Samurai Goal

ベガルタ仙台


スポンサード リンク





仙台が6年間指揮した渡邉晋監督の退任を発表…「貴重な経験を与えてくれたクラブに心から感謝」  

20191209-00365842-usoccer-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/10(火) 06:22:05.05 ID:CHHQ+p5e9
ベガルタ仙台は9日、渡邉晋監督(46)の今シーズン限りでの退任を発表した。

2014年の4月に、グラハム・アーノルド前監督の後任としてヘッドコーチから内部昇格の形で仙台のトップチームを引き継ぐことになった渡邉監督。
当時開幕から未勝利の続いたクラブに就任初戦の横浜F・マリノス戦で初勝利をもたらすと、
残りのシーズンのリーグ戦28試合で9勝9分け10敗という成績を残し、最終的に14位でシーズンを終え、チームをJ1残留に導いた。

その後、2015年シーズンを14位、2016年シーズンを12位、2017年シーズンを12位、2018年シーズンを11位と5シーズン連続でチームをJ1残留に導き、
今シーズンも12勝5分け17敗の11位でシーズンを終え、チームの10年連続J1残留に貢献した。

6年間の指揮を終えることとなった渡邉監督は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「選手として加入してから19年、私にたくさんのチャンスと何にも代え難い貴重な経験を与えてくれたクラブに心から感謝しております。本当にありがとうございました」

「そしてベガルタサポーターの皆さん。多くの声援と笑顔、そして涙。
それら全ては私の心の中で生き続けます。本当に、本当にありがとうございました。ベガルタ仙台の今後の発展を心から願っています」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00365842-usoccer-socc
12/9(月) 23:45配信

https://www.youtube.com/watch?v=R-rGaTBAs2c


ベガルタ仙台 チャント カントリーロード

サッカーJ1仙台が嶋基宏のお別れ会を開く 楽天であいさつをさせてもらえなかった為  

20191128-00000002-khks-000-1-view[1]




1: 風吹けば名無し 2019/11/28(木) 10:55:23.20 ID:UwjIko1Rd
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-00000002-khks-spo
サッカーJ1仙台は27日、仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台で30日に行われる大分戦の後、プロ野球東北楽天に13年間在籍し、今季オフにヤクルトへ移籍した嶋基宏捕手(34)がサポーターへあいさつすると発表した。

嶋は24日に楽天生命パーク宮城で行われた東北楽天のファン感謝祭でファンと交流を深めたが、あいさつする機会はなかった。

【J1試合結果】第32節夕 G大阪×仙台 

2019-11-23-usami_1gsw0suhtgg6v1vqf65hfa1zcd




1: 久太郎 ★ 2019/11/23(土) 16:59:45.86 ID:pClXALkS9
G大阪 2-0 仙台
[得点者]
69'宇佐美 貴史(G大阪)
77'アデミウソン(G大阪)

スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
入場者数:26,256人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/112307/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

【J1試合結果】札幌×仙台  

d35286-62-508064-0




1: 久太郎 ★ 2019/09/14(土) 15:56:43.60 ID:1axLk1jx9
札幌 1-3 仙台
[得点者]
32'松下 佳貴  (仙台)
50'荒野 拓馬  (札幌)
53'シマオ マテ (仙台)
85'ハモン ロペス(仙台)

スタジアム:札幌厚別公園競技場
入場者数:11,254人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/091412/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

首位・FC東京、なぜこんなにも強いのか? 主力選手らが語る要因、着実に進む優勝への道  

20190814-00010003-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/08/14(水) 14:36:42.65 ID:OSxYA7fH9
明治安田生命J1リーグ第22節、FC東京対ベガルタ仙台戦が10日に行われ、ホームのFC東京が1-0で勝利。整備された組織力が持ち味の両チームらしく堅い試合となったが、
わずかなほころびを見逃さずFC東京が後半17分にPKで先制すると、そのまま逃げ切った。
酷暑の中、会心の内容でなくても結果につなげ、昨年から公式戦7戦勝ちなし(1分け6敗)の天敵も打ち破る、首位チームの勝負強さの秘密とは。

●厳しい試合を勝ち切る勝負強さ

最前線からガンガン仕掛ける得意のハイプレスが鳴りを潜めれば、自慢の2トップを中心とした高速ファストブレイクも、なかなか発動しない。
シュート数はFC東京6本に対しベガルタ仙台は10本。「厳しい試合になりましたけど」
と長谷川健太監督が会見で切り出したように、見に来たサポーターから絶え間なく歓声があがるようなゲームではなかった。

