Samurai Goal

ベシクタシュ


スポンサード リンク





悲劇のGKカリウス ミス連発でお払い箱か 

20181031-00010003-sportes-000-1-view

リバプールから期限付き移籍のベシクタシュGKにまたも悲劇、今度はELでやらかしてしまう 

eb031f2b1a6c1f9ecfb09f6d8e3fcdef_1527372452_1

香川獲得を目論むベシクタシュに“守護神”カリウスの移籍が決定!! 

GettyImages-963258526-800x533
1 2018/08/25(土) 13:39:43.11 _USER9
ベシクタシュは24日、ドイツ人GKロリス・カリウスをリヴァプールからレンタルで獲得することをフライングで発表してしまった。イギリスメディア『スカイスポーツ』が同日に伝えている。

 トルコ・スーパーリーグのベシクタシュはドイツ語のTwitterページに、ベシクタシュのユニフォームに“Loris Karius #CometoBesiktas”と書かれたグラフィックをフライングで掲載。その後、そのグラフィックは削除されたが、イギリスの複数メディアは、同選手の2年間のレンタル移籍の見通しを報じた。

 ベシクタシュは今夏、スペイン人GKファブリをフルアムに売却したため新GKを必要としている。同メディアによると、ベシクタシュはカリウスの獲得に125万ポンド(約2億円)を支払う予定。なお、買い取りオプション付きで、完全移籍契約を締結する際には追加で179万ポンド(約2億5000万円)を要することが見込まれている。

 カリウスは昨季リヴァプールで33試合に出場。チャンピオンズリーグ(CL)決勝では痛恨ミスを犯してしまっていた。ただ、試合後のメディカルチェックの結果、試合中に脳しんとうが起きていたことが判明している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00819155-soccerk-socc

香川真司、トルコ移籍に個人合意!?“片道切符”になってしまう可能性も... 

kagawashinji20161123
1 2018/08/23(木) 16:34:27.35 _USER9
▽ベシクタシュが、ドルトムントの日本代表MF香川真司(29)獲得に、本格的に動き出しているようだ。トルコ『FANATIK』が伝えている。

▽以前からベシクタシュ移籍が報じられてきた香川。これまでの報道によれば、買い取りオプション付きのレンタルでの獲得を望むベシクタシュ側と、移籍金をより高めたいドルトムント側との間で交渉が続き、また、選手が求める年俸とも差があったため、遅々として交渉はまとまらなかった。

▽しかし、今回『FANATIK』が伝えるところでは、ベシクタシュが年俸400万ユーロ(約5億円)の要求に応じる姿勢を示し、個人間合意に達したようだ。

▽ベシクタシュは、2016年にベンフィカから加入したブラジル代表MFアンデルソン・タリスカが2年間のレンタル期間満了を以って今夏に退団。そのため、新たなナンバー・テンを探しており、香川のほかにパルメイラスのブラジル代表MFルーカス・リマ(28)の獲得にも動いているようだ。
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=325055

香川真司“争奪戦勃発か”新たにトルコ・フェネルバフチェが関心!! 

DkeC8zcU4AEtEkC
1 2018/08/20(月) 21:14:22.45 _USER9
 ボルシア・ドルトムントのMF香川真司に対して、トルコのフェネルバフチェが興味を示しているようだ。トルコ『Fotomac』が伝えている

 香川に対しては今夏、同じトルコのベシクタシュが強い関心を示していることが報じられてきた。現地時間20日に行われるドイツカップ1回戦のグロイター・フュルト戦に向けた遠征メンバーから外れたと伝えるドイツメディアもあり、放出の可能性が高まっているとみることもできる。

 『Fotomac』によると、フェネルバフチェはベシクタシュと同じようにスター選手の獲得を目指しているという。そこで、日本代表のスターを狙っているそうだ。

 ドルトムントは香川放出を検討しているのだろうか。今後の動きにますます注目が集まる。

フットボールチャンネル編集部

8/20(月) 19:12 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180820-00286166-footballc-socc

香川真司“獲得”を諦めきれないベシクタシュにドルトムントが最終回答! 

1 2018/08/18(土) 14:42:23.50 _USER9
「さすがに支払い能力の限界を超えている」

トルコの強豪ベジクタシュの2度目のオファーに対して、ボルシア・ドルトムントが最終回答を伝えたようだ。トルコ全国紙『Gunes』をはじめ、複数の国内メディアが一斉に報じている。
 
 オファーとはもちろん、日本代表MF香川真司の獲得についてだ。ロシア・ワールドカップ終了直後からトップ下の新レギュラーにと白羽の矢を立て、サポーターも香川のSNSに「#ComeToBesiktas」とのメッセージを数千件も書き込み、ムードを助長してきた。
 
 そんななか、2日前にトルコ・メディアが詳報したのが、ベジクタシュの再アタックだ。前回は1年間のレンタル代を150万ユーロ(約1億9500万円)に設定して打診するも固辞された。そこで額面を250万ユーロ(約3億2500万円)に上積みして2度目の提示に踏み切ったのである。拒絶された場合はさらなる増額も視野に入れ、大きな賭けに出た。

 しかしながら、各メディアによるとドルトムント側は交渉に応じる構えはあるものの、あくまで完全移籍を前提とし、レンタル移籍での折衝には応じないと返答してきたという。香川とドルトムントの契約は2020年6月まであと2年残っており、現在の市場価値を考えれば最低でも600万ユーロ(約7億8000万円)の資金が必要だろうか。

ベジクタシュにその財力はないため、全国紙『Fanatik』は「さすがに支払い能力の限界を超える。いよいよ厳しくなった。(WBA所属の)ナセル・シャドリの獲得も難しく、今夏の補強計画は頓挫で終わるかもしれない」と悲観的な見解を示している。
 
 やはりベジクタシュの完全な片思いのまま、この1か月に及んだストーリーはエンディングを迎えてしまうのだろうか。

8/18(土) 5:14 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00045845-sdigestw-socc


no title

香川真司“狂気的”なツイート攻撃の的に!!これはもう“呪い”のレベル!? 

