Samurai Goal

ベイル


スポンサード リンク





アザールをコンバートしてまでジダンが起用したヴィニシウスの“スピリット”。残酷なまでに対照的なのが… 

20200701-00075631-sdigestw-000-3-view

ベイルが再び批判の的に…「ブーイングなくても亡霊のようで、なおかつ29分間で筋肉痛に苦しんだ」 

20200615-00010033-goal-000-1-view

今プレーしなければ、いつ? レアルFWベイル、“人生最高”の状態に同僚も太鼓判 

1: 2020/06/14(日) 23:27:50.39
2020.06.14


度重なる負傷に苦しんだベイル、中断期間を経てトップフォーム

 レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルが“人生最高”の状態を迎えているという。チームメートからは「今プレーしなければ、いつチャンスを得られるか分からない」と言われているほどだとスペイン紙「マルカ」が報じた。

 今季のベイルは度重なる負傷もあり、公式戦18試合の出場にとどまり、得点もわずかに「3」と期待に応えられていなかった。


 シーズンは新型コロナウイルスのパンデミックの影響で3月中旬から3カ月間の中断を強いられていた。その間にも30歳のウェールズ代表FWには移籍の噂が絶えず、今季終了後にレアルを去る可能性も伝えられていた。

 しかし、この中断期間を経て、ベイルのコンディションは万全の状態を取り戻したようだ。それどころかキャリア最高の状態にまで仕上がっているという。記事では「ここ数週間のトレーニングの様子を見てきた人たちは彼が今、人生で一番調子がいいと言っていた」と報じられている。

 具体名こそ明かされていないが、あるチームメートが「もし今彼がプレーしなければ、いつチャンスが得られるか分からない」とコメントを残すほど今のベイルは絶好調だという。ジネディーヌ・ジダン監督の構想外と伝えられていた時期もあったが、負傷も癒え、シーズン最終盤に向けて調子を一気に上げてきているようだ。

 記事では「彼(ベイル)は今でも世界で最もインパクトのある選手の1人であることを証明したいと考えている」とも指摘されている。趣味のゴルフにサッカー以上の情熱を傾けていると批判されることもあるベイルだが、中断明けのリーガではそうした雑音を吹き飛ばすほどの活躍を見せてくれるのだろうか。

https://www.football-zone.net/archives/267231
no title

<香川真司>幻の“マンU最強布陣”に英脚光!ルーニー、C・ロナウド、ギャレス・ベイルと攻撃形成 

1: 2020/05/11(月) 13:31:19.43
ファーガソン氏の「大胆な計画」、C・ロナウドとベイル獲得プランに英紙注目
no title


マンチェスター・ユナイテッドで27年間にわたって指揮したアレックス・ファーガソン氏は、2013年にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とウェールズ代表FWギャレス・ベイル(レアル・マドリード)の獲得を目指していたと報じられている。そのなかで英紙「デイリー・メール」は、当時在籍していた日本代表MF香川真司(サラゴサ)を含めた“幻の最強布陣”を紹介している

 ファーガソン氏は1986年にユナイテッドの監督に就任。そこから27年間でリーグ優勝13回、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇2回など、数々のタイトルを獲得し、2013年に監督業から引退した。

 記事では「2013年に退任する前、サー・アレックス・ファーガソンの思い通りになっていたら、状況は違ったものになっていたかもしれない」と指摘。その背景として、「(元フランス代表DF)パトリス・エブラは、ファーガソンがチャンピオンズリーグ優勝チームを作るため、2013年にクリスティアーノ・ロナウドと再契約し、ガレス・ベイルを獲得しようとしたことを明らかにした」と綴っている。

 結局、ファーガソン氏の補強プランは実現しなかったものの、「大胆な計画」と記して当時の在籍メンバーを基に“最強布陣”を紹介。2012-13シーズンにユナイテッドへ加入し、ファーガソン氏の下で1年間プレーした香川もスタメンに組み込まれている。

幻の最強布陣は4-3-3を採用、香川はルーニーとコンビ…強力3トップは?

システムは4-3-3が採用されており、守護神にはスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが君臨。4バックは左から、エブラ、元イングランド代表DFフィル・ジョーンズ、元イングランド代表DFクリス・スモーリング(ローマ)、元ブラジル代表DFラファエル(リヨン)が並んだ。

 中盤3枚の底に元イングランド代表MFマイケル・キャリックが入り、インサイドハーフで元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(ダービー・カウンティ)と香川がコンビを形成。そして3トップ中央に元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシー、左にベイル、右にロナウドという夢の攻撃陣となった。

 香川とルーニーがタクトを振るう超攻撃的布陣は幻に終わったが、英紙も「もしファーガソンが主力選手を獲得していたとしたら、ユナイテッドはどうなっていただろうか」と思いを馳せていた。

5/11(月) 7:15配信フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200511-00261264-soccermzw-socc

ベイル、母国の病院に6600万円寄付 

20200423-00010004-goal-000-1-view




1: 2020/04/23(木) 10:43:01.64
レアル・マドリーのギャレス・ベイルが母国ウェールズの病院に50万ポンド(約6600万円)を寄付したことがわかった。

