Samurai Goal

ベイル


スポンサード リンク





ベイル+ハメス+ナバス+125億円! ネイマール獲得を狙うマドリーのメガオファーにパリSGの回答は… 

20190822-00063147-sdigestw-000-5-view[1]

<やはり埋まらなかった溝>レアルの重鎮3選手(ベイル、マルセロ、イスコ)が退団へ  

20190412-00010002-sportes-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/12(金) 09:08:24.52 ID:s9x77yd19
レアル・マドリーの選手たちの中でも在籍期間が長い3名が今夏の移籍シーズンに退団する可能性が高い。その3名とはマルセロ(13シーズン在籍)、ベイル、イスコ(共に6シーズン)である。これらの選手らは来シーズンに向けたレアル・マドリーの大改革の影響を受けるだろう。

レアルは我慢の限界!ベイルを88億円に値下げし売却へ

ウェールズ代表のガレス・ベイルは、前シーズンにすでにクリスティアーノ・ロナウドや監督ジダンとの関係悪化により退団寸前だったが、会長フロレンティーノ・ペレスの決断により移籍を免れた経緯がある。
しかしロナウドの退団後もベイルのパフォーマンスには多くの問題が存在する。

マルセロに関しては、マドリーはすでに完全にこの選手への信頼を失ってしまった。ロナウドのいるユヴェントスへの移籍を望むマルセロだが、マドリーは第2キャプテンとしての自覚の無さを責めている。マルセロのやる気のなさは、一刻も早くユヴェントスへ移籍する為の策なのではないかと見られている。

一方で27歳のMFイスコは、前監督サンティアゴ・ソラーリとの衝突でクラブとの関係まで悪化させた。

マドリーはこれら3名の大型選手の売却により最低でも2億5,000万ユーロ(約313億円)の移籍金を手にし、新たな補強の資金に充てようと計画している。

4/12(金) 8:47配信 スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00010002-sportes-socc

レアルは「負傷パニック」…ベンゼマもベイルも万全遠く  

GettyImages-1054707112-1-thumb-500xauto-210697




1: 2018/12/18(火) 06:09:04.87 _USER9
3連覇を狙うRマドリードのソラリ監督はクラブ公式サイトで「今年もタイトルを勝ち獲りたい。鹿島戦に向けて集中する」と語った。

16日にUAE入りしたが、問題は負傷者と得点力不足。15日に1―0と辛勝したリーグ19位のRバリェカノ戦で、FWベンゼマとFWアセンシオが負傷交代。
FWベール、MFカゼミロもケガで欠場しており、スペイン紙アスは「負傷パニック」と伝えた。

17日付の同紙マルカはベンゼマとベールは鹿島戦に出場できる見通しとしたが「状態が100%かは疑問」と報道した。
FW陣はケガの不安も抱えて鹿島戦に臨むことになりそうだ。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/12/18/kiji/20181217s00002000318000c.html
2018年12月18日 05:30

「選考委員を解任したい!!」ベイルがUEFA年間ベストゴール落選で激怒! 

GettyImages-962768600-800x533

レアルの勢いが止まらない!!ベンゼマ&ベイル“BBコンビ”大活躍! 

1 2018/09/02(日) 05:43:23.93 _USER9
9/2(日) 5:42配信
またもベンゼマ&ベイル揃い踏み!! 好調レアル・マドリーが開幕3連勝

[9.1 リーガ・エスパニョーラ第3節 R・マドリー4-1レガネス]

 リーガ・エスパニョーラは1日、第3節2日目を各地で行い、レアル・マドリーはホームでレガネスと対戦した。2戦連続でFWガレス・ベイルとFWカリム・ベンゼマがそろい踏みしたR・マドリーが4-1で勝利。開幕3連勝を果たした。

 R・マドリーは前節のジローナ戦(○4-1)から先発3人を変更。今夏チェルシーから加入したGKティボー・クルトワがようやく新天地デビューを迎え、MFルカ・モドリッチとDFラファエル・バランが今季初先発を果たした。

 試合は立ち上がりから動いた。前半17分、R・マドリーはMFトニ・クロースが右サイド裏にフィードを送ると、DFダニエル・カルバハルが頭で折り返す。中央に走り込んだFWガレス・ベイルが右足ボレーで流し込み、先制に成功した。

 新エースのリーグ戦7試合連続ゴールで幸先良くスタートを切ったR・マドリーだが、前半23分、PA内で切り返したMFハビエル・エラーソをMFカゼミーロが倒し、PKを与えてしまう。これをFWギド・カリージョに蹴り込まれ、ファーストシュートで同点に追いつかれた。

 R・マドリーは後半3分、MFマルコ・アセンシオの鋭いクロスにFWカリム・ベンゼマが頭で合わせてゴールイン。一度はプッシングでノーゴールの判定を下したが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入で判定が覆り、R・マドリーが勝ち越しに成功した。

 ベンゼマはさらに後半16分、モドリッチとのワンツーでバイタルエリアを攻め込み、右に重心を移しながらPA外からゴール左隅に叩き込む。同20分にはアセンシオがPKを獲得すると、DFセルヒオ・ラモスが落ち着いて沈め、奇しくも前節と同じ得点者を記録してスコアを4-1とした。

 その後はMFダニ・セバジョス、FWルーカス・バスケスを投入したR・マドリーが主導権を渡すことなくボールを支配。危なげなく試合を締めた。レガネスはこれで開幕3戦未勝利。苦しいシーズン序盤を送っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-01749700-gekisaka-socc
no title

“レアルのエース”ポスト・ロナウドはベイルに決まり!? 

