Samurai Goal

ベシクタシュ


スポンサード リンク





J1で猛威振るう柏FWオルンガにベシクタシュが興味か…移籍金は1億超 

スクリーンショット 2020-08-05 13.00.11

トルコ強豪ベジクタシュが吉田麻也にオファー提示か…残留目指すサンプは間もなく代理人と会談へ 

スクリーンショット 2020-08-04 8.48.26

<日本代表DF吉田麻也、>トルコ1部ベジクタシュ移籍か?現地報道「基本合意に達した」 

1: 2020/07/18(土) 14:13:27.44
イタリア1部サンプドリアに所属する日本代表DF吉田麻也にトルコ1部ベジクタシュへの移籍話が急浮上し、現地メディアが一斉に「基本合意に達した」と報じた。

 現在31歳の吉田は今冬に7年半在籍したイングランドのサウサンプトンを離れ、サンプドリアに期限付き移籍。新天地でここまでリーグ戦9試合に出場しているなか、保有権を持つサウサンプトンが6月に契約満了を発表していた。

 そんななか、かつてMF香川真司(サラゴサ)が2019年2月から約半年間プレーしたトルコのベジクタシュが日本人DFに白羽の矢を立てたようだ。クロアチア代表DFドマゴイ・ヴィダ、DFビクトル・ルイスの退団を受けて、ベジクタシュはCBの補強に乗り出しているという。

 18日、トルコメディア「TRTスポーツ」が「ベジクタシュが吉田麻也と基本合意に達した」と伝えれば、同「futbolarena」も「31歳の日本人ストッパー吉田麻也と合意」と報じている。

 イタリア・セリエAもシーズンの佳境を迎えるなかで吉田の移籍話が浮上。日本代表で確固たる地位を築くなか、来季はトルコで新たな船出を切るのだろうか。

7/18(土) 12:44 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/df7d9328618d4ff02b8e85c841538e1c8dab69ca

写真
no title

久保建英にトルコ行きの話が浮上?現地紙「ベシクタシュはキャプテン翼を求めている」 

20200602-00010011-goal-000-1-view




1: 2020/06/02(火) 14:00:54.57
今季、レアル・マドリーからマジョルカへ1年間のレンタルに出されている日本代表MF久保建英だが、来シーズンはスペインを離れることになるかもしれない。

現状の契約では来季はレアル・マドリーに戻る予定だが、出場機会を求めて再レンタルされる可能性が高いと見られる。そんな中、国外への移籍話が急浮上しているようだ。

トルコ『aspor』、『Aksam』、『Ajansspor』など複数の現地メディアは「ベシクタシュは18歳のキャプテン翼を求めている」と伝えた。

「以前長友佑都の代理人と交渉していたベシクタシュは、ロベルト佃氏から一つの提案を受けた。それは黒と白(ベシクタシュ)に対して、久保建英のレンタル移籍という話だった」

記事では「まだ18歳であるにもかかわらず、久保の市場価値はすでに1300万ユーロ(約15億6000万円)に上昇。
今季はマジョルカに貸し出されていた」と紹介しつつ、安価でレンタルが可能だとも伝えている。

今季はマジョルカでプレーした久保建英だったが、果たしてトルコリーグの選択肢は具体化するのだろうか。
これまでレアル・ソシエダやベティス、もしくはマジョルカに再レンタルの可能性も報じられていたが、
来季久保がどのユニフォームに身を包むのかという話題は、引き続き注目を集めることになりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/18e1611e835e4759abe4aa69d93b7acff4029060
6/2(火) 12:09配信

<長友をトルコ1部ベシクタシュが獲得か>Jリーグ復帰もささやかれ、どこに向かうか? 

20200513-01849791-tospoweb-000-5-view




1: 2020/05/13(水) 12:59:29.12
トルコメディア「Sabah Spоr」は、同国1部ベシクタシュが日本代表DF長友佑都(33=ガラタサライ)の獲得を計画していると報じた。今季限りで契約満了となる同国代表DFジャネル・エルキン(31)の代わりに、ライバルクラブで処遇が宙に浮いた日本のスター選手に注目しているという。

 長友は昨年11月の欧州チャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリード(スペイン)戦で凡ミスを連発。6失点と大敗した試合の“戦犯”としてサポーターから批判が殺到した。さらにファティ・テリム監督(66)の構想外となり、同戦後はベンチメンバーから外れることも多くなった。今年1月にはイタリア1部ボローニャへの移籍が確実視されたが、土壇場で破談。残留したガラタサライでは選手登録も外れており、契約満了となる今夏の去就が注目されている。

 一方、ベシクタシュは昨季まで日本代表MF香川真司(31=サラゴサ)が所属していたクラブで、複数の日本企業がチームをサポートする。同メディアが「日本のスター」と評した長友の獲得でさらなるPR効果を得る目的もありそうだが、Jリーグ復帰もささやかれる。長友はどこに向かうか。

5/13(水) 11:30https://news.yahoo.co.jp/articles/b3873b5e8657f5047a179a784fc5640519a532d9

