Samurai Goal

ベシクタシュ


スポンサード リンク





元リヴァプールGKカリウス、またも失点につながる大失態…ベシクタシュも黒星スタート 

20190920-00010008-goal-000-2-view[2]

「去就は不透明のまま」香川真司、自らの希望でキャンプは欠席…今後はトップチームに合流か 

20190805-00010028-goal-000-1-view[1]

香川真司、“スペイン移籍”をベジクタシュ会長が会見で明言!「給与40%ダウンでサインしたのではないか」  

1: Egg ★ 2019/08/01(木) 22:31:33.65 ID:Vj213o1L9
ベジクタシュ会長が記者会見で香川の去就に言及、「彼はスペインでプレーしたがっていた」
 
今夏の去就が注目される日本代表MF香川真司(ドルトムント)について、移籍が噂されていたベジクタシュのフィクレット・オルマン会長が記者会見で触れ、
「彼はスペインでプレーしたがっていたし、チームと契約したと思う」と明言している。トルコのニュースサイト「Tele1 TV」が報じた。

昨シーズンの後半戦、香川はドルトムントからベジクタシュへ移籍し、14試合で4得点2アシストをマーク。
シーズン後、香川はドルトムントに復帰したが、ベジクタシュは香川の完全移籍を狙って水面下で動いていたという。
その一方、新天地としてスペイン1部セルタ行きも報じられており、日本人MFの去就は話題の一つとなっていた。

ベジクタシュのオルマン会長は会見で香川について言及。「我々は香川にベジクタシュに来てほしいと伝えた。
しかし、彼はスペインでプレーしたがっていたし、チームと契約したと思う。
給与40%ダウンでサインしたのではないか」と具体的な数字も出し、香川がスペインのクラブと契約を結んだと口にしている。

オルマン会長はスペインのクラブ名こそ明かさなかったが、香川争奪戦において“白旗宣言”とも受け取れる発言をしている。
様々な噂が飛び交った香川の去就だが、ベジクタシュ会長の言葉通り、近日中に香川のスペイン移籍が発表されるだろうか。

フットボールゾーン 8/1(木) 22:08配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190801-00207882-soccermzw-socc

写真
no title

香川真司の新天地は…セルタら候補はあるものの最有力はベシクタシュか 

20190725-00010026-goal-000-1-view[1]

香川真司、ベジクタシュと基本合意か 現地紙が報道「間もなくトルコでサインののちチームに合流」  

1: 豆次郎 ★ 2019/07/17(水) 17:36:49.39 ID:uOzXoXjc9
7/17(水) 17:21配信
香川、昨季所属のベジクタシュと基本合意か 現地紙が報道「まもなくトルコに来て…」

スペイン1部セルタが候補に挙がるなか、昨季期限付き移籍したベジクタシュが濃厚に

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は、今夏の去就が注目されている。チームのアメリカツアーに帯同せず、欧州で新天地探索に専念すると報じられていたが、昨季期限付き移籍していたトルコ1部ベジクタシュとの交渉に進展があったようだ。トルコ紙「Fanatik」が「基本合意に達した」と報じている。
 
 香川はドルトムント通算7年目の2018-19シーズン、ルシアン・ファブレ監督の構想外となり、ベンチ外が続く苦しい日々を過ごした。冬の移籍市場でトルコ1部ベジクタシュへの期限付き移籍を決断。デビュー戦で2ゴールを挙げる活躍を見せたが、レギュラー奪取とはならず、リーグ戦14試合4得点でシーズンを終えた。
 
 保有権がドルトムントに戻るなか、香川は9日に離日。所属元のドルトムントに戻ってプレシーズンのトレーニングに参加し、12日に行われたシュバインベルクとの練習試合(10-0)では、途中出場ながら1得点1アシストと今季初の“実戦”でキレのあるプレーを見せた。


 しかし、15日に発表されたアメリカツアーのメンバーに香川の名前はなく、新天地探しに専念するとされていた。衛星放送「ビーイン・スポーツ」が「香川の新しい志願者」と題し、スペイン1部セルタが獲得に近づいていると報じるなか、トルコ紙「Fanatik」は「ベジクタシュで香川の熱狂」と見出しを打ち、最新の状況をレポートしている。

「黒と白のクラブ(ベジクタシュ)は日本人プレーヤーと基本合意に達した。間もなくトルコに来て、サインしたのち、チームに合流する」

 記事によれば、ベジクタシュ幹部はレンタル期間が満了した後も香川側とのコンタクトを絶えず取っていたという。2年契約に1年のオプション付きという条件で、交渉は前進したようだ。

 欧州のシーズン開幕が迫るなか、香川の今季プレー先は2018-19シーズンと同じベジクタシュに落ち着くのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190717-00204216-soccermzw-socc
no title

香川真司、ドイツへ出発!来年6月まではドルトムントと契約...ベシクタシュへの期限付き移籍は5月に満了  

1: Egg ★ 2019/07/10(水) 09:21:53.29 ID:9SNftesz9
日本代表MF香川真司(30)が9日、千葉・成田空港からドイツに向けて出国した。

トルコ1部ベシクタシュへの期限付き移籍は5月に満了しており、まずは20年6月まで契約を残すドルトムントへ向かった。

7/10(水) 8:58 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190710-07100106-nksports-socc

