Samurai Goal

ベスト11


スポンサード リンク





「キャプテン翼」日本人ベスト11をスペインメディアが選出! 中盤は三杉、岬、翼ら豪華タレントが勢揃い 

1: 2020/05/27(水) 23:37:54.87
3-6-1の最強布陣?
「キャプテン翼」日本人選手ベストイレブンをスペインメディア選出

守護神は“SGGK”こと若林 3バックは松山、石崎、次藤が並ぶ


日本が誇る世界的な人気サッカー漫画「キャプテン翼」は、スペインでも多くのサッカー少年を魅了し、現在ヴィッセル神戸でプレーする元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタらに影響を与えてきた。
英サッカーサイト「90min」スペイン語版がその名作で特集を組み、ベストイレブン企画を実施。日本人選手の“最強メンバー”が選ばれた。


スペインでは現地に馴染みやすいようにキャラクター名も改変されているが、ここでは原作の日本人名を採用。
中盤に人材豊富なことを反映した3-6-1システムが組まれた。


まず守護神は、スーパー・グレート・ゴールキーパー「SGGK」こと若林源三が選出。
記事では、その能力を「すごい反射神経の持ち主で、すべてのボールを止め、事実上得点することができないGKだった。
シュートがパワフルだろうと良いコースに飛ぼうと関係なく、彼は難なく止め、ボールを手に収めて自分の存在を主張していた」と紹介。
基本的にペナルティーエリア外からはゴールを許さないのがアイデンティティーだ。

そしてDFでは、小学生時代から主人公・大空翼の盟友であり良き理解者でもある、ガッツあふれる顔面ブロックがトレードマークの石崎了が1人目としてノミネート。
「物語の序盤では動きがぎこちなかったが成長を続け、守備陣で欠かせない存在の1人になっていく。シリーズで最もカリスマのあるキャラクターの一人」と、存在感の大きさが触れられていた。

2人目は体格に優れた九州男児、次藤洋が選ばれた。テクニックに優れたタイプの選手が多いが、そのなかでのフィジカル系には
「指ひとつで相手を止め、高さでは対抗する存在がいないディフェンダー。自チームに強く岩のようなセンターバックがいることは決して悪いことではない」と、その価値が認められた。


続いて「守備陣の最後となる」と紹介されたのが、「ピッチのあらゆるポジションでプレー可能な」松山光だ。
小学生時代のトップ下から、ボランチやセンターバックと確かにポリバレントな描写がされている。
そして、そのパーソナリティーは「犠牲的な仕事ができるこの選手にとって最も大事なのは、あらゆる個人よりもチーム」と称された。


中盤は三杉、岬、大空翼ら豪華タレントが勢揃い

6人が選出された中盤のトップバッターは、“ガラスのエース”こと三杉淳。持病の心臓病により短時間のプレーしかできないのが小学生時代からのストーリーだが、
「それが自チームを引っ張るのになんの障害にもならなかった。ゲームの先を読む能力、戦術力、テクニック、インテリジェンス、目標達成のスピリッツを備え、あらゆるポジションでプレーすることができた」と絶賛。
オフサイドトラップの描写は大きなトピックだった。

2人目は「ワールドユース」編の冒頭でイタリアに渡って夢を叶えようとする「中原中の12番」こと葵新伍だ。
入団テストを受けられるという詐欺に遭い生活費をだまし取られて、オレンジを使ったリフティングで日銭を稼ぐという描写もあったが、紆余曲折あって名門インテルの下部組織に入団。

「ピッチ内外で謙虚さを前面に出すキャラクター」と触れられているが、“直角フェイント”を駆使した突破力が魅力の選手で、“プリンチペ・デル・ソーレ(イタリア語で太陽の王子)”というニックネームも付いた。

続いたのは「最高のパートナーで、お互いに完璧なまでに理解し合っている」と大空翼とのコンビが称えられる、永遠のゴールデンコンビこと岬太郎。
その能力は「チームメイトとの連携力に優れ得点力もある」とされたが、やはり負傷の多い描写が印象にも強い。

そして、主人公の大空翼も当然の選出。
「議論の余地なくリーダーとなり、誰もが羨むテクニックと生まれながらの得点力、逆境に耐える能力、素晴らしいフィジカルを有し、
あらゆるライバルに打ち勝つ存在になる。変化をかけたシュートが彼の得意技」と、絶対的な中心であることが認められている。


全文はこちら
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200526-00263806-soccermzw-socc

スペインメディア選出
キャプテン翼ベストイレブン
no title

小野伸二は「才能あるMFだと証明」 オランダ1部“優勝未経験ベスト11”に現地選出 

20200522-00263144-soccermzw-000-1-view

<サッカー関係者54人が選んだ「Jリーグ歴代ベスト11」の最強メンバーは?>最多得票は日本が誇る司令塔! 

