペイン語でアブリール・ラ・ラタ(缶詰を開ける)とも言われる最も困難なミッション、先制点獲得を容易に成し遂げたレアル・マドリーは、優位に試合を進めることが可能に。落ち着いてパスを回しながら、または速攻を仕掛けながら、追加点を目指した。ただ34分にはクロースが負傷してしまい、交代でモドリッチが投入される。

レアル・マドリーが追加点を奪ったのは、前半終了間際のことだった。得点者は同クラブ加入後、負傷や不調の影響もあり、ここまでどんな結果も残せていなかったアザールだ。ベルギー代表FWは前線でボールを奪取したバルベルデのスルーパスからエリア内に入り混むと、GKルイ・シルバの眼前で右足首を使ってボールを浮かし、ネットを揺らした。

後半、レアル・マドリーは61分にモドリッチが追加点を獲得。前半から精度抜群のサイドチェンジ、フィードを見せていたクロアチア代表MFは、ペナルティーエリア手前から右足を一閃すると、強烈なボールが枠内に突き刺さった。

ここまで順風満帆そのものだったレアル・マドリーから、ここからいつもの暗雲が漂う……。67分にはアレオラが不用意なミスからPKを献上してしまい、これをマチスに決められると、77分にはCKからドミンゴス・ドゥアルテにヘディングシュートを決められてスコアは1点差に。再び、集中力の欠如、守備の脆弱さを露呈しまった。

1失点目の直後にアザールとの交代でイスコを投入していたジダン監督は、82分にベイルとの交代でハメスを入れて交代枠を使い切る。そこからはグラナダのさらなる攻勢を許すことなく、相手陣地に押し入って追加点を目指し続け、後半アディショナルタイムには右サイドのグラウンダーのクロスをハメスが押し込んでこの試合4点目。食い下がったグラナダに引導を渡している。レアル・マドリーは2試合ぶりの勝利で勝ち点を18として、今節も首位をキープした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00010002-goal-socc
no title

ジダン解任も騒がれるレアル・マドリー、過去4試合敗戦のピスフアンで起死回生の勝利!リーガ首位浮上  

1: 豆次郎 ★ 2019/09/23(月) 05:55:30.40 ID:F3LEEMaG9
9/23(月) 5:52配信
22日のリーガ・エスパニョーラ第5節、レアル・マドリーは敵地サンチェス・ピスフアンでのセビージャ戦を1-0で制した。

ミッドウィーク、エムバペ&ネイマール抜きのパリ・サンジェルマンに0-3敗戦を喫してジダン監督解任も騒がれるクライシスに突入したレアル・マドリー。次の試合の舞台は、ここ4シーズン連続で土をつけられ、21世紀では6勝1分け11敗と最も苦手としているスタジアム、サンチェス・ピスフアンだ。さらにセビージャは昨季にレアル・マドリー指揮官の座を追われたロペテギ監督とともに、今季優勝争いに加わろうかという勢いを見せている。

レアル・マドリーにとっては分が悪い、しかし勝利すれば希望も灯りそうな試合。ジダン監督はGKクルトワ、DFカルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、メンディ、MFカセミロ、クロース、ハメス、FWベイル、アザール、ベンゼマをスタメンとして起用した。

前半はとにかく手堅く、手堅い内容に。互いに守備でリスクを負うことを回避して慎重に攻撃を展開していったが、その分攻撃の深みは取れず、決定機がほぼ生まれないまま時間だけが経過していった。興奮より緊張感が勝る中で、ゴールに近づける術はより高い位置でボールを奪うことしかなく、レアル・マドリーがそうした形で2回チャンスを迎える。

ジダン監督率いるチームはまず35分、敵陣でのボール奪取から、ベンゼマのスルーパスに反応したアザールがシュートまで持ち込むも、これはGKヴァツリークのセーブに遭う。また、その3分後にはハメスのスルーパスから今度はカルバハルが最終ラインを突破したが、このシュートもセビージャ守護神に防がれている。試合は、スコアレスのまま折り返した。

後半も緊張の糸が張り詰める状況は変わらない。ロペテギ監督は52分、フランコ・バスケスの代わりにオリベルをピッチに立たせてよりボール保持の意識を高め、レアル・マドリー陣地でプレーすることを試みる。が、レアル・マドリーはカセミロのツボを心得た守備もあってセビージャの決定機を許さず、そして64分にピスフアンの観客を沈黙させる先制点を記録した。右サイドのカルバハルが大外のベイルとのワン・ツーからエリア内右の深くまで侵入。折り返されたボールからベンゼマがヘディングシュートでネットを揺らしている。