19時試合開始にもかかわらず、気温は29.5度で消耗戦模様。そして相手は、直近の公式戦で1分け6敗の天敵。
せっかく得たPKも、1度は相手GKヤクブ・スウォビィクに止められたかに見えた。

普通に考えれば引き分け、下手をすれば負けもありうる状況だったが、90分を終えてホームチームは、きっちり勝ち点3を積み重ねていた。
優勝するチームは苦しい試合でも勝ちを拾えるというが、まさにこの日のFC東京は、そう思えるような強さを感じさせた。

前半は「正直、あそこまで極端にというのは想像していませんでした」と敵将・渡邉晋監督が話すほどに、FC東京は前に出ずバランスを考えた慎重な戦いぶり。
お互いがけん制するかのような最初の45分は、スコアレスのまま過ぎ去った。

後半もなかなかチャンスを作れない中、一瞬の好機を見逃さなかったのはMF東慶悟。
「スピードが武器なのでイチかバチか信じて」と中盤から浮き球のスルーパスを送ると、その思いに応えるようにFW永井謙佑が俊足を飛ばしてペナルティエリア内に侵入した。
ここまで強烈な守備を見せていた仙台DFシマオ・マテのカバーも及ばず、ファールで快足FWが倒されると、首位チームにPKが与えられた。

●主力選手が話す強さの理由は?

キッカーはFWディエゴ・オリヴェイラ。相手GKと駆け引きをしながら中央に蹴りこんだが、待ち構えていたヤクブ・スウォビィクにがっちりキャッチされた。
FC東京サポーターの悲鳴と、仙台サポーターの歓声がこだまする中、意外な展開が待っていた。

シュートの際、ゴールライン上にGKの足がかかってなかったとして蹴り直しが宣告されたのだ。
スタジアムが騒然とする異様な状況だったが、冷静さを保ったブラジル人ストライカーは、2度目のキックをゴール右隅に突き刺して、後半17分に貴重な決勝点をたたき出した。

天敵相手に苦しんだ試合。しかし、その状況でも白星を積み重ねてしまうのが、今年のFC東京の凄さだろう。
この勝負強さの理由についてディエゴ・オリヴェイラは「勝てる理由はチームで非常にいい練習をしているから」と言い切った。

奇しくも、同じ理由をあげたのが東だ。「本当にみんな練習から勝負にこだわって、ワンプレーワンプレーにこだわってやっている。
みんな暑い中でも声を出したり、メリハリを持ってやっているので、それは今年のいいとこだと思っています。いい練習があっての勝ち点3、順位だと思っています」。
日々行われる、良質のトレーニングが快進撃の理由と主力の2人は説明した。

GK林彰洋は、最後尾からフィールド全体を見渡すポジションならではの細かい部分に着目。「要所要所で締まったプレーが出るのが今年の強さかなと。
それが例えば(相手の)決定機があっても、みんなで体を投げ出して守れた後に、(味方の)点が決まったりすることが多い。
そういう地味なプレー、でも試合を振り返れば効いていたなというプレーが今年は多いのではないかと思います」と語る。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190814-00010003-footballc-socc
8/14(水) 10:47配信

<仙台新守護神スウォビィク(ポーランド)>0封デビュー!「Jリーグはレベル高い」  

1: Egg ★ 2019/07/20(土) 23:41:05.39 ID:25WE0TZL9
<明治安田生命J1:C大阪0-0仙台>◇第20節◇20日◇ヤンマー

ポーランドから今夏に加入した27歳のベガルタ仙台GKヤクブ・スウォビィクが、満点のJリーグ無失点デビューを果たした。

前節鹿島戦を最後にシュミットがベルギー1部シントトロイデンに移籍し、登録上最短で新守護神が出番を迎えた。2連敗中だったが、敵地で貴重な引き分けに持ち込んだ。

最大の見せ場は後半に訪れた。まずは14分にC大阪MF水沼の直接FKを右に跳んでセーブ。さらに23分には相手との1対1の絶体絶命の場面で体全体でシュートを阻止した。左右のキックも正確で、ほぼ安定した90分間だった。

「Jリーグはレベルが高く、スピードがある。そこでデビューできてうれしい。まずは守備陣への声掛けを大事にした。仲間や守備陣に助けられたことにも満足。2つセーブできてうれしい」。ポーランド代表歴1試合を持つスウォビィクは試合後、英語で喜びの胸の内を語った。

練習には4日に合流したばかり。渡辺監督は「この勝ち点1は彼がもたらせてくれたもの。元々実績のある選手で、初の公式戦は不安がなかったわけではなかったが、これくらいはやってくれると思っていた。日本語を覚えるなど人間性も素晴らしく、問題なく我々の力になってくれる」と最大の賛辞を贈った。

