Samurai Goal

ベンゲル


スポンサード リンク





アーセナル浅野拓磨の英国の就労ビザ却下の衝撃の理由!ベンゲル「移籍金が安かったから」 

1: 名無しさん 2016/08/21(日) 16:04:22.58 ID:CAP_USER9
ブンデスリーガなど国外で武者修行確定

アーセナルの日本代表FW浅野拓磨は6億5000万円というプレミアリーグとしては安価な移籍金がネックになり、
イングランドでの労働許可証が下りなかったことが明らかになった。英紙「メトロ」が伝えている。

浅野は今夏のリオデジャネイロ五輪、ナイジェリア戦とコロンビア戦で2試合連続ゴールを決めてイングランドでも「アーセナルファンを興奮させるには十分」と注目株として報じられた。
しかしA代表として出場経験が少なく、就労ビザ取得の基準を満たしていない浅野に対しては特例での労働許可証が下りなかった。

浅野は持ち前のスピードを買われてサンフレッチェ広島から500万ポンド(約6億5000万円)の移籍金で加入した。
しかし同紙によるとベンゲル監督は「彼は私が信頼しているプレーヤーだ。
私は彼の世話をするし、彼が適切な環境を整えることは確かだ」と英国外に武者修行に出ることを明らかにした。

インフレの英国で6億5000万円の移籍金は格安

また労働許可証が拒否された理由について「彼は5000万ポンド(約65億円)の経費を必要としなかった」と名将は説明した。
インフレの一途をたどるプレミアリーグで浅野獲得に必要とした安価な移籍金に対し、
就労ビザを管轄する英内務省は「プレミアで活躍する実力者」と見なさなかったという。

アーセナルで獲得直後に武者修行に出されて、トップチームで活躍する例は多くない。
レンタル移籍先にはブンデスリーガのアウクスブルクなどが挙がる中で、日本サッカー界の将来を担う“ジャガー”はどのクラブで出場機会を手にすることになるのだろうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160821-00010004-soccermzw-socc
Football ZONE web 8月21日(日)9時38分配信

no title

ベンゲル「浅野は金の卵 長所はボールを受ける質の高さ 大事なのはレベルの高い選手と一緒にプレーすること」 

1: 名無しさん 2016/08/03(水) 08:22:25.90 ID:CAP_USER9
【マナウス1日(日本時間2日)=木下淳】

リオデジャネイロ五輪日本代表FW浅野拓磨(21)に、新天地アーセナルのアーセン・ベンゲル監督(66)から金言が届いた。
WOWOWのサッカー番組でA代表ハリルホジッチ監督と対談し、浅野への評価を獲得決定後、初めて日本メディアに語ったもの。

2日後の1次リーグ初戦ナイジェリア戦へ、浅野にとってメダル獲得と期待に応える五輪が始まる。

決戦の地マナウスに入った浅野は、高温多湿の生ぬるい空気を切り裂いてゴールへ走り続けた。
シュート練習で鋭い動きを見せ、ブラジル戦の疲労を感じさせない。上り調子でナイジェリア戦に向かっている。

その浅野が世界を驚かせる姿を、既に思い描いている人がいる。
プレミアリーグの名将ベンゲル監督。ハリルホジッチ監督と対談した中で、電撃獲得の根拠となった浅野への評価を初めて打ち明けた。

ベンゲル監督 長所はボールを受ける質の高さ、つまりマークを外してDFの裏に動ける能力だ。その能力をもっと有効に使えるようになるため、ほかの部分を鍛えなければいけない。
50メートル5秒9の快足に、ほれ込み、労働許可証の特定取得にも直接関わるともいわれている。期待度が高い分、原石に対する課題の指摘も具体的だった。

ベンゲル監督 成長にはモチベーションと知性、良い指導者が必要だけれど、それより大事なのはレベルの高い選手と一緒にプレーすることだ。
周りから吸収できるものは、たくさんある。我々は彼を選手として成熟させたい。ゴール前でのフィニッシュ、マークの外し方、体の使い方など、欧州サッカーに必要なスキルをどんどん注入させる。

