Samurai Goal

ベイル


スポンサード リンク





ベイル、新型コロナ真っ只中でも自宅の庭でゴルフを楽しむ...スーパーショットにご満悦 

20200328-00010005-sportes-000-1-view




1: 2020/03/28(土) 16:44:56.12
再びゴルフがガレス・ベイルの日常生活の主役になっている。新型コロナウイルスによる外出禁止令が下るなか、レアル・マドリーのFWはゴルフをプレーする動画をインスタグラムにアップしている。

自宅の庭にゴルフホールを所有するベイルは、グリーンの上でティーパットを練習するビデオを投稿した。そのビデオでは難しいパットを決めて喜ぶベイルの姿が確認できる。

彼の多くのチームメイトがトレーニングの様子や、コロナウイルスと闘う人々へメッセージを送るなか、このウェールズ人はゴルフをする姿を好んだ。

ガレス・ベイルのゴルフへの情熱はサッカーをプレーする彼の姿よりも活気があり、その姿は何よりも幸せそうに見える。
レアル・マドリーがこの様子をどう捉えているかは、知るよしもないが...。

instagram
https://www.instagram.com/p/B-PpYNPJdv-/

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00010005-sportes-socc

ベイル、SNSで流行する「ステイ・アット・ホーム・チャレンジ」に挑戦!見事なゴルフの“腕前”を披露 

20200324-01049722-soccerk-000-5-view




1: 2020/03/24(火) 20:38:30.13
 レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルがSNSに投稿した動画が話題を呼んでいる。23日、イギリス紙『サン』が伝えた。

【動画】ベイルの「ステイ・アット・ホーム・チャレンジ」
https://www.instagram.com/p/B-FDJd4pUnc/

 新型コロナウイルスの感染拡大によってサッカーが中断するなか、自宅で過ごす選手たちやサッカーファンの間では、トイレットペーパーでリフティングに挑戦する「ステイ・アット・ホーム・チャレンジ(#StayAtHomeChallenge)」が流行。バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシも、楽々とリフティングをこなす動画をSNSに投稿していた。

 ベイルも同チャレンジに挑戦した動画を自身の公式インスタグラムに投稿したが、その内容はほかとは一線を画するものだった。

 カメラの手前左にはゴルフクラブを握ったベイルが立ち、カメラから約4メートル先には少し角度をつけて立てかけられたトイレットぺーパーが置かれている。ベイルがチップショットを放つと、ボールはトイレットペーパーの芯の空洞に吸い込まれ、ベイルは笑い声をあげながらガッツポーズで喜んだ。

「ウェールズ、ゴルフ、マドリード。この順番だ」と書かれたフラッグをEURO2020予選で掲げて物議を醸すなど、ゴルフへの熱意がたびたび話題となるベイルだが、その腕前は確かなようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-01049722-soccerk-socc

レアルFWベイル、ミニゴルフコース完備のバーを開店へ 「夜の街で遊ぶ選択肢を…」 

1: 2020/03/15(日) 12:25:52.83
Football ZONE web3/15(日) 12:20配信
レアルFWベイル、ミニゴルフコース完備のバーを開店へ 「夜の街で遊ぶ選択肢を…」

母国ウェールズの首都カーディフに出店予定 大好きなゴルフにちなみ店名は「Par 59」

 レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、すでにサッカー選手以外のビジネスにも精力的な動きを見せている。スペイン紙「AS」によれば、母国ウェールズで「Par 59」という大好きなゴルフにちなんだ名前のバーをオープンするという。

「ギャレス・ベイルはすでにレアル・マドリード後の人生を計画している」

 スペイン紙「AS」ではこのような見出しで、ベイルが新たなビジネスを展開すると報じている。

 ベイルはすでにスポーツバー「Elevens」を保有しているが、今後さらに飲食業界でのビジネスを拡大するつもりのようだ。

 記事によれば、今度はウェールズの首都カーディフにバーレストラン「Par 59」をオープンさせるという。ベイルは大のゴルフ好きで知られるだけに、名前もゴルフ用語にちなんだもので、さらにレストラン内にミニゴルフコースが設けられるとも伝えられている。