7/20(土) 23:04配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-07201330-nksports-socc

写真no title

日本代表GKシュミット・ダニエル、シント=トロイデンVVと正式契約!アメリカと日本のハーフ  

20190718-00331178-footballc-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/07/18(木) 19:29:04.86 ID:ubfHyEzT9
J1ベガルタ仙台の日本代表GKシュミット・ダニエルが18日、ベルギー1部のシント=トロイデンVVと正式契約を結んだことを両クラブの公式サイトで発表した。

今月1日には両クラブからシュミットの移籍で基本合意に達したと発表されていた。そして、メディカルチェックを済ませ、今回正式に発表となった。

仙台の公式サイトでシュミットは「お世話になったベガルタ仙台を離れることをあらためて実感し、寂しい気持ちもありますが、引き続き温かく見守っていただければと思います。
ベルギーからファン、サポーターのみなさんに活躍する姿を届けることができるようにがんばります」とコメントしている。

アメリカと日本のハーフであるシュミットは2014年に中央大学から仙台に入団。ロアッソ熊本、松本山雅FCへの期限付き移籍を経て2017年から仙台で出場機会を得るようになった。
昨年には日本代表にもデビューし、今年1月に行われたアジアカップ2019にも出場した。

シント=トロイデンは日本代表DF冨安健洋がイタリアのボローニャへ移籍を果たしたが、鹿島アントラーズからFW鈴木優磨と基本合意。鈴木もメディカルチェック後に正式発表となる。

7/18(木) 17:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190718-00331178-footballc-socc

<ベガルタ仙台>新加入の元ポーランド代表GKが20日デビューに意欲!「私は素晴らしいキーパー」  

1: Egg ★ 2019/07/05(金) 09:13:50.58 ID:H+9Du27S9
7月4日に会見し、この日の練習からチームに合流

no title


ベガルタ仙台は7月4日、シロンスク・ヴロツワフ(ポーランド)から完全移籍で加入したポーランド代表歴のあるGKヤクブ・スウォビィクの加入記者会見を行なった。

 ユニフォーム姿で会見に臨んだスウォビィクは、
「こんにちは。私の名前はクバです。ポーランドから来ました。私はゴールキーパーです。よろしくおねがいします」と覚えたばかりの日本語で挨拶をし、
「『クバ』と呼んでいただければ。ヤクブ・スウォビィクのフルネームだと長いので、『クバ』でお願いします」と呼び掛けた。

 また、初めての海外移籍にも物怖じしないメンタルの強さも垣間見せる。
「まず、私は素晴らしいキーパーで、持ち味としてはコーチング、そしてディフェンスを助けるプレーです。昨日の試合(天皇杯2回戦)を見て、次の自分の初出場に向けて心が高ぶっているところです」などと、自信たっぷりに自らの長所を積極的にアピールし、早期デビューにも意欲を見せる。

 そして、「数あるオファーの中からベガルタを選ぶことにしました」という移籍の経緯については、Jリーグで活躍する同胞との交流も背景にあったようだ。
「対戦が楽しみなのはカミンスキー選手です。ポーランドにいるときから交流があって、Jリーグのことを彼が話していたので、この移籍に関しても彼からアドバイスがあったことが決断の理由です」
 
「若い頃から、カシージャス選手やブッフォン選手を目標としていました。ポーランドにもたくさん素晴らしいゴールキーパーがいますが、彼らのようになれるように日々努力をしていきたいと思います」と語る『クバ』は、3週間ほどピッチから遠ざかっていたにもかかわらず、練習での身体のキレは健在だ。

「最後の試合出場は約1か月前です。最後の練習は3週間前まで前所属チームでやっていました。まずは日本語と英語でコミュニケーションをとって、連係を高めていきたいと思います。これからコンディションは、日を重ねて上げていき、20日の試合に向けて全力を尽くしていきたいですね。」と、13日の鹿島戦後にベルギーへ渡る守護神シュミット・ダニエルの穴を、早々に埋める意気込みだ。

 シュミット・ダニエルは仙台で副キャプテンも務めているだけに、実力だけでなく、『クバ』のリーダーシップにも期待したい。

◆ヤクブ・スウォビィク(Jakub Slowik)
【ポジション】 
GK
【生年月日】 
1991年8月31日
【身長体重】 
190c㌢・82㌔
【出身地】 
ポーランド
【所属歴】 
スパルタザモツリー(ポーランド)―スパルタ・オボルニキ(ポーランド)―ヤギエロニア・ビャウィストク(ポーランド)―ヴァルタ・ポズナン(ポーランド)―ヤギエロニア・ビャウィストク(ポーランド)―ポゴニシュチェチン(ポーランド)―シロンスク・ヴロツワフ(ポーランド)
【代表歴】
ポーランド代表 1試合出場

7/5(金) 6:30配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190705-00061000-sdigestw-socc

<日本代表GKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)>シントトロイデン移籍が基本合意!  

