Samurai Goal

ベルギー代表


スポンサード リンク





「日本戦とブラジル戦、永遠に忘れない」ベルギーの守護神クルトワがW杯を振り返る 

ece50564-s
1 2018/07/19(木) 09:51:58.45 _USER9
ワールドカップで3位となったベルギー代表。

好プレーを連発した守護神ティボー・クルトワは、『Golden Glove』を受賞する圧巻の活躍を見せた。

『Sporza』によれば、今大会の思い出となる瞬間について聞かれるとこう答えたそう。

ティボー・クルトワ(ベルギー代表GK)

「2つの瞬間があった。

ひとつは0-2から逆転した日本戦、もうひとつは勿論ブラジルを撃破したことだ。

ネイマールのシュートに対するセーブはクライマックスだったね。

これらの瞬間は永遠に忘れないだろう」

https://qoly.jp/2018/07/17/courtois-on-japan-match-iks-1

『ベルギー戦はあれで良かった』オシム氏が認めた試合運びとは? 

E382AAE382B7E383A020
1 2018/07/19(木) 00:17:33.67 _USER9
ベルギー戦は今大会屈指の好試合で、私は日本の戦いに好感を持った。
先制して、自分たちより強い相手を慌てさせ、手を緩めずに追加点を挙げた。
終了間際に逆転されたが、リードしてすぐに守りに入っていたら、もっとたやすく追いつかれていただろう。

ベスト8への壁などと言わずに、日本にはもっと先に進んでほしい。決勝トーナメント進出が、日常のあいさつのように当たり前になって、初めてその先が見えてくるはずだ。

https://worldcup2018.yomiuri.co.jp/news/4212/

チェルシー、アザールの移籍金を280億円に設定!!ネイマールと同額か 

1 2018/07/17(火) 02:55:34.65 _USER9
E・アザールの移籍金280億円 チェルシーが設定 英紙報道
2018年7月17日 00:18 スポニチ Sponichi Annex サッカー
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/07/16/kiji/20180717s00002000040000c.html

ベルギーを3位に導いたE・アザール
no title


チェルシーが、移籍を“志願”したベルギー代表FWエデン・アザール(27=チェルシー)の移籍金を、2650万ユーロ(約280億円)に設定したと16日付の英紙タイムスが報じた。同紙によれば約1年前にパリSGがブラジル代表FWネイマールの獲得にバルセロナに支払った額とほぼ同額で、同紙は「高額の競りが始まった」との見出しで報じている。

閉幕したばかりのW杯ロシア大会でも活躍し、母国を史上最高の3位へと導いたE・アザール。
W杯後に「チェルシーで6年を過ごしたのちに臨んだW杯後、僕は何か違うものを見つける時が来たと思う」とチェルシー退団を示唆。新天地の希望としては「僕の行きたい場所は知っているだろう」と話していた。
クラブ名こそ明言はしていないが、以前からRマドリードに対して好意的なコメントを残しており、複数の英メディアも希望の移籍先はRマドリードで間違いないとしている。

Rマドリードは今夏、エースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)をユベントスに放出したばかり。
後釜にスター選手を獲得することが確実視されており、その候補のひとりがW杯決勝トーナメント1回戦で日本代表と対戦したベルギー代表の10番、E・アザールだと言われている。

ルカク、ショック!?マンU監督「W杯出場選手に特別休暇無し」 

キャプチャ
1 2018/07/15(日) 21:33:56.23 _USER9
マンU監督が鬼指令 ルカクらW杯代表の休暇認めず
2018年7月15日19時28分 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201807150000721.html

ジョゼ・モウリーニョ監督(2012年2月21日撮影)
no title


マンチェスターUのモウリーニョ監督は、ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場していた選手に追加の休暇は与えないと、15日の英紙サン電子版が報じた。
W杯の4強に7選手が残っていたが、8月6日にはチームに合流してほしいとしている。

W杯出場選手でも8月10日のプレミアリーグ開幕時にベンチ入りをさせたい意向だ。
リンガードとヤングはイングランド代表として主要な試合に全て出場していた上、イングランド-ベルギーの3位決定戦では、リンガード、ルカク、ラッシュフォード、ジョーンズが起用されていた。
またフランス-クロアチアの決勝でも、ポグバが起用される可能性が高い。

ベルギー“守護神”クルトワ、レアル移籍が現実的に!!ナバスと世代交代か 

news_160614_1
1 2018/07/15(日) 12:37:08.08 _USER9
チェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワが、レアル・マドリードへの移籍に近づいているという。スペイン紙『マルカ』が14日付で伝えた。

