Samurai Goal

ヘタフェ


スポンサード リンク





ヘタフェ久保建英、1カ月ぶり先発復帰も 主力選手の出場停止で可能性が浮上 

1: 2021/03/03(水) 19:17:38.97 _USER9
3/3(水) 19:07
デイリースポーツ

ヘタフェ久保建英、1カ月ぶり先発復帰も 主力選手の出場停止で可能性が浮上
スタメン復帰の可能性が浮上した久保建英
 「スペイン1部リーグ、バリャドリード-ヘタフェ」(6日、バリャドリード)

 サッカーのスペイン1部リーグ、ヘタフェの日本代表MF久保建英が4試合ぶりに先発復帰する可能性が浮上した。スペインのアス紙など3日までに伝えている。実際に先発出場すれば、2月6日のセビリア戦以来およそ1カ月ぶり。

 これまでリーグ全試合に出場し、チーム最多の出場時間を誇るMFククレージャが出場停止。同選手は主に左サイドアタッカーとして起用されており、攻撃力を重視する場合は久保の起用が考えられるという。

 他にMFアレニャ、MFティモール、FWクチョ・エルナンデスの出場が考えられるが、同紙は「誰もククレージャと同じ活躍は提供していない」と分析。久保に出場機会が与えられれば、不動の主力選手と同等の活躍が期待されることになる。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/0070a5f9ceb7183efcc76f6284c2a04d97951bcc

「エメリは正しかったのか?」”原点回帰”のヘタフェで出番失う久保建英を現地酷評「問題はビジャレアルではなかった」 

スクリーンショット 2021-02-24 22.22.03




1: 2021/02/24(水) 21:22:58.29 _USER9
久保建英がビジャレアルからヘタフェにレンタル先を移し、練習なしでラ・リーガ第18節のエルチェ戦に出場して勝利に大貢献してから約1か月半。最高の新天地スタートを切った彼は、しかしウエスカ戦を最後に、その後はひたすら下降線を辿ることを余儀なくされている。

22節レアル・マドリー戦からスタメンを外れた久保。23節ソシエダ戦では途中出場から攻撃を活性化させたものの、ホセ・ボルダラス監督の“原点回帰”を翻意させることはできず、続く24節ベティス戦では、わずか8分間とプレー時間を削られることとなった。

 次戦のバレンシア戦(27日)でも指揮官の守備的姿勢は変わらず、久保は加入時にベンチへ追いやったはずのアラン・ニョムのバックアッパーとして、ベンチで出番を待つことを余儀なくされると、多くの現地メディアが予想している。

 彼らは「久保効果は薄れた」「主役から脇役へ」などといった表現で凋落ぶりを強調しているが、それは収まることなく、スポーツ『AS』は久保を、同時加入のカルレス・アレニャとともに「才能ある2人の選手は最初の犠牲者になった」と報道。「1か月前にファンを興奮させた攻撃的な『プランB』は一時的なもので、これまで以上に守備的となった今では、その痕跡もない」と綴っている。

 堅実な4-4-2にフォーメーションを固定していたボルダラス監督は自ら獲得を望んだ久保とアレニャの加入によって4-2-3-1の新機軸を導入したものの、20節アスレティック・ビルバオ戦で1-5の大敗を喫したのを機に守備を見直して5-4-1に変更。そして結局は元の4-4-2に戻った。こうした経緯を紹介した『VAVEL』は、久保ら新加入組については、最も重要なゴールを生み出していないことが現状に繋がっていると見ている。

 他にも、厳しい見出しが各メディアに並んでおり、『MUNDO DEPORTIVO』は「久保はヘタフェでもフィットしない」、『FOOTBALL ESPANA』は「(ウナイ・)エメリは正しかったのか?」、『EL GOL DIGITAL』は「久保の問題はエメリやビジャレアルではなかった」……そして『El Desmarque』は「久保にとっては3人目のスーツ組」と題し、今季の久保が、ジネディーヌ・ジダン、エメリ、ボルダラスの監督3人から“構想外”にされたと指摘した。

 現地でも厳しい見方をされている久保。この状況について、チームメイトのFWハイメ・マタは「久保は非常にメディアの注目を集める選手であり、このとても魅力的な少年は厳しい状況に置かれている」と同情を示すとともに、「彼は特別な選手のひとりだ」と高く評価している(『EL ESPANOL』より)。