他国への期限付き移籍の可能性も伝えられる中、まるで手元に置いて育てることが決まっているかのような口ぶりだ。そして力強い口調で、こう付け加えた。

ベンゲル監督 重要なのは、彼の長所を崩さないことだ。サッカー選手は長所を基にキャリアを積んでいく。
一緒にプレーする周りの選手はレベルが高い。本人の技術も自然とレベルが上がっていくに違いない。

先月18日に渡英した浅野は、ロンドンでベンゲル監督と初対面。一夜漬けの英語であいさつし「何やったかな…もう忘れた」と覚えていないが、実際ここまで期待されていた。
当地で「自分がどこまでやれるか楽しみ」と話し続けている浅野。名将の期待通りに活躍すれば、メダルも近づく。

◆WOWOW放送予定 ハリルホジッチ監督とベンゲル監督の対談は「UEFA EURO 2016 ハリルホジッチ 大会総括リポート アーセン・ベンゲル緊急参戦!」と題し、
6日午後7時からWOWOWプライムで放送。15日と18日にはWOWOWライブでスペインにシーズン到来を告げる「スーペルコパ2016」を放送する。
清武が加入したセビリアがバルセロナに挑む。第1戦は15日午前4時45分、第2戦は18日午前5時45分。

日刊スポーツ 8月3日(水)8時11分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-00000020-nksports-socc

写真
no title

アーセナル浅野拓磨「ベンゲルに“オリンピックで頑張ってきて”と言ってもらえた」 

1: 名無しさん
浅野にベンゲル監督から金エール「五輪で頑張ってきて」
http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160724-00000012-spnannex-socc
 ◇U―23代表リオ五輪直前合宿(2016年7月22日 ブラジル・アラカジュ)

 サッカーのリオデジャネイロ五輪代表が22日、直前合宿地のアラカジュに入り、初練習を行った。経由地の英国から合流したFW浅野拓磨(21=アーセナル)は、疲れを見せず精力的にメニューを消化。移籍の手続きを終え五輪モードに突入し、アーセン・ベンゲル監督(66)らからもリオ五輪に向け激励されたことを明かした。スピードを武器とする日本のジャガーが、本番に向けて牙を研ぐ。

 南大西洋からの風を受けながら、浅野が一つ一つのメニューを消化していった。アーセナルでのメディカルチェックなどを終え、英国で五輪代表の本隊と合流。翌22日にサンパウロ経由で合宿地のアラカジュに入り、約1時間の初練習では精力的に汗を流した。「チーム(アーセナル)のことは考えず、目の前の試合に集中したい。(ここで)五輪で結果を残す準備ができたら」と頭のスイッチは完全に切り替えていた。

 ロンドンで過ごした3日間は刺激に満ちていた。欧州の名門に初めて足を踏み入れ、手続きに加えて練習場やクラブハウスなどを見学。かつて名古屋でも指揮を執った名将・ベンゲル監督と初対面すると、一夜漬けの英語であいさつした。「英語をしゃべれるのか?」と返され即座に否定したが、海外挑戦への意欲はしっかりと示した。

 その場では、リオ五輪での活躍に向けて背中も押された。「“オリンピックで頑張ってきて”と言ってもらえた」。今後、英国でプレーするために必要な労働許可証を取得できるかどうかが焦点となるが、五輪での活躍が特例措置につながる可能性もある。申請にはベンゲル監督自らが携わる予定で、戦力として評価する指揮官から激励される形となった。

スポニチアネックス 7月24日(日)6時36分配信
no title

浅野拓磨、アーセナル移籍間近と現地紙報じる!ヴェンゲル監督はトップチームに入れてトレーニングさせる方針 

1: 名無しさん 2016/07/01(金) 21:09:35.09 ID:CAP_USER9
 U-23日本代表としてリオデジャネイロ五輪出場が決まったFW浅野拓磨は、アーセナル移籍に極めて近いているようだ。英紙『デイリー・メール』が報じた。

