Samurai Goal

ヘディング


スポンサード リンク





【英サッカー】 11歳以下の練習中のヘディング禁止に 

HT010209_s




1: 2020/02/25(火) 18:43:53.58
(CNN) イングランド・サッカー協会(FA)は24日、ヘディングに関する新しいガイドラインを発表した。
イングランドとスコットランド、北アイルランドでは11歳以下は練習中のヘディングが禁止となる。

今回の新しいガイドラインは、昨年発表された元サッカー選手を対象に行った調査で、
元選手は一般の人たちよりも認知症を患う可能性が3.5倍高いとの報告がなされたことを受けたもの。

ヘディングが原因という直接的な因果関係は証明されていないものの、新ガイドラインが潜在的なリスクの緩和につながるとしている。

試合中のヘディングについては禁止されていない。

新しいガイドラインは6歳以下から18歳以下の全てのグループに適用され、小学生の練習中のヘディングは禁止となる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-35149835-cnn-int

【サッカー】<ヘディング禁止>欧州初実施へ!認知症誘発リスクで12歳以下対象もイングランド対立..
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579268638/

サッカーのヘディングで認知症に? 関連性裏付ける解剖結果や統計が次々に 

i=https%253




1: 首都圏の虎 ★ 2020/01/29(水) 06:11:48.41 ID:iDFuhizI9
 サッカー元イングランド代表でイングランド・プレミアリーグ、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンのストライカーだったジェフ・アッスル氏は2002年、脳変性疾患により59歳の若さで死亡した。

 このアッスル氏の死がきっかけで、サッカーのヘディングと認知症リスクに関連がある可能性が注目されるようになった。検視官は、アッスル氏の死因はヘディングで繰り返し外傷がもたらされたことによる「職業病」だったとの判断を下し、その後に行われた同氏の脳の検査もこの結論を裏付けるように見えた。

 当時、この問題に関する科学的データはわずかだった。しかし、それ以降に集まった証拠は着実に両者の関連性を裏付ける方向へ傾いている。たとえたった1度の脳振とうでも、一生にわたって続く影響をもたらす可能性があることが示されている。

 2016年にスウェーデンで10万人以上の健康データに基づき行われた研究では、脳振とうという診断を1度受けたことのある人は、精神面での問題を抱える可能性が高く、また高校や大学を卒業する可能性が低いことが明らかになった。

 2017年には英ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジの研究者らが、認知症を発症した元サッカー選手6人について、死後に脳を調べた。その結果、4人に慢性外傷性脳症(CTE)と呼ばれる脳損傷の痕跡が見つかった。

 また昨年、英グラスゴー大学のチームが行った研究では、元プロ・サッカー選手は認知症などの深刻な神経疾患で亡くなる可能性が3.5倍に上るという結果が出た。この研究は、元選手7676人と一般人2万3000人の健康記録を基に行われた過去最大規模の比較だった。

 サッカーのどの要素が認知症との関連をもたらすのかについては、議論の余地がある。脳振とうにつながる頭部同士の衝突や他の要因も排除できない。しかし英イーストアングリア大学でサッカーと認知症に関するプロジェクトを率いるマイケル・グレイ教授によると、最も明白な原因はヘディングだという。

 また、「おそらくもっと大きな問題は、脳振とうには至らない程度の損傷だろう」とグレイ教授は言う。「毎日毎日、毎週毎週のヘディングの繰り返しが、元サッカー選手に見られるような損傷につながる」

 グレイ教授は、特に子どもは体に対して頭部が大きく首が弱いため、リスクが高いと指摘する。「子どもは純粋に構造上、より大きな損傷を受ける」

 ヘディングが認知症の原因になると仮定すると、こうした度重なる衝撃によって、実際には脳はどのようにダメージを受けていくのか、という別の疑問が生じる。「妥当だと思われる説明はたくさんある」と話すのは、老年精神医学を専門とする英エディンバラ大学のクレイグ・リッチー教授だ。「脳内でのタウタンパク質やアミロイドのようなタンパク質の蓄積なのだろうか? 炎症かもしれないし、血流かもしれないし、多くのさまざまなことが理由かもしれない」