 ビジャレアルでの限定的な出場機会に不満を示してヘタフェに久保を“預けた”レアル・マドリーもこの現状を憂慮しているといわれるが、残りシーズンに関しては久保が自らの力で困難を克服していくしか手はない。指揮官の去就問題も注目される中で、光明はどのような形で彼を照らすのだろうか。

2/24(水) 19:52
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210224-00010007-thedigest-socc

久保建英が〝原因〟? ヘタフェのボルダラス監督が解任危機 

スクリーンショット 2021-02-23 22.35.28




1: 2021/02/23(火) 21:34:50.27 _USER9
スペインメディア「デフェンサセントラル」は解任危機に追い込まれている同国1部ヘタフェのホセ・ボルダラス監督(56)について、所属する日本代表MF久保建英(19)が〝原因〟と報じた。

同メディアは「ヘタフェでボルダラスの別れの可能性の犯人である久保の署名」と題し「スペインのコーチは危機にひんしており、その理由の一つは、若い才能を求めて彼に議決権を与えたことだ」とし、
ビリャレアルで出番を失っていた久保の獲得を推進したことが、結果として自らの首を絞める結果になったと伝えている。

ボルダラス監督の強い要請を受けた久保は、1月にヘタフェに加入し、8試合に出場も直近3試合はベンチスタート。
しかも、その間の成績は2勝1分け5敗とチームは大きく低迷。指揮官の解任が叫ばれている。その原因が久保であり、
同時期に同1部バルセロナから加入したMFカルレス・アレニャ(23)も「同じこと」という。

現在ヘタフェは勝ち点24の15位で降格圏となる18位エルチェとの勝ち点差はわずかに「3」。同メディアによると、クラブ側はボルダラス監督を解任した場合、
約300万ユーロ(約3億8000万円)の費用がかかるとあって、決断に慎重になっており、次のバレンシア戦(27日)が大きなターニングポイントになるという。

 スペイン1部リーグは残り14試合。久保獲得で上位進出を狙った指揮官だったが、現時点では完全に失敗だったといえそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aef9e38e2cd5ae06acd286dd164c49bfd14c68a9

ヘタフェ久保建英の〝消滅〟に保有元のRマドリードがピリピリムード 

1: 2021/02/21(日) 13:06:06.39 _USER9
2/21(日) 12:30配信
東スポWeb

久保建英

 スペイン1部ヘタフェの日本代表MF久保建英(19)の現状に、保有元のレアル・マドリードが危機感を強めている。

 チームが低迷する中で久保は3試合連続で先発から外れ、徐々に出場時間も減少。前節19日のベティス戦のプレー時間はわずか9分だった。

 そうした窮状に、Rマドリード専門メディアの「デフェンサセントラル」は「マドリードの久保への懸念が高まっている。彼はヘタフェから姿を消している」と報道。名門が不安を感じてピリピリモードになっているというのだ。

 ただ、同メディアは新天地で加入当初は重用されていた久保がベンチ要員へと転落するキッカケとなったのが皮肉にもRマドリード戦だったと指摘。「レアル・マドリードに対してから彼は出場機会を減らし始めた。ジネディーヌ・ジダン監督の選手たちに対して、彼は約35分間のプレーにとどまり(ヘタフェの)ホセ・ボルダラス監督の中での序列を落とし始めた。彼は彼ら(久保とMFカルレス・アレニャ)をベンチへと追いやった」と久保がRマドリード戦から先発落ちし、しかもその試合で低調だったことからさらに信頼を低下させたというわけだ。

 こうしたヘタフェでの惨状にRマドリード側はピリピリムード。「彼らはなぜ再びこんなことが起きているのか理解できない。久保はヘタフェで最も著名な選手の一人なのに、理由もなくベンチ行きとなった。バルデベバス(Rマドリードの練習施設)で懸念が高まっている。ビリャレアルと同じことが繰り返されるのではないかと…」。

 このまま久保が干されるようなら、良好だった両クラブ間の関係にもヒビが入りそうな雲行きだ。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/b5bdd497cda312aa3bb4a469b1f8e45149438f70

【久保建英】ベティスに敗戦!「10分間出場」の久保にラストの失望「撃たなかった」 

スクリーンショット 2021-02-20 13.01.23

久保は終盤に出場 ヘタフェまたノーゴール4連敗 

1: 2021/02/20(土) 07:37:57.58 _USER9
2/20(土) 7:31
日刊スポーツ

MF久保建英(20年10月撮影)

