Samurai Goal

ベンゲル


スポンサード リンク





<ベンゲルさん>日本サッカーの躍進のカギは「動きのインテンシティーを集団で高めていくことにヒント」 

1: 2021/01/10(日) 20:41:54.22 _USER9
イングランド・プレミアリーグのアーセナルやJ1名古屋などで監督を務めたアーセン・ベンゲルさん(71)が10日、
日本サッカー協会主催の指導者向けシンポジウム「第12回フットボールカンファレンス」に登壇。

日本サッカーの躍進の鍵として、2019年W杯日本大会で8強入りしたラグビー日本代表の戦いぶりに強化の糸口があると指摘した。

日本の潜在能力をさらに発揮するポイントとして、ベンゲルさんは攻撃の活動性や技術と判断のスピードアップ、予測力とともにスタミナ、パワーなどを含むプレー強度の向上が不可欠と分析。
体格面で劣りながらも飛躍的な進化を遂げたラグビー日本代表を例に挙げ「集団でのスピード、プレー強度をキープできたことが好成績の理由で学べる部分がある。動きのインテンシティー(強度)を集団で高めていくことにヒントがある」と説明した。

J1浦和やオーストラリア代表などを指揮したホルガー・オジェックさん(72)は「指導者の養成が最も大切。質の高いコーチがいない限り、選手はトップレベルに上り詰めることはできない」などと力説した。

1/10(日) 20:32配信 中日スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/8b3fa6a34c3b88021c91698d4fddbda70cf3c532

写真
no title

<FIFA>オフサイドルール変更を検討か?ベンゲル氏が提唱する新ルール ゴール数“50%増加”と試算 

スクリーンショット 2020-08-28 6.27.32




1: 2020/08/27(木) 21:52:58.15 _USER9
ベンゲル氏が提唱する新ルール、ドイツのユース年代の大会で試験的に実施予定

国際サッカー連盟(FIFA)が、試合中により多くのゴールが生まれるためにオフサイドルールの変更を検討していると、ドイツのサッカー専門誌「キッカー」が報じている
同誌によると、今回のルール改正は2017-18シーズンまで22年にわたってアーセナルで指揮を執り、現在はFIFAのグローバル・フットボール・ディベロップメント部門のトップを務めているアーセン・ベンゲル氏の発案。

現行ルールでは、攻撃側の選手の体の一部が相手チームの後方から2番目の選手の位置(オフサイドライン)よりも相手ゴールに近い位置にある場合はオフサイドとなるが、
ベンゲル氏が提唱している新ルールでは、攻撃側の選手の体の一部がオフサイドライン上にあればオフサイドにはならないという。

このルールが採用された場合、例えば片方の足のかかとだけオフサイドライン上に残っていれば、それ以外の体の部分が相手選手よりも相手ゴールに近い状況でシュートを打っても、
スルーパスに反応して相手ディフェンスラインの背後に走りこんだとしてもオフサイドにはならないことになり、攻撃側にとっては有利なルール改正となる。
実際、FIFAが過去の試合を基に算出したデータによると、このルール改正によってゴール数が約50%増加することが見込まれているという。

ルール改正の効果を検証するために、すでにFIFAはドイツサッカー連盟(DFB)のディレクターを務めるオリバー・ビアホフ氏と協議し、
今後ドイツ国内で開催されるユース年代(U-19)の大会でこのルールを試験的に採用する予定であるとも、同誌は伝えている。正式採用となればサッカーの試合を大きく変える可能性があるだけに、
今後FIFAがどのような決断を下すのかに注目が集まりそうだ。

8/27(木) 21:45配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/6d03fd0ab7862026ab243a316a1e9b72c986bb03

「サッカーは反人種差別の見本。社会はサッカー界に学べ」 元アーセナル指揮官 

20180428_arsene-wenger350



1: 2020/06/13(土) 22:56:50.87 _USER
サッカー=ベンゲル氏「サッカーから反人種差別を学ぶべき」
2020年6月13日

 サッカーのイングランド・プレミアリーグ、アーセナルの元指揮官、アーセン・ベンゲル氏は12日、人種差別への対策に悩まされている社会はサッカーから学ぶべきだと主張した。