1: Egg ★ 2019/07/01(月) 17:49:42.19 ID:nRaNEHvR9
ベガルタ仙台の日本代表GKシュミット・ダニエルが、ベルギー1部のシントトロイデンに完全移籍することで基本合意に達したと発表になった。13日のJ1第19節の鹿島戦後に渡欧し、メディカルチェックを受ける。

 同選手は1992年2月3日生まれ、アメリカ合衆国出身の28歳。東北学院高、中央大を経て、14年に仙台に入団。熊本、松本でもプレーし、Jリーグ通算100試合を超えるキャリアを積んだ。18年より日本代表にも選出されている。身長197cm、体重88kg。

 仙台を通じ、以下のようなコメントを発表している。

「副キャプテンという立場でありながら、シーズン途中での移籍となってしまったことは、チームやサポーターのみなさまに対して本当に申し訳なく思っています。

 自分のサッカー人生を熟考し、今回のタイミングが年齢的に欧州のクラブからオファーをいただける最後の機会になるかもしれないと思い、より成長するためにチャンスをつかみ、挑戦することとしました。

 苦渋の決断でした。

 幼少期から憧れであったベガルタ仙台の選手として、ユアテックスタジアム仙台でプレーできた喜びは格別でした。クラブの一員として、残りの試合で勝利に貢献できるよう思いを込めて全力で戦います」

 またシントトロイデンを通じ「STVVの一員になれることをとても嬉しく思います。チームの力になれるように毎日頑張ります」と意気込んでいる。

7/1(月) 16:59配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190701-43468839-gekisaka-socc

写真no title

<日本代表GKシュミット・ダニエル>ベルギー1部シントトロイデン移籍へ!伸びしろ高評価  

1: Egg ★ 2019/06/04(火) 09:04:05.07 ID:i5jsOS7G9
ベルギー1部シントトロイデンが日本代表GKシュミット・ダニエル(27=仙台)の獲得に動いていることが3日、分かった。1メートル97の大型で、年齢的にも伸びしろがある守護神を、クラブは高く評価。複数の関係者によると、シュミット自身も海外移籍に前向きな姿勢を示しているという。日本代表はこの日、5日の親善試合トリニダード・トバゴ戦へ向け、豊田スタジアムで練習を行った

 日本人GKとして4人目の欧州1部リーグ移籍のチャンスが巡ってきた。シュミットは今季リーグ戦全14試合にフル出場。チームは16位と低迷しているが、ハイボールに強く、足元の高い技術も兼ね備えている。18年11月16日の親善試合ベネズエラ戦で日本代表デビューを果たし、その後は森保ジャパンに定着。この日の代表合宿では川島や権田らと笑みを浮かべつつ、軽快な動きを見せた。

 シュミットと仙台の契約は今季終了まで残っており、獲得には移籍金が発生するが、関係者によるとシントトロイデンは満額を支払う構えという。レギュラーシーズンを7位で終え、欧州リーグ出場権を懸けた中位プレーオフでは10試合13失点。来季以降の欧州チャンピオンズリーグなどの出場を目指す上で、よりハイレベルなGKの補強を目指している。クラブに日本代表DF冨安やMF遠藤ら多くの日本人が在籍していることも追い風になりそうだ。

 仙台側はJ1残留へ向けた必要戦力として全力で慰留に努めている。ただシュミット自身は海外志向が強く、移籍に前向きな姿勢を示しているという。22年のW杯カタール大会のレギュラー候補として期待が高まる守護神の、交渉の行方に注目が集まる。

 ◆シュミット・ダニエル 1992年2月3日生まれ、米国イリノイ州出身の27歳。米国人の父を持ち、2歳の時に来日。八幡スポーツ少年団、仙台スポーツシューレFCでプレー。東北学院高から中大へ進学し、10~12年は川崎Fの特別指定選手。14年に仙台加入。14~15年は熊本、16年は松本に期限付き移籍。17年から仙台に復帰した。1メートル97、88キロ。

6/4(火) 4:50配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000002-spnannex-socc

写真no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索