 同紙によればアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督がサンフレッチェ広島で活躍する浅野を高く評価しており、数日中に移籍交渉をまとめて正式契約を結ぶ見込みとしている。

 またこれまではアーセナルによる将来に向けた投資で、移籍後は即レンタルで武者修行かと思われていたが、ヴェンゲル監督は浅野をトップチームに入れてトレーニングさせる方針だという。

 今夏の移籍市場でストライカーの補強を目指していたアーセナルだが、24得点を挙げてレスターのプレミアリーグ制覇に貢献したジェイミー・ヴァーディーの獲得に失敗。次なるターゲットにしていたリヨンのFWアレクサンドル・ラカゼットは4500万ポンド(約62億円)という評価に見合わない高額な移籍金がネックになって二の足を踏んでいる。

 そこでヴェンゲル監督は、ヴァーディーと同じく快足を武器にしているの浅野の獲得を優先事項としているようだ。日本代表で4試合に出場した経験を持つ21歳への評価はすこぶる高い。

 先月29日に行われたU-23日本代表の試合後には「(アーセナル移籍報道に)ちょっとビックリしたけれど、どこに行ってもできる自信はあるし、行ったらどうなるのかなというイメージは持っている」と語っていた浅野。日本期待の“ジャガー”は初の海外挑戦を決断するのだろうか。

フットボールチャンネル 7月1日 20時15分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160701-00010033-footballc-socc
no title

ヴェンゲル?「彼は日本のメッシでアーセナルのスタイルに合う」 

616: 名無しさん 2016/06/30(木) 18:51:44.87 ID:ZapsnJJh0
ワロタ・・・・

ヴェンゲルはレジェンド、彼と契約延長する場合我々は死ぬ



no title

なんで浅野獲得するの?
彼は日本のメッシでアナルのスタイルに合う
それにうちにはいいストライカーがいないんだ

EURO惨敗のイングランド代表再建へ衝撃人事 次期監督の第一候補にベンゲル急浮上! 

1: 名無しさん 2016/06/29(水) 12:39:39.62 ID:CAP_USER9
欧州選手権(EURO)での惨敗を受けて辞任したイングランド代表のロイ・ホジソン前監督の後任候補として、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督が急浮上している。英紙「デイリー・スター」が報じた。

 就任から4年。ホジソン前監督は2012年のEURO直前に電撃辞任したファビオ・カペッロ氏の後継者として代表監督に就任。しかし、同大会では準々決勝でイタリアに敗北。14年ブラジル・ワールドカップ(W杯)では1勝も挙げられないままグループステージで敗退した。さらに今回のEUROフランス大会でも伏兵アイスランドに敗れる失態を犯してしまい、大きな実績を残すことなく代表監督の座を退任することになった。

 イングランドサッカー協会(FA)は、すぐさま後任探しに着手しているという。U-23イングランド代表を率いるギャレス・サウスゲイト監督の昇格が濃厚と見られているなか、FAの第一希望はアーセナルを20年間率いる名将アーセン・ベンゲル監督だとレポートされている。

 アーセナルとの契約を1年残しているベンゲル監督は、FAのリストのトップに名前が記されているという。そのほかレスターを奇跡の初優勝に導いたクラウディオ・ラニエリ監督や、今季からスコットランド王者セルティックの新監督に就任するブレンダン・ロジャース監督も候補に挙がっていたという。

 FAのテクニカル・ディレクターを務めるダン・アッシュワース氏はベンゲル推進派だ。イングランドサッカーをよく知るフランス人の名将に白羽の矢を立てているという。

「アーセン・ベンゲルは1996年からここにいる。プレミアリーグ、イングランドの選手、イングランドのメディア、そしてイングランドの可能性について素晴らしい見識を持っているかって? もちろんだ。彼を除外する理由があるかい? ないだろう。彼は望んでいないだろうけどね」

