20191225-00010005-thedigest-000-2-view[1]




1: ネギうどん ★ 2019/12/25(水) 10:27:25.22 ID:8RxP2am99
英国のリサーチ会社『Sporting Intelligence』が12月24日、世界のあらゆるプロスポーツチームの「平均年俸ランキング2019」を発表した。

【PHOTO】女性ファン必見!世界で躍動する“イケメン&マッチョ”アスリートたちを完全網羅!

 欧州サッカーにNBA、MLB、NFL、IPL(インド・クリケット)などすべてのプロチームの選手サラリーを調査し、各クラブの総額を登録選手数で割った平均値(選手ひとりあたりの年俸)を集計。350位までを一挙に公開している。

 トップ3を占めたのは、サッカークラブだ。リオネル・メッシを擁するバルセロナ(スペイン)が1228万4555ドル(約13億4323万円)で首位に立った。2位はバルサの宿敵レアル・マドリー(スペイン)で1115万4692ドル(約12億1973万円)と、リーガ2強が昨年版に続いてワンツーフィニッシュを決めている。そしてクリスチアーノ・ロナウドが籍を置くユベントス(イタリア)が1010万6647ドル(約11億510万円)で3位に食い込んだ。

 ちなみにサッカー勢ではリーグアンのパリ・サンジェルマン(フランス)が12位に入って、893万4220ドル(約9億7723万円)。プレミアリーグはマンチェスター・シティ(イングランド)が873万4375ドル(約9億5536万円)で13位、ブンデスリーガはバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)が811万9896ドル(約8億8812万円)で22位に付け、それぞれ国内トップに立っている。

 総合4位以降は、NBA勢がずらりと居並ぶ。4位ポートランド・トレイルブレイザーズから11位ヒューストン・ロケッツまで8クラブが上位で幅を利かせ、トップ50に全30チームをエントリーさせているのだから驚きだ。

 MLBは田中将大のニューヨーク・ヤンキース(769万2199ドル=約8億4131万円)が32位で、50位以内は5チームのみ。NFLはアトランタ・ファルコンズ(470万6057ドル=約5億1475万円)の65位が最高位となっている。

 そのほかの日本人選手が所属しているチームでは、八村塁のワシントン・ウィザーズ(NBA)が850万330ドル(約9億2974万円)で16位、大谷翔平のLAエンゼルス(MLB)が520万7961ドル(約5億6961万円)で53位に付けている。

 日本のプロスポーツにおける最上位は、アンドレス・イニエスタにダビド・ビジャ、ルーカス・ポドルスキら高給取りを抱えるJ1のヴィッセル神戸が157万2238ドル(約1億7193万円)で181位。以下、福岡ソフトバンクホークス(NPB)が151万8248ドル(約1億6604万円)で186位、読売ジャイアンツ(NPB)が146万7138ドル(約1億6044万円)で191位、阪神タイガース(NPB)が97万5487ドル(約1億668万円)で212位、東京ヤクルト・スワローズ(NPB)が87万4696ドル(約9566万円)で217位、広島東洋カープ(NPB)が81万3793ドル(約8901万円)で222位などと続いている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191225-00010005-thedigest-spo