Samurai Goal

ベンゲル


スポンサード リンク





新事実発覚!!日本代表監督としてベンゲルにも交渉していた! 

GettyImages-847056006
1 2018/07/15(日) 06:17:54.53 _USER9
日本サッカー協会が、日本代表のロシアW杯終了後、次期代表監督の有力候補に挙げていたフランス人のアーセン・ベンゲル氏(68)と接触し、話し合いが決裂していたことが14日、分かった。

既に前ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマン氏(53)とも破談。協会内にはW杯の結果を受けて日本人監督を推す声が多く、現状ではU―21日本代表の森保一監督(49)のA代表との兼任案が、20日の技術委員会で諮られる。

 日本協会関係者とベンゲル氏は、日本代表がロシアW杯で16強敗退後、モスクワで極秘に接触した。同氏は昨季限りで22年間指揮したプレミアリーグの強豪アーセナルの監督を退任し、招聘(しょうへい)のチャンスではあった。過去にJリーグの名古屋を率い、トルシエ元監督を紹介するなど日本サッカーを理解し、つながりもある。W杯前から水面下で意向を調査し、就任の可能性を探り直接話し合ったが、条件面で合意に至らなかった。

 日本協会では既に、もう一人の外国人候補だったクリンスマン氏と破談。外国人監督の売り込みもあるが、技術委員の中には、対話と日本人の持ち味を生かし下馬評を覆して16強入りした西野朗監督(63)の路線を継続するため、日本人指揮官に22年カタールW杯への道を託そうという声が多い。複数の委員からは「日本人がやる時代。このタイミングなら森保さんしかいない」「委員会では日本人を推す」「世界で勝つことを考えると外国人の方がいいとは思うが、日本人でも問題はない」などの意見がある。そのため、20日の技術委員会では、ロシアW杯でA代表のコーチを務めたU―21代表の森保監督の兼任が最有力案となる。

 技術委員会では4月に一度、ロシアW杯後の日本人監督路線を確認したが、その後、一部委員から外国人も含め幅広く候補者を探すべきとの意見が出たため、外国人指導者を複数リストアップした。だが、合意に至った候補者がおらず、日本人監督案に回帰することになった。

 ただ、ほかの外国人候補を推す可能性のある委員もおり、2つの代表カテゴリーを指揮する森保氏の負担が大きいなどの声もあるため、技術委員会で最終調整する方針。ある技術委員は「最後は関塚(隆)委員長に一任という形で、田嶋会長と話して決めるだろう」と話す。田嶋幸三会長(60)は7月中に新監督を決めたい方針で、森保氏本人の意向も含め課題が解消できれば、理事会に推挙される見込みだ。

スポーツ報知 7/15(日) 6:08配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000315-sph-socc

写真
no title

ベンゲルも“イニエスタブーム”に乗るか?「日本復帰も真剣に考える」 

1   2018/05/27(日) 12:59:27.69 _USER9
22年間アーセナルを指揮したアーセン・ベンゲル氏に、Jリーグ復帰の可能性が浮上した。英『デイリー・メール』が伝えている。

 ベンゲル氏は、1995シーズンから名古屋グランパスの監督を務め、1996年8月にアーセナルに移籍。そこから22年間アーセナルを指揮し、今シーズン限りでその役目を終えた。68歳という年齢から監督業引退も囁かれ、パリSG会長への就任が報じられていた。しかし、ベンゲル氏は監督業を続けるようで、その去就に注目が集まっている。

 同紙によると、ベンゲル氏は適切なオファーがあれば、日本復帰も真剣に考えるとのこと。今月バルセロナの世界的スーパースター、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタのヴィッセル神戸加入が決まり、かつてないほど注目を集めているJリーグ。FWフェルナンド・トーレス加入も噂される中、ベンゲル氏も日本にやってくるのだろうか。

ゲキサカ 5/27(日) 12:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-01654306-gekisaka-socc

写真
no title

【吉報】“ベンゲルJAPAN”可能性ありと英ジャーナリストが漏らす!! 

