Samurai Goal

ベルギー


スポンサード リンク





<日本×ベルギーの死闘>W杯公式で断トツの支持率69% 海外ファン感動「泣いた」  

9




1: 2018/12/09(日) 07:27:35.15 _USER9
日本が原口のW杯初ゴール&乾の技ありミドル弾で2点のリードを奪うも…


ワールドカップ(W杯)イヤーの2018年も間もなく幕を閉じる。ロシアW杯決勝トーナメント1回戦のベルギー戦(2-3)での逆転負けは日本にとって悔しい結果となったが、強豪相手に激闘を演じた戦いぶりは世界中の人々に強烈なインパクトを残した。W杯公式ツイッターは決戦の地ロストフで行われた5試合のうち、4試合を対象に“記憶に残るゲーム”のユーザー投票を実施。日本対ベルギー戦が支持率69%で断トツの1位となり、「衝撃の名勝負」「日本のために泣いた」と改めて感動の声が上がった。

【関連動画】W杯史に残る死闘「日本×ベルギー」に世界が感動! 日本代表MF乾貴士の技ありミドル弾&“ロストフの14秒”と呼ばれるベルギーの衝撃高速カウンター

 コロンビア、セネガル、ポーランドとグループリーグで同居した日本は、1勝1分1敗で勝ち点、得失点差、総得点でセネガルと並んだなか、フェアプレーポイントの差でH組2位となり、2010年大会以来の決勝トーナメント進出を決めた。

 ベルギーとの8強進出を懸けた試合は、一進一退の攻防で0-0のまま前半を折り返すと、後半一気にゲームが動き出す。3分、自陣でボールを奪ったMF乾貴士がMF柴崎岳につなぎ、右サイドを駆け上がったMF原口元気にスルーパス。原口は追いすがる相手DFを背後に感じながら、シュートフェイクを入れて右足を振り抜き、ファーサイドに自身W杯初得点となる先制ゴールを突き刺した。

 さらに、日本は後半7分、ゴール正面でセカンドボールを拾ったMF香川真司がタメを作ると乾にパス。フリーの乾は狙いすました右足ミドルをゴール右隅に突き刺し、一気にリードを2点に広げた。

2点のビハインドからベルギーが怒涛の反撃、後半ATに衝撃のカウンター発動で逆転

しかし、ここからFIFAランキング3位(当時)の強豪が息を吹き返す。後半24分にDFヤン・フェルトンゲンの一撃で1点を返すと、途中出場のMFマルアン・フェライニのヘディング弾で同点に追いつく。

 そして、後半アディショナルタイムにドラマが生まれる。MF本田圭佑の左CKを難なくキャッチしたベルギーGKティボー・クルトワのスローイングから高速カウンターが発動。MFケビン・デ・ブライネがドリブルで持ち込み、右サイドを駆け上がったDFトーマス・ムニエを経由して中央にグラウンダーのクロス。ゴール正面に飛び込んだFWロメル・ルカクがフィニッシュするかと思われたが意表をつくスルー、最後は飛び込んできたMFナセル・シャドリが値千金の逆転弾を決めた。直後にタイムアップの笛が鳴り、ベルギーが3-2と鮮やかな逆転勝利を収めた。

 ベルギーの完璧なカウンターはもちろん、日本のDF昌子源がピッチを叩いて悔しがる姿など、真剣勝負で生まれた数々の名シーンは世界中の人々の心を打った。

 W杯公式ツイッターは、「ロストフは本当に記憶に残るW杯ゲームを楽しんだ。あなたが際立っていたと思うのはどれですか?」と投稿。ウルグアイ対サウジアラビア戦を除く4試合を対象に読者アンケートを実施すると、「レッドデビルズ(ベルギー代表の愛称)が信じられないカムバック(逆転)」と紹介された日本対ベルギー戦が断トツの支持率69%でトップに輝いた。

 投稿のコメント欄には、「衝撃の名勝負」「トーナメントのベストマッチ」「ベルギーのドラマチックなカウンターは忘れられない」「私はサムライブルーのために泣いた」と両チームが見せた死闘を称えるメッセージが寄せられた。

 日本にとっては悔しい一戦として記憶に刻まれているが、日本サッカー界の今後の発展を見据えるうえでは“価値あるゲーム”として語り継がれていくだろう。

 W杯公式ツイッターが発表した、ロストフでの“ベストバウト”投票結果は以下の通り。

日本×ベルギー 69%
ブラジル×スイス 12%
韓国×メキシコ 12%
アイスランド×クロアチア 7%

12/9(日) 7:10 フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/152948

日本代表の夢を打ち砕いたベルギー戦「14秒のプレー」NHKがオシム氏やザッケローニ氏らを訪問し徹底検証!  

http___o.




1: 2018/12/07(金) 22:11:38.08 _USER9
ロシア「ロストフアリーナ」でおこなわれた、サッカー・ロシアW杯決勝トーナメント1回戦の日本代表対ベルギー代表戦(7月2日)。
日本サッカー史上初のベスト8進出の夢を打ち砕いた14秒のプレーについて、『NHKスペシャル』が追った。

W杯開幕前のFIFAランキングでは、日本代表の61位に対して、ベルギーは3位。MFエデン・アザール、MFケヴィン・デ・ブライネ、FWロメルー・ルカク、GKティボ・クルトゥワら、
黄金世代が全盛期で、欧州予選を9勝1分という圧倒的な強さで勝ち抜き、優勝候補に。本大会でも予選グループGを3戦全勝と首位通過し、前評判通りの強さを見せつけた。

