Samurai Goal

プレーオフ


スポンサード リンク





なぜ鹿島アントラーズはACL本大会出場権を逃したのか……背景に異常な過密日程 

main




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/29(水) 07:25:45.82 ID:gILnhLDg9
ブーイングを覚悟しながら、鹿島アントラーズの選手たちは試合後の挨拶へ向かった。4つのタイトルすべてを獲得する目標を掲げて船出した2020シーズン。
最初の公式戦でまさかの黒星を喫し、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)本大会への出場権を逃した直後の光景だった。
冷たい雨が間断なく降り続く県立カシマサッカースタジアムへ駆けつけた、サポーターから降り注いできたのはブーイングではなく拍手だった。
今シーズンから新たにキャプテンを拝命した、日本代表経験もある23歳のボランチ三竿健斗は、拍手に対して深々と頭を下げた。

「ブーイングされて当然の試合内容だったのに、そのように(サポーターへ)気を使わせてしまったことが本当に申し訳なくて」

一発勝負の形で28日に行われたACLプレーオフ。勝者が北京国安(中国)、FCソウル(韓国)、チェンライ・ユナイテッド(タイ)が待つグループEに入る一戦で、
アントラーズは昨年5月まで本田圭佑が在籍したメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に0-1で苦杯をなめさせられた。

放ったシュートは相手の約3倍となる17本。先発陣のなかで最古参となる27歳のMF土居聖真、新加入のMF和泉竜司(前名古屋グランパス)の一撃は相手キーパーに防がれ、
逆に昨シーズンまで浦和レッズでプレーしたFWアンドリュー・ナバウトが後半9分に放ったそれは、ブロックに飛び込んだ新加入のDF奈良竜樹(前川崎フロンターレ)の足に当たってゴールネットを揺らした。

「典型的なサッカーの負け方というか、自分たちでまいた種ですね。あれだけボールを支配して、決定機を作っても決められないのは」

フル出場して攻撃陣をけん引した土居が悔しさを露にする。今シーズンから指揮を執る、ブラジル人のザーゴ監督が先発として送り出した11人のなかには、オフに加入した新戦力が6人も名前を連ねていた。
準備期間が短かったのではないか、と問われた三竿はおもむろに首を横に振っている。

「それでも勝たなければいけないし、(準備期間の短さを)言い訳にするつもりもない」

もっとも、1996年から強化の最高責任者を務める、鈴木満取締役フットボールダイレクターの目には「昨シーズンの後半戦よりはよかった」と映っていた。
4冠独占の可能性を残しながら勝負の秋になって大きく失速し、最終的には無冠に終わったのが昨シーズンだった。

「ただ、メンタルもフィジカルも(選手間で)バラつきがある点が、チーム全体の集中力というところにつながっていかない」

無冠に終わった昨シーズンからの捲土重来を期して、このオフには血の入れ替えを断行した。12人もの選手を放出。
新たに獲得した11人のなかでもメルボルン戦で先発した和泉や奈良、DF広瀬陸斗(前横浜F・マリノス)、MF永戸勝也(前ベガルタ仙台)は始動までに1カ月近いオフを取っていた。

対照的に元日の天皇杯全日本選手権決勝までフル稼働した、三竿や土居をはじめとする主力組が宮崎キャンプに合流したのは今月16日。
鈴木ダイレクターが言及したように、既存の選手と新戦力との間で心身のコンディションにバラつきが生じている状況は否定できない。

原因をさかのぼっていくと、どうしても元日に行き着く。
昨シーズンの明治安田生命J1リーグで3位に入り、今シーズンのACLへプレーオフから参戦する権利を獲得していたアントラーズだったが、
ヴィッセル神戸との天皇杯決勝を制していれば状況はまったく変わっていた。

天皇杯覇者にはACL本大会へストレートで出場できる。
つまり、極めて稀有なケースとなるが、アントラーズは天皇杯決勝で勝てば比較的ゆっくりとした始動が可能となり、
負ければ28日に組まれていたプレーオフへ向けて慌ただしい始動を強いられる状況下に置かれていた。

実際に0-2でヴィッセルに屈してから中6日で、新加入選手および昨シーズンのプレー時間が短かった選手、あるいはけが明けの選手だけで始動。
主力組には選手統一契約書で最低限の期間として定められている、2週間のオフをあえて取らせてから宮崎合宿の終盤に合流させている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-00010001-wordleafs-socc
1/29(水) 6:28配信

FC東京、フィリピン王者撃破で4年ぶりACL本選出場 日本代表DF室屋が値千金の決勝弾 

20200128-00243402-soccermzw-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2020/01/28(火) 20:54:31.09 ID:T8J0B43K9
後半早々に室屋の一撃で先制 FW原が一発退場で数的劣勢となるも追加点を奪う