1   2018/05/13(日) 08:34:29.70 _USER9
アーセナルを今季限りで退任、Jクラブ指揮に英ブックメーカーはオッズ「3.5倍」

 今季限りで22年間の指揮にピリオドを打ち、アーセナルを退団するアーセン・ベンゲル監督が、日本サッカー界にカムバックする可能性があるのだろうか。イギリスの有名ジャーナリスト、ヘンリー・ウィンター氏は「彼が日本へ行ったとしても全く驚かない」と語っている。

 ベンゲル監督は1995年から翌96年までJ1名古屋グランパスを率いた。その後、アーセナルを指揮して22年間の長期政権を築いた。先日、今季終了後に契約満了をもって退任することを発表。その後に去就についてはすでに多くの憶測が飛び交っている。

 そうしたなかで注目の発言をしたのが英国の名物記者であるウィンター氏だ。日本でも翻訳著が出版されるなどコアなサッカーファンにはお馴染みの同氏は英公共放送「BBC」の「ラジオ5」に出演し、「彼が今後何をするのか内部の情報は何も知らない」と前置きしたうえで、「私は彼が日本へ行ったとしても全く驚かない。彼はあの国を愛している。代表チームを率いるかもしれないね」と語った。

 英紙「デイリー・スター」では早速「アーセン・ベンゲルが日本へ移籍? 専門家が爆弾発言だ」と驚きを持って報じている。ウィンター氏曰く、ベンゲル監督は日本の美的感覚に優れたライフスタイルも好んでいるという。

 また英国ブックメーカー「ベットフェアー」ではベンゲル監督が来季Jリーグクラブを率いるという賭けに3.5倍のオッズをつけていると伝えられている。現地でも日本行きの可能性は決してゼロではないと考えられているようだ。

フットボールZONE 5/13(日) 8:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180513-00103423-soccermzw-socc

写真
no title

アーセナルでは育たない?ベンゲル監督の指導力に疑問の声 

img_e710fc944c9ed0d26ba87724e5e4bf3f282376
1   2018/05/01(火) 15:39:52.29 _USER9
 4月18日発売の『フランス・フットボール』誌では、アーセン・ベンゲルの今季限りでの退団が決まったアーセナルを取り上げている。

 就任当初はベテランの再生と若手の育成に手腕を発揮し、チーム力を劇的に上げたベンゲルだったが、いつのころからかアーセナルは有望な若手を獲得するものの育て切れないクラブになってしまっていた。その結果流出した選手たちの中には、他のクラブで能力を開花させている者も多い。

 いったい何がいけなかったのか、才能を伸ばしきれなかった原因はどこにあるのか――。フィリップ・オクレール記者が分析する。監修:田村修一
.
■2012年12月。光り輝いていた若手選手たち。

 アーセン・ベンゲルにとって、2012~13年シーズンのスタートは望んだ通りのものではなかった。サンダーランドとストークを相手に無得点の引き分け。本来なら得られるべきだった勝ち点4をみすみす失ってしまったからである。

 その年の12月19日、早朝にクラブの練習場であるロンドン・コロニーに、ベンゲルは笑みを浮かべながら現われた。直近の2勝によりアーセナルは、プレミアトップ4のポジションにようやく復帰したからだった。さらにその日の午後には、将来性に溢れた5人の選手たち――全員がイギリス人であった――との契約を発表し、スタートのつまずきを帳消しにする明るい未来を予感させてもいた。

 クラブのオフィシャルフォトには、ペンを片手にサインしたばかりの書類をベンゲルに手渡そうとしている、緊張した面持ちの5人の姿が映っていた。

 左からカール・ジェンキンソン(当時20歳)、アーロン・ラムジー(同21歳)、ジャック・ウィルシャー(同20歳)、キーラン・ギブス(同23歳)、アレックス・オクスレイドチェンバレン(同19歳)である。

 全員が後にイングランドとウェールズ(ラムジー)の代表に名を連ねた、まさにキラ星のごとく輝くタレントたちであった。
.
■ベンゲルは才能の発掘に定評があったはず……。

