Samurai Goal

ベルギー・リーグ


スポンサード リンク





日本代表GKシュミット・ダニエル、デビュー戦で呆然…守備崩壊のシントトロイデンが6失点で開幕2連敗  

1: Egg ★ 2019/08/03(土) 09:06:57.11 ID:vudq44jN9
[8.2 ベルギー・リーグ第2節 クラブ・ブルージュ6-0シントトロイデン]

ベルギー・リーグ第2節が2日に行われ、DF遠藤航、GKシュミット・ダニエル、FW鈴木優磨の所属するシントトロイデンは敵地でクラブ・ブルージュと対戦し、0-6で敗れた。
シュミットは先発フル出場で新天地デビューを果たしたが、チームは開幕2連敗。ベンチスタートの遠藤は後半11分に途中出場し、鈴木はメンバー外だった。

昨季2位のクラブ・ブルージュが開始から猛攻を見せる。前半16分にFWダビド・オケレケが先制ゴールを決めると、同38分にも裏へ抜け出したオケレケがシュミットとの1対1から追加点を奪取。
同43分には右サイドのFKからのクロスをMFハンス・バナーケンがヘディングで叩き込み、3-0とする。

さらに前半43分、味方のスルーパスに反応したMFパーシー・タウがフリーでPA内中央に進入し、シュミットの頭上を越すループシュートでネットを揺らした。

シントトロイデンは後半11分に2枚目の交代カードで遠藤を投入する。しかし、同27分に折り返しをFWエマヌエル・ボナベントゥールに押し込まれると、
同38分にはパスワークで中央を簡単に崩され、FWシーベ・スフライフェルスに6点目を献上。失点後、シュミットは呆然とした表情を見せた。

後半42分にクラブ・ブルージュのFWロイス・オペンダの退場で数的優位に立ったシントトロイデンだったが、無得点のまま試合終了。
第1節ムスクロン戦(0-1)に続き、開幕2連敗となった。

8/3(土) 6:48配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190803-43470050-gekisaka-socc

写真
no title

<伊東純也>移籍後初ゴール!スピード全開!1G1A!首位ゲンク敵地で引き分け  

GettyImages-1127118175-800x533




1: Egg ★ 2019/03/18(月) 09:07:09.86 ID:T54S8pDO9
[3.17 ベルギー・リーグ第30節 ズルテ・ワレヘム3-3ゲンク]

 ベルギー・リーグ第30節が17日に行われ、FW伊東純也の所属する首位ゲンクは敵地で11位ズルテ・ワレヘムと対戦し、3-3で引き分けた。2試合連続スタメンの伊東は、移籍後初得点を含む1ゴール1アシストを記録。後半26分までプレーした。

 前半13分にズルテ・ワレヘムのMFハムディ・ハルバウィにPKを決められ、先制を許したゲンクだったが、伊東がチームを救う。同19分、右サイドでボールを持つと、味方のサポートがない中で複数のマークを相手に縦へ突破。スピードに乗ったままPA内右からクロスを送り、MFルスラン・マリノフスキーのヘディング弾をアシストした。

 前半39分には自陣中央でのポストプレーで攻撃の起点となり、前線へ勢いよくスプリント。PA内右のDFジョアキム・マーレからの折り返しを左足で押し込み、移籍後初ゴールで2-1とした。

 ゲンクは後半16分にレアンドロ・トロサールが右足でシュートを決め、3-1とリードを広げる。しかし、同26分に伊東が交代で退くと、直後の同27分にズルテ・ワレヘムのDFサンディ・ウォルシュに頭で押し込まれ、1点差に詰め寄られる。

 後半アディショナルタイム3分にはズルテ・ワレヘムのFKからゴール前にボールがこぼれ、ハルバウィに蹴り込まれて3-3。ゲンクはすでに首位でプレーオフ1進出を決めていたが、レギュラーシーズン最終節を勝利で飾ることはできなかった。

3/18(月) 5:51配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-39573663-gekisaka-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索