1 2018/08/15(水) 17:23:39.58 _USER9
レアル・マドリードを率いるフレン・ロペテギが、同クラブに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルについて言及した。14日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 8月15日に行われる、アトレティコ・マドリードとのUEFAスーパーカップを前にロペテギ監督がインタビューに応じた。今夏にユヴェントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが担っていたエースとしての役割を求められているベイルについて聞かれると「ベイルは私たちが愛している選手だ。彼はここで長い間、厳しい練習に励んでいる。彼にはモチベーションがあり、チームを構成する重要な選手である」

「ベイルのような偉大な選手が必要だ。彼の働きと姿勢に満足している。彼は、あらゆる面でとてもプロフェッショナルな選手であり、若手選手のようなモチベーションで練習しており、チームを大いに助けている」と同選手を称賛した。

https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20180815/812999.html
no title

ロナウド去ったレアル、“BBC”から“BBA”へ変化を遂げる! 

bale-asensio-re
1 2018/08/13(月) 22:10:29.66 _USER9
今夏の移籍市場でクリスティアーノ・ロナウドをユヴェントスに売却し、名物トリデンテ“BBC”を解体せざるを得なくなったレアル・マドリーだが、今季新たに“BBA”が躍動するのかもしれない。スペイン『マルカ』が報じている。

“BBC”はMFガレス・ベイル、FWカリム・ベンゼマ、C・ロナウドの頭文字を取ったものだが、“BBA”はC・ロナウドの代わりにMFマルコ・アセンシオが入ったトリデンテとなる。『マルカ』はこのベイル、ベンゼマ、そして世界最高の選手候補の一人とされる22歳アセンシオのトリデンテが、今季のマドリーを引っ張る可能性を指摘している。

同紙は“BBA”が“BBC”と違い、C・ロナウドのように一人に依存することがないトリデンテであるとの見解も示す。「クリスティアーノ退団で攻撃の選手たちはゴールの責任を分け合うことになる」「クリスティアーノがいないことで、全員が輝き、より自由にプレーできる。自身のプレーを示すための制約はもうない」と、全員が平等に輝けるはずと予想した。

なお昨季の“BBA”のゴール数は44得点で、その内訳はアセンシオ11得点、ベイル21得点、ベンゼマ12得点。この44得点は、ちょうどC・ロナウドが昨季に記録したゴール数と同じだ。“BBA”は果たして、“C”の穴を埋めることができるのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000020-goal-socc

レアルがACミランに勝利!!“ベンゼマ&ベイル”大活躍! 

キャプチャ
【AFP=時事】サッカー第39回サンチャゴ・ベルナベウ・トロフィー(39th Santiago Bernabeu Trophy)が11日に行われ、カリム・ベンゼマ(Karim Benzema)とギャレス・ベイル(Gareth Bale)の得点もあり、レアル・マドリード(Real Madrid)がACミラン(AC Milan)に3-1で勝利した。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00000024-jij_afp-socc

『ロナウド無用』“アセンシオ&ベイル”コンビがレアルで炸裂! 

DkDuPMVUcAAEdaR
 レアル・マドリードは現地時間7日、インターナショナル・チャンピオンズカップでASローマを2-1で撃破。勝利の立役者となったのは、スペイン代表MFマルコ・アセンシオとウェールズ代表FWギャレス・ベイルだった。

海外メディアも「二人によるスペシャルな傑出ぶり」と称賛している。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180808-00127142-soccermzw-socc

ロナウドに続いてベイルも移籍!?マンUは“レアル泥棒?” 

1 2018/07/13(金) 12:47:15.14 _USER9
7/13(金) 11:55配信
マドリーからまた離脱、ベイルがユナイテッド移籍に前進

レアル・マドリードの会長フロレンティーノ・ペレスは、ここ最近でジネディーヌ・ジダンとクリスティアーノ・ロナウドというチームにとって重要な二人を失っており、沈みかけているチームを立て直すために多くの仕事が必要になるだろう。

ジュレン・ロペテギを招聘したものの、デビューしたシーズンを含む3シーズンでチャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げた前監督ジダンと同レベルの成果を求めるのは非常に酷だろう。
また、ロナウドのように優れたゴール記録を残す貪欲なストライカーを獲得するのはほぼ不可能だろう。

そして今、監督ジョゼ・モウリーニョ率いるマンチェスター・ユナイテッドがマドリーから盗みを働こうとしている。モウリーニョが過去に率いていたマドリーからスター選手がいなくなることを意に介すことはないだろう。

今回、ユナイテッドが獲得を目論んでいるのは、2017/18シーズンのチャンピオンズリーグ決勝でMVPに輝いたガレス・ベイルである。
ユナイテッドは、ベイルをオールド・トラフォードに連れて来たいと考えている。

12日の英紙『Manchester Evening News』によれば、ベイルとの契約にユナイテッドが前進したということである。監督モウリーニョとCEOエド・ウッドワードは、ユナイテッドの攻撃を強化する完璧な補強になると考えており、先日、ユヴェントスに加入したロナウドよりも補強優先度を高めている。

さらに同メディアのジャーナリストであるジェームス・ロブソンは、この移籍は前進したが、最後にベイルが決断すると明かしている。
「ベイルは、監督ジダン政権時の自身の役割に不満を感じており、サンティアゴ・ベルナベウで不動のポジションを求めており、同様に、オールド・トラフォードでもそれを望んでいる。」

ユナイテッドの監督モウリーニョは、就任2年でチームのプレミアリーグにおける地位を安定させたものの、まだ攻撃面での輝きは欠けている。

(文:SPORT)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00010005-sportes-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索