 エミレーツ・スタジアムへの本拠地の移動を決めて以来アーセナルは、移籍市場でそれまでのような競争力を失っていた。

 とはいえベンゲルは才能の発掘には定評があり、育成コーチとしても超一流の評価を得ていた。ティエリー・アンリを開花させ、パトリック・ヴィエラやニコラ・アネルカを目覚めさせたベンゲルに惹かれて、ロビン・ファンペルシやセスク・ファブレガスらが次々と彼のもとに身を寄せた。

 それはプレミアの他のどの監督も持ちえない、ベンゲルの大きなアドバンテージだった。

 5年半の歳月が流れ、希望に溢れていた写真は、今は痛みと苦い思いばかりを喚起する。

 選手たちの運命も、またクラブ自身の運命も、彼らが望んだようにはならなかった。5人のうち今も代表に残っているのはひとりアーロン・ラムジーだけである。

■今のアーセナルは有望な若手を育てられない。

 “ジ・オックス/雄牛”(オクスレイドチェンバレンの愛称)は6年に及ぶフラストレーションの溜まるシーズンを送った後に、リバプールへと移籍した。残る3人はレンタル移籍と完全移籍、度重なる負傷で表舞台から遠ざかっている。

 彼らの中で最も才能に恵まれていたジャック・ウィルシャーは、秋にクラブへのカムバックを果たした。しかし将来の攻撃の大黒柱と期待されたイングランド代表チーム、その監督のガレス・サウスゲイトからは復帰後まだ1度も呼ばれていない。

 彼らはいずれも当初は多大な期待をかけられながら壁に直面し、乗り越えることができずに伸び悩んだり、退歩した。

 彼らに限らずこのところのアーセナルは、有望な若手を獲得しながら育てきれていない。選手の側から見切りをつけてクラブを離れていった例も少なくない。これは偶然なのか、それとも選考や育成のプロセスに何か問題があるのか……。
.
>>2以降に続く

5/1(火) 12:36
Number Web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180501-00830644-number-socc&p=1

ヴェンゲル就任の可能性は? 激震イングランド、英紙選出の新監督候補5名とは!? 

1: 名無しさん 2016/09/28(水) 18:00:26.72 ID:CAP_USER9
イングランドサッカー協会(FA)は27日、同国代表指揮官のサム・アラダイス氏が辞任を表明し、同氏との契約を双方合意のうえで解除したことを発表した。今後4試合はU-21イングランド代表のガレス・サウスゲート監督が暫定指揮官を務めることが併せて発表されている。

 在任67日、わずか1試合の指揮で監督が退任するという前代未聞の出来事。ユーロ2016でベスト16敗退に終わり、再起を期すイングランド代表にとっては思いがけない事態に陥ってしまった。混乱の中、イギリス紙『デイリーメール』は27日、新指揮官候補5名を列挙している。

 まず挙げられたのは、ボーンマスを率いるエディ・ハウ監督。38歳の同監督は、アラダイス監督就任前にも候補として浮上していた。FAから重要な存在として考えられているようで、本人もイングランド代表指揮官を「究極の仕事」と捉えている模様だ。

 ハウ監督は20代の頃からボーンマスで指導者を務め、2009-2010シーズンに4部から3部リーグへの昇格を果たすと、2012-13シーズンにチャンピオンシップ(2部)昇格。そして2014-15シーズンにプレミアリーグへとチームを導いた。トップリーグ初挑戦となった昨シーズンは16位でフィニッシュし、残留を決めている。同紙は「他の候補者よりも経験面では劣るかもしれないが、苦境に立たされている現在、それ(経験)は重要だろうか?」と記している。

 続いては、クリスタル・パレスのアラン・パーデュー監督の名前が挙げられた。現在55歳の同監督は、レディングやウェストハム、サウサンプトンなど5クラブの指揮官を歴任。昨年1月からクリスタル・パレスを率いている。同クラブでは昨シーズン、FAカップ決勝にコマを進めたものの、マンチェスター・Uに敗れてタイトル獲得とはならなかった。