1: 2020/05/22(金) 07:31:57.24
投票数の多い順にポジション別に振り分け!
no title


赤く囲っているのが「BEST OF BEST PLAYER」。Jリーグの歴史を築いた名選手がそろい踏み!(C)SOCCER DIGEST

 4月23日発売のサッカーダイジェストでは、Jリーグ26年の歴史を振り返る『Jリーグ歴代ベストイレブン』企画を実施。現役選手、元日本代表、サッカーを愛するタレントなど、50名にアンケートを行ない、2019年までに登録された全Jリーガーの中でそれぞれが思う“マイベストイレブン”を決めてもらった。

【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら24名が厳選した「 J歴代ベスト11」を一挙公開!
https://www.soccerdigestweb.com/topics_detail9/id=72536&repeatCnt=1

 本稿では、サッカーダイジェストWebのみで公開した田中達也、永島昭浩氏ら4名を含めた総勢54名のベストイレブンを集計し、投票数の多かった選手・監督で「ベスト・オブ・ベストイレブン」を作成。主な選定者のコメントとともに紹介していく。なお、ベストプレーヤーは投票数が最も多かった選手としている。

――◆――◆――

GK
●楢崎正剛(元名古屋ほか)……24票
【主な選定者コメント】
「ピンチの時のビッグセーブが印象深かった」(森重真人/FC東京)
「J1最多出場記録は偉大だし、超人的なセーブも印象的。『正剛(セイゴウ)』という名前も良い」(ペナルティ・ワッキー/タレント)
「J1最多631試合の出場を誇る。2010年に名古屋が初優勝した時、リーグで2番目に多い被シュート数も失点は3番目に少ない数字だった」(二宮寿朗/スポーツライター)

DF
●井原正巳(元横浜Mほか)……17票
【主な選定者コメント】
「“アジアの壁”、プレーも熱い!自分がレンタル福岡に移籍していた時の監督が井原さんで、前からのプレッシングなど守備のやり方を叩き込まれました」(仲川輝人/横浜)
「1歳下の井原とは一緒に戦ってきてその凄さを見てきた。代表のキャップ数は歴代2位タイの122試合。この実績が能力の高さを証明している」(福田正博/解説者)
「Jリーグ史上最高のDF。図抜けたフィジカルと集中力、そして対人プレーの圧倒的な強さ。絶対的な信頼を寄せられる名手だ」(マイケル・プラストウ/英国記者)

●田中マルクス闘莉王(元名古屋ほか)……32票
【主な選定者コメント】
「DFとして必要な要素をすべて持っているし、攻撃センスも抜群」(小野伸二/琉球)
「浦和と名古屋でチームを優勝に導き、そのプレースタイルは唯一無二」(岩政大樹/解説者)
「主にDFだが、J1通算75得点。FW顔負けの歴代31位である。得点力の高さに改めて驚かされる」(清水英斗/サッカーライター)

●中澤佑二(元横浜ほか)……25票
【主な選定者コメント】
「史上最高のCBだと思っている。空中戦と1対1の強さ、判断の確かさ、危機管理能力、守備組織のオーガナイズなど、守備者として必要なものを持ち合わせていた」(出嶋 剛/共同通信社)
「高さが特徴で、スピードや強さも備えているセンターバック。鉄壁の守備を整えるうえで、欠かせない選手」(田中達也/新潟)
「空中戦に強く、安心感がある」(大久保嘉人/東京V)

つづく

5/22(金) 5:30 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/908f9fda765d0a5f6d1e36556fdfd92b46ff74d8

スペイン人記者が選ぶラ・リーガ過去20年のベスト11「メッシ、C・ロナウドと3トップを組むのは…」【現地発】 

20200517-00073381-sdigestw-000-5-view

アフリカベスト11は超強力な5トップ。年間150点もイケる 

20200428-00010003-jsportsv-000-1-view

<久保建英>スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」厳選“今節のベスト11”に選出!「偉大な主役になった」 

1: 2020/03/09(月) 19:00:05.54
エイバル戦で価値ある追加点を決め、1部残留に向けて貴重な勝ち点3獲得に貢献

写真
no title


スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間7日に行われたリーガ・エスパニョーラ第27節エイバル戦(2-1)で貴重な追加点を挙げ、今季アウェー初勝利に貢献した。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は“今節のベスト11”の1人に久保を選出し、「偉大な主役になった」と称えている。

【動画】エリア手前から右足一閃! マジョルカ久保建英、アウェー初勝利に導く今季3ゴール目
https://www.football-zone.net/archives/250692/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=250692_6

 3試合連続スタメンとなったエイバル戦で右サイドに入った久保は前半41分、敵陣左サイドに抜けてドリブル突破を仕掛けると、ペナルティーエリア手前でエイバルDFアナイツ・アルビージャに倒されてファウルの判定。このFKをMFダニ・ロドリゲスが直接決めて、アウェーのマジョルカが先制した。

 後半もカウンターの起点になるなど、エイバル守備陣にとって危険な存在になった久保は、同33分に歓喜の瞬間を迎える。カウンターから右サイドをMFアレハンドロ・ポソが抜けると、ペナルティーエリア手前で待ち構えた久保にパス。ボールを受けた久保は右に持ち出し、ベティス戦と同様に右足を振り抜くと、シュートが左ポストをかすめてゴールに吸い込まれた。

