Samurai Goal

ベティス


スポンサード リンク





ベティス監督セティエンが乾貴士を激励「タカが大好き。大切な選手であり、これからプレーする」 

20181119-00000025-goal-000-3-view

バルサに歴史的勝利も乾貴士は浮かぬ顔。「チームに迷惑をかけた」 

20181112-00010005-sportiva-000-1-view

<“クローザー”乾貴士>ベティス、メッシ復活のバルサを粉砕! 計7ゴールの乱打戦を制す  

1: 2018/11/12(月) 06:56:23.39 _USER9
乾は終盤に“クローザー”として出場。
no title


現地時間11月11日に開催されたラ・リーガ第12節、バルセロナ対ベティスの一戦は4-3でアウェーのベティスが勝利した。

 リオネル・メッシが右腕の骨折から約3週間ぶりに復帰したバルサは、入れ替わるようにフィリッペ・コウチーニョが離脱。ここ数試合で新加入のアルトゥールを軸に華麗なる復活を遂げたパスサッカーは機能せず、メッシの個人技頼みのそれに逆戻りしてしまった。

 そんな中、ベティスの先制ゴールは20分に生まれた。ポゼッションにこだわってきたチームにとっては珍しい、鋭いカウンターからのゴールだった。

 ウィリアム・カルバリョが中盤の低い位置からDFラインの裏にスルーパスを送り、鋭く反応したジュニオル・フィルポが右足でシュート。これがゴール左隅に突き刺さった。

 さらに追加点は34分だ。1点目と同じくカルバリョからジュニオルにパスがつながり、中央に折り返したボールはだれにも合わずに逆サイドへ流れたが、これを後方から駆け上がったクリスティアン・テージョが右足でセンタリング。フリーで待ち構えていたホアキン・サンチェスがダイレクトで流し込んだ。
 
 バルサも68分、ジョルディ・アルバが倒されて得たPKをメッシが落ち着いて決め、1点差に詰め寄ったが、この日のベティスはこれで終わらなかった。

 71分、次にテージョの右からの折り返しをダイレクトで蹴り込んだのはジオバニ・ロ・チェルソだった。利き足ではない右足から放たれたボールは、名手マルク=アンドレ・テア・シュテーゲンを弾き飛ばし、ゴールマウスに飛び込んだ。

 これで1-3。2点差をつけられたバルサは79分、メッシの圧巻のスルーパスを、ムニル・エル・ハッダディが横に流し、最後はアルトゥーロ・ビダルが突き刺してふたたび1点差としたが、直後にイバン・ラキティッチが2枚目のイエローで退場。重要なバランサーを失ったことで守備が崩壊したホームチームは、83分にダメ押しの4点目を許した。

 86分、ベティスがロ・チェルソに代えて乾貴士を送り込み、逃げ切りを図ろうとする中、バルサはアディショナルタイムの90+4分、お家芸とも言える細かいパス回しから最後はメッシが押し込んで3-4とした。

 だが、反撃もここまで。バルサはベティスに逃げ切りを許し、ラ・リーガでは6節のレガネス戦以来となる痛い2敗目を喫している。

11/12(月) 2:53 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181112-00050139-sdigestw-socc

【スコア】
バルセロナ 3-4 ベティス

【得点者】
0-1 20分 ジュニオル・フィルポ(ベティス)
0-2 34分 ホアキン・サンチェス(ベティス)
1-2 68分 リオネル・メッシ(PK)(バルセロナ)
1-3 71分 ジオヴァニ・ロ・チェルソ(ベティス)
2-3 79分 アルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)
2-4 83分 セルヒオ・カナレス(ベティス)
3-4 90+2分 リオネル・メッシ(バルセロナ)

【スターティングメンバー】
バルセロナ(4-3-3)
テア・シュテーゲン;S・ロベルト、ピケ、ラングレ、J・アルバ;ラキティッチ(81分 退場)、ブスケツ(69分 アレニャ)、アルトゥール(46分 ビダル);メッシ、L・スアレス、マルコム(57分 ムニル)

ベティス(3-4-1-2)
P・ロペス;マンディ、バルトラ、シドネイ;テージョ、グアルダード、W・カルヴァーリョ、フィルポ;ロ・チェルソ(87分 乾);ローレン(76分 S・レオン)、ホアキン(62分 カナレス)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00861859-soccerk-socc

