Samurai Goal

ベティス


スポンサード リンク





バルセロナ、ベティス戦でA・ファティが半月板損傷…3~5カ月の戦線離脱へ 

スクリーンショット 2020-11-08 17.38.01




1: 2020/11/08(日) 16:13:47.01 _USER9
バルセロナは7日、FWアンス・ファティが左足の内側半月板を損傷したことを発表した。

7日のラ・リーガ第9節、本拠地カンプ・ノウでのベティス戦(5-2)に先発したA・ファティは、前半途中にPKを獲得した際に左足を痛め、ハーフタイムにFWリオネル・メッシと交代していた。バルセロナはその後、同選手が内側半月板損傷という深刻な負傷に苦しんだことを発表している。

スペインメディアによれば、離脱時期は今後の処置次第になるとのこと。最も可能性が高いのは縫合術で、その場合には3~5カ月の離脱となる。一方で切除術の場合には、5週間の離脱になるとのことだ。

先に18歳となったばかりのA・ファティは、今季ロナルド・クーマン監督率いるチームにとって不可欠な存在として活躍。チーム内得点王であるFWリオネル・メッシの6得点に次ぐ、5得点を決めていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/72b8d0839e591ed09ccd5e6b4ea33b858fb65460

<久保建英>アヤックス、パリSG、グラナダ、セルタ、ベティスの5クラブへの移籍可能性が消滅!地元メディア 

1: 2020/08/01(土) 14:29:27.47 _USER9
マドリードの電子メディア「デフェンサ・セントラル」は来季の去就が注目されるRマドリードの日本代表MF久保建英(19)について、国外ではアヤックス(オランダ)、パリSG(フランス)、スペイン国内ではグラナダ、セルタ、ベティスの計5クラブへの移籍の可能性が消滅したと報じた。

 今季Rマドリードから1年間の期限付きでマジョルカでプレーした久保は、来季も外国人枠の問題で他クラブにレンタル移籍することが濃厚。国内外で多くのクラブが争奪戦を繰り広げているとされる中、同メディアは久保がスペイン1部でのプレーを強く望んでいることで、まず国外のアヤックス、パリSGへの移籍の可能性が消滅したと報じた。

 一方でスペイン国内に関しては、グラナダが久保と同じポジションに2部のテネリフェからスペイン人のMFルイス・ミジャ(25)を獲得したこと、また久保の年俸が120万ユーロ(約1億5000万円)と高額であることなどが理由で撤退と報道。またベティスもセルタからペルー代表MFレナト・タピア(25)を獲得したことなどが理由で久保争奪戦から撤退したとしている。

8/1(土) 12:14 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/607b371e9710e106bb548ca35a1cc1aea37e49e6

写真
no title

「イニエスタの神戸から誘惑も…」“ゼロ円”で動ける元スペイン代表コンビに新生ベティスが触手! 

スクリーンショット 2020-07-31 21.44.11

<久保建英>“争奪戦”からベティスが撤退か クラブ幹部「そのポジションには3人の選手がいる」 

1: 2020/07/31(金) 06:44:23.40 _USER9
過熱する久保の去就報道、ベティスのコルドンSDが噂に言及

多くのクラブから注目を集めているMF久保建英

日本代表MFは今季、保有元のレアル・マドリードからマジョルカに期限付き移籍し、リーグ戦35試合4ゴール4アシストの結果を残し評価を高めた。
来季の久保については、スペイン国内外で争奪戦が起きているが、移籍先候補の一つに挙がっていたベティスは、久保から手を引いているようだ。スペインメディア「エル・エスパニョール」が報じている。

久保を将来的な戦力として考えているレアルは、UEFAチャンピオンズリーグやUEFAヨーロッパリーグの出場権を保有しているクラブに来季も貸し出すことで、経験を積ませたいと考えているようだ。
マジョルカで好パフォーマンスを見せた久保の獲得には、シーズン中から多くのクラブが関心を示していると報じられてきた。レアル・ソシエダ、ベティス、セビージャ、グラナダといったスペイン国内のクラブに加え、
フランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)、イタリアの名門ACミラン、オランダの強豪アヤックスなどの名前も挙がっている。