先制に成功したジダン監督は、75分に守備にも奔走するなどチームのために尽力したハメスをピッチから下げ、負傷明けのバルベルデを投入。セビージャの反撃を抑えることを目的に中盤の守備力を引き上げた。終盤には途中出場のチチャリートにネットを揺らされる場面があったが、これは明らかなオフサイドでゴールと認められず。レアル・マドリーはそれ以外の場面では集中した守備によってセビージャのシュートを許すことなく、1点リードを維持したまま試合終了のホイッスルを迎えている。

リーガでは2連勝のレアル・マドリーは、勝ち点を11としてアスレティック・ビルバオに並び首位に立った。呪われた地ピスフアンの攻略は、チームにとって起死回生の一撃となったのかもしれない。

■試合結果
セビージャ 0-1 レアル・マドリー

■得点者
レアル・マドリー:ベンゼマ(64分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00010002-goal-socc
no title

レアルは「負傷パニック」…ベンゼマもベイルも万全遠く  

GettyImages-1054707112-1-thumb-500xauto-210697




1: 2018/12/18(火) 06:09:04.87 _USER9
3連覇を狙うRマドリードのソラリ監督はクラブ公式サイトで「今年もタイトルを勝ち獲りたい。鹿島戦に向けて集中する」と語った。

16日にUAE入りしたが、問題は負傷者と得点力不足。15日に1―0と辛勝したリーグ19位のRバリェカノ戦で、FWベンゼマとFWアセンシオが負傷交代。
FWベール、MFカゼミロもケガで欠場しており、スペイン紙アスは「負傷パニック」と伝えた。

17日付の同紙マルカはベンゼマとベールは鹿島戦に出場できる見通しとしたが「状態が100%かは疑問」と報道した。
FW陣はケガの不安も抱えて鹿島戦に臨むことになりそうだ。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/12/18/kiji/20181217s00002000318000c.html
2018年12月18日 05:30

セビージャに大敗のレアル・マドリー、戦犯ベンゼマに最低評価「2」 

15184475034686

ベンゼマ“ポストロナウド”レアルの決定的存在になる!? 

1 2018/09/05(水) 11:59:40.60 _USER9
クリスティアーノ・ロナウドの退団はカリム・ベンゼマにとって新鮮な空気をもたらしたようだ。
現在、彼はチームの攻撃の中心となり、純粋なストライカーの役割を担っている。

「功績は彼のものだ。彼は偉大な選手だ。私は誰も再変換していない」
レアル・マドリーの監督、ジュレン・ロペテギはそのように主張した。ベンゼマはクリスティアーノ・ロナウドが側にいた時にはなかった野心を示している。
現在、彼はこれまで一度も託された事のない役割を任された事で自信を持ってプレーしていると思われる。

ベンゼマはもう誰のためにもプレーしていない。現在、チームメイト達は彼を探し、彼はそれに応えている。
クリスティアーノは自身のサッカーをするためにベンゼマを従僕のように利用していたが、その時代は終わった。

ロペテギはここまでマドリーが戦った4試合全てに彼をフル出場させるほど信頼を寄せている。
それはベンゼマを迷うことなく起用し続けたジダンの時代でさえ考えられなかった事である。

このフランス人ストライカーは4試合で5ゴールをマークしており、74分ごとに1ゴールというかつてないペースでゴールを量産している。
ここまで合計11本のシュートを放ったベンゼマはゴールを決めるのに平均2,2本のシュートしか必要としていない。
90本のシュートを放った昨シーズンは12ゴールで1ゴール平均7,5本のシュートを必要としていた。
マドリー時代全体を見ると、合計1,018本のシュートで197ゴール(1ゴール平均5,1本のシュート)を決めている。

従って、現時点でベンゼマはクリスティアーノ・ロナウドが彼に背負わせていた重荷から解放され、かつてないほど効果的な選手となっているようだ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00010003-sportes-socc
9/5(水) 10:43配信

no title

no title

レアルの勢いが止まらない!!ベンゼマ&ベイル“BBコンビ”大活躍! 