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響を受けるイギリスでは、22日現在、感染者13万3000人、死者1万8000人を記録するなど深刻な状況が続く。

危険を顧みず、最前線で未知のウイルスとの戦いを続ける医療従事者に対して、“真のヒーロー”と称えたり、支援の輪が広がっている。フットボール界では、リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドをはじめとした選手が故郷や所属クラブの地元の医療施設やチャリティ団体に現金や医療物資を寄付する。

そして22日、今度はレアル・マドリーに所属し、ウェールズ代表のエースであるベイルがカーディフ&ヴェイル大学保健機関(CVUHB)に高額の寄付を行ったことが判明。同組織は『Twitter』にベイルからのビデオメッセージを投稿し、感謝を綴った。

ベイルはこの中で「COVID-19危機の中、全力の働きと犠牲を続けるNHS(国民保健サービス)のみんなにただ感謝を伝えたかった。ウェールズ大学病院は僕が生まれ、僕の家族、友人、コミュニティ全体に対して最大限の支援を提供する僕にとって特別な場所だ。僕と家族は彼らへのサポートを示したい。君たちは素晴らしい仕事をしている。ありがとう」と述べる。

一方のCVUHBは「私たちはウェールズとレアル・マドリーのフットボール界のレジェンド、ギャレス・ベイルと妻エマの50万ポンドもの寄付への感謝を伝えたい。ありがとうギャレス。あなたは私たちのスターだ!」と感謝を綴った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200423-00010004-goal-socc

ベイル、新型コロナ真っ只中でも自宅の庭でゴルフを楽しむ...スーパーショットにご満悦 

20200328-00010005-sportes-000-1-view




1: 2020/03/28(土) 16:44:56.12
再びゴルフがガレス・ベイルの日常生活の主役になっている。新型コロナウイルスによる外出禁止令が下るなか、レアル・マドリーのFWはゴルフをプレーする動画をインスタグラムにアップしている。

自宅の庭にゴルフホールを所有するベイルは、グリーンの上でティーパットを練習するビデオを投稿した。そのビデオでは難しいパットを決めて喜ぶベイルの姿が確認できる。

彼の多くのチームメイトがトレーニングの様子や、コロナウイルスと闘う人々へメッセージを送るなか、このウェールズ人はゴルフをする姿を好んだ。

ガレス・ベイルのゴルフへの情熱はサッカーをプレーする彼の姿よりも活気があり、その姿は何よりも幸せそうに見える。
レアル・マドリーがこの様子をどう捉えているかは、知るよしもないが...。

instagram
https://www.instagram.com/p/B-PpYNPJdv-/

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00010005-sportes-socc

ベイル、SNSで流行する「ステイ・アット・ホーム・チャレンジ」に挑戦!見事なゴルフの“腕前”を披露 

20200324-01049722-soccerk-000-5-view




1: 2020/03/24(火) 20:38:30.13
 レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルがSNSに投稿した動画が話題を呼んでいる。23日、イギリス紙『サン』が伝えた。

【動画】ベイルの「ステイ・アット・ホーム・チャレンジ」
https://www.instagram.com/p/B-FDJd4pUnc/

 新型コロナウイルスの感染拡大によってサッカーが中断するなか、自宅で過ごす選手たちやサッカーファンの間では、トイレットペーパーでリフティングに挑戦する「ステイ・アット・ホーム・チャレンジ(#StayAtHomeChallenge)」が流行。バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシも、楽々とリフティングをこなす動画をSNSに投稿していた。

 ベイルも同チャレンジに挑戦した動画を自身の公式インスタグラムに投稿したが、その内容はほかとは一線を画するものだった。

 カメラの手前左にはゴルフクラブを握ったベイルが立ち、カメラから約4メートル先には少し角度をつけて立てかけられたトイレットぺーパーが置かれている。ベイルがチップショットを放つと、ボールはトイレットペーパーの芯の空洞に吸い込まれ、ベイルは笑い声をあげながらガッツポーズで喜んだ。

「ウェールズ、ゴルフ、マドリード。この順番だ」と書かれたフラッグをEURO2020予選で掲げて物議を醸すなど、ゴルフへの熱意がたびたび話題となるベイルだが、その腕前は確かなようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-01049722-soccerk-socc

レアルFWベイル、ミニゴルフコース完備のバーを開店へ 「夜の街で遊ぶ選択肢を…」 

1: 2020/03/15(日) 12:25:52.83
Football ZONE web3/15(日) 12:20配信
レアルFWベイル、ミニゴルフコース完備のバーを開店へ 「夜の街で遊ぶ選択肢を…」

母国ウェールズの首都カーディフに出店予定 大好きなゴルフにちなみ店名は「Par 59」

 レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、すでにサッカー選手以外のビジネスにも精力的な動きを見せている。スペイン紙「AS」によれば、母国ウェールズで「Par 59」という大好きなゴルフにちなんだ名前のバーをオープンするという。