 FAのマーティン・グレンCEOは、新監督の選定について「我々は戦力を活かせるインスピレーションを持った監督が必要」と語った。若手の育成にも定評があるベンゲル監督は、まさにうってつけの存在と言えそうだ。

 英国のベッティングサイト「スカイ・ベット」によるイングランドの次期監督候補のオッズでは、現時点でやはりサウスゲイト監督が最有力で2.25倍。98年フランスW杯でイングランドを指揮したグレン・ホドル氏が6.5倍、ハリー・レドナップ氏9倍、アラン・シアラー氏11倍で後に続いている。そのなかでベンゲル監督は、ティム・シャーウッド氏、ブレンダン・ロジャース監督と並んで14番人気タイの26倍となっている。

 プレミアリーグの隆盛とは対照的に、国際大会で全く勝てないイングランド代表の救世主として、ベンゲル監督が降臨するのだろうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160629-00010006-soccermzw-socc
no title

アーセナル、ベンゲル監督と契約延長へ!!欧州CL出場権確保評価 

1: 名無しさん 2016/05/13(金) 22:18:11.10 ID:CAP_USER9
アーセナルが、アーセン・ベンゲル監督(66)との契約を延長する意向で、オファーを準備していると、
13日付の英紙タイムズが報じた。

 96年からアーセナルを指揮し、欧州で現在最長政権となっているベンゲル監督の契約は17年6月まで。
今季レスターに初優勝を許し、
12季ぶりのリーグ制覇を逃したことで、サポーターからは解任を求める声が高まっている。
その一方で、現在3位で最終節を残して4位以上が確定し、19季連続の欧州CL出場権を獲得したことで、
株主を含むクラブ首脳陣の支持は変わらず、契約延長を希望しているという。

 筆頭株主である米実業家のクロエンケ氏は2年の契約延長オファーを準備。
ベンゲル監督の去就に関する“回答期限”を今年10月に設定し、
来季限りでの勇退を決断した場合は次期監督探しに動くという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160513-00000137-spnannex-socc
no title

首位を走るレスターを称えるベンゲル「フットボールがお金だけではないことの良い例」 

1: 名無しさん 2016/02/07(日) 15:21:08.55 ID:CAP_USER*.net
アーセナルのアーセン・ベンゲル監督も首位を走るレスター・シティを称えている。クラブ公式サイトが伝えている。

 レスターは6日のプレミアリーグ第25節マンチェスター・シティとの首位攻防戦で3-1と勝利し、首位をキープした。
レスターは今季所属選手の総年俸は約81億円といわれており、これはプレミアで一番総年俸が高いチェルシーと
比べて4分の1ほど。かなりコストパフォーマンスが高いといえる。

 14日の第26節でレスターとホームで対戦するアーセナルの指揮官は、昨季降格争いを演じたが、
今季は優勝争いを戦うレスターを称え、「レスターが素晴らしいプレーを繰り広げているのを見るのは最高だ。
私はいつも『なぜビッグネームを獲得しないのか?』と聞かれるが、レスターの活躍はフットボールが
お金だけではないことの良い例だ」と語った。

 アーセナルは7日にボーンマス戦を控えているが、現在プレミアリーグではレスターが勝ち点53で首位。
5差でトッテナムがレスターを追走し、勝ち点47でマンチェスター・シティが3位、アーセナルは勝ち点45で4位につけている。

「仕事のクオリティが重要なのであって、そのクオリティを得るにはどうするかを考えることが重要なのだ。
レスターは我々のリーグにおける最高の例だ。彼らはシーズン終了まで我々のファンとシティのファン、
そしてトッテナムのファン以外の国中の人たちが彼らを応援するという大きなアドバンテージを持っている」と、
サッカーファンはレスターが優勝をすることを願っていると話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160207-01613819-gekisaka-socc
no title

ヴェンゲル監督「私が日本の相撲で好きなのは、取り組みが終わると敗者を傷つけないために勝者が絶対に喜ばないこと」 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/11(水) 19:20:40.33 ID:???*.net
フランス『L'Equipe』が掲載した、アーセン・ヴェンゲル監督のインタビューが話題だ。

