Samurai Goal

ベルギー


スポンサード リンク





ベルギーでの成長感じさせた鈴木武蔵「海外でよりハングリーに。いずれ自分が一番だと証明したい」5試合2得点 

1: 2020/10/15(木) 18:25:54.55 _USER9
目指すは”大迫超え”


日本代表のFW鈴木武蔵はコートジボワール戦で先発を飾り、手応えと課題を語った。

13日、国際親善試合で日本はコートジボワールと対戦。試合はスコアレスのまま終盤までもつれたが、終了間際に植田直通のヘディング弾で日本が1-0と勝利している。

国際親善試合|日本 vs コートジボワール|結果・スタッツ

先発出場して73分までプレーした鈴木は「常に動き出しを意識して、脅威になる場所を意識していました。ここに来ればというシーンもあったし、得点できなかったのは残念だったがフィーリングは悪くなかったですね」と振り返った。

クラブレベルでは今夏からベルギーのベールスホットに加わった鈴木。代表では欧州での成長ぶりも感じさせ、このように語っている。

「今までは代表に来て、下手に行ってたんですけど、今回は海外で一人でやる中でチームの中でなかなか認めてもらえない時期もありましたし、自分を前面に出さないと絶対消えると思ったので、一日一日アピールして試合ではゴールしたいと思っていました。海外でよりハングリーになれました。まだ大迫(勇也)選手には勝てなくてもいずれ自分が一番だと証明してやるという気持ちはすごくありますね」

一方で、「さらに成長しないといけないと感じますし、だらだら過ごすのではなく毎試合繰り返しやっていたら一年経ってまたさらに成長したねと周りに言ってもらえるようにやっていきたいです」と話した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0118b938bd6e10f150ac9a425d227966f950b4b3
10/14(水) 12:39配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10034758
成績

no title

横浜FC斉藤光毅、マンC経由ベルギー移籍か 

スクリーンショット 2020-10-15 12.27.00

「日本に完敗した」敗戦したコートジボワール代表に海外メディアが嘆きの声!「ベルギーとは善戦したのに…」 

スクリーンショット 2020-10-14 20.44.22

イングランドがウェールズに3発勝利、日本と戦うコートジボワールはベルギー相手にドロー 

スクリーンショット 2020-10-09 15.37.29

<FW鈴木武蔵(ベールスホット)>ベルギー移籍後初ゴール! チームは敗北も試合終了間際に一矢報いる 

1: 2020/09/19(土) 07:09:48.80 _USER9
ジュピラー・プロ・リーグ第6節が18日に行われ、ベールスホットに所属するFW鈴木武蔵が移籍後初ゴールを挙げた。

ベールスホットはアウェーで森岡亮太が所属するシャルルロワと対戦。両選手とも先発出場を果たし、森岡は62分までプレー、鈴木はフル出場を果たした。
試合はシャルルロワが3-1で勝利を収めたが、ベールスホットは3点ビハインドで迎えた後半アディショナルタイム2分、鈴木の移籍後初ゴールで一矢報いた。

鈴木はペナルティエリア内で味方からパスを受けると、ゴール右下にシュートを突き刺した。一度VARが介入して無得点となりかけたが、結果的に得点は認められ、1点返すことができた。
シャルルロワは開幕6連勝で首位を独走、ベールスホットは暫定で2位につけている。

9/19(土) 6:30配信 サッカーキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/9f293ecbfbb49317bff8dcf6bd6c0788d57b6432

写真
no title

<鈴木武蔵>ベルギーデビュー 実母が語る“イジメられた少年時代”「お母さん、どうやったら白くなれるの?」 

1: 2020/09/01(火) 21:57:51.55 _USER9
写真
no title


8月30日、J1札幌からベルギー1部リーグ「ベールスホット」へ移籍した鈴木武蔵(26)が、スタンダール戦で新天地デビューを果たした。
昨季は札幌でチーム一の得点を重ねる大活躍を見せた鈴木だが、日本を代表するFWとして注目を集めるようになったのは最近のことだ。
ジャマイカ生まれの鈴木を女手ひとつで育て上げた母親に、これまでの軌跡を語ってもらった。