 ベイルはこのビジネス展開について「僕はいつもフットボールに集中していて、あまり外に遊びに出かけたりはしない。『Par 59』のようなビジネスをすることで、外出するのが好きな人たちと社会的に交流できると考えたんだ」とコメント。「ただ酔っ払うというだけではなく、夜の街で遊ぶ選択肢を提供したい」と今後の展望を明かしている。

 現在はサッカーに集中しているというベイルだが、ホテル事業などを手掛けるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)のように実業家としての成功も夢見ているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200315-00251738-soccermzw-socc
no title

ジダン、ベイルとの関係悪化を否定「彼に対する敬意を欠いてはいない。解決すべき問題もない」 

1: 豆次郎 ★ 2020/02/09(日) 00:35:13.93 ID:uq8iPKFd9
GOAL2/9(日) 0:23配信
ジダン、ベイルとの関係悪化を否定「彼に対する敬意を欠いてはいない。解決すべき問題もない」

9日のリーガ・エスパニョーラ第23節、レアル・マドリーは敵地エル・サダールでのオサスナ戦に臨む。前日会見に出席したジネディーヌ・ジダン監督は、レアル・マドリーに対して敵意を剥き出しにする熱狂的なスタジアムでの試合に警戒感を表している。

「私たちはどういった試合に臨むのかは理解しているよ。対戦相手も彼らのスタジアムも難しい。彼らは素晴らしいプレーを見せている。すべて分かっているし、私たちはまた新たな決勝に向けて、しっかりと準備を整えている」

ミッドウィークにはレアル・ソシエダに3-4で敗れ、コパ・デル・レイ敗退に追いやられたレアル・マドリーだが、ジダン監督は前を向く必要性を説いた。

「私たちは満足していない。あの試合の分析はしたが、3日後にまた新たな試合に臨めるのは良いことだ。あの一戦だけで、ここまでしてきたことを放り投げる必要などない。ラ・レアルに負けたからといって、何かが変わるわけではないんだよ。私たちは最後まで戦い抜く。何も変わりはしないんだ」

また、ソシエダ戦で守備の穴になっていたと再び指摘されたDFマルセロについては、次のように語っている。

「そうした話題には心を痛める。彼はピッチで全力を尽くしているのだから。ファンはそうした姿を目にしていたはずだ。起こってしまったことに、私たちが満足しているわけがない。ここまで21試合で無敗を貫いていたし、そうしたことを再び繰り返したいと思う」

「外部の意見は助けにならない。彼(マルセロ)は重要な選手で、これまでいつもそうしてきたように、またそのことを示してくれるはずだ。60~70試合を通して良いレベルにあることは、とても難しい。そのことは選手たちも含めて受け入れなくてはならない。道は長く、戦い続ける必要があるんだ。マルセロはピッチで全力を尽くしている。重要であるのは、選手たちが100%を出すことだ。その後に意見を差し挟むことはできるが、私たちはそうしたことがどのように機能しているのかを知っている」

ジダン監督はまた、4試合連続(その内1試合は負傷)で招集外としたMFガレス・ベイルについても言及。同選手との間に問題がないことを強調している。

「彼はここにいる。私たちは全選手に満足している。私は招集リストをつくらなければならないが、問題など何もない。私たちは彼を戦力に数えていく」

「彼に対して敬意を欠いてるわけではない。彼はここで戦っていくことを望んでいる。チーム内部のことについては、内部だけにとどまる。彼は私たちの選手だよ。ベイルは2022年まで残ることを望んでいる? 何も問題はない。彼は契約を結んでいて、残留を望んでいるということだ」

「ベイルとはいつも話をしているが、それはここで明かすべきものではない。ここ最近、招集リストに入れなかったものの、私は彼も数に入れている。彼がどういった貢献をしてくれるのかは分かっているよ。問題があるとすれば、それは私の方だろう。このチームの陣容は厚く、ガレスに関する解決法は存在しない。何しろ、問題が存在していないのだからね。招集リストに含めなかったことに意味があるわけではない。彼がここからシーズンの終わりまでに、どういった貢献ができるかは分かっているんだ」