そんななか、ベティスは久保獲得レースから手を引いたようだ。ベティスのスポーツディレクター(SD)に就任したアントニオ・コルドン氏は、
久保と今季レアルからアーセナルに期限付き移籍していたスペイン代表MFダニ・セバージョスの獲得報道についてコメントした。

新型コロナウイルスの影響を受け、今夏の移籍市場が非常に難しいものになるとコメントしたコルドンSDは、久保の獲得について
「そのような報道があったね。でも、ベティスには、彼のポジションに満足のできている3人の選手がいる」と語り、噂を否定した。一方、セバージョスの獲得には可能性があるようで
「彼がどれだけ素晴らしい選手かは、これまでのことから十分に分かっている。彼は興味深い選手だ」と話した。

2018年夏に日本代表MF乾貴士を獲得し、公式サイトには日本語ページも作っているベティスだが、久保の獲得は実現しないようだ。

スペイン紙「AS」では、レアルとセビージャは久保の移籍についての交渉で合意に至らなかったと報じ、
新たにオサスナを移籍先の有力候補に挙げている。久保の移籍が正式に決定するまで、報道はまだまだ過熱しそうだ。

7/30(木) 20:30配信 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/cdc7e59ea34662410d87c0f1f4685a486d85ae64

写真
no title

久保獲りへ今季スペインL7位kグラナダが動く!ベティスも移籍先候補に 

スクリーンショット 2020-07-24 11.25.23のコピー

久保移籍先はソシエダードとベティスの2択 地元紙 

スクリーンショット 2020-07-23 18.33.23のコピー

久保建英、ベティスへの期限付き移籍の可能性が浮上 

スクリーンショット 2020-07-22 21.32.22のコピー

<ラ・リーガ(スペイン)>3カ月ぶりに再開!セビージャが宿敵ベティスとのダービー制してCL出場権獲得へ弾み 

1: 2020/06/12(金) 08:34:19.10
写真
no title



ラ・リーガは11日に第28節が行われ、セビージャとレアル・ベティスが対戦した。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、3カ月の中断を余儀なくされたラ・リーガ。それでも国内新規感染者数の減少や段階的な規制緩和を受け、ついに11日に無観客での再開を迎えることとなった。なお負傷リスク等を考慮し、交代枠は5名に増加。ベンチには12名が座っている。またベンチ入り選手はマスクと手袋を着用し、ソーシャルディスタンスを保つことが義務付けられている。

2019-20シーズンの再開を告げる一戦は、セビージャとベティスによる“アンダルシア・ダービー”に。セビージャの本拠地ラモン・サンチェス・ピスファンにファンは立ち入れないが、キックオフ直前にファンが歌うイムノのビデオが流され、試合を盛り上げている。

宿敵同士の大一番は、序盤から無観客や中断期間を感じさせない激しい攻防が繰り広げられる。前半はホームのセビージャが主導権を握り、オカンポスらが何度か決定機を作るもゴールを奪えない状況が続く。

それでも54分、CKの競り合いの中でバルトラがファーを犯し、セビージャがPKを獲得。これをオカンポスが確実に沈め、ホームチームが先制に成功する。得点直後には、スタジアムに収録されたファンの声援が流れている。

勢いに乗るセビージャは62分、再びCKからニアのオカンポスがヒールでフリックし、最後はフェルナンドが頭で押し込んだ。リードを2点に広げる。

その後両チームともに5人の交代枠を使い切ったが、追加点は生まれず。終盤には両チームとも負傷者が出てしまうことに。試合はこのまま終了し、2-0でセビージャが勝利を挙げた。

再開初戦を勝利で飾ったセビージャは、勝ち点を50に伸ばして4位レアル・ソシエダとの差を暫定で4に広げ、チャンピオンズリーグ出場権争いに弾みをつけた。一方敗れたベティスは、同33のままとなっている。

■試合結果
セビージャ 2-0 ベティス

■得点者
セビージャ:オカンポス(56分)、フェルナンド(62分)
ベティス:なし

6/12(金) 6:58GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/f2824232ba1641f48cb5aa4f4ddf2d340a05dfea

久保建英、来季レアルから再レンタルへ。ソシエダとベティスが有力候補? 