 FC東京は28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のプレーオフでフィリピン王者セレスネグロスと対戦。後半に日本代表DF室屋成が先制点を挙げると、新加入のFWアダイウトンがダメ押しゴールを決め、2-0で勝利して本選出場を決めた。

 長谷川健太監督の体制3年目を迎えた2020年の初陣は、沖縄キャンプから挑戦している4-3-3を採用。アンカーにMF髙萩洋次郎が入り、攻撃陣には新加入助っ人のMFレアンドロ(←鹿島アントラーズ)とMFアダイウトン(←ジュビロ磐田)が名を連ねた。一方のセレスネグロスは、日本人MF小田原貴と日本人の父親を持つフィリピン代表MF嶺岸光がともにスタメン起用となった。

 大雨の影響でピッチに水たまりができる劣悪なコンディションのなか、前半20分に裏のスペースへ抜け出したアダイウトンがチャンスを迎え、角度のない位置からシュート。しかし、ボールはゴール前で減速してクリアされてしまう。同40分にはレアンドロがカットしてシュートに持ち込むが、相手GKのファインセーブに遭い得点は奪えなかった。

 しかし後半3分、FC東京はゴール前でこぼれ球を室屋が拾ってすかさず右足シュート。相手GKの手を弾いてネットを揺らし、待望の先制点が生まれた。同19分にはアダイウトンが室屋の折り返しを押し込んだが、オフサイド判定でノーゴール。後半34分にはFW原大智が空中戦で相手MF小田原の顔面に肘打ちを見舞う形になり、一発退場で数的劣勢を余儀なくされた。

 10分以上を10人で戦ったFC東京は、セットプレーでひやりとする場面はあったものの、逆に試合終了間際にアダイウトンがカウンターから追加点を決めて2-0で勝利。4年ぶりのACL本選出場を決め、グループFで蔚山現代(韓国)、上海緑地(中国)、パース・グローリー(オーストラリア)と同居することになった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200128-00243402-soccermzw-socc

【速報】アジアチャンピオンズリーグ プレーオフ FC東京は勝ち抜け、鹿島は敗退! 

main

2年連続PO初戦敗退の大宮、今季1敗だったホームで終戦「何回つかみ損ねているか」  

20191201-43474660-gekisaka-000-4-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/01(日) 23:35:56.95 ID:1ZSExdTe9
[12.1 J1参入プレーオフ1回戦 大宮0-2山形 NACK]

大宮アルディージャはわずか1敗だったホームで苦杯を舐めた。今季は序盤こそ躓いたが、約8か月に渡ってプレーオフ圏6位以内をキープ。
11月4日に延期分の第36節を消化して単独2位に浮上し、首位柏に3差と肉薄した。しかし、ラスト3試合は連続ドローと勢いに乗れず、横浜FCにかわされて3位でシーズンを終えた。

年間6位の山形を相手に、引き分けでも2回戦に進めるという優位な状況だった。0-0で迎えた後半29分に失点すると、さらに2点目を献上。
攻守にアグレッシブな山形に上回られ、意地を見せられなかった。2年連続でJ1参入プレーオフに回り、またも1回戦で涙を飲んだ。

今季は高木琢也監督が就任し、伝統の4-4-2から3-4-2-1にベースを変更。新たな戦力が加わり、チームの色も変わりつつあったが、勝負弱さが露呈した。
チームを牽引してきたMF三門雄大は「リーグ戦から含めてこれだけ昇格できるチャンスがあったのに、何回つかみ損ねているか分からない」と悔しさをにじませた。

「今年は土台を高木さんが築いてくれている。そこから先は僕らだと思う。基礎となる部分は僕らがトレーニングでこだわっていかなきゃいけない。
そういう意味では去年よりは今年、良くなったとは思いますが、結果的にこうなっている。
まだまだかなと思います」(三門)。昨年の経験を生かしたかったが、今シーズン13勝6分1敗という戦績を誇ったNACK5スタジアムで終戦を迎えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-43474660-gekisaka-socc
12/1(日) 23:01配信

勝てば残留、負ければプレーオフ。それでも湘南がピリつかない理由。  

20191204-00841671-number-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/04(水) 19:40:10.16 ID:fo0tC9L49
湘南ベルマーレにとって今シーズンの大一番がやってくる。

12月4日現在、16位、勝ち点35の湘南は、最終節の松本山雅戦に勝てば、勝ち点38で清水(勝ち点36)対鳥栖(勝ち点36)の結果にかかわらず、J1残留を自力で決めることができる。
引き分けでも清水が負け、あるいは鳥栖が4失点して敗戦すれば残留が決定する。