 ***

鈴木の母・真理子さんは、群馬県太田市で地域密着型の英語塾「地球塾イングリッシュスクール」を経営しながら、鈴木を育てた。
ベルギー移籍の第一報が出た直後の8月15日、塾を訪ねると

「まだラインでしか話を聞いていないんで、よくわからないんです。『今から(メディカルチェックを受けるために)飛行機に乗る』って送られてきただけで」
と言いながらも、取材に応じてくれた。

鈴木は1994年に、真理子さんと、ジャマイカ人の父親との間で生まれたハーフ。
「20代のころ、私は旅行代理店に勤めながら、バックパッカーをしていたんです。休みになると、東南アジアやインドを一人で貧乏旅行して回る日々でした。あるとき業界誌を見ていたら、『ジャマイカ勤務員求む』って募集広告が目に入り……。
実はその直前、仕事でバハマに行って帰ってきたばかりで、それを見た瞬間、『カリブ海が私を呼んでいる!』ってなっちゃったの。すぐに前の仕事を辞め、2週間後にはジャマイカに飛び立っていました。
その後、向こうで出会った男性との間で生まれたのが武蔵です」

「お母さん、どうやったら白くなれるの?」
 
武蔵という名は、日本人らしく、という思いを込めて真理子さんがつけたという。
「宮本武蔵から取りました。日本人っぽい名前と考えたとき、武蔵しか思いつかなくて……。サムライだし強い感じでいいでしょう。ジャマイカでは、私は日本では考えられないような育て方をしていました。
向こうでは5歳でも小学校に入れるんだけど、私はあの子を一人で乗り合いタクシーに乗せて、小学校まで通わせてたの。お金を持たせて、自分でランチまで買わせいました。でも、そのおかげか、小さなころから自立心を育てられたとは思っています」

2000年に帰国。現在も住む太田市の実家での生活が始まった。
「夫とは別れて日本に戻ってきたので、それからはずっと母子家庭です。私はおカネを稼ぎに外に働きに出ないといけなかったので、子育てはおじいちゃん、おばあちゃんに任せきり。
英語塾を立ち上げたのは武蔵が小学校6年生くらいのころで、それまでは夜遅くまで、学習塾や企業の研修など英語講師のバイトを掛け持ちする日々でした。幸い武蔵は小学1年生の入学直前から日本での生活がスタートできました。

まだ小さかったからすぐに日本語も覚えて、順応できたんですが、小さいころはよく肌の色でいじめられてね……。『コロッケ』『ハンバーグ』って言ってくる子たちがいたんです。カチンときて鉛筆を投げつけたりする事件も何度かあった。
彼に“お母さん、どうやったら白くなれるの?”って言われたこともありました」

思い悩む息子に母はこうさとしたという。

「“私はあなたの肌の色が大好き。だから、そのままでいいのよ”って。でも、おじいちゃんが、“シッカロール(ベビーパウダー)が効くんじゃないか”なんてことを言うもんだから、真に受けて夜な夜な塗っていたこともありましたね。
でも、根がお調子もんだし運動もできたから、そんな苦労も乗り超えて、すくすく成長してくれた。サッカーを始めたのは小学校2年生です。指導者にも恵まれて、特待生で桐生第一高校に進学。卒業後に『アルビレックス新潟』入りも決まりました」


9/1(火) 5:56配信 ディリー新潮
https://news.yahoo.co.jp/articles/8e4ed69eb848bc0854330f416f9bab7bf4232857

<鈴木武蔵>ベルギー1部ベールスホットVA移籍が決定!「すぐに帰って来ないように・・・頑張ってきたい」 

スクリーンショット 2020-08-19 5.01.16




1: 2020/08/18(火) 20:23:04.35 _USER9
「海外に行ってさらに飛躍できるようにすることが僕の目標です」

北海道コンサドーレ札幌は8月18日、所属する日本代表FW鈴木武蔵のベルギー1部ベールスホットVAへの完全移籍を発表した。
クラブの公式ホームページで、鈴木は以下のようにコメントしている。