ジダン監督は、招集メンバーを決める難しさについても語った。

「3日後に選定を行わなければならない。自分のアイデアと心中するとは言わないが、私は自分のアイデア、自分の決断とともに進んでいかなければならない。決断を下す責任を背負いながらね。批判を受けることは理解しているが、決断を下すことが私の仕事なんだよ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-00010000-goal-socc
no title

ベイルがレアル・マドリーに残る理由は?代理人が語る「お金だけでなく…」 

20200204-00010022-goal-000-1-view[1]

ジダン監督、再び負傷のベイルに「これ以上試合を失わず、継続的なプレーを願っている」 

1: Egg ★ 2020/01/26(日) 10:54:41.38 ID:22ikmUX49
26日のリーガ・エスパニョーラ第21節、レアル・マドリーは敵地ホセ・ソリージャでのバジャドリー戦に臨む。前日会見に出席したジネディーヌ・ジダン監督は、公式戦18試合無敗と好調のチームが、このまま進み続けることを願っている。

「私たちは良い時期にいるし、このままの調子で歩んでいければいい。それだけが私の願いだ。しかし、難しいことだよ。3日毎に試合があるし、各試合が異なるものだ。明日の試合は困難なものになる。バジャドリーは彼らのピッチで1試合しか負けていないのだから」

ジダン監督はその一方で、足首を痛めたことで再び戦線離脱を強いられたMFガレス・ベイルについても言及。相変わらず負傷に苛まれるウェールズ代表MFが、これから継続的に起用できることに期待を寄せている。

「起用できない状態なのは悲しいが、一番つらいのは彼自身にほかならない。月曜には一緒に練習に励めるだろう。負傷している選手のことは心配だよ。ただ、彼は少し足をひねっただけだ。これ以上は試合を失わないことを、継続的に仕事に取り埋めることを願っている」

「私はピッチで全力を尽くしてくれる選手を最後まで守り抜く。状況はそれぞれ違うが、負傷を前にしてはどうすることもできない」

フランス人指揮官は、監督業に大きな情熱を注いでいるようだ。

「私が大切にしているのは日々のこと、監督として日々向上していくことだ。監督業こそ私の情熱であり、選手の頃とは役割が違うものの、大好きだ」

「もし私が戦術的な進化を果たしているとしたら、それはチームが良いプレーを見せているためとなる。私が興味を持つのは私の選手たちだけであり、そしてチームとして均整のとれたプレーを見せなくてはならない」

1/25(土) 23:49配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00010028-goal-socc

写真no title

「ウェールズ、ゴルフ、マドリード、この順番」物議のベイルに対し、レアル元会長が“移籍願い”  

UlPveKE




1: 久太郎 ★ 2019/11/22(金) 14:41:48.37 ID:HF9lYUA+9
 2006年から09年にかけてレアル・マドリーの会長を務めていたラモン・カルデロン氏はウェールズ代表FWガレス・ベイルがトッテナムに戻るべきだと主張しているようだ。イギリス『BBC』が伝えている。

 ベイルは今月19日、欧州選手権(EURO2020)予選のハンガリー戦に出場し、逆転での本戦出場権獲得に大きく貢献。試合後にはサポーターが持っていた「ウェールズ、ゴルフ、レアル、この順番」と記されたジョークまじりのフラッグを掲げたことで、スペイン国内で物議を醸していた。

 これについて、カルデロン氏はトッテナムへの移籍が「誰にとっても良い解決策になる」と主張。古巣にはかつてR・マドリーを指揮し、ベイルを気に入っているとされるジョゼ・モウリーニョ監督が就任したことも追い風と捉えているようだ。

 また「彼がベルナベウに姿を現せば、彼にブーイングを浴びせるなど、受け入れられないという人々もいるだろう」とサポーターの気持ちを代弁。また言語的な障壁、マスコミとの不和も例に挙げ、R・マドリーとの別れを煽っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-43474247-gekisaka-socc