1/28(火) 8:51配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200128-00010000-clc_guard-eurp

堂安律、ヘディングで今季3点目。PSVが5得点大勝  

20191208-00351796-footballc-000-1-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/12/08(日) 06:01:05.34 ID:a6o84BdO9
【PSV 5-0 シッタート エールディビジ第16節】

 オランダ1部リーグ第16節のPSV対シッタートが現地時間7日に行われた。試合は5-0でホームのPSVが大勝している。PSVの堂安律はフル出場し、今季3点目を記録した。

 リーグ戦直近6試合で1勝と苦しんでいるPSVだが、この日は好スタートを切った。開始8分、ペナルティエリア左からの折り返しに堂安がヘディングで合わせて先制する。堂安にとっては今季3点目。PSVでは第8節ズヴォレ戦以来となる2ゴール目となっている。

 PSVは14位のシッタートを相手にその後も順調。前半さらに2点を加えて折り返すと、後半にも2ゴール。5-0の大勝を飾った。

【得点者】
8分 1-0 堂安律(PSV)
26分 2-0 マレン(PSV)
42分 3-0 ベルフワイン(PSV)
52分 4-0 イハッタレン(PSV)
84分 5-0 ガクポ(PSV)

フットボールチャンネル編集部 12/8(日) 5:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191208-00351796-footballc-socc

スコットランドが子供のヘディング禁止を検討 サッカー選手の認知症死亡リスク3.5倍判明で  

0627412f-5111-222f-b828-eeb04c651937[1]




1: ネギうどん ★ 2019/10/29(火) 10:43:40.20 ID:LBUob48h9
先日、グラスゴー大学の専門家たちが発表した調査結果はサッカー界に衝撃をもたらした。

ヘディングが脳損傷につながりうる可能性について調査したもので、元プロサッカー選手は認知症を発症して死亡する割合が同世代よりも3.5倍も高いという結果が出たのだ。

『BBC』によれば、この調査結果を受けたスコットランドサッカー協会は、子供たちへのヘディング禁止令を検討しているという。

スコットランドサッカー協会の医療コンサルタントであるマクリーン博士は「若手選手のヘディング練習を制限するなど簡単にできるもこともある。脳を回復させるために1週間に1回だけにするとかね」などと述べたそう。

スコットランドサッカー協会は専門家と協議したうえで選択肢について検討する見込み。アメリカでは2014年以降は子供のヘディングが禁止されているそう。

https://qoly.jp/2019/10/28/ban-to-children-heading-balls-iks-1

元サッカー選手の認知症率は3.5倍高い? がん等の死亡率は低いという研究結果も  

imagesN9P76ONL




1: 幻の右 ★ 2019/10/22(火) 14:04:53.76 ID:yO2MQKWo9
ヘディング死に関する新たな研究結果が発表された。21日に英メディア『BBC』が報じている。

 同メディアによると、元サッカー選手が認知症を発症した後に死亡する確率は、一般人の同じ年齢層の人々に比べて3.5倍高いという。2002年に亡くなったジェフ・アストル氏は、現役時代にヘディングし過ぎたために脳の損傷に繋がったとされており、グラスゴー大学の専門家を中心にヘディングが脳に与える影響についての研究は続けられている。

 一方で、神経変性疾患による死亡リスクが高いものの、心臓病や肺がんといった一部のがんなど、他の一般的な病気で死亡する可能性は低いという研究結果も出ている。

フットボールチャンネル編集部
10/22(火) 9:00
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191022-00343971-footballc-socc