 レアル・マドリードは、かねてからGKの補強が報じられており、クルトワの名前も継続して候補に挙がっている。一方、クルトワもチェルシー退団を示唆するコメントを残してきており、移籍の噂が絶えない。マドリードには妻と2人の娘が住んでおり、同選手は将来的なマドリード“帰還”の願望をこれまで口にしてきた。

 そして、同メディアによると、クルトワはレアル・マドリードと年俸1300万ユーロ(約17億円)での個人合意に近づいている。数日以内に移籍が発表されるかもしれないとのことだ。

 なお、クルトワと同胞のFWエデン・アザールも「僕の行きたい場所は知っているだろう」とコメントし、チェルシー退団をほのめかしている。アザールは以前からレアル・マドリードへの憧れを公言しており、チェルシーは攻守の中心選手2人を同時に失うおそれが高まった。

 ベルギー代表が2018 FIFAワールドカップ ロシアの活動を終えたことで、クルトワやアザールの移籍話が一気に加速していきそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00794095-soccerk-socc

ベルギー代表アザール“レアル移籍”実現か!自ら移籍について言及!! 

GettyImages-977902256-e1530521541587
1 2018/07/15(日) 06:05:46.82 _USER9
現地時間14日に行われたロシアワールドカップ3位決定戦でイングランドに勝利したあと、ベルギーのMFエデン・アザールがチェルシーからの移籍をほのめかした。英『デイリー・ミラー』が伝えている。

 ベルギーの10番を背負うアザールは、イングランド戦でも活躍し、国際サッカー連盟(FIFA)の選ぶマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

 同選手は試合後、「チェルシーで6年間を過ごしたあと、違うものを見つけるときがきたのかもしれない」と語ったそうだ。

 アザールは以前からレアル・マドリーへの移籍が噂になっている。FWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス行きが決まった今、その噂はさらに盛り上がっているところだ。

 アザールは「ワールドカップが終わって、僕は残るか移籍するかを決めることができる。最終的にはチェルシーが何を望むかだね。僕の望む行き先は知っているはずだよ」と話している。

 『ミラー』は、マンチェスター・シティもアザールの獲得に興味を持っているが、選手の希望はレアル・マドリーだとみている。また、チェルシーとしても国内のライバルに主力を譲ることはしないという見方だ。

 イングランド戦でも圧倒的な存在感を示したアザール。レアル・マドリーへの移籍が動き出すのだろうか。

フットボールチャンネル7/15(日) 3:40
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180715-00281550-footballc-socc

日本代表は“実質4位”だった?イングランドには勝てた説!! 

GettyImages-998608268-800x533
1 2018/07/15(日) 00:52:30.33 _USER9
7/15(日) 0:51配信
ベルギーがW杯最高成績の初3位! アザールら2発でイングランドとの再戦制す

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・3位決定戦が14日に行われ、ベルギー代表とイングランド代表が対戦した。


 ともにグループGから勝ち上がってきたベルギーとイングランドが3位の座をかけて再び激突。グループステージではお互いに突破を決めて迎えた第3戦で対戦し、ベルギーが1-0で勝利していた。

 W杯最高成績となる初の3位を目指すベルギーは今大会4得点のロメル・ルカク、エデン・アザール、ケヴィン・デ・ブライネらに加え、ユーリ・ティーレマンスが先発出場した。一方、1966年の母国優勝に次ぐ成績を狙うイングランドは、6得点のハリー・ケインをスタメンに残しつつ、メンバーを5名変更。フィル・ジョーンズ、ルベン・ロフタス・チーク、エリック・ダイアーらが名を連ねた。

 試合が動いたのは立ち上がりの4分。ルカクのスルーパスで左サイドを抜け出したナセル・シャドリのクロスを、中央に走り込んだトーマス・ムニエがひざで押し込み、ベルギーが先制に成功した。幸先良いスタートを切ったベルギーだが、36分にシャドリが左太ももを痛めて負傷交代。39分、代わりに投入されたトーマス・ヴェルマーレンが3バック左に入り、ヤン・ヴェルトンゲンが左ウイングバックに移った。

 1点ビハインドのイングランドは、ダニー・ローズとラヒーム・スターリングを下げ、ジェシー・リンガードとマーカス・ラッシュフォードを投入し、後半を迎えた。70分にはダイアーがラッシュフォードとのワンツーでエリア内に抜け出し、ループシュートでGKをかわしたが、ゴール目前でDFにクリアされ、得点にはつながらず。

