Samurai Goal

ベルルスコーニ


スポンサード リンク





元ミランオーナーのベルルスコーニ氏が初陣!「ヒゲ、タトゥー、ピアスとは無縁のチームにする!」 

1: 2018/10/16(火) 08:02:25.14 _USER9
元ミラン・オーナーのシルビオ・ベルルスコーニは今シーズン、セリエC(3部)のモンツァを買収した。10月14日、ベルルスコーニは新オーナーとしての初戦に臨んでいる。

 ミランの黄金期を築いた名物会長が、3部クラブのオーナーとしてサッカー界に戻ってきたのは、F1で有名な街のチームに伸びしろがあると感じているからだ。

 イタリア衛星放送『Sky Sport』によると、ベルルスコーニは「しかるべき補強をすれば、セリエBに昇格でき、セリエAにも上がれるかもしれないと確信している」と述べた。

「我々がモンツァを買収したのは、イタリア全土の若手を探すのに投資するからでもある。我々は若手がスタメンに居並ぶようなチームにしたいんだ。もちろん、全員イタリア人さ。それも、今のサッカーでは考えられなくなった“ルールのあるチーム”にしたい」

 例えば、身なりもそのひとつだ。以前から昨今の選手のルックスに対する不快感を隠さなかったベルルスコーニは、「選手選びにおいてもっとも重要なのは、マナーや節度になるだろう」と明かす。

「我々は秩序だった若者を望む。できればヒゲやタトゥー、ピアスがなく、身なりも良くてマナーのある選手たちだ。ピッチでは相手に対して公正な態度を持ち、ファウルをすれば謝り、審判としっかり話ができる選手だね」

「タトゥーのない選手など見つからないと言われたが、私は信じている。外国人ばかりになった今のサッカー界において、モンツァがほかと異なり、手本となるクラブになることを願っているよ。モンツァが例外になれることを望んでいるし、信じている」
 
 モンツァでの初陣(6節のトリエスティーナ戦)の前、ロッカールームで選手たちに「3点差以上で勝ってほしい」と注文するなど、相変わらずのベルルスコーニ(試合は1-1のドロー)だが、“古巣”ミランへの注文も変わらない。4-3-3を基本布陣とするジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の戦術が気に入らないと苦言を呈した。

「ミランの戦い方に不満があるんだ。私やカルロ・アンチェロッティ、ファビオ・カペッロに分かったのに、どうしていまの監督は(2トップにすべきだと)分からないのか、理解できないね」

 ヒゲを生やし、タトゥーを入れている選手たちが4-3-3システムで戦うミラノダービー。「テレビで観るよ」というベルルスコーニは、どのような気持ちでこの大一番を見守るのだろうか。

10/15(月) 17:40配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181015-00048742-sdigestw-socc

写真
no title

ベルルスコーニ「私は30年前に愛情からミランを買った。そしてさらに大きな愛情表現としてミランを売る」 

1: 名無しさん 2016/08/12(金) 15:06:48.17 ID:CAP_USER9
ミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ会長が11日、『フェイスブック』でクラブ売却に言及した。愛するミランを手放すつらさを明かしつつ、中国企業グループ「Sino-Europe Sports Investment Management Changxing」がクラブを復活させるはずだと信頼を示している。

ミランの親会社フィニンヴェストは先日、「Sino-Europe Sports Investment Management Changxing」とクラブ売却の仮契約を結んだことを発表した。最終的に取引が完了した時点で、1986年2月にクラブを買収したベルルスコーニ会長がミランを手放すことになる。

ベルルスコーニ会長は『フェイスブック』で、「私は30年前に愛情からミランを買った。そしてさらに大きな愛情表現としてミランを売る」とコメント。「ミランが再び国際的なビッグクラブと競えるように投資する意欲と必要な資金力を持つグループにチームを委ねる」と売却について述べた。

「もちろん、感情的になっており、悲しい。だが、ミランのために動いたのだと確信している。そして私は最も熱狂的なファンであり続けるよ」

「この30年のことは私の心に残るだろう。素晴らしい思い出で、ほかに並ぶものはない。愛するチームを世界で最も成功したクラブに導けた私は恵まれていた」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160812-00000010-goal-socc
no title