20200524-00374899-footballc-000-1-view




1: 2020/05/24(日) 20:00:56.02
レアル・マドリードからのレンタルでマジョルカに在籍している日本代表MF久保建英は、来季はレアル・ソシエダあるいはベティスへレンタルされることが現時点では有力とみられている。スペイン紙『ラ・ラソン』が24日付で伝えた。

リーガ1部での出場機会を求めてレンタルされたマジョルカでのプレーで上々の評価を得ている久保。だが外国人枠などの問題もあって来季のマドリーでプレーするのは困難と予想され、再び他クラブへレンタルされることが濃厚視されている。

現時点で最も有力なレンタル先と現地紙が予想しているのはレアル・ソシエダ。マドリーは現在ソシエダにレンタルしているノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールを呼び戻したいと考え、その交換条件として久保のレンタルを提案しているという。

ソシエダも久保を迎え入れることには乗り気だが、一方でウーデゴーをチームに残したいという考えも強いとみられる。ソシエダとの間で合意が得られない場合、ベティスが次の選択肢になるとの見通し。ベティスはすでにマドリーに久保獲得の打診を行っていると伝えられている。

また、他にも久保の獲得に関心を抱いているクラブとしてパリ・サンジェルマン(PSG)の名前も挙げられている。スペイン『デフェンサ・セントラル』は、移籍金2000~2500万ユーロ(約23~29億円)での完全移籍を希望するPSGと、
1部残留を果たした場合には再レンタルを希望すると予想されるマジョルカも含め、4クラブが久保の獲得を争うとの予測を伝えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200524-00374899-footballc-socc
5/24(日) 13:49配信

<久保建英>スペイン有力3クラブが争奪戦か!セビージャや、その宿敵ベティスなどが受け入れに興味 

1: 2020/05/08(金) 07:31:31.14
レアル・マドリーからマジョルカにレンタル中の久保建英の去就が、現地でも注目を集めている。

 これまで有力視されてきたのが、レアル・ソシエダへのレンタルだ。現在4位と躍進を見せるチームを牽引するノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーを保有権を持つマドリーがレンタルバックし、代わりに同じ技巧派レフティーの久保を貸し出すというプランだ。

 一方で、マドリー専門メディア『Bernabeu digital』は4月30日、マドリー通で知られるトマス・ゴンサレス=マルティン氏にインタビューをして掴んだ情報として、「ソシエダがマドリーに貸出しを要望しているのは、日本代表MFではなくレガネスのオスカル・ロドリゲスだ」と伝えてもいた。
 
 だが、まだ何も決まっていないようだ。5月7日、移籍を中心に取り扱うウェブメディア『Fichajes.net』は、久保の去就について次のように伝えている。

「18歳の日本人選手は、ビセンテ・モレーノ監督率いるチームで重要な役割を果たしている。だが、(マドリーに復帰するには)まだ不十分であり、マジョルカでのレンタルが終われば、再びローンに出されるだろう。その有力な候補はレアル・ソシエダだ」

 そして、やはりポイントはウーデゴーの動きになるようだ。このノルウェーの“神童”は「(役割が重なる)ルカ・モドリッチが残留するかどうかで、ソシエダでの2年レンタルを全うするか、マドリーに早期復帰するかを決断しようとしている」と記事は伝えている。

 そして、ソシエダにすんなり決まらない場合は、現在3位のセビージャや、その宿敵ベティスなどが久保の受け入れに興味を持っているという。

 コロナ禍で財政状況が厳しい各クラブにとって、加速度的に成長している“日本の至宝”をレンタルで手中にできれば、願ったり叶ったりだ。争奪戦は、思った以上に熾烈を極めるかもしれない。

5/7(木) 20:18 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200507-00072919-sdigestw-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索