 すると82分、ベルギーはアザールがデ・ブライネのスルーパスでエリア内左に突破し、冷静にシュートをゴール左隅に突き刺し、追加点を決めた。試合はこのままベルギーが2-0で勝利。初の3位でW杯最高成績を更新した。

【スコア】
ベルギー代表 2-0 イングランド代表

【得点者】
1-0 4分 トーマス・ムニエ(ベルギー)
2-0 82分 エデン・アザール(ベルギー)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00793981-soccerk-socc

【速報】試合終了!!ベルギー、イングランド制し3位に輝く!![2-0] 

DiE8Y1JXcAAHV9a

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・3位決定戦が14日に行われ、ベルギー代表とイングランド代表が対戦した。


 ともにグループGから勝ち上がってきたベルギーとイングランドが3位の座をかけて再び激突。グループステージではお互いに突破を決めて迎えた第3戦で対戦し、ベルギーが1-0で勝利していた。

 W杯最高成績となる初の3位を目指すベルギーは今大会4得点のロメル・ルカク、エデン・アザール、ケヴィン・デ・ブライネらに加え、ユーリ・ティーレマンスが先発出場した。一方、1966年の母国優勝に次ぐ成績を狙うイングランドは、6得点のハリー・ケインをスタメンに残しつつ、メンバーを5名変更。フィル・ジョーンズ、ルベン・ロフタス・チーク、エリック・ダイアーらが名を連ねた。

 試合が動いたのは立ち上がりの4分。ルカクのスルーパスで左サイドを抜け出したナセル・シャドリのクロスを、中央に走り込んだトーマス・ムニエがひざで押し込み、ベルギーが先制に成功した。幸先良いスタートを切ったベルギーだが、36分にシャドリが左太ももを痛めて負傷交代。39分、代わりに投入されたトーマス・ヴェルマーレンが3バック左に入り、ヤン・ヴェルトンゲンが左ウイングバックに移った。

 1点ビハインドのイングランドは、ダニー・ローズとラヒーム・スターリングを下げ、ジェシー・リンガードとマーカス・ラッシュフォードを投入し、後半を迎えた。70分にはダイアーがラッシュフォードとのワンツーでエリア内に抜け出し、ループシュートでGKをかわしたが、ゴール目前でDFにクリアされ、得点にはつながらず。

 すると82分、ベルギーはアザールがデ・ブライネのスルーパスでエリア内左に突破し、冷静にシュートをゴール左隅に突き刺し、追加点を決めた。試合はこのままベルギーが2-0で勝利。初の3位でW杯最高成績を更新した。

【スコア】
ベルギー代表 2-0 イングランド代表

【得点者】
1-0 4分 トーマス・ムニエ(ベルギー)
2-0 82分 エデン・アザール(ベルギー)


SOCCER KING

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00793981-soccerk-socc

【速報】ベルギーが追加点!!イングランドに大きくリード[2-0] 

Belgium-vs-England-W

【速報】前半終了!!ベルギーがイングランドにリードで折り返し[1-0] 

キャプチャ

ロシア・ワールドカップ3位決定戦で14日、ベルギー代表とイングランド代表が対戦した。

グループリーグでも激突し、その時はベルギーが1-0で勝利した。しかし、ともに決勝トーナメント進出が決まっていた3戦目だったため、大きくメンバーを変更していただけに、あまり参考にはならない。それほど勝敗への重要性が低い3位決定戦で、互いがどのようなメンバーを送り出すか注目が集まっていたが、果たして…。

ベルギーはマルアン・フェライニではなく、若いユーリ・ティーレマンスを起用。しかし、基本的には大きなメンバー変更はなく、ほぼベストメンバーを並べた。

一方のイングランドは大幅に変更。若い選手を中心に、今大会あまり出番が訪れなかった選手を起用している。それでも、最前線のラヒーム・スターリングとハリー・ケインの2トップは健在だ。

試合は立ち上がり4分に動く。前線のロメル・ルカクにボールが入ると、左サイドのナセル・シャドリへスルーパス。シャドリがダイレクトで折り返すと、逆サイドからトーマス・ムニエが飛び込んで先制点をもたらす。

その後もベルギーが、縦に速く手数をかけない攻撃でゴールを脅かす。エデン・アザールの仕掛けやケヴィン・デ・ブライネのスルーパスなどからロメル・ルカクにチャンスが訪れるが、トラップミスでふいにしてしまう。

一方のイングランドはロングボールとセットプレー以外でなかなか好機を見いだせず。ゴールが遠い印象のまま前半の45分間を終える。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00010010-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索