ベルルスコーニ会長、衝撃の発言!「中国の共産主義者は、かつて赤ん坊を食べていた。本当だ!」 

1: 名無しさん 2016/06/05(日) 10:59:16.89 ID:CAP_USER9
■伊メディアレポート イタリア首相時代の10年前も抗議を受けたが、謝罪せず

 ACミランの名物会長であり、暴言王としても知られるイタリア元首相のシルビオ・ベルルスコーニ氏が身売り交渉の取り引き相手である中国に衝撃的な暴言を吐いたことが物議を呼んでいる。地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」などのイタリアメディアが報じている。

 元イタリア首相という政治家としての顔も持つベルルスコーニ会長はミランの親会社「フィニンベスト社」の株式70パーセントを売却する交渉を中国人企業グループと進めている。企業グループには中国政府も関わっているとされるが、ローマ近郊オスティアでの政治集会でのスピーチを終えた後に国家間の大問題に発展しかねない発言をしたという。

「中国の共産主義者は、かつて彼らの赤ん坊を食べていた。本当だ!これは本当のことなんだ! 彼らは大家族で赤ん坊にミルクを与えるのに十分でないときに、ほかの赤ん坊を食べ物として分け与えたんだ。そんな彼らに私がミランを明け渡すと思うのかい?」

■暴言王「そんな彼らにミランを明け渡すと思うか!」

 記事ではあくまでも“ジョーク”であるとされているが、ベルルスコーニ会長は首相時代の2006年3月にも「毛沢東時代の中国で、共産党は赤ん坊を煮て肥料にした」と発言。中国から公式に抗議を受けたものの謝罪を拒否している。10年後の今年になっても、同じ意味の発言を繰り返したことになる。

 ベルルスコーニ氏は、世界でも有数の“暴言王”として知られる。バラク・オバマ氏がアメリカ合衆国大統領になった際には「オバマは若く、ハンサムで、そして日焼けまでしている」と語り、世界中から批判を浴びた。また、女性に対する犯罪が多いことへの対策を議会で追及された際には「イタリアには可愛らしい女の子がたくさんいるから、レイプをなくすことは無理だ」と答弁した。国内で地震が起きた際、被災者が暮らすキャンプを視察した際には「キャンピングホリデー」と発言して大きな波紋を呼んだ。他にも、珍問答や問題発言は枚挙にいとまがない。

 同サイトによると、「株式売却交渉が順調に進んでいない苛立ちがあるのではないか」と分析している。買収30周年記念を迎えたミランは2015年度に100億円以上の赤字を計上するなど、経営状況は火の車だが、ベルルスコーニ会長は私財を投じ、ミランを世界のトップクラブに押し上げた。交渉相手の中国に対する懲りない放言で、ミランの行方は再び五里霧中となりそうだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160604-00010012-soccermzw-socc
no title

ミラン ベルルスコーニ会長が衝撃発言! 身売り交渉中の中国人を「私を追い出そうとしている」と批判… 

1: 名無しさん 2016/05/24(火) 08:18:26.60 ID:CAP_USER9
■株式を売却しても退陣しない? ベルルスコーニ会長が明かした仰天要求

 ACミランのシルビオ・ベルルスコーニ会長は、現在身売り交渉中の中国人グループを「私を追放しようとしている」と糾弾し、会長としてあと3年は留任する希望を明らかにしている。イタリア地元紙「コリエレ・デロ・スポルト」が報じている

 名物オーナーのミラン買収30周年記念だった今シーズン、かつての名門は衝撃的な凋落ぶりを見せた。100億円以上の補強費を費やし、コロンビア代表FWカルロス・バッカら久々の大量補強を敢行したが、チームはリーグ7位に低迷。イタリア杯決勝もユベントスに延長戦の末に0-1と敗れてタイトルを逃すとともに、来季のUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得にも失敗した。