 3人目の候補は、今後4試合で暫定指揮官を務めることが決まったサウスゲート監督。ミドルズブラの指揮官を2009年に解任された同監督は、2013年からU-21イングランド代表を率いている。暫定指揮官として臨む4試合の内容と結果次第では、正式にA代表の監督に就任する可能性もありそうだ。

 続いての候補は、今夏までハルを率いていたスティーヴ・ブルース氏だ。55歳の同監督は2012年からハルの指揮を執り、昨シーズンの昇格プレーオフを制してプレミアリーグ復帰を決めた。しかし今シーズン開幕前に辞任。アラダイス監督就任前にもイングランド代表指揮官候補として名前が挙がり、本人も就任に前向きな意向を示していた。

 そして5人目の候補として挙げられたのは、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督。『デイリーメール』は「候補5人のうち、最高の監督であることは間違いない。ただ、就任の可能性は最も低い」と前置きしつつ「世界のサッカー界における彼の地位は不動のもので、対抗できる人物は一握りに過ぎない」と記した。「FAがスリー・ライオンズ(イングランド代表の愛称)を率いるように彼を説得することができたら、信じられないほどの(素晴らしい)任命となる」と伝えられている。

 思いがけない混乱に見舞われたイングランドのサッカー界。次期指揮官に指名されるのはどの監督だろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00498112-soccerk-socc
no title

【アサシンw】ベンゲル監督、日本代表での浅野を絶賛「私は“浅野信者”だ!!」 

1: 名無しさん 2016/09/09(金) 05:47:25.04 ID:CAP_USER9
アーセナルのベンゲル監督が、今夏に広島から獲得した日本代表FW浅野を絶賛した。

7日に英紙デーリー・スター(電子版)がクラブ公式サイトでのコメントを紹介。
英国での労働許可証が下りずドイツ2部シュツットガルトに期限付き移籍となったが、
浅野の長所について「走り、スピード、体の強さ、アグレッシブさ。
最近あれほどDF裏に走り込む選手はいない」と説明。さらに「個人的に、私は“浅野信者”だ。
日本代表(ハリルホジッチ)監督も同じ考えを持っていた」と大きな期待を寄せた。

浅野は9日のハイデンハイム戦が移籍後初戦となるが、8日付のドイツ誌キッカーによると先発からは外れる見通しという。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/09/09/kiji/K20160909013320100.html
2016年9月9日 05:30

no title

浅野拓磨を信頼するヴェンゲル「毎回DFの裏に走り込めるのは武器」 

1: 名無しさん 2016/09/08(木) 16:54:12.03 ID:CAP_USER9
アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督はシュトゥットガルトにレンタル移籍中の浅野拓磨の日本代表における活躍に満足していると語った。クラブの公式サイトが伝えている。

アーセナルは今夏、サンフレッチェ広島から浅野を完全移籍で獲得したが欧州で実績のない選手であること、当時は即戦力となる前線のプレーヤーを補強していなかったことで批評的な意見も少なくなかった。

しかし浅野は6日、日本代表としてロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のタイ戦に先発出場すると、2点目を挙げる活躍を見せ、2-0での勝利に貢献した。活躍を受けてヴェンゲル監督は以下のようにコメントしている。

「彼のスピードや強さ、アグレッシブさなどはわかっていた。今日ではあれほど抜け目なくDFの裏に走り込める選手はなかなかいない。大きな強みだよ。彼のことを完璧に信頼している。日本代表の(ヴァイド・ハリルホジッチ)監督と直接会って話したが、同じ考えを持っていたよ」

まずはドイツ2部で欧州のキャリアをスタートさせることになったが、シュトゥットガルトでもヴェンゲルを納得させるようなプレーを見せたいところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160908-00000010-goal-socc
no title

ハリル監督がベンゲル監督に怒りのクレーム電話!「浅野はなぜ15日も20日も日本で休むんだ!」 

1: 名無しさん 2016/08/25(木) 17:14:39.85 ID:CAP_USER9
アーセナルに移籍も英就労ビザを取得できずに去就は不透明

ハリルが名将ベンゲルに怒りのクレーム! 「浅野はなぜ15日も20日も日本で休むんだ!」

 9月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)最終予選の第1節UAE戦、第2節タイ戦に臨む日本代表メンバーが発表された。