「若い頃から海外にチャレンジしたいという気持ちがありました。チャレンジした先でさらにステップアップできるように、海外に行ってさらに飛躍できるようにすることが僕の目標です。
今の僕を作り上げてくれたのはこれまでの過去のチーム、もちろん北海道コンサドーレ札幌もそうですが、積み上げてきたものが今の僕に至っていると思います。新潟、水戸、松本、長崎、札幌、全てのチームに感謝の気持ちを伝えたいです。

それだけでなく、高校や中学、小学校のときに指導してくださった指導者の方々にも感謝したいです。僕一人ではここまで来られませんでした。
これから先に行くためにも今までの経験を生かして、さらに厳しい道のりが待っていると思いますが、もっともっと自分の中で頑張って、日本まで活躍が届くように頑張っていこうと思います。

北海道では1年半という間でしたけれど、札幌ドームの雰囲気だったりアウェイでの声援だったり、すごく僕の力になりました。
海外にチャレンジできるのもコンサドーレのサポーターの皆さんがあってこそだと思っています。
本当に北海道を代表する気持ちで海外にチャレンジして、すぐに帰って来ないように、向こうでさらに皆さんの耳に僕の活躍が入るように頑張ってきたいと思います」
 
鈴木が加入するベールスホットはアントワープに本拠地を置き、昨季に2部リーグを優勝。新シーズンから1部リーグに挑戦する。8月8日に開幕したベルギー・リーグでは2連勝し、2節終了時点で得失点差で首位に立っている。
クラブは公式インスタグラムを更新し、「ようこそ Suzuki Musashi」と動画を投稿。鈴木のJリーグでの活躍から、ベルギー到着後の契約成立までの様子をハイライトで伝え、最後にユニホーム姿を公開している。

シュミット・ダニエル、鈴木優磨、伊藤達哉、松原后、中村敬斗が所属するシント=トロイデンをはじめ多くの日本人選手が集まるベルギーにまたひとりサムライ戦士が加わった。初の海外挑戦に注目が集まる。

8/18(火) 19:59配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/2abb6e9b8dd48b2bd6f735e6643a6e3c4479ada9

札幌GM、鈴木武蔵のベルギー移籍は“交渉中”と明言 「肌感覚で言うと、まとまっていく方向」 

1: 2020/08/13(木) 15:36:56.59 _USER9
8/13(木) 12:54
Football ZONE web
移籍報道を受けて三上GMが緊急会見「正式なレターはまだ届いていない」

札幌GM、鈴木武蔵のベルギー移籍は“交渉中”と明言 「肌感覚で言うと、まとまっていく方向」

 J1北海道コンサドーレ札幌は13日、一部で報じられた日本代表FW鈴木武蔵の海外移籍報道について、公式サイトで「現時点で先方クラブからの打診があったのは事実」と認め、交渉中であることを発表した。それを受けて、クラブの強化担当である三上大勝GMがオンラインでの取材に応じ、具体的な内容への明言は避けたものの、「肌感覚で言うと、まとまっていく方向なんだろうなとは思っています」と語った。


 現在26歳の鈴木は2012年にアルビレックス新潟でJリーグデビューを果たすと、出場機会を求めてJ2の水戸ホーリーホック、松本山雅FCへのレンタルを経て、18年にV・ファーレン長崎に完全移籍。リーグ戦11ゴールとプロ入り後初のシーズン二桁得点をマークすると、昨季札幌に加入し33試合13ゴールと活躍した。今季も負傷で戦列を離れた時期があったものの、ここまで出場したリーグ戦全4試合でゴールを奪い5得点。昨年からはコンスタントに日本代表にも選出されている。

 そんな札幌の絶対的エースのもとに、ベルギー1部ベールスホットからオファーがあったと一部メディアで報じられ、13日にはクラブが公式サイトに声明を発表。「現時点で先方クラブからの打診があったのは事実です」と認めたうえで、「今後は本人の意思を確認しつつ本人並びに先方クラブと交渉して参ります」としていた。