1 2018/09/02(日) 05:43:23.93 _USER9
9/2(日) 5:42配信
またもベンゼマ&ベイル揃い踏み!! 好調レアル・マドリーが開幕3連勝

[9.1 リーガ・エスパニョーラ第3節 R・マドリー4-1レガネス]

 リーガ・エスパニョーラは1日、第3節2日目を各地で行い、レアル・マドリーはホームでレガネスと対戦した。2戦連続でFWガレス・ベイルとFWカリム・ベンゼマがそろい踏みしたR・マドリーが4-1で勝利。開幕3連勝を果たした。

 R・マドリーは前節のジローナ戦(○4-1)から先発3人を変更。今夏チェルシーから加入したGKティボー・クルトワがようやく新天地デビューを迎え、MFルカ・モドリッチとDFラファエル・バランが今季初先発を果たした。

 試合は立ち上がりから動いた。前半17分、R・マドリーはMFトニ・クロースが右サイド裏にフィードを送ると、DFダニエル・カルバハルが頭で折り返す。中央に走り込んだFWガレス・ベイルが右足ボレーで流し込み、先制に成功した。

 新エースのリーグ戦7試合連続ゴールで幸先良くスタートを切ったR・マドリーだが、前半23分、PA内で切り返したMFハビエル・エラーソをMFカゼミーロが倒し、PKを与えてしまう。これをFWギド・カリージョに蹴り込まれ、ファーストシュートで同点に追いつかれた。

 R・マドリーは後半3分、MFマルコ・アセンシオの鋭いクロスにFWカリム・ベンゼマが頭で合わせてゴールイン。一度はプッシングでノーゴールの判定を下したが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入で判定が覆り、R・マドリーが勝ち越しに成功した。

 ベンゼマはさらに後半16分、モドリッチとのワンツーでバイタルエリアを攻め込み、右に重心を移しながらPA外からゴール左隅に叩き込む。同20分にはアセンシオがPKを獲得すると、DFセルヒオ・ラモスが落ち着いて沈め、奇しくも前節と同じ得点者を記録してスコアを4-1とした。

 その後はMFダニ・セバジョス、FWルーカス・バスケスを投入したR・マドリーが主導権を渡すことなくボールを支配。危なげなく試合を締めた。レガネスはこれで開幕3戦未勝利。苦しいシーズン序盤を送っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-01749700-gekisaka-socc
no title

レアル“絶好調”開幕二連勝、ロナウドに代わりベンゼマの時代が到来か!! 

1 2018/08/27(月) 07:07:14.19 _USER9
8/27(月) 7:06配信
ベンゼマ2発にベイル9秒カウンター!! 先制されたR・マドリーが開幕2連勝

[8.26 リーガ・エスパニョーラ第2節 ジローナ1-4R・マドリー]

 リーガ・エスパニョーラは26日、第2節3日目を各地で行い、レアル・マドリーは敵地でジローナと対戦した。マンツーマン気味の布陣で真っ向勝負をしかけてきた相手に対し、先制点を奪われる苦しい展開となったが、PK2本などで4点を奪取。4-1で勝利し、開幕2連勝を果たした。

 開幕節のヘタフェ戦に2-0で勝利したR・マドリーは4-2-3-1のフォーメーションを採用。先発1人を変更し、MFダニ・セバジョスに代わってMFカゼミーロが入った。対するジローナは中盤が人についていく4-2-3-1。18歳のDFペドロ・ポロらがスタメンに並んだ。

 先にスコアを動かしたのはジローナだった。前半17分、GKヤシン・ブヌのロングキックをFWアントニー・ロサノが落とし、ポロとのワンツーで一気に前へ。PA右寄りからのシュートはDFダニエル・カルバハルにブロックされたが、こぼれ球をMFホルヘ・ガルシアが豪快に蹴り込んだ。

 その後も中盤中央のMFアレックス・グラネルが流動的なポジションを取ったジローナが主導権を握る。ところが前半38分、R・マドリーは左サイドをFWガレス・ベイルが駆け上がり、MFイスコのシュートはGKに阻まれたが、こぼれ球を拾ったMFマルコ・アセンシオがPA内で倒されてPKを獲得する。

 キッカーはDFセルヒオ・ラモス。助走中に落ち着いたフェイントを見せて冷静にど真ん中に蹴り込み、前半のうちに同点に追い付いた。後半6分にも再びアセンシオが敵陣深くで倒され、2本目のPKを獲得。これをFWカリム・ベンゼマが右に流し込み、今季初ゴールが貴重な勝ち越し点となった。

 さらにR・マドリーは後半14分、先発を守り続けているGKケイラー・ナバスの遠投をセンターサークル付近で受け取ったイスコが前を向き、最終ライン裏にスルーパスを配給。ここに猛スピードで走り込んだベイルが相手DFを抜き去って左足で流し込み、起点となったGKからわずか9秒間のカウンターで追加点を陥れた。

 R・マドリーは後半15分、DFマルセロに代わってDFラファエル・バランを入れると、同32分にはイスコに代わってMFルカ・モドリッチを投入。そして同35分、右サイドを突破したベイルのクロスにベンゼマが合わせて4点目を奪い、そのまま試合を締めたR・マドリーが4-1で逆転勝利を果たした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-01720319-gekisaka-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索