だが、両チームが引き分けで湘南も松本に引き分けか、あるいは敗れるとJ1参入プレーオフに回ることになる。
一発勝負ほど怖いものはない。ましてや残留と昇格をかけたデスマッチ、何が起こるかわからない。
松本に勝ってスッキリと残留を決めたいところだ。

さいわい、湘南は良い流れで最終戦を迎えられそうだ。

「セレッソ大阪戦から自分たちの戦い方を思い出して戦えるようになってきた」

梅崎司が語るように、セレッソ戦は負けはしたが内容は悪くなかった。
つづくFC東京戦も先制点を奪い、終了間際に森重真人のスーパーゴールで1-1の同点に追いつかれたが、湘南らしさが出ていた試合だった。

山田直輝の珍しいガッツポーズ。

そして広島戦、湘南は全盛期のようなアグレッシブなサッカーを展開。前線からの激しいプレッシングでボールを奪い、何度も決定的チャンスを作った。
多くのチャンスを作り、いいリズムでサッカーをしていると、得点も生まれやすい。

前半9分に山田直輝が金子大毅からリターンをもらい、中へクロス。「味方じゃなくても誰かに当たってくれたらいいかなと思って出した」というボールは、相手DFに当たってゴールし、先制点が生まれた。

「オウンゴールだったけど、苦しい時期を乗り越えてきたので、みんなで喜びを分かち合いたかった」

山田は、珍しくガッツポーズを見せ、仲間の輪の中心で喜びを爆発させた。

「何も決まったわけじゃない」

先制ゴールで湘南の攻撃は加速したが、なかなか決定機を決められず、追加点を奪えなかった。
後半、防戦一方になったが、GK富居大樹の好セーブなどで逃げ切り、湘南は8月11日のジュビロ磐田戦以来、実に11試合ぶりの勝利を挙げたのである。

ただ、山田は久しぶりの勝利にも表情は険しかった。

今日の試合の勝利は間違いなく大きい。でも、何も決まったわけじゃない。
次の松本戦で負けてしまうとこれまでやってきたことが何の意味もなくなるので、次の試合に向けてしっかりと準備していきたい」

11試合ぶりの勝利なのだ。嬉しくないわけがない。
だが、山田の言う通り残留が決まったわけではないので、心の底から喜べる状況ではないのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191204-00841671-number-socc
12/4(水) 11:41配信

<ユーロ2020>予選プレーオフの組み合わせが決定!本選に出場する20カ国が決定。残り4カ国はプレーオフ  

20191122-00364852-usoccer-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/11/23(土) 00:32:15.12 ID:Dc5w1jie9
ユーロ2020予選プレーオフの組み合わせ抽選会が22日に行われた。

今月終えた予選の結果、本選に出場する20カ国が決定した。残り4カ国はプレーオフで決められる。プレーオフでは、UEFAネーションズリーグ2018-19の成績上位国16チームが4つの組に分けられる。

そして、その組み合わせは以下のようになった。

◆プレーオフ・パスA
《準決勝》
アイスランドvsルーマニア[1]
ブルガリアvsハンガリー[2]
《決勝》
[2]の勝者vs[1]の勝者
◆プレーオフ・パスB
《準決勝》
ボスニア・ヘルツェゴビナvs北アイルランド[1]
スロバキアvsアイルランド[2]
《決勝》
[1]の勝者vs[2]の勝者
◆プレーオフ・パスC
《準決勝》
スコットランドvsイスラエル[1]
ノルウェーvsセルビア[2]
《決勝》
[2]の勝者vs[1]の勝者
◆プレーオフ・パスD
《準決勝》
ジョージアvsベラルーシ[1]
北マケドニアvsコソボ[2]
《決勝》
[1]の勝者vs[2]の勝者

各勝者がパス内で決勝戦を行い、最終的に各パスを勝ち抜いた4つの国にユーロ本選参加資格が与えられる。

日程は、準決勝は来年3月26日、決勝は同31日に予定されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-00364852-usoccer-socc

J1昇格プレーオフ圏争いは今季も大混戦! 6チームが3枠を争う状況で最終節へ  

20191116-00348320-footballc-000-4-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/16(土) 18:13:19.87 ID:FA489l1x9
明治安田生命J2リーグ第41節の試合が16日に各地で開催された。J1昇格に向けたプレーオフ圏となる6位以内の確保に向けた争いは、混戦のまま最終節へもつれ込んでいる。

2位以内での自動昇格を争う横浜FCと大宮アルディージャはすでに6位以上を確定済み。
残り3つとなるプレーオフ枠を、前節終了時点でわずか2ポイント差にひしめく6チームが争っていた。

13時キックオフの試合では4位のモンテディオ山形が山岸祐也のハットトリックによりレノファ山口FCに3-2の逆転勝利。
プレーオフ圏内を維持して最終節を迎えることを一足先に決めた。