 これを受けて同日、三上GMも報道陣のオンライン取材に応じ、具体的なクラブの明言は避けたものの、「ベルギーのクラブと我々のクラブで話しているのは事実」と改めて語った。そして交渉の進展具合については、「肌感覚で言うと、まとまっていく方向なんだろうなとは思っています。ただ現時点で正式なレターが、まだ我々の手元に届いていないのは事実。一方でクラブ間等々で僕が直接先方のクラブとのやりとりを口頭でさせてもらっています」と説明し、今後は本人の意向を踏まえながら交渉を進めていくと明かした。

 もっとも三上GM自身、鈴木を長崎から獲得した際に、本人から将来的な海外移籍の希望を聞いていたという。そして「どうしたらこの移籍が実現できるのかというスタンスのもとで、やり取りをさせていただいている」と、具体的な交渉内容への言及こそ避けたが、日本代表FWの海外進出を後押しする意向を示していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b9dd2e31ec7b0d49801d0c8d104923a89ab38f16
no title

【札幌】鈴木武蔵、ベルギーに完全移籍…1部ベールスホットと複数年で大筋合意、13日にも契約 

スクリーンショット 2020-08-13 14.54.50

<STVV鈴木優磨>電光石火の今季初ゴール! ベルギー開幕戦で昨季2位ヘントに2-1勝利 

1: 2020/08/09(日) 22:31:10.16 _USER9
新加入FW中村とともに先発、開始2分で貴重な先制ゴールを叩き込む

ベルギー1部シント=トロイデン(STVV)は9日、昨季2位のヘントとの開幕戦に臨み、FW鈴木優磨と新加入のFW中村敬斗が先発出場。開始2分に左サイドからのクロスを鈴木が押し込み先制すると、その後同点に追いつかれるものの、後半15分にFWファクンド・コリーディオが決勝ゴールを決めて強豪相手に2-1と勝利を収めた。

【動画】鈴木優磨が電光石火の先制弾! 強豪ヘントとの開幕戦で今季初ゴール
https://www.football-zone.net/archives/276642/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=276642_6

 オーストラリア人のケビン・マスカット新監督が率いる今季のシント=トロイデンには、FW鈴木と中村、MF伊藤達哉、DF松原后、GKシュミット・ダニエルの日本人選手5人が在籍。本拠地での開幕戦に、その中から鈴木と中村がスタメンに名を連ね、松原がベンチ入りした。

 試合は開始2分にいきなり動く。左サイドバックのDFポル・ガルシアがアーリークロスを供給すると、このボールがクリアしようとした相手の足に当たってファーサイドに流れ、ゴール前に詰めた鈴木が右足で合わせた。

 幸先良く先制したシント=トロイデンは、最前線の鈴木、左ウイングの中村を中心にリズム良く攻撃を仕掛けていく。前半19分には、再び左サイドのガルシアからのクロスが相手DFに当たったこぼれ球を、中村が右足でボレーシュート。これは惜しくも相手GKに阻まれた。

 その後は次第にヘントに押し込まれるようになると、同43分にCKからDFイゴール・プラストゥンに決められ、1-1で試合を折り返す。ゲームの流れがややヘントに傾いていたなか、シント=トロイデンは後半14分に中村に代えて韓国代表FWイ・スンウを投入。するとその直後、ゴール前の混戦から放ったイ・スンウのシュートは相手DFにクリアされるも、そのボールをコリーディオが左足ボレーでねじ込み勝ち越しゴールを奪った。

 鈴木は同30分に交代。その後、同36分にヘントのFWロマン・ヤレムチュクに決定的な一撃を放たれるが、シュートはポストを直撃し失点を免れた。シント=トロイデンはその後もリードを守り抜き、ホームでの開幕戦に2-1と勝利した。

 先制ゴールの鈴木は、加入1年目の昨季にリーグ戦24試合7ゴールをマーク。エースとしての活躍が期待されるなか、チームとともに幸先の良いスタートを切っている。


8/9(日) 22:24 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/de0560294ca034f99a230b5db2b5c4cd30c61044

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索