<スペインリーグ:ベティス1-0ヘタフェ>◇19日◇セビリア

日本代表MF久保建英(19)が所属するヘタフェは敵地でベティスに0-1と敗戦した。久保は試合終盤からの途中出場だった。

3試合連続のベンチスタートとなった久保。0-0の後半35分に右サイドで出場した。しかしチームは39分にこの日2度目のPKを与え、これを決められて先制点を献上した。

短い出場時間の久保は後半ロスタイムに右サイドでボールを持つと、ドリブルでペナルティーエリア内へ進入。DF4人に囲まれながら味方につないだが、ゴールにはつながらなかった。

両チーム合わせて10枚のイエローカードが出た激しい試合はベティスが1点を守りきった。ヘタフェはこれで4連敗。守備的な戦術の中で久保も思うように出場機会をつかめず、苦しい戦いが続いている。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/cf310b4e0524f233ba1ce9f0e9efd674e2fede50

久保建英の先発落ち-シュートも打てないヘタフェの指揮官、理由を明かす 

スクリーンショット 2021-02-15 21.05.39

「“白旗”を叩きつけた」久保建英が途中出場したヘタフェ戦で、マドリー指揮官ジダンが突然の激昂! 一体なぜ? 

スクリーンショット 2021-02-11 4.54.00

ヘタフェで大活躍だけじゃムリ? 久保建英のレアル復帰を左右する「2つの重大ポイント」 

1: 2021/02/10(水) 08:07:42.79 _USER9
2/10(水) 4:15配信
東スポWeb

MF久保建英

 名門への〝帰還〟はあるのか。スペイン1部ヘタフェの日本代表MF久保建英(19)が来季のレアル・マドリード復帰を果たせるかの岐路に立っている。ヘタフェで結果を出すことが絶対条件だが、それだけですんなり道が開けるわけではない。世界有数のビッグクラブならではの外的要因に左右される可能性もあり、まだまだ先行きは不透明。レアルが久保を呼び戻すための2つのポイントとは――。


 久保はRマドリードのクラブ首脳陣から将来性を高く評価されており、今季残り試合で結果を残せば、来季の復帰が基本方針となりつつある。問題となっていたEU圏外枠についても、3枠のうちブラジル代表のFWビニシウス(20)とDFエデル・ミリトン(23)は、今季伸び悩んでいる現状やクラブの財政難から放出要員となっており、空席ができる見込みだ。

 ただ、欧州事情に詳しい代理人は「レアルは今年も南米から有望株を取ってくるだろうから、どんな逸材をいくらで入れるかにもよる。そっち優先で枠を使うことも考えられる」と語るように、Rマドリードは毎年のように南米の若手を引き抜いている。今夏も獲得候補としてFWマルコス・レオナルド(17)、FWカイオ・ジョルジ(19=ともにサントス)、FWガブリエル・ベロン(18)、MFガブリエル・メニーノ(20=ともにパルメイラス)などブラジルの至宝をリストアップ。

 いずれも移籍金が数十億円規模となる超逸材のため、レンタルに出さず即戦力として起用する可能性もあり、EU圏外枠が再び埋まるケースもあり得る。

 一方で、枠の問題がクリアになったとしても復帰の〝確定〟には至らないという。前出の代理人は、さらなる条件をこう指摘した。「レアルは、まず監督問題が決着しないとチームの方針が定まらない。いくらクラブの上層部が久保を買っていたとしても、現場の監督の意向は無視できないし、その人の考え方でいくらでも状況は変わる」

 Rマドリードは今季の優勝争いで苦戦を強いられており、試合内容の低調もありジネディーヌ・ジダン監督(48)の今季限りでの退任が既定路線となっている。

 後任候補はドイツ1部ライプチヒのユリアン・ナーゲルスマン監督(33)やイタリア1部ユベントスなどを率いたマッシミリアーノ・アッレグリ氏(53)、アルゼンチン1部リバープレートのマルセロ・ガリャルド監督(45)、内部昇格でBチームのラウル・ゴンザレス監督(43)などが乱立。それぞれ特色が異なるだけに、指揮官の好みによって久保の命運も左右されるわけだ。

〝白い巨人〟復帰へは、こうした要因を超越する強烈なインパクトが必要。ヘタフェで残されたアピールの時間は決して多くはない。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/3b7d8bca3a10063a852ce8a4102c61848de3caf0

ヘタフェ久保建英は5戦ぶりベンチで後半途中出場…所属元のレアルが2発勝利 

スクリーンショット 2021-02-10 8.09.12


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索