Samurai Goal

ベッケンバウアー


スポンサード リンク





ベッケンバウアー氏もFIFA汚職調査対象に 2018、2022年W杯招致の買収疑惑に関与か 独ビルト紙報道[10/22] 

1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 2015/10/22(木) 08:37:05.00 ID:???*.net
国際サッカー連盟(FIFA)の倫理委員会は21日、元FIFA理事で西ドイツ(当時)代表の名選手だったベッケンバウアー氏と、ビリャルリョナ副会長(スペイン)が調査対象になっていると発表した。

ドイツの大衆紙ビルトによると、ベッケンバウアー氏は2018、22年のワールドカップ(W杯)招致の買収疑惑に関係しているという。

倫理委は、既に暫定的な90日間の活動停止処分を科しているブラッター会長とプラティニ副会長の調査内容も言及。
11年2月にプラティニ副会長に支払われた200万スイスフラン(約2億5000万円)の経緯を詳しく調べていると認めた。


◆スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/soccer/world/20151022-OHT1T50004.html
no title

ベッケンバウアー「プレミアにワールドクラスはいない!ブンデスにはミュラーがいる!!」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 01:49:02.70 ID:???*.net
大型補強の割には……

ヴォルフスブルクからケビン・デ・ブライネ、バイエルンからバスティアン・シュバインシュタイガー、ホッフェンハイムからロベルト・フィルミーノと、
今夏のプレミアリーグの補強は凄まじかった。2016年からは放映権料も跳ね上がるため、さらに動きは活発になっていくかもしれない。

しかしバイエルンの英雄であるフランツ・ベッケンバウアー氏は、プレミアリーグにワールドクラスの選手はいないと切り捨てた。
バイエルンもそうだが、ドイツは今夏に各クラブのエース級をプレミアリーグに取られている。その恨みもあってか、プレミアリーグに厳しい指摘をしている。

「彼らは誰でも獲得出来るわけじゃない。クリスティアーノ・ロナウド、メッシ、イブラヒモビッチ、そして我々のミュラーとね。ドイツにはいるけど、プレミアリーグにワールドクラスの選手はいないよ」

スター選手の多さで強さが決まるわけではないが、大型補強を行ったはずのプレミア勢はチャンピオンズリーグで苦戦している。
唯一勝利したチェルシーがマンチェスターの2クラブなどと比べて静かな夏を過ごしたことを見ても、マンチェスター勢のチャンピオンズリーグでの戦いは何とも虚しい。

プレミア勢は今夏も大枚をはたいたが、値札だけでワールドクラスかを判断するのは早計だ。今夏の補強でプレミアは強くなったのか。今季のチャンピオンズリーグも1つの指標となりそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150919-00010000-theworld-socc
no title

バイエルン名誉会長ベッケンバウアー「来季クロップはナポリ監督になる!」 

1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 23:27:38.14 ID:???*.net

ボルシア・ドルトムントを退団したユルゲン・クロップ監督が来季ナポリの指揮官に就任する可能性が浮上した。
ドイツ『スカイ』が伝えている。

 その情報を発信元は意外にもバイエルン・ミュンヘン名誉会長フランツ・ベッケンバウアー氏だ。
同氏は「来季クロップは南イタリア、つまりナポリで指導するだろう」と明かしている。

ナポリの現指揮官であるラファエル・ベニテス監督は今季限りでの退団が決定。
レアル・マドリー監督就任が間近となっている。

5月31日(日)22時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150531-00010035-footballc-socc
http://amd.c.yimg.jp/amd/20150531-00010035-footballc-000-1-view.jpg


皇帝ベッケンバウアー氏、クロップのバイエルン監督招へいを諦めず 

1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 19:52:45.49 ID:???*.net
バイエルンの”皇帝”が語ったクロップへの関心

バイエルン・ミュンヘンの元会長フランツ・ベッケンバウアー氏が今季限りでドルトムントの監督を退任するユルゲン・クロップ監督に対する関心を独『スカイ』に対して語った。

「私がまだバイエルンの会長だった頃、クラブではクロップの招聘の話し合いが頻繁に行われていたんだ。彼はバイエルンの監督に相応しい存在だった」

2008年にオットマー・ヒッツフェルト監督が退任した際の監督候補にクロップ監督が挙がっていた。
しかし招聘は実現せず、ユルゲン・クリンスマン元ドイツ代表監督がチームを率いることになった。

「もちろんグアルディオラがバイエルンの監督を続けてくれたらそれが良いが、私にとってクロップはやはり関心のあるテーマだ。それに変わりはない」

グアルディオラ監督は2016年まで契約期間が残っており、来季も続投する意志を見せている。元会長が語るのは何年か先のことだ。

クロップ監督に対するバイエルンの関心は元会長の口からも語られたが、目下正式な話し合いに関しては監督の代理人マルク・コシッケ氏が否定している。
同代理人によれば、2013年にユップ・ハインケス監督がバイエルンの監督を退任した際にも、後任として名前が挙がったが、具体的な交渉は行われなかったという。

様々なクラブからの関心が取り沙汰されるクロップ監督。最大のライバルだったバイエルンの監督に就任することはあるのだろうか。

theWORLD(ザ・ワールド) 4月27日(月)19時35分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150427-00010008-theworld-socc

no title

ベッケンバウアー「ファン・ハールはユナイテッドにとって完璧な監督!!」 

1: 名無しのSamurai
ベッケンバウアー氏:「ファン・ハールは最高の監督の一人」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140430-00000021-goal-socc
「彼(ファン・ハール)はユナイテッドにとって完璧な監督だよ。国際経験が豊富でイングランドのサッカーも理解しているからね。噂なのか、ユナイテッドが本当に獲得を狙っているのかは分からない。だけど、ユナイテッドがファン・ハールと契約をしたら、彼らの未来は良いものになるだろう」

「ファン・ハールは多くのタイトルを獲得してきて経験がある監督だ。志もありパーソナリティーもあるんだ。彼はすべてを持っているよ」

ファン・ハール監督は、2009年から2011年までバイエルンで監督を務めていたが、2011年4月にシーズン途中で解任された。

「彼のことは好きだよ。彼はバイエルンでも成功を収めている。最後は、彼の指導方針について話し合い、別れることになったけど、私は彼が最高の監督の一人だと思っている」
[全文はリンクより]
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索