画像
https://imgur.com/UlPveKE

動画
https://youtu.be/DSvT5ET4jHQ


ベイルが2ゴーーール!! レアル・マドリー、ビジャレアルに辛くも追いつき2試合連続ドロー  

1: 豆次郎 ★ 2019/09/02(月) 05:57:51.04 ID:S9HJEiOf9
9/2(月) 5:54配信
ベイルが2ゴールも退場処分…レアル・マドリー、ビジャレアルに辛くも追いつき2試合連続ドロー

リーガ・エスパニョーラは1日に第3節が行われ、ビジャレアルとレアル・マドリーが対戦した。

開幕戦は勝利を挙げたものの、前節ホーム開幕戦でバジャドリー相手にまさかの1-1ドローに終わったレアル・マドリー。批判を浴びる中で負傷者が続出するなど、ジダン監督にとって難しい時間が続く中、白星を取り戻すために敵地でビジャレアルとの一戦に臨んだ。

この一戦では、今夏退団濃厚と思われながらも、残留したベイルが3試合連続のスタメン入り。新加入FWヨヴィッチ、DFメンディも先発に名を連ねたが、復帰が噂されたアザールはこの試合でもベンチ外に。またモドリッチがベンチスタートとなった。

試合は序盤に動く。12分、ビジャレアルはモレノが先制点を記録。レアル・マドリーは出鼻をくじかれる。それでも前半アディショナルタイム、ベイルが同点弾を奪う。

後半に入ってもなかなかペースを握れないレアル・マドリー。ジダン監督は69分にヨヴィッチを下げてモドリッチ、74分にバスケスに代えてヴィニシウスを投入し、状況の打開を図る。

しかし74分、ゴメスに勝ち越し弾を奪われる。それでも86分、またも背番号11がチームを救う。右サイドでモドリッチのパスを受けたベイルは、カットインからニアサイドを打ち抜き、この試合2ゴール目を奪った。

しかし後半アディショナルタイム、ベイルは2枚目のイエローカードで退場に。試合はこのまま終了。ベイルの活躍で追いついたレアル・マドリーだったが、2-2のドローに終わっている。2試合連続の引き分けとなり、3連勝を達成した首位アトレティコ・マドリーに4ポイント差をつけられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00010009-goal-socc
no title

ベイル+ハメス+ナバス+125億円! ネイマール獲得を狙うマドリーのメガオファーにパリSGの回答は… 

20190822-00063147-sdigestw-000-5-view[1]

<やはり埋まらなかった溝>レアルの重鎮3選手(ベイル、マルセロ、イスコ)が退団へ  

20190412-00010002-sportes-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/12(金) 09:08:24.52 ID:s9x77yd19
レアル・マドリーの選手たちの中でも在籍期間が長い3名が今夏の移籍シーズンに退団する可能性が高い。その3名とはマルセロ(13シーズン在籍)、ベイル、イスコ(共に6シーズン)である。これらの選手らは来シーズンに向けたレアル・マドリーの大改革の影響を受けるだろう。

レアルは我慢の限界!ベイルを88億円に値下げし売却へ

ウェールズ代表のガレス・ベイルは、前シーズンにすでにクリスティアーノ・ロナウドや監督ジダンとの関係悪化により退団寸前だったが、会長フロレンティーノ・ペレスの決断により移籍を免れた経緯がある。
しかしロナウドの退団後もベイルのパフォーマンスには多くの問題が存在する。

マルセロに関しては、マドリーはすでに完全にこの選手への信頼を失ってしまった。ロナウドのいるユヴェントスへの移籍を望むマルセロだが、マドリーは第2キャプテンとしての自覚の無さを責めている。マルセロのやる気のなさは、一刻も早くユヴェントスへ移籍する為の策なのではないかと見られている。

一方で27歳のMFイスコは、前監督サンティアゴ・ソラーリとの衝突でクラブとの関係まで悪化させた。

マドリーはこれら3名の大型選手の売却により最低でも2億5,000万ユーロ(約313億円)の移籍金を手にし、新たな補強の資金に充てようと計画している。

4/12(金) 8:47配信 スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00010002-sportes-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索