「ギャレス・ベイルはすでにレアル・マドリード後の人生を計画している」

 スペイン紙「AS」ではこのような見出しで、ベイルが新たなビジネスを展開すると報じている。

 ベイルはすでにスポーツバー「Elevens」を保有しているが、今後さらに飲食業界でのビジネスを拡大するつもりのようだ。

 記事によれば、今度はウェールズの首都カーディフにバーレストラン「Par 59」をオープンさせるという。ベイルは大のゴルフ好きで知られるだけに、名前もゴルフ用語にちなんだもので、さらにレストラン内にミニゴルフコースが設けられるとも伝えられている。

 ベイルはこのビジネス展開について「僕はいつもフットボールに集中していて、あまり外に遊びに出かけたりはしない。『Par 59』のようなビジネスをすることで、外出するのが好きな人たちと社会的に交流できると考えたんだ」とコメント。「ただ酔っ払うというだけではなく、夜の街で遊ぶ選択肢を提供したい」と今後の展望を明かしている。

 現在はサッカーに集中しているというベイルだが、ホテル事業などを手掛けるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)のように実業家としての成功も夢見ているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200315-00251738-soccermzw-socc
no title

ジダン、ベイルとの関係悪化を否定「彼に対する敬意を欠いてはいない。解決すべき問題もない」 

1: 豆次郎 ★ 2020/02/09(日) 00:35:13.93 ID:uq8iPKFd9
GOAL2/9(日) 0:23配信
ジダン、ベイルとの関係悪化を否定「彼に対する敬意を欠いてはいない。解決すべき問題もない」

9日のリーガ・エスパニョーラ第23節、レアル・マドリーは敵地エル・サダールでのオサスナ戦に臨む。前日会見に出席したジネディーヌ・ジダン監督は、レアル・マドリーに対して敵意を剥き出しにする熱狂的なスタジアムでの試合に警戒感を表している。

「私たちはどういった試合に臨むのかは理解しているよ。対戦相手も彼らのスタジアムも難しい。彼らは素晴らしいプレーを見せている。すべて分かっているし、私たちはまた新たな決勝に向けて、しっかりと準備を整えている」

ミッドウィークにはレアル・ソシエダに3-4で敗れ、コパ・デル・レイ敗退に追いやられたレアル・マドリーだが、ジダン監督は前を向く必要性を説いた。

「私たちは満足していない。あの試合の分析はしたが、3日後にまた新たな試合に臨めるのは良いことだ。あの一戦だけで、ここまでしてきたことを放り投げる必要などない。ラ・レアルに負けたからといって、何かが変わるわけではないんだよ。私たちは最後まで戦い抜く。何も変わりはしないんだ」

また、ソシエダ戦で守備の穴になっていたと再び指摘されたDFマルセロについては、次のように語っている。

「そうした話題には心を痛める。彼はピッチで全力を尽くしているのだから。ファンはそうした姿を目にしていたはずだ。起こってしまったことに、私たちが満足しているわけがない。ここまで21試合で無敗を貫いていたし、そうしたことを再び繰り返したいと思う」

「外部の意見は助けにならない。彼(マルセロ)は重要な選手で、これまでいつもそうしてきたように、またそのことを示してくれるはずだ。60~70試合を通して良いレベルにあることは、とても難しい。そのことは選手たちも含めて受け入れなくてはならない。道は長く、戦い続ける必要があるんだ。マルセロはピッチで全力を尽くしている。重要であるのは、選手たちが100%を出すことだ。その後に意見を差し挟むことはできるが、私たちはそうしたことがどのように機能しているのかを知っている」

ジダン監督はまた、4試合連続(その内1試合は負傷)で招集外としたMFガレス・ベイルについても言及。同選手との間に問題がないことを強調している。

「彼はここにいる。私たちは全選手に満足している。私は招集リストをつくらなければならないが、問題など何もない。私たちは彼を戦力に数えていく」

「彼に対して敬意を欠いてるわけではない。彼はここで戦っていくことを望んでいる。チーム内部のことについては、内部だけにとどまる。彼は私たちの選手だよ。ベイルは2022年まで残ることを望んでいる? 何も問題はない。彼は契約を結んでいて、残留を望んでいるということだ」

「ベイルとはいつも話をしているが、それはここで明かすべきものではない。ここ最近、招集リストに入れなかったものの、私は彼も数に入れている。彼がどういった貢献をしてくれるのかは分かっているよ。問題があるとすれば、それは私の方だろう。このチームの陣容は厚く、ガレスに関する解決法は存在しない。何しろ、問題が存在していないのだからね。招集リストに含めなかったことに意味があるわけではない。彼がここからシーズンの終わりまでに、どういった貢献ができるかは分かっているんだ」

ジダン監督は、招集メンバーを決める難しさについても語った。

「3日後に選定を行わなければならない。自分のアイデアと心中するとは言わないが、私は自分のアイデア、自分の決断とともに進んでいかなければならない。決断を下す責任を背負いながらね。批判を受けることは理解しているが、決断を下すことが私の仕事なんだよ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-00010000-goal-socc
no title

ベイルがレアル・マドリーに残る理由は?代理人が語る「お金だけでなく…」 

20200204-00010022-goal-000-1-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索