 5月に米ミネソタ州で黒人のジョージ・フロイドさんが白人警官に首を膝で押さえつけられて死亡した事件は世界中に波紋を広げ、サッカー界でも反人種差別の運動を支持する選手が出ている。

 こうした状況の中、ベンゲル氏は「BeIN Sport」のインタビューで、「サッカーは実質、反人種差別主義者によるスポーツだ」とコメント。
「なぜなら、英国国王の息子だろうが、肌の色が黒や白や赤だろうが関係ない。(人の)取りえとクオリティーのみが基盤となるサッカーは社会のあるべき姿の見本だと言いたい。いい選手ならばプレーできる」と持論を述べた。

https://jp.reuters.com/article/socc-wenger-idJPKBN23K05U

<低調・アーセナル>“107年ぶり”の不名誉記録!25試合終えてわずか6勝 

20200203-00360685-footballc-000-1-view[1]





1: Egg ★ 2020/02/03(月) 20:41:21.13 ID:B9Gp3BXH9
イングランド・プレミアリーグ第25節のバーンリー対アーセナル戦が現地時間2日に行われ、0-0のドローに終わった。この結果によりアーセナルは、実に「107年ぶり」となる不名誉な数字を残すことになった。

 前回の対戦まで11試合連続勝利を収めていたバーンリーに対して苦しい戦いを強いられたアーセナルは、敗戦こそ免れたもののスコアレスドロー止まり。これでリーグ戦4試合連続のドローとなっている。

 今季25試合を終えての戦績は6勝13分け6敗。英『BBC』などによれば、リーグ戦25試合を終えて6勝という結果は過去107年間のクラブワースト記録。実に1912/13シーズン以来という異常事態だ。

 1912/13シーズンのアーセナルは25試合を終えてわずか1勝。年間3勝を挙げたのみでリーグ最下位に終わり、クラブの歴史上唯一の降格を味わったシーズンだった。

 シーズンの約3分の2を終えて現在の順位は10位。このまま浮上せずシーズンを終えたとすれば、1994/95シーズン(12位)以来25年ぶりの二桁順位ということになる。

2/3(月) 16:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200203-00360685-footballc-socc

ベンゲル氏がFIFAへ アーセナル元監督  

20191114-00000018-kyodonews-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/14(木) 08:37:58.38 ID:vEniiPCO9
国際サッカー連盟(FIFA)は13日、2季前までアーセナル(イングランド)の監督を22シーズン務めたベンゲル氏が
国際的な普及を促進するグローバル・デベロップメント部門のトップに就くと発表した。
70歳の同氏はFIFA技術研究グループ長と、競技規則を定める国際サッカー評議会(IFAB)の諮問委員会メンバーも務める。(ロンドン共同)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00000018-kyodonews-socc
11/14(木) 8:34配信

【衝撃】日本代表テクニカルDにベンゲル氏!?森保氏のサポートに? 

4faf6bbe48ccbcff669796ad6125325e-1024x736
1 2018/07/25(水) 04:10:18.94 _USER9
7/25(水) 4:00配信
スポニチアネックス

 日本サッカー協会が、昨季限りでアーセナルの監督を退任したアーセン・ベンゲル氏(68)とテクニカルディレクター的な立場で契約を結ぶ可能性が浮上した。複数の関係者によると、既に水面下で打診を済ませている。実現すれば、次期日本代表監督に就任することが確実な森保一氏(49)への助言や育成への提言、マッチメークなど、幅広い分野でのサポートが期待される。

 世界的名将が、名古屋を指揮した96年以来、22年ぶりに日本サッカー界に復帰する可能性が出てきた。複数の関係者の話を総合すると、日本協会は既に水面下でベンゲル氏にテクニカルディレクター就任を打診。欧州や中国の複数クラブから監督や強化部門の責任者として獲得に興味を示される中、日本協会入りも選択肢の一つに入っているという。

 田嶋会長は、W杯ロシア大会期間中にモスクワ市内でベンゲル氏と会談。当時は次期日本代表監督が一本化されていない状況で「ベンゲルさんと会いました。監督の話はしていませんが、彼は今はちょっと休みたいという感じでおっしゃってる。ただサッカーのいろいろな話、日本の話をお互い共有させていただきました」と明かしていた。監督業を休養したいとの意向を受け、新たな役職を用意したとみられる。