 2015年度の赤字として100億円以上を計上するなかで、ベルルスコーニ会長はタイ人富豪に親会社フィニンベスト社の株式48%を680億円で売却する計画を進めていたが、タイ人サイドが中国市場で巨額損失を出したために、交渉がたびたびドタキャンされ頓挫。追い詰められたベルルスコーニ会長は現在、中国企業に株式の70%を875億円で売却する身売り交渉を進めている。

 こうした流れを受けて退陣間近と見られていたベルルスコーニ会長だが、衝撃的な発言が飛び出した。

「中国人が私を追い出そうとしている。売却を拒んでいるのは私なのだ。会長としてあと3年留まる条項を求めているのだが、彼らが応じようとしない」

 ワンマン会長は身売りしてもなお、3年間の統治を中国人サイドに要求しているという。

■中国人グループとの交渉がこじれる可能性も?

 ベルルスコーニ会長は、今季のミラン低迷の元凶とされている。現場介入をライフワークとし、お気に入りの4-3-1-2システムに見切りをつけたシニシャ・ミハイロビッチ監督を、終盤戦に解任。子飼いのクリスティアン・ブロッキ監督を独断専行で就任させ、”ベルルスコーニ・システム”の導入を厳命した。その結果、6位を守れば来季のEL出場権を手にできたはずが、ブロッキ監督就任後に2勝2分2敗と勝ち点を伸ばせず、格下サッスオーロに抜かれて7位に転落した。

元イタリア首相はイタリア杯決勝の前に、日本代表FW本田圭佑ら選手を目の前に爆弾発言に出た。

「我々は恥をさらし続けることはできない。ここにいる紳士(サポーター)が君たちを生活させている人間なんだ。彼らはこんなプレーが続くなら、これ以上のお金を払えないと言っている。そうなれば、私は君たちからお金を取り上げるか、もしくは払わん」

 直立不動の選手に給料支払い停止を言い放つと、空気は凍りついていた。「私を訴えてみるがいい。イタリアにおける民事訴訟がどこまで長引くか知っているか? 8年くらいだねぇ」と、訴訟にも長期戦で応じると言い放つなど、ミラン会長のとんでもない暴走は続いている。

 常軌を逸した指令を受け、選手はユベントス相手に奮闘。試合後、会長は奮闘した選手を讃えたという。この異常行動が最後の置き土産と思われていたが、中国人グループとの身売り交渉がこじれれば、来季も”暴君”ベルルスコーニ体制の継続という衝撃の結末を迎えるかもしれない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160523-00010015-soccermzw-socc
no title

ベルルスコーニ「持ってる以上の力を出せ」イタリア杯決勝は本田先発へ [無断転載禁止]©2ch.net  

1: 名無しさん 2016/05/20(金) 18:04:09.71 ID:CAP_USER9
サッカー日本代表MF本田圭佑が所属するイタリア1部(セリエA)ACミランは21日、
ローマのスタディオ・オリンピコでイタリア杯の決勝・ユベントス戦に臨む。
ミランのベルルスコーニ会長は19日、ミラノ郊外の練習場ミラネロを訪れ「持っている以上の力を出せ」などと激励した。
20日のイタリア主要スポーツ紙が報じた。

 優勝すれば来季の欧州リーグ予備戦の出場資格を得られることから「30年間で29回目のタイトルを獲得せよ。
そうすれば我々の本来の“居住地”に戻れる」と、
欧州カップ戦で強さを発揮していた“黄金時代”を引き合いに出し、奮起を促した。

 予想布陣は「4-3-3」で本田は右サイドFWとして先発しそうだ。
.
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160520-00000075-dal-socc
no title

ベルルスコーニがミランを中国に売る条件が呪いの装備みたいでわろたwwwww 

523: 名無しさん 2016/04/25(月) 12:35:16.07 ID:Y82ncGRs0.net
あまりいいソースではないが、会長は
・名誉会長として残る
・技術コンサルタントとして補強とフォーメーションを総括する
を中国に売る条件にしているらしい
http://www.calcionews24.com/milan-ultimissime-berlusconi-cessione-robin-li-clausola-brocchi-482819.html
no title