 値千金の今季3点目を挙げた久保。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」はゴールを決めたアトレティコ・マドリードのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスらとともに第27節のベスト11に久保を選出。個人寸評では、「マジョルカの日本人選手はエイバル戦後半に勝利につながる得点を決め、偉大な主役になった。1部残留を夢見ることができる自信をチームにもたらした」と高評価を与えている。

 エイバル戦に勝利したとはいえ、マジョルカは依然として降格圏の18位。1部残留に向けて、久保のさらなる活躍は不可欠と言えそうだ。

3/9(月) 17:30 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200309-00250692-soccermzw-socc

日本語公式
ムンド・デポルティーボ」
https://mundodeportivo.jp/

<ペルージャ黄金期特集>ベスト11に「中田英寿氏」「史上最強の日本人選手に疑いはない」 

1: Egg ★ 2020/02/07(金) 22:50:59.52 ID:T34Ww2Nw9
1日に元ペルージャの名物会長ルチアーノ・ガウッチ氏が亡くなったことを受け、イタリアのサッカー情報サイト『トゥット・メルカートウェブ』が特集を組み、ベストイレブンを選出した。

カズ、名波、中田、中村俊、本田…伊メディアが特集!セリエA歴代最高の日本人選手は?【20枚】

1938年、ローマ生まれのガウッチ氏は実業家として名を馳せ、1991年に当時、セリエC1(3部相当)だったペルージャの会長職に就任。セリエB、セリエAと上位リーグへの昇格を経験し、1998年夏には元日本代表MF中田英寿を獲得したことにより、日本からも大きく注目を集めた。競走馬トニービンの馬主としても知られる。

特集では、ガウッチ氏が率いたペルージャの黄金期を振り返り、「(マルコ)マテラッツィからナカタまで…ガウッチのペルージャ、ベスト11」との見出しでベストメンバーを選出。「セルセ・コズミの十八番である3-5-2のシステムでのペルージャ黄金期のベスト11」と紹介している。

1998夏にペルージャに加入し、ローマにステップアップするまでの1年半を過ごした中田氏も中盤のベストメンバーに選出されている。

「ヒデトシ・ナカタが史上最強の日本人サッカー選手であることに大きな疑いはない。もちろん、彼がヨーロッパサッカー界において唯一、あらゆる面で成功を収めた選手だろう。ナイキのCMの主役になったほどだ。移籍金350万ドル(約3.8億円)で加入し、ローマには300億リラ(約18億円)で売却された」

ペルージャ黄金期ベストイレブンは以下の通り。

GK
ジェリコ・カラッツ

DF
トライアノス・デラス
マルコ・マテラッツィ
マウロ・ミラネーゼ

MF
ゼ・マリア
中田英寿
ジェンナーロ・ガットゥーゾ
ファビオ・リヴェラーニ
ファビオ・グロッソ

FW
ファブリツィオ・ミッコリ
ジシス・ヴリーザス

2/7(金) 20:11配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-00010022-goal-socc

写真 no title

<仏紙『France Football』> ここ10年のベスト11を発表! 

no title




1: Egg ★ 2019/12/31(火) 01:30:32.11 ID:h9YG2NQG9
仏紙『France Football』が選ぶここ10年のベスト11にFCバルセロナとレアル・マドリーの元選手や現役選手が多く選出されている。


実際にスペイン代表の全盛期を支え、ワールドカップとヨーロッパ選手権2大会連続制覇で重要な役割を担ったチャビ・エルナンデスやアンドレス・イニエスタ、イケル・カシージャス、セルヒオ・ラモスなど、両クラブから9人の選手達が選ばれている。

レオ・メッシとクリスティアーノ・ロナウドに加え、ネイマールもこのベスト11に名を連ねている。

GKにカシージャス、DFラインには、右サイドバックにフィリップ・ラーム(バイエルン・ミュンヘン)、左サイドバックにマルセロ、センターバックにフィルジル・ファン・ダイク(リヴァプール)とセルヒオ・ラモスとなっている。

ミッドフィールダーには、チャビとイニエスタに加え、ルカ・モドリッチが選ばれている。そして、最前線は、2019年のバロンドール受賞者となったレオ・メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、ネイマールが選出された。

【仏紙が選ぶここ10年のベスト11】
■GK
イケル・カシージャス
■DF
フィリップ・ラーム
フィルジル・ファン・ダイク
セルヒオ・ラモス
マルセロ
■MF
チャビ・エルナンデス
アンドレス・イニエスタ
ルカ・モドリッチ
■FW
レオ・メッシ
クリスティアーノ・ロナウド
ネイマール

中村俊輔、英紙「21世紀スコットランドBEST 11」に選出 「気品あるプレーを披露」 

20190907-00215812-soccermzw-000-5-view[1]

モウリーニョ氏が今季CLベスト11選出「彼は王だ」 

20190603-43467781-gekisaka-000-3-view[2]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索