ベティスで苦しむ乾貴士、早くも古巣エイバル復帰希望?スペインで報道 

inuitakashi20180817-thumb-400x443-207266




1: 2018/11/01(木) 12:24:45.04 _USER9
レアル・ベティスMF乾貴士は、エイバルへの復帰を考えているのだろうか。スペイン『GOL digital』が伝えている。

今夏ベティスへフリーで加入した乾。リーガ第6節まで公式戦7試合連続で出場するなど、序盤戦は出場機会を手にしていたが、徐々に出番が減少。
直近のリーグ戦4試合では1試合のみ、60分の出場に留まっている。

そんな状況に、バスク州ビルバオのメディア『GOL digital』のフェルナンド・ハラマ氏は、「エイバルとワールドカップで素晴らしいレベルを見せたが、ベティスのスタメンに入れない理由はいくつか推測できる」とし、見解を述べている。

「日本人選手は成功できなかった。純粋なアタッカーでもMFでもないため、(指揮官キケ)セティエンの求めるものと自身とではギャップがある。
そのクオリティ、スピードに疑いはないが、ベティスにはキャラクターがあっていない」

そして、乾が3シーズンを過ごしたエイバルへの復帰希望を指揮官に伝えたと報じている。

「これらの理由のため、イヌイはセティエンに何を感じているか伝え、昨季プレーしたエイバル復帰の可能性について説明を求めた」

復帰希望は定かではないが、ベティスで徐々に存在感を失いつつある乾。次戦は2日のコパ・デル・レイ2回戦、ラシン・サンタンデール戦だが、出場機会を掴みアピールすることができるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00000003-goal-socc
11/1(木) 12:10配信

乾貴士“3試合連続”スタメン出場!!ベティスがバレンシアを圧倒するも結果はドロー... 

51
1 2018/09/16(日) 05:17:15.20 _USER9
一時はベティスのボール支配率が80%に到達。
現地時間9月15日に実施されたラ・リーガ第4節、バレンシア対ベティスの一戦は0-0のスコアレスドローに終わった。

ここまで勝利のないバレンシアにとっては、絶対に落とせないホームゲーム。しかし試合は、圧倒的とも言えるベティスのペースで進んだ。

ボランチのウィリアン・カルバリョをケガで、CBのズハイル・フェダルを病気で欠いたベティスだったが、18分をまわったところでのボール支配率は80%を誇る。
そして、日本代表の乾貴士もその中で抜群の存在感を放った。
 
左のインサイドハーフでスタメン出場を果たした乾は、初勝利に貢献した前節のセビージャ・ダービー以上の存在感を放った。
63分にホアキン・サンチェスと代わってピッチを退くまで、まさしく攻守に渡って高いプレゼンスを示し、22分にはリャド・ブデブズのパスに抜け出してあわやゴールという場面も作った。

また乾は、守備でも果敢にバレンシアDFにプレスをかけ、高い位置で何度もボールを奪うなど好プレーを連発。
昨シーズンまで所属したエイバルであれば、チームに不可欠な選手としてフル出場を果たしていてもおかしくない内容だった。

だが、それでも早々と交代を命じられたのは、やはりこのチームで彼に求められているものがゴールでありアシストだからだろう。
もちろん、5日後のヨーロッパリーグ(アウェーのオリンピアコス戦)を視野に入れた交代とも考えられるが。

この日ベティスは、ホアキン投入後も何度かあった決定機を決めきれず、結局スアコアレスドローに終わっている。
4節を終えて1勝2分け1敗は悪い成績ではないものの、ここまで奪ったゴールがセビージャ・ダービーでのホアキンの一発だけというのは寂しすぎる。

内容は悪くないだけに、あとは最後のフィニッシュの精度を高めるだけ。
木曜日のオリンピアコス戦(EL)、あるいはラ・リーガの次節、アスレティック・ビルバオ戦でこそ乾とベティスのゴールラッシュに期待したいところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180916-00047342-sdigestw-socc
9/16(日) 5:12配信

『日本人が欲しい』乾貴士の古巣エイバル、“ポスト乾”を物色中!? 