しかし、いざ試合が始まると、日本代表は大善戦。序盤から高い位置から積極的にプレスを仕掛け、後半に入ると原口元気と乾貴士が立て続けにゴール(48分、52分)を決め、
一時は2-0とベルギー代表をリード。慌ててベルギーは選手を交代、猛攻を仕掛けることとなる。瞬く間にスコアをタイに戻された日本代表。
そして、終了間際のアディショナルタイムに、あの14秒のプレーに襲われることとなる。

そのプレーの発端は、ベルギー陣内でおこなわれた日本代表によるコーナーキック。蹴るのは途中出場の本田圭佑。
W杯というガチンコの大会で、強国をあと一歩まで追い詰め、あと1点とれば夢のベスト8という場面。

しかし、空中を舞ったボールは、GKクルトワの手に収められ、すぐさまMFデ・ブライネへ。約50メートルのドリブル後、DFトーマス・ムニエへパス。
そして、ムニエのクロスに、ルカクはシュートせずにスルー。最後に走り込んだFWナセル・シャドリがゴールにボールを叩き込んだ。

番組では、長谷部誠、長友佑都、ルカク、クルトワら両チームの選手のほか、かつての日本代表を率いたオシム氏やザッケローニ氏らを訪問し、
この「14秒のプレー」がどう生まれたのかを検証。浮かび上がってきたのは、一瞬のうちに交錯した判断と世界最高峰の技術、そして、この瞬間に至るまでの巧妙な罠(わな)と意外な伏線・・・。

この一戦に人生を賭けた男たちが、全力を尽くしたからこそ生まれた14秒のドラマだった。この模様は12月8日・夜9時から放送される。

12/7(金) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00053551-lmaga-ent

スイス、ベルギーに2点差から5-2大逆転勝利!W杯準優勝クロアチアはイングランドに敗戦 

モドリッチ%E3%80%80アルゼンチン-1024x659




1: 2018/11/19(月) 11:32:28.90 _USER9
スイスがベルギーに圧勝! 2点ビハインドから大量5得点で大逆転

UEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ2第6節が18日に行われ、スイス代表はホームでベルギー代表に5-2で勝利した。

 2分にトルガン・アザールが相手のミスから先制点を決めると、17分にもT・アザールがゴール。試合はベルギーのペースで進んだ。しかし、26分にスイスがPKで1点を返すと流れは一気にスイスに傾いた。

 31分、ジェルダン・シャチリの折り返しにハリス・セフェロヴィッチが押し込み2-2に。44分にはカウンターの流れから再びセフェロヴィッチがゴールを奪い、スイスがあっという間に逆転に成功した。

 後半に折り返してもスイスの勢いは衰えず。62分、シャチリのクロスにエルヴェディが頭で合わせ4-2。84分にはセフェロビッチがヘディングシュートでゴールを決め、ハットトリックとなるダメ押しの5点目を決めた。

 スイスは2点ビハインドから5得点を奪い、5-2逆転勝利をおさめ、得失点差でベルギーを上回り、グループ首位に浮上。来年6月に行われるリーグA準決勝への進出を決めた。

【スコア】
スイス代表 5-2 ベルギー代表

【得点者】
0-1 2分 T・アザール(ベルギー)
0-2 17分 T・アザール(ベルギー)
1-2 26分 リカルド・ロドリゲス(PK)(スイス)
2-2 31分 セフェロヴィッチ(スイス)
3-2 44分 セフェロヴィッチ(スイス)
4-2 62分 エルヴェディ(スイス)
5-2 84分 セフェロヴィッチ(スイス)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00865264-soccerk-socc


イングランド、逆転勝利で準決勝進出!…W杯準優勝のクロアチアが降格

 UEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ4第6節が18日に行われ、イングランド代表はホームでクロアチア代表に2-1で勝利した。

 前半はイングランドが主導権を握り、11分にラヒーム・スターリングがペナルティエリア右に抜け出すが、シュートはGKにセーブされる。直後のCKでもニアのジョン・ストーンズが頭で合わせ、ファーでフリーのハリー・ケインが右足ボレーを狙ったが、ミートせずクロスバー上に外れた。16分にはスターリングが最終ラインの裏に抜け出すと、飛び出したGKと交錯。こぼれを拾ったケインが立て続けに2本シュートを放ったが、どちらも得点には結びつかなかった。

 試合が動いたのは後半に入って57分、クロアチアが先制に成功した。アンドレイ・クラマリッチがエリア中央でボールを収めると、2度の切り返しで守備陣を翻弄しシュートをゴール左隅に沈めた。しかしイングランドは77分、右サイドのロングスローからゴール前のケインのシュートをジェシー・リンガードが押し込み同点。そして85分、左サイドのFKから、ゴール前のケインが滑り込みながら右足で流し、逆転勝利を収めた。

 イングランドは2勝1分1敗の勝ち点「7」となり、同「6」のスペイン代表を抜いて首位浮上で、準決勝進出が決定。ワールドカップ準優勝のクロアチアは、1勝1分2敗の勝ち点「4」で最下位となり、リーグBへの降格が決まった。

【スコア】
イングランド代表 2-1 クロアチア代表

【得点者】
0-1 57分 アンドレイ・クラマリッチ(クロアチア)
1-1 77分 ジェシー・リンガード(イングランド)
2-1 85分 ハリー・ケイン(イングランド)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00865241-soccerk-socc

JFAがFIFAランク1位ベルギーとパートナーシップ協定締結 

20181023-03417902-gekisaka-000-2-view

ベルギーサッカーに激震、詐欺・八百長疑惑で大規模捜索 

ベルギー逸材-1-1024x675


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索