<植田直通>加入後初ゴールは十八番ヘッド!セルクル・ブルージュが逆転で14戦ぶり白星  

20190407-43465642-gekisaka-000-2-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/07(日) 09:15:39.75 ID:CuFDGAjW9
[4.6 ベルギー・リーグPO2B第3節 ムスクロン2-3セルクル・ブルージュ]

 ベルギー・リーグのプレーオフ2B第3節が6日に行われ、DF植田直通の所属するセルクル・ブルージュは敵地でズルテ・ワレヘムと対戦し、3-2で勝利した。植田は3試合ぶりにスタメン復帰してフル出場。後半20分に得意のヘディングで加入後初ゴールを記録した。

 後半8分にムスクロンのFWフランツディ・ピエロにループシュートで先制点を許したセルクル・ブルージュだったが、同16分にFKからのこぼれ球をDFバンジャマン・ドゥラクールが押し込み、同点に追いつく。

 そして後半20分に右CKのチャンスを迎えると、PA内中央でクロスに反応したのは植田。強烈なヘディングシュートがGKの右手と左ポストの内側に当たって決まり、2-1と逆転する。昨年7月に移籍した植田にとっては、これが加入後初ゴールとなった。

 さらにセルクル・ブルージュは後半38分にFWジャンニ・ブルーノが追加点を奪取。同43分にムスクロンのFWミチョ・クズマノヴィッチに1点を返されたが、3-2で逃げ切り、14試合ぶりの白星を手にした。

4/7(日) 7:35配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190407-43465642-gekisaka-socc

【激論】“18禁ヘディング”が少年少女に悪影響を及ぼす!? 

mm20120726100304_pka127250969
1 2018/08/09(木) 17:48:50.47 _USER9
【8月9日 AFP】サッカーのヘディングが脳に与えるダメージの議論が続く中、スポーツにおける脳損傷研究の第一人者が、18歳以下の少年少女のヘディングを禁止すべきだと述べ、話し合いにさらなる一石を投じている。

 若年層のヘディング禁止を提言したのは、アメリカンフットボールの選手と慢性外傷性脳症(CTE)の関係性を初めて明らかにしたベネット・オマル(Bennett Omalu)医師。医師は英BBCに対し、意見が反発に遭うのは覚悟の上だが、社会は進んでいくべきだと話した。

「18歳以下の若者にサッカーのヘディングをさせるべきではない。12歳から14歳には接触の少ないサッカーが必要で、そうしたタイプのサッカーを考案する必要がある。12歳から18歳の間は、プレー自体はともかくヘディングは禁止すべきだ」

「多くの人が反感を覚えるだろうが、科学は進歩している。人は時とともに変わっていき、社会も変化する。今こそ、これまでの常識のいくつかを変えるべきときだ」

 ナイジェリア生まれで米国に帰化したオマル医師は、米ナショナルフットボール(NFL)のピッツバーグ・スティーラーズ(Pittsburgh Steelers)でプレーしたマイク・ウェブスター(Mike Webster)氏の脳の検視解剖を2002年に行い、そこからCTEがNFL選手に与える影響を明らかにしていった。

 オマル医師は、ヘディング対策はプロでも必要だと考えており、「高速で移動する物体を頭部でコントロールしようとするのはナンセンス。ゆえに、プロのレベルでもヘディングは制限すべきだと確信している。危険だ」と話している。

 英国では、元プロサッカー選手のジェフ・アストル(Jeff Astle)氏が2000年代初頭にこの世を去った際、昔の重い革のボールをヘディングし続けたことによる脳損傷が死因だと結論づけられ、ヘディングの副作用が注目されるようになった。ウェストブロムウィッチ・アルビオン(West Bromwich Albion、WBA)などで16年間のプロ生活を送り、代表に選出されたこともあったアストル氏は、10年近く認知症に苦しんでいた。