GettyImages-952853366-800x519
1 2018/09/11(火) 12:11:09.09 _USER9
今夏に新天地ベティスに活躍の場を移した乾貴士。開幕したラ・リーガで3試合連続出場を果たし、得点にこそ絡んでいないものの及第点以上の働きを見せている。
 
 そんな日本代表MFの前所属クラブが、言わずと知れたエイバルだ。2015年夏にわずか30万ユーロ(約3900万円)の移籍金でフランクフルトから移籍。丸3年でリーグ戦89試合に出場して11得点・10アシストを記録し、攻撃の急先鋒として活躍した。そのエイバルが、新たな日本人選手を物色中だという。地元紙『Estadio Deportivo』が報じている。
 
「エイバルはタカシ・イヌイの恩恵を多分に授かった。彼はアジア市場でバスク地方およびエイバルの知名度向上に寄与し、イヌイの母国である日本では、バルセロナ、レアル・マドリーに次いで3番目に人気のあるスペイン・クラブとなったのだ。一枚70ユーロ(約9100円)のイヌイ・シャツは飛ぶように売れ、常にクラブ内で一番の利益を生んでいた。現在はベティスがその影響の大きさを実感しているだろう」

 さらに同紙は、現在もエイバルでスポーツディレクターを務めるフラン・ガラガルサのこんなコメントを引用している。
 
「我々にとって、日本人選手の存在はピッチ内外で大きな意味を持っていた。イヌイの退団が決まってから、実は別の日本人フットボーラーを本気で獲りにいっていたんだ。残念ながら金銭面で折り合わずに断念したけどね。そこに加えて選手自体が、海外より国内でプレーすることを望んでいたようだ。いずれにせよ、諦めてはいない。今後もリクリートを続けるつもりだ」
 
 今夏のマーケットでは釣り上げられなかったが、冬には“ハポネス”がエイバルの地を踏むかもしれない。おそらくはJリーグクラブから、かつ日本代表に選ばれている選手だとすれば──。今後も動向をチェックしておく必要がありそうだ。

9/11(火) 5:11 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180911-00047006-sdigestw-socc

エイバル監督の嘆き『乾貴士をタダで出してしまった...』 

キャプチャ

ベティスMFカナレスが乾貴士を「お笑い担当」に認定!? 

キャプチャ

乾貴士、セティエン監督と“仲が良すぎる”一幕がSNSで話題に!!! 

20180904_inui

乾貴士、自ら『イケメン』と主張してしまうww 

キャプチャ
1 2018/09/07(金) 12:08:31.21 _USER9
9/7(金) 12:01配信 GOAL

今夏からレアル・ベティスに加入したMF乾貴士だが、早くもチームに溶け込んでいるようだ。スペインのテレビ番組『チリンギート』が、キケ・セティエン監督とのやり取りを伝えている。

エイバルとの契約満了後、フリーでベティスへ加入した乾。ここまでゴールやアシストはないものの3節すべてに出場し、第3節のセビージャとのダービーマッチでは、初のフル出場を飾った。

チームへ順調に適応している乾だが、指揮官との関係も良好のようだ。『チリンギート』は、セティエン監督が乾に「お前の国じゃ、お前はイケメン? それとも不細工?」と聞いている場面を伝えている。

問われた乾は、「イケメン」と返答。すると指揮官は「イケメン? かなりのイケメンなのか?」とさらに質問を重ねる。乾はうないずいて返答した。

すると、首をかしげるセティエン監督へ、今度は乾の方から「なんでそんなリアクション?」と逆質問。指揮官は「お前の美しさが……日本の美しさの観点が分からないからな」と応じ、乾はその答えを聞いて爆笑している。

そして、指揮官は「若い子たちはお前がイケメンだと思っているんだろう? 娘さんたちはお前がイケメンだって」と尋ね、乾は笑いながら「そうだね(笑)」と返している。

ベティスへ加入してからわずか1カ月半。乾は、このやり取りもFWロレン・モロンを介しながら行うなど、スペイン語を自在に操れるわけではない。

それでも、指揮官と冗談を言い合えるほどチームに馴染みきっているようだ。代表ウィーク明けの15日には強豪バレンシアとの一戦が控えているが、乾はどのような活躍を見せてくれるだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00000005-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索