香川真司に古巣ベジクタシュのファンが憤慨!米メディアへの発言でまさかの“炎上”騒動に「絶対に許さない!」 

20200130_KagawaShinji_Getty




1: 2020/03/10(火) 07:39:39.95
スペイン2部のサラゴサでプレーする香川真司の発言が、トルコで物議を醸している。
 
 トルコ・メディア『Sporx』などが報じたところによれば、日本代表MFは先われた米メディア『The Athletic』のインタビューで、欧州における自身のキャリアを振り返り、その中で「ベジクタシュには行きたくなかった」とコメントしたという。

 2010年の夏にセレッソ大阪からドルトムントへ移籍した香川は、ユルゲン・クロップ監督の下で、ブンデスリーガ連覇などに貢献。その活躍が認められて、12年夏にイングランドの超名門マンチェスター・ユナイテッドに引き抜かれた。
 
 1年目は、26試合に出場して6ゴール・6アシストとまずまずの結果を残し、プレミアリーグ制覇も経験。しかし、自身を獲得してくれたアレックス・ファーガソン監督が勇退した2年目は思うように出場機会を得られず、キャリア初のノーゴールに終わった。
 
 ユナイテッドで構想外となった香川は、14年夏にドルトムントへの復帰を選択。かつて躍動した古巣で5シーズンに渡ってプレーしたが、18-19シーズンにリシュアン・ファーブル新監督の下で、再び戦力外扱いとなってしまう。そこで決断したのが、19年1月のベジクタシュへのレンタル移籍(半年間)だった。
 
 このトルコの強豪で、香川はデビュー戦で途中出場から数秒でゴールを奪うなど、14試合に出場して4得点をマーク。熱狂的なファンからも支持され、昨夏にはクラブが完全移籍での獲得に動いているとも報じられていた。
 
 それだけに、香川の発言に憤慨したファンも少なくなかったようだ。本人のSNSに次のようなコメントが次々に書き込まれる事態となってしまった。
 
「二度と戻ってくるな」
「俺たちもお前のことは好きじゃない」
「絶対に許さない!」
「お前は誰だ?」
「あなたを愛していたのに残念です」
「応援したのに、意味がなかった」
「いまどこでプレーしているんだ?2部じゃないか」
 
 数日前までは「ベジクタシュに戻ってきてくれ」と早々に覇権争いから脱落したチームへの復帰を望む声も一つや二つではなかっただけに、裏切られたという思いが強かったのだろう。
 
「愛着のあるドルトムントでプレーし続けたかったが、チャンスをもらえなかったので、やむなくトルコへ行った」
 
 おそらくはそんな主旨のコメントだったのだろうが、思わぬ“炎上”騒動となってしまった。
 
3/10(火) 5:18配信

元リヴァプールGKカリウス、またも失点につながる大失態…ベシクタシュも黒星スタート 

20190920-00010008-goal-000-2-view[2]

「去就は不透明のまま」香川真司、自らの希望でキャンプは欠席…今後はトップチームに合流か 

20190805-00010028-goal-000-1-view[1]

香川真司、“スペイン移籍”をベジクタシュ会長が会見で明言!「給与40%ダウンでサインしたのではないか」  

1: Egg ★ 2019/08/01(木) 22:31:33.65 ID:Vj213o1L9
ベジクタシュ会長が記者会見で香川の去就に言及、「彼はスペインでプレーしたがっていた」
 
今夏の去就が注目される日本代表MF香川真司(ドルトムント)について、移籍が噂されていたベジクタシュのフィクレット・オルマン会長が記者会見で触れ、
「彼はスペインでプレーしたがっていたし、チームと契約したと思う」と明言している。トルコのニュースサイト「Tele1 TV」が報じた。

昨シーズンの後半戦、香川はドルトムントからベジクタシュへ移籍し、14試合で4得点2アシストをマーク。
シーズン後、香川はドルトムントに復帰したが、ベジクタシュは香川の完全移籍を狙って水面下で動いていたという。
その一方、新天地としてスペイン1部セルタ行きも報じられており、日本人MFの去就は話題の一つとなっていた。

ベジクタシュのオルマン会長は会見で香川について言及。「我々は香川にベジクタシュに来てほしいと伝えた。
しかし、彼はスペインでプレーしたがっていたし、チームと契約したと思う。
給与40%ダウンでサインしたのではないか」と具体的な数字も出し、香川がスペインのクラブと契約を結んだと口にしている。

オルマン会長はスペインのクラブ名こそ明かさなかったが、香川争奪戦において“白旗宣言”とも受け取れる発言をしている。
様々な噂が飛び交った香川の去就だが、ベジクタシュ会長の言葉通り、近日中に香川のスペイン移籍が発表されるだろうか。

フットボールゾーン 8/1(木) 22:08配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190801-00207882-soccermzw-socc

写真
no title

香川真司の新天地は…セルタら候補はあるものの最有力はベシクタシュか 

20190725-00010026-goal-000-1-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索