続いて14時キックオフの試合では7位のヴァンフォーレ甲府がFC岐阜に3-1、8位の京都サンガF.C.がジェフユナイテッド千葉に1-0でそれぞれ勝利を収め、暫定でプレーオフ圏内へ浮上。一方9位のファジアーノ岡山は横浜FCに0-1で敗れる結果に終わった。

 15時キックオフの試合では、前節時点で山形と並んでいた4位タイの水戸ホーリーホックが鹿児島ユナイテッドFCに0-1で敗戦。6位の徳島ヴォルティスは東京ヴェルディを2-1で下し、京都を押し出す形でプレーオフ圏に再浮上した。

 今節の結果により、勝ち点70の山形と徳島、勝ち点68の甲府が6位以内で最終節を迎える。京都は得失点差で甲府に劣り7位、水戸はその両チームに1ポイント差で8位となっている。岡山も数字上は6位浮上の可能性を残しているが、勝ち点だけでなく上位チームとの大きな得失点差も覆す必要があり非常に厳しい状況となる。

 最終節は24日に全試合同時刻開催で行われる。J1昇格へ前進を果たすのはどのチームになるのだろうか。

▼J2順位表(上位)
1. 勝ち点81(得失点差+40) 柏レイソル
2. 勝ち点76(得失点差+24) 横浜FC
3. 勝ち点74(得失点差+22) 大宮アルディージャ
4. 勝ち点70(得失点差+20) モンテディオ山形
5. 勝ち点70(得失点差+19) 徳島ヴォルティス
6. 勝ち点68(得失点差+22) ヴァンフォーレ甲府
7. 勝ち点68(得失点差+15) 京都サンガF.C.
8. 勝ち点67(得失点差+18) 水戸ホーリーホック
9. 勝ち点65(得失点差+3) ファジアーノ岡山

▼J2最終節 プレーオフ圏争い関連カード
モンテディオ山形 vs FC町田ゼルビア
水戸ホーリーホック vs ファジアーノ岡山
柏レイソル vs 京都サンガF.C.
横浜FC vs 愛媛FC
ヴァンフォーレ甲府 vs FC琉球
ツエーゲン金沢 vs 大宮アルディージャ
徳島ヴォルティス vs レノファ山口FC

11/16(土) 17:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191116-00348320-footballc-socc

CL本戦32チーム決定!長友、伊東、南野、奥川が参戦!アヤックスが予選突破  

20190829-00973795-soccerk-000-8-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/08/29(木) 11:26:40.58 ID:dJR6I/F19
 チャンピオンズリーグ(CL)は28日、プレーオフの全日程が終了し、本戦のグループステージに出場する32チームが決まった。

 昨シーズンのチャンピオンズリーグ王者リヴァプールやヨーロッパリーグ(EL)王者チェルシーなどはストレートイン。昨シーズン4強の快進撃を見せたアヤックスは予選3回戦から勝ち抜いて、2シーズン連続の本戦出場を決めた。

 日本人選手所属クラブは現時点で、FW南野拓実とFW奥川雅也が所属するザルツブルク、MF伊東純也が所属するヘンク、DF長友佑都が所属するガラタサライの3チームがグループステージから登場。FW中島翔哉が所属するポルトは、予選3回戦で敗れて9シーズンぶりにCL本戦出場を逃した。

 グループステージの組み合わせ抽選会は、29日(日本時間25時)に行われる。

■グループステージの32チーム(カッコ内は、国/昨シーズン成績)
▼ポット1
リヴァプール(イングランド/CL王者)
チェルシー(イングランド/EL王者)
バルセロナ(スペイン/リーグ王者)
マンチェスター・C(イングランド/リーグ王者)
ユヴェントス(イタリア/リーグ王者)
バイエルン(ドイツ/リーグ王者)
パリ・サンジェルマン(フランス/リーグ王者)
ゼニト(ロシア/リーグ王者)

▼ポット2
レアル・マドリード(スペイン/リーグ3位)
アトレティコ・マドリード(スペイン/リーグ2位)
ドルトムント(ドイツ/リーグ2位)
ナポリ(イタリア/リーグ2位)
シャフタール・ドネツク(ウクライナ/リーグ王者)
トッテナム(イングランド/リーグ4位)
アヤックス(オランダ/リーグ王者)※予選3回戦から突破
ベンフィカ(ポルトガル/リーグ王者)

▼ポット3
リヨン(フランス/リーグ3位)
レヴァークーゼン(ドイツ/リーグ4位)
ザルツブルク(オーストリア/リーグ王者)
オリンピアコス(ギリシャ/リーグ2位)※予選2回戦から突破
クラブ・ブルージュ(ベルギー/リーグ2位)※予選3回戦から突