バヒド・ハリルホジッチ監督は、リオデジャネイロ五輪代表FW浅野拓磨(アーセナル)を選出したが、英内務省から就労ビザ申請を却下されたために、新天地が決まっていない。

五輪終了後に日本国内で調整を強いられた新鋭FWの去就不透明な現状に激怒し、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督に「なぜ15日も20日も休まなければならないのか」と激高したことを明らかにした。

 ハリル監督は6月のキリンカップでも2試合とも起用した浅野について、大きな期待を持って招集を決断した。しかし「浅野の状況が決定的に分からないのが心配ですね」と繰り返し語った。リオ五輪終了後の浅野のコンディションと去就について、大きな不安を持っているようだ。

「FWのなかで最も難しいのが浅野です。オリンピックが終わって日本に帰ってきて、誰が日本に帰れと言ったのか分かりませんが、休めと言われたようですね」

 こう切り出したハリルホジッチ監督は、怒りをヒートアップさせた。そして、ベンゲル監督とのいきさつを明らかにした。

「五輪の間に全てが解決するはずだった」

「私も直接ベンゲルに電話して、『日本でなぜ15日も20日も休まなければならないのか』と話しました。レンタルに出なければいけないのは分かっていたことで、オリンピックの間に全て解決するはずでした。

彼が日本に残らなければいけない状況だったので、我々が状況を整えてみっちりトレーニングしました。ただ、彼がどこにレンタルされるのか。ロンドンに行ったところまでは知っているが、コミュニケーションが難しい状況です」

 浅野は英国での労働許可証が下りず、他国クラブへのレンタル移籍を余儀なくされた。フランス、ドイツ、ベルギーリーグへの移籍が浮上しているが、ハリル監督は去就問題で宙ぶらりんになった浅野に関して、アーセナルへの不信感を一気に爆発させた模様だ。

「初戦に浅野が使えるかは分かりません。ただ、浅野の移籍に関してはすごく信頼しています。オリンピックでも高いクオリティーを見せましたし、我々のチームに若さと情熱を見せてほしい。競争には含まれています」

 ハリル監督から「大島(僚太)と浅野がA代表に何かをもたらす可能性は高い」と評価された“ジャガー”は、リオ五輪でも2得点を決めている。果たして新天地がすんなりと決まり、最終予選のピッチに立つことができるだろうか。 

Football ZONE web 8月25日 16時22分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160825-00010009-soccermzw-socc
no title

アーセナル浅野拓磨の英国の就労ビザ却下の衝撃の理由!ベンゲル「移籍金が安かったから」 

1: 名無しさん 2016/08/21(日) 16:04:22.58 ID:CAP_USER9
ブンデスリーガなど国外で武者修行確定

アーセナルの日本代表FW浅野拓磨は6億5000万円というプレミアリーグとしては安価な移籍金がネックになり、
イングランドでの労働許可証が下りなかったことが明らかになった。英紙「メトロ」が伝えている。

浅野は今夏のリオデジャネイロ五輪、ナイジェリア戦とコロンビア戦で2試合連続ゴールを決めてイングランドでも「アーセナルファンを興奮させるには十分」と注目株として報じられた。
しかしA代表として出場経験が少なく、就労ビザ取得の基準を満たしていない浅野に対しては特例での労働許可証が下りなかった。

浅野は持ち前のスピードを買われてサンフレッチェ広島から500万ポンド(約6億5000万円)の移籍金で加入した。
しかし同紙によるとベンゲル監督は「彼は私が信頼しているプレーヤーだ。
私は彼の世話をするし、彼が適切な環境を整えることは確かだ」と英国外に武者修行に出ることを明らかにした。