GettyImages-901636530-800x533
1 2018/07/25(水) 08:58:00.35 _USER9
はやるベジクタシュ・サポが怒涛のラッシュを

トルコのメディアがこぞって報じているのが、日本代表MF香川真司を巡る異常事態だ。
 イスタンブールの名門ベジクタシュが、香川の獲得に乗り出したという一報が舞い込んできたのは、7月23日月曜日のことだった。
ベジクタシュ側はレンタル移籍を希望し、1年間200万ユーロ(約2億6000万円)のオファーを提示をしたものの、
ドルトムント側はその倍額を要求したうえで、700万ユーロ(約9億1000万円)の買い取りオプション付帯を条件にしたとの報道もある。
情報そのものはどうやら絵空事ではなさそうだ。

いずれにせよ、香川は今日水曜日に日本を発ち、一路ドルトムントのキャンプ地に向かうが、
この2日間で熱狂に近い盛り上がりを見せているのがベジタクシュのサポーターたちだ。
ワールドカップでも活躍したプレーメーカーの獲得に、超が付くほど特大の期待を寄せているのだ。
 
全国紙『Fanatik』が伝えたのは、彼らサポーターの過剰な行動だ。
 
「シンジ・カガワへの関心が報じられてから、ベジクタシュのサポーターたちはクラブを強烈にバックアップしている。
なぜそうなったのかは判然としないが、カガワのツイッターとインスタグラムにはおびただしい数の“Come To Besiktas(ベジクタシュにおいで)”
というメッセージが寄せられているのだ。すでに数千件に及んでおり、カガワはもはや逃げられないだろう!」
 
数千どころではない。香川が投稿したここ最近の記事にはこれでもかと“Come To Besiktas”が書き込まれ、ざっと見積もっても数万単位だ。
一般のフォロワーがなにかメッセージを寄せても、香川本人が探すのが大変なほど埋め尽くされている。
ここまでくるともはや“呪い”であり迷惑行為なのだが……。
 
なんとツイッター上でも「#ComeToBesiktas」「#ComeToBesiktasKagawa」は人気ワードとなっており急上昇中。

同じイスタンブールが本拠地のライバル、ガラタサライには僚友・長友佑都が籍を置くが、
普段から彼のSNSにも尋常ではない数のトルコ語のメッセージが投稿されている。
香川はベジクタシュ・ファンにとって、すでに「マイ・プレーヤー」なのかもしれない。

はたして、この緊急事態はいつまで続くのだろうか。まさに半端ない熱狂ぶりである。

http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=44508

香川真司“3億円レンタル!?”トルコ1部ベシクタシュが既に資金を用意? 

2018-07-13-shinji-kagawa_1wx1swoswvwbd10hqeywwfen28
1 2018/07/23(月) 17:55:39.12 _USER9
トルコ1部のベシクタシュ入りの可能性が浮上しているドルトムントの日本代表MF香川真司だが、現地メディアの報道はより具体性を増している。

 香川のトルコ移籍の噂については、トルコ国営放送も報道。ベジクタシュは先月、チームの司令塔であったブラジル人MFアンデルソン・タリスカを広州恒大に移籍させており、後釜として香川に白羽の矢を立てている。

 そして『besiktas haberleri』によると、ベシクタシュは香川のレンタル移籍のために250万ユーロ(約3億2600万円)を用意しているという。新シーズン、日本代表の10番は新天地を求めることになるのだろうか。

7/23(月) 8:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-01656466-gekisaka-socc

「ゴートクが欲しい」酒井高徳にベシクタシュが猛プッシュ!!HSVとは契約延長無しか? 

img_cc3a2b5c5bc2d702d1f1a3842ed9b4a4183023
1   2018/05/24(木) 23:12:27.35 _USER9
ハンブルガーSV(HSV)に所属する日本代表DF酒井高徳に対して、依然としてトルコのベシクタシュが興味を示しているようだ。トルコ『ファナティック』が伝えた。

先日行われたブンデスリーガ最終節でHSVはボルシア・メンヒェングラットバッハに勝利を収めるも、順位を上げられずクラブ史上初の2部行きが決定した。HSVでキャプテンを務める酒井だが、試合直後取材陣に向かって今夏に満了となるクラブとの契約を延長することを宣言していた。だがそれ以降、クラブ側は同選手との新契約締結に向けた動きを見せていない。

そんな中、以前から関心が伝えられるベシクタシュへの移籍の可能性が再浮上している。『ファナティック』によれば、今シーズンを4位で終えたベシクタシュは酒井側から「前向きな返答」を得たという。その上で、クラブは正式オファーに向けた準備に入っているとも伝えられている。

トルコ1部リーグでは今シーズン、インテルから期限付きでガラタサライに加入した日本代表DF長友佑都がプレーしている。酒井がベシクタシュに移籍することになれば、新シーズンにはイスタンブール・ダービーで日本人対決が実現するかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00000022-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索