写真
no title

<ベジクタシュ>香川真司“再獲得”に本腰か?1億5000万円の3年契約提示!鹿島FW鈴木優磨には正式オファー提示  

1: Egg ★ 2019/07/08(月) 09:48:32.97 ID:HD2eBCj69
保有権を持つドルトムントに合流せず、移籍先を模索するなかでベジクタシュがオファー

写真
no title



日本代表MF香川真司は、今夏の移籍市場での動向が注目されている。そんななか、2018-19シーズン終了時にレンタル期間が満了したベジクタシュが、150万ユーロ(約1億8000万円)の3年契約をオファーしたという。トルコメディア「duhuliye」が報じている。

 香川はドルトムント通算7年目の2018-19シーズン、ルシアン・ファブレ監督の構想外となり、ベンチ外が続く苦しい日々を過ごした。冬の移籍市場でトルコ1部ベジクタシュへの期限付き移籍を決断。デビュー戦で2ゴールを挙げる活躍を見せたが、レギュラー奪取とはならず、リーグ戦14試合4得点でシーズンを終えた。

 ベジクタシュへのレンタル期間が満了し、保有権は2020年6月まで契約しているドルトムントに戻ったが、現地時間3日からスタートした新シーズンのトレーニングに、香川とフルハムに期限付き移籍していたドイツ代表MFアンドレ・シュールレの姿はなかった。

 ドイツ地元紙「ルール・ナハリヒテン」は、ミヒャエル・ツォルクSDの「彼らは新しいクラブを探している」というコメントを紹介していたが、ベジクタシュが香川にオファーを出したようだ。

 トルコメディア「duhuliye」は「ベジクタシュが香川へのオファー」と見出しを打ち、150万ユーロ(約1億8000万円)の3年契約を提示したと伝えている。

 果たして、香川は来たる2019-20シーズン、再びトルコに戻ることになるのだろうか。

7/8(月) 7:20 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190708-00202126-soccermzw-socc

<アーセナルに所属する日本代表FW浅野拓磨>ベシクタシュが関心!香川真司再獲得も目指すトルコ強豪  

20190706-00329638-footballc-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/07/06(土) 19:57:37.28 ID:aBnPH7iL9
アーセナルに所属する日本代表FW浅野拓磨に対し、トルコ1部のベシクタシュが獲得への関心を示しているという。トルコ『duhuliye』が6日付で伝えている。

 浅野は2016年夏にサンフレッチェ広島からアーセナルへ完全移籍。だがアーセナルでプレーすることはなく、レンタルの形で最初の2年間はシュトゥットガルト、昨季1年間はハノーファーでプレーしていた。

 昨季の終盤戦には、完全移籍での獲得義務が発生する出場試合数を満たすことをハノーファーが希望せず、出場の可能性を絶たれるという悔しい状況も味わった。レンタル満了によりアーセナルに戻る形となるが、今後の去就は定まっていない。

 その浅野に、トルコの強豪ベシクタシュが関心を示していると報じられている。昨季後半戦にはMF香川真司がボルシア・ドルトムントからのレンタルで在籍していたクラブでもある。

 ハノーファーとアーセナルとの間で完全移籍の場合に設定されていた移籍金は350万ユーロ(約4億2600万円)前後と報じられていた。ベシクタシュは最大でも100万ユーロ(約1億2200万円)で交渉をまとめたいと考えているという。

 ベシクタシュは香川の再獲得も希望していると報じられている。先日香川が浅野および井手口陽介と「ジャガーポーズ」で撮影した写真を公開した際には、トルコメディアによりベシクタシュのシンボルである「ワシのポーズ」と解釈され、香川がベシクタシュ再加入を示唆したと捉えられたこともあった。

7/6(土) 18:16配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190706-00329638-footballc-socc

香川真司ベティス入り拒否 年俸9700万円は“安すぎ” 

20190701-00000010-tospoweb-000-1-view[1]

<香川真司>スペイン3クラブ(ヘタフェ、セルタ、ベティス)がオファーか!?ベシクタシュも関心を示す.. .  

1: Egg ★ 2019/07/01(月) 09:04:02.74 ID:ra4IF/Hj9
日本代表MF香川真司は来季スペインかトルコでプレーする事になるのだろうか。

 先月29日付けのトルコ紙『ソズジュ』はスペイン1部のセルタ、ヘタフェ、ベティスが香川に興味を持っていると報じている。

 セルタは今季リーグ戦17位、ヘタフェには日本代表MF柴崎岳が所属しており今季は5位でフィニッシュし来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得している。ベティスには乾貴士が所属しており、最終順位は10位だった。なお、香川に対しては今冬にレンタル移籍していたトルコ1部ベシクタシュもクラブ幹部が日本を訪れるなど獲得に熱心のようだ。

 このように複数のクラブから興味を持たれている香川だが決断を急いではいないようだ。同紙では香川は現在のところそれぞれのオファーを熟慮している段階だと伝えている。

 一方で現在所属しているボルシア・ドルトムントは香川が今夏にクラブを退団する事で合意に達していると発表している。ドイツを離れる事が濃厚となっている香川が選ぶクラブはどこになるのだろうか。

7/1(月) 7:40配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190701-00328855-footballc-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索