 最も期待されるのが、22年W杯カタール大会に向けて、世代交代が不可欠な日本代表への助言だ。W杯ロシア大会で16強に導いた西野監督は、今月限りで退任。後任は20年東京五輪代表監督を務める森保氏の就任が確実で、あす26日の理事会で決定する運びだ。ベンゲル氏は22シーズンにわたって監督を務めたアーセナルで、アンリやセスク・ファブレガスらを世界的選手に押し上げた実績があり、若手育成には定評がある。A代表と五輪代表の監督を兼任する森保氏にとって、心強いバックアップになることは間違いない。

 テクニカルディレクターの役職は、各クラブや各国協会によって仕事内容が異なり、総監督的な立場からアドバイザー的なポジションまで幅広い。日本協会側の“オファー”の詳細は明らかになっていないが、ベンゲル氏は欧州に拠点を置いたまま、日本代表の活動期間中に、スケジュールが許す中でチームに同行する可能性が高い。マッチメークや、欧州組の視察など幅広いサポートが期待される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000001-spnannex-socc

“森保じゃなくてベンゲル!?”日本代表監督は一体誰が適任なのか? 

a6d6a629d4029c39bf5ed5235a662ea2_1524218232_1
1 2018/07/20(金) 11:11:49.12 _USER9
7/20(金) 11:01配信
ベンゲルが日本代表新監督の“第一候補”と英紙報道、長期政権も視野に招聘か

アーセン・ベンゲル監督が誕生?(Getty Images)
 U-21日本代表の森保一監督が最有力候補と言われる中、英『デイリー・メール』が日本代表新監督にアーセン・ベンゲル氏(68)が就任する可能性があると報じた。

 かつて名古屋グランパスを率いたベンゲル氏は、1996年からアーセナルを指揮。2017-18シーズンを最後に退任したが、今後も監督業の続投を示唆していることから、新天地に注目が集まっている。

 同紙によると、日本サッカー協会(JFA)はベンゲル氏を日本代表新監督のトップターゲットに挙げ、長期政権を視野に招へいに動いているようだ。しかし、ベンゲル氏は代表ではなくクラブを率いることを希望しているとのこと。だが、ヨーロッパでそれを叶える機会は限られており、日本に対する愛着から代表監督就任に動く可能性があるという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-01656364-gekisaka-socc

新事実発覚!!日本代表監督としてベンゲルにも交渉していた! 

GettyImages-847056006
1 2018/07/15(日) 06:17:54.53 _USER9
日本サッカー協会が、日本代表のロシアW杯終了後、次期代表監督の有力候補に挙げていたフランス人のアーセン・ベンゲル氏(68)と接触し、話し合いが決裂していたことが14日、分かった。

既に前ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマン氏(53)とも破談。協会内にはW杯の結果を受けて日本人監督を推す声が多く、現状ではU―21日本代表の森保一監督(49)のA代表との兼任案が、20日の技術委員会で諮られる。

 日本協会関係者とベンゲル氏は、日本代表がロシアW杯で16強敗退後、モスクワで極秘に接触した。同氏は昨季限りで22年間指揮したプレミアリーグの強豪アーセナルの監督を退任し、招聘(しょうへい)のチャンスではあった。過去にJリーグの名古屋を率い、トルシエ元監督を紹介するなど日本サッカーを理解し、つながりもある。W杯前から水面下で意向を調査し、就任の可能性を探り直接話し合ったが、条件面で合意に至らなかった。

 日本協会では既に、もう一人の外国人候補だったクリンスマン氏と破談。外国人監督の売り込みもあるが、技術委員の中には、対話と日本人の持ち味を生かし下馬評を覆して16強入りした西野朗監督(63)の路線を継続するため、日本人指揮官に22年カタールW杯への道を託そうという声が多い。複数の委員からは「日本人がやる時代。このタイミングなら森保さんしかいない」「委員会では日本人を推す」「世界で勝つことを考えると外国人の方がいいとは思うが、日本人でも問題はない」などの意見がある。そのため、20日の技術委員会では、ロシアW杯でA代表のコーチを務めたU―21代表の森保監督の兼任が最有力案となる。