「ARSENE WENGER, L'HUMANISTE」と題されたこのインタビューでヴェンゲル監督はかなり
長いインタビューに答えており、自身のフットボール観から監督キャリアについて、
また名古屋グランパスでの指揮など様々な内容を語っている。

その中に、日本人にとって気になるワードも含まれていた。

このインタビューの中でヴェンゲル監督は、日本の伝統手的な武道でもある「相撲」いついて言及していたのだ。
どうやらヴェンゲル監督には、相撲の中で気に入っている文化があるようだ。

“ アーセン・ヴェンゲル(アーセナル監督)

「私が日本の相撲で好きなのは、取り組みが終わると敗者を傷つけないために勝者が絶対に喜ばないことだ。

試合に敗れた時、私はひどく苦しんできた。

様々な国々でいきすぎた振る舞いを見ていると、日本文化やイギリスの価値観は素晴らしいと感じる」

http://qoly.jp/2015/11/11/arsene-wenger-on-sumo
no title

ヴェンゲル監督就任から20年目…アーセナルの補強ワースト5は誰?パク・チュヨン(FW/元韓国代表)… 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 21:07:46.75 ID:???*.net
1996年10月にアーセン・ヴェンゲル監督がアーセナルの指揮官に就任した。ヴェンゲル体制20年目を迎え、イギリスメディア『Caughtoffside』がこれまでのヴェンゲル体制下のアーセナルにおけるワースト補強選手5名を取り上げた。

■パク・チュヨン(FW/元韓国代表)

 公平に見て、彼がモナコからわずか400万ポンド(現レートで7.7億円)でやってきた時には、パクが実際はいいビジネスだと信じる理由があった。この韓国人FWはリーグアンでは一流に見えたし、彼はリールではなくアーセナルを選んだ。

だが、ヴェンゲルから本当に信用されることは一度もなかった。サウジアラビアのアル・シャバブへ移籍する前にはローン暮らしの連続に耐えることになった。

■イーゴルス・ステパノフス(DF/元ラトヴィア代表)

 ヴェンゲル監督にとってとりわけ悪い(取引)のひとつであった。2000年にラトビアのスコントFCから獲得したこのDFは、けがをしていたトニー・アダムズをカバーする人材という触れ込みであった。

正直なところ、代わりとなるはずの(ステパノフス)よりも負傷したアダムズのほうを選んだだろう。事実、マンチェスター・Uに1-6で大敗したことによりステパノフス(の能力)は証明された。

■パスカル・シガン(DF/フランス)

 彼はそれっぽく見えた。だが、現実はといえば、目的なくバックラインの真ん中をフラフラし、それは本当に彼の存在を理解できなくするものであった。

また、くどいほどの向こうみずなタックルはコンビを組むソル・キャンベルやコロ・トゥレを縮み上がせるのに十分であった。The Invincibles(2003-04シーズンのアーセナル)において、シガンはダークで悲惨な秘密である。

■アンドレ・サントス(DF/元ブラジル代表)

 ブラジル代表、(フェネルバフチェで)トルコリーグ優勝、コンフェデの優勝メンバー。2011年にアーセナルが獲得した時、どこにうまくいかない可能性があったか?
大いにあったことが明らかになった。結局のところ、左サイドとして本当に全く守れなかったのだ。結局、ヴェンゲル監督は25試合の出場で放出した。

■フランシス・ジェファーズ(FW/元イングランド代表)

 2001年にエヴァートンから加入後、このペナルティエリア内で鋭さを持ったFWは全くうまくいかなかった。彼は怪我に苦しんだ。

だが、プレーできた時もエヴァートンでトップになることが運命づけられていたようなFWにはほとんど見えなかった。彼の失敗は、ヴェンゲルのイングランド人への不信を助長したとも伝えられている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00339425-soccerk-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索