 今年初めには別の元プロ選手の脳を家族が専門家に提供し、こちらもヘディングと関連した認知症の一種を患っていたと診断された。
1966年のW杯(World Cup)イングランド大会を制した元同国代表のマーティン・ピータース(Martin Peters)氏、ノビー・スタイルズ(Nobby Stiles)氏、故レイ・ウィルソン(Ray Wilson)氏ら、認知症と診断されている元有名選手は他にもいる。

 オマル医師は「人の脳は頭蓋骨の中に浮かぶ風船のようなもので、ヘディングは脳損傷につながる」と話している。「ボールを頭でたたくのは、脳を痛めつけているのと同じ。サッカーのプレー経験は脳損傷のリスクを高め、影響は年を取って認知症やCTEの傾向が出始めたときに表れる」 (

http://www.afpbb.com/articles/-/3185477?act=all

【危険】ヘディングによる脳への被害、女性の方が男性より高リスク!!! 

20251d3c

1 2018/08/01(水) 11:42:21.80 _USER9
ヘディングによる脳へのダメージ、女子選手の方が高リスク 研究

【8月1日 AFP】サッカーのヘディングによる脳へのダメージは、女性の方が男性より5倍ほど大きくなる恐れがあるとする米国の研究結果が7月31日、発表された。アマチュア選手100人近くを対象とする調査に基づく結果だという。

 米学術誌「Radiology(放射線医学)」に掲載された研究論文では、サッカーでの頭部外傷を防ぐには、男女差を設けたガイドラインの導入も視野に入れるべきとの考えが示された。

 論文の主執筆者で、米アルベルト・アインシュタイン医学校(Albert Einstein College of Medicine)のマイケル・リプトン(Michael Lipton)教授(放射線医学・精神医学・行動科学)は、「男性に比べて女性の方が頭部外傷後の経過が悪いことは、研究者らや臨床医師らは以前から気付いていた。だが、それは単に女性の方が自発的に症状を訴える傾向が強いからにすぎないと一部では言われていた」と話す。

 しかし、「症状の自己申告ではなく脳組織の他覚的変化を測定した今回の研究に基づくと、実際に女性はサッカーボールのヘディングによって脳損傷を受けるリスクが男性よりも高い可能性がある」のだという。



AFPBB News 2018年8月1日 11:28
http://www.afpbb.com/articles/-/3184518

『ヘディング』を問題視!?子供にさせるのは良くない? 

bbc2edee-cd21-4d
1 2018/07/22(日) 11:32:38.73 _USER9
サッカーにより深刻な脳の損傷を負う可能性がある、という複数の研究結果が出ている。しかし今のところ、国際サッカー連盟(FIFA)はほとんど対策を講じていない。
ヘディングによって選手たちの頭部損傷や脳疾患のリスクを抑えるためにも、ルールを改定すべきなのか?

サッカーW杯2018ロシア大会・予選グループBの開幕戦の最中、モロッコ代表MFノルディン・アムラバトは、対戦相手のイラン代表の選手と頭同士を激しく打ちつけた後、ピッチへ倒れ込んだ。
ピッチサイドへ運ばれてチームの医療スタッフによる検査を受けるまでの約1分以上、彼はグラウンドに横たわっていた。医療スタッフはアムラバト選手の顔を何度も平手打ちしたが、これは脳震盪の症状に対する典型的な確認方法のひとつだった。

世界中が注目するワールドカップの試合をテレビ観戦していた30億人の中のひとりに、Vincent Gouttebargeがいた。
オランダ・リーグでアムラバトとチームメイトだった彼は現在、国際プロサッカー選手会(FIFPro)における医務部門の最高責任者を務めている。

「あのシーンを見て、私はとても失望した」とGouttebargeは言う。「医療スタッフの取った行動は、世界中へ向けて良くないメッセージを送ることとなった。
脳震盪に対する適切なマネジメントを啓蒙する必要がある。4年前のブラジル大会でも全く同じような光景を目にした。それから何も変わっていないということだ」。

以下略

https://news.mynavi.jp/article/20180721-667620/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索