 技術委員会では4月に一度、ロシアW杯後の日本人監督路線を確認したが、その後、一部委員から外国人も含め幅広く候補者を探すべきとの意見が出たため、外国人指導者を複数リストアップした。だが、合意に至った候補者がおらず、日本人監督案に回帰することになった。

 ただ、ほかの外国人候補を推す可能性のある委員もおり、2つの代表カテゴリーを指揮する森保氏の負担が大きいなどの声もあるため、技術委員会で最終調整する方針。ある技術委員は「最後は関塚(隆)委員長に一任という形で、田嶋会長と話して決めるだろう」と話す。田嶋幸三会長(60)は7月中に新監督を決めたい方針で、森保氏本人の意向も含め課題が解消できれば、理事会に推挙される見込みだ。

スポーツ報知 7/15(日) 6:08配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000315-sph-socc

写真
no title

ベンゲルも“イニエスタブーム”に乗るか?「日本復帰も真剣に考える」 

1   2018/05/27(日) 12:59:27.69 _USER9
22年間アーセナルを指揮したアーセン・ベンゲル氏に、Jリーグ復帰の可能性が浮上した。英『デイリー・メール』が伝えている。

 ベンゲル氏は、1995シーズンから名古屋グランパスの監督を務め、1996年8月にアーセナルに移籍。そこから22年間アーセナルを指揮し、今シーズン限りでその役目を終えた。68歳という年齢から監督業引退も囁かれ、パリSG会長への就任が報じられていた。しかし、ベンゲル氏は監督業を続けるようで、その去就に注目が集まっている。

 同紙によると、ベンゲル氏は適切なオファーがあれば、日本復帰も真剣に考えるとのこと。今月バルセロナの世界的スーパースター、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタのヴィッセル神戸加入が決まり、かつてないほど注目を集めているJリーグ。FWフェルナンド・トーレス加入も噂される中、ベンゲル氏も日本にやってくるのだろうか。

ゲキサカ 5/27(日) 12:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-01654306-gekisaka-socc

写真
no title

【吉報】“ベンゲルJAPAN”可能性ありと英ジャーナリストが漏らす!! 

1   2018/05/13(日) 08:34:29.70 _USER9
アーセナルを今季限りで退任、Jクラブ指揮に英ブックメーカーはオッズ「3.5倍」

 今季限りで22年間の指揮にピリオドを打ち、アーセナルを退団するアーセン・ベンゲル監督が、日本サッカー界にカムバックする可能性があるのだろうか。イギリスの有名ジャーナリスト、ヘンリー・ウィンター氏は「彼が日本へ行ったとしても全く驚かない」と語っている。

 ベンゲル監督は1995年から翌96年までJ1名古屋グランパスを率いた。その後、アーセナルを指揮して22年間の長期政権を築いた。先日、今季終了後に契約満了をもって退任することを発表。その後に去就についてはすでに多くの憶測が飛び交っている。

 そうしたなかで注目の発言をしたのが英国の名物記者であるウィンター氏だ。日本でも翻訳著が出版されるなどコアなサッカーファンにはお馴染みの同氏は英公共放送「BBC」の「ラジオ5」に出演し、「彼が今後何をするのか内部の情報は何も知らない」と前置きしたうえで、「私は彼が日本へ行ったとしても全く驚かない。彼はあの国を愛している。代表チームを率いるかもしれないね」と語った。

 英紙「デイリー・スター」では早速「アーセン・ベンゲルが日本へ移籍? 専門家が爆弾発言だ」と驚きを持って報じている。ウィンター氏曰く、ベンゲル監督は日本の美的感覚に優れたライフスタイルも好んでいるという。

 また英国ブックメーカー「ベットフェアー」ではベンゲル監督が来季Jリーグクラブを率いるという賭けに3.5倍のオッズをつけていると伝えられている。現地でも日本行きの可能性は決してゼロではないと考えられているようだ。

フットボールZONE 5/13(日) 8:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180513-00103423-soccermzw-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索