インフレの英国で6億5000万円の移籍金は格安

また労働許可証が拒否された理由について「彼は5000万ポンド(約65億円)の経費を必要としなかった」と名将は説明した。
インフレの一途をたどるプレミアリーグで浅野獲得に必要とした安価な移籍金に対し、
就労ビザを管轄する英内務省は「プレミアで活躍する実力者」と見なさなかったという。

アーセナルで獲得直後に武者修行に出されて、トップチームで活躍する例は多くない。
レンタル移籍先にはブンデスリーガのアウクスブルクなどが挙がる中で、日本サッカー界の将来を担う“ジャガー”はどのクラブで出場機会を手にすることになるのだろうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160821-00010004-soccermzw-socc
Football ZONE web 8月21日(日)9時38分配信

no title

ベンゲル「浅野は金の卵 長所はボールを受ける質の高さ 大事なのはレベルの高い選手と一緒にプレーすること」 

1: 名無しさん 2016/08/03(水) 08:22:25.90 ID:CAP_USER9
【マナウス1日(日本時間2日)=木下淳】

リオデジャネイロ五輪日本代表FW浅野拓磨(21)に、新天地アーセナルのアーセン・ベンゲル監督(66)から金言が届いた。
WOWOWのサッカー番組でA代表ハリルホジッチ監督と対談し、浅野への評価を獲得決定後、初めて日本メディアに語ったもの。

2日後の1次リーグ初戦ナイジェリア戦へ、浅野にとってメダル獲得と期待に応える五輪が始まる。

決戦の地マナウスに入った浅野は、高温多湿の生ぬるい空気を切り裂いてゴールへ走り続けた。
シュート練習で鋭い動きを見せ、ブラジル戦の疲労を感じさせない。上り調子でナイジェリア戦に向かっている。

その浅野が世界を驚かせる姿を、既に思い描いている人がいる。
プレミアリーグの名将ベンゲル監督。ハリルホジッチ監督と対談した中で、電撃獲得の根拠となった浅野への評価を初めて打ち明けた。

ベンゲル監督 長所はボールを受ける質の高さ、つまりマークを外してDFの裏に動ける能力だ。その能力をもっと有効に使えるようになるため、ほかの部分を鍛えなければいけない。
50メートル5秒9の快足に、ほれ込み、労働許可証の特定取得にも直接関わるともいわれている。期待度が高い分、原石に対する課題の指摘も具体的だった。

ベンゲル監督 成長にはモチベーションと知性、良い指導者が必要だけれど、それより大事なのはレベルの高い選手と一緒にプレーすることだ。
周りから吸収できるものは、たくさんある。我々は彼を選手として成熟させたい。ゴール前でのフィニッシュ、マークの外し方、体の使い方など、欧州サッカーに必要なスキルをどんどん注入させる。

他国への期限付き移籍の可能性も伝えられる中、まるで手元に置いて育てることが決まっているかのような口ぶりだ。そして力強い口調で、こう付け加えた。

ベンゲル監督 重要なのは、彼の長所を崩さないことだ。サッカー選手は長所を基にキャリアを積んでいく。
一緒にプレーする周りの選手はレベルが高い。本人の技術も自然とレベルが上がっていくに違いない。

先月18日に渡英した浅野は、ロンドンでベンゲル監督と初対面。一夜漬けの英語であいさつし「何やったかな…もう忘れた」と覚えていないが、実際ここまで期待されていた。
当地で「自分がどこまでやれるか楽しみ」と話し続けている浅野。名将の期待通りに活躍すれば、メダルも近づく。

◆WOWOW放送予定 ハリルホジッチ監督とベンゲル監督の対談は「UEFA EURO 2016 ハリルホジッチ 大会総括リポート アーセン・ベンゲル緊急参戦!」と題し、
6日午後7時からWOWOWプライムで放送。15日と18日にはWOWOWライブでスペインにシーズン到来を告げる「スーペルコパ2016」を放送する。
清武が加入したセビリアがバルセロナに挑む。第1戦は15日午前4時45分、第2戦は18日午前5時45分。

日刊スポーツ 8月3日(水)8時11分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160803-00000020-nksports-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索