トップ下を偏愛するミラン会長が強権発動!? 19歳のアルゼンチン人司令塔の獲得を計画 

1: 名無しさん 2016/03/27(日) 10:23:52.66 ID:CAP_USER*.net
Soccer Magazine ZONE web  3月27日(日)8時32分配信

 ACミランのシルビオ・ベルルスコーニ会長の、トップ下を置くシステムに対する偏愛はつとに有名だが、来季の新トップ下候補を自ら指名。19歳のアルゼンチン人司令塔に10億円を投じて補強する計画が明らかになった。イタリア地元紙「コリエレ・デロ・スポルト」が報じている。

ベルルスコーニ会長就任30周年で名門ミランに名を刻む名手トップ10発表 そこに本田の名前は…

 今季のミランは、序盤に4-3-1-2システムをテスト。トップ下に日本代表FW本田圭佑、イタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラらを配置したが機能不全に陥り、シニシャ・ミハイロビッチ監督は早々に見切りをつけていた。

 だが、先日も「私の見たいミランではない」と現チームの戦術に不満をぶちまけていた会長は、19歳のアルゼンチン人MFジオバニ・ロ・チェルソに白羽の矢を立てたという。
リバープレート所属だが、現在はアルゼンチン1部ロサリオ・セントラルでプレーしている期待の逸材。800万ユーロ(約10億円)の移籍金を準備しているが、パリ・サンジェルマンも交渉を進めており、マンチェスター・ユナイテッドやユベントスも興味を示しているという。

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:Yahoo!ニュース http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160327-00010000-soccermzw-socc
no title



※関連板 http://wc2014.2ch.net/livefoot/ サッカーch
※関連板 http://hanabi.2ch.net/soccer/ 国内サッカー
※関連板 http://hanabi.2ch.net/football/ 海外サッカー

【まじか!?】ベルルスコーニが現場介入の封印を宣言 「ミハイロビッチに静かな環境で仕事をさせる」 

1: 名無しさん
ミラン名物会長が現場介入の封印を宣言 「ミハイロビッチに静かな環境で仕事をさせる」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160319-00010015-soccermzw-socc
 日本代表FW本田圭佑が所属するACミランの名物会長が、恒例行事である現場介入の封印を宣言している。イタリアのスポーツ専門誌「Italpress」のインタビューに応じたもの。

 ミランを買収して30年が経つシルビオ・ベルルスコーニ会長は、イタリア首相を務めるなど辣腕として知られる。その血が騒いでしまうのか、自身の所有するクラブの戦術からシステム、選手起用に至るまで、代々の監督たちに“指示”を出してきた。4-3-2-1の「クリスマスツリー・システム」で黄金期を築いていた時期のカルロ・アンチェロッティ監督にさえ、2トップシステムの導入を要求してきたほどだ。

 それは、今季から就任したシニシャ・ミハイロビッチ監督に対しても同様だった。開幕前にトップ下を置くシステムを強く要望し、ミハイロビッチ監督は本田やMFジャコモ・ボナベントゥーラをトップ下に置く4-3-1-2システムを模索。しかし結果が伴わず、指揮官はシステムを変更した。最近では、FWエムベイエ・ニアングが交通事故による負傷で離脱した後に、FWマリオ・バロテッリの起用を要求。さらに、バロテッリに対しても守備を求める指揮官の思惑に反して「ゴール前から動くな」と、“直接指導”を行っている。

 そうした度重なる現場介入に対し、ミハイロビッチ監督はシーズン途中から“無視”を決め込んでいると報じられてきた。それによって会長と指揮官の関係は悪化していると報じられたが、この局面では会長の側が折れたようだ。
会長を満足させる「結果」は不明だが…

「我々はミハイロビッチをシーズン終了時の結果とチームの機能性で評価する。今この瞬間は、静かな落ち着いた環境で仕事をさせる」

 名物会長の側から、自家用ヘリで練習場に駆けつける恒例の現場介入の封印を宣言している。少なくとも、シーズン終了までミハイロビッチ監督は自らの考えに横槍を入れられることなく、チームの指揮に専念することができるようだ。

 最終的にベルルスコーニ会長が満足する結果として、どのようなハードルが課せられているかは不明だが、現状リーグ戦では勝ち点48の6位と、来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を得られる3位以内はかなり厳しい状況にある。その一方で、イタリア杯では決勝に進出してユベントスとの決戦が待ち、タイトル獲得の可能性を残している。“鬼軍曹”ことミハイロビッチ監督を支えるためにも、本田やボナベントゥーラなど不動のレギュラーとなった選手たちの活躍が欠かせないはずだ。

Soccer Magazine ZONE web 3月19日(土)19時40分配信
no title

ミラン会長の強権発動! 本田同様に不動の左サイドMFを「レジスタで使え」と指揮官に命令 

631: 名無しさん 2016/03/04(金) 11:54:30.81 ID:DvLu6TbQ0.net
ミラン会長の強権発動! 本田同様に不動の左サイドMFを「レジスタで使え」と指揮官に命令
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160304-00010005-soccermzw-socc
再び炸裂したベルルスコーニ会長の現場介入

 ACミランの名物オーナー、シルビオ・ベルルスコーニ会長が、公式戦12試合無敗と絶好調のチームを率いるシニシャ・ミハイロビッチ監督に対して、得意の現場介入を炸裂させている。ミラン専門メディア「イル・ベーロ・ミラニスタ」が報じている。

「ミハイロビッチに対するメッセージ? これだけは言わなければいけない。私はボナベントゥーラを中盤のレジスタで起用することを念頭に置いている。彼は例外的に素晴らしいドリブラーだ。今のミランに将来的に素晴らしい解決策になるだろう」

 名物会長は、今季6得点と活躍するイタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラの中盤の司令塔役に猛プッシュしている。ボナベントゥーラは今季序盤にトップ下で起用されたが結果を出せず、4-3-3システムではウイングと中盤を兼務。4-4-2に変更後は不動の左サイドハーフとしてチームを支えている。

 1月の移籍市場で資金面の問題から戦力を次々に放出したミランで、2列目のタレントは枯渇気味。ボランチはベルトラッチ、クツカ、モントリーボ、ポーリら選手層に厚みがある一方、ボナベントゥーラと右サイドハーフを務める本田圭佑への依存度が極めて高い。こうした現状にもかかわらず、会長はボナベントゥーラのピッチ中央での司令塔起用を猛プッシュしていた。
ミハイロビッチ監督はオレ流を貫くが…

 かつてイタリア首相を務めたベルルスコーニ氏は、自家用ヘリコプターで試合前に練習場のミラネッロに乗りつけるのが恒例だ。食事やミーティングの席で、コーチングスタッフや選手に持論を披露する会長は、歴代の監督に様々な要求を突きつけてきた。

 結果だけではなく、トップ下を置くシステムに対する偏愛は有名だ。4-4-2システムで結果を出しているミハイロビッチ監督は従来のミラン指揮官と異なり、現場介入にもどこ吹く風とばかりにオレ流を貫いている。豪放磊落な発言で元首相の肩書きを持つ権力者にも遠慮を見せないが、パトロンからの「ボナベントゥーラ司令塔起用」の命令は、絶好調のミランにどんな影響を与えるのだろうか。
no title


ミラン低迷の最大要因がこのへんにあるんだろうな

ベルルスコーニ「活躍次第でバロテッリ買取りもある!!!」 

170: 名無しさん 2016/02/25(木) 13:39:25.41 ID:qE6iapcPr.net
ベルが今後の活躍次第でバロテッリ買取りもあるとか言ってるな・・・このハゲは何を血迷ってんだよ
最悪レンタル延長ならまだしもわざわざリバプールを喜ばせる様な事やめてくれ

なんでこの人は自分の発言と思想が時代遅れの産物になってて、チームの成長をる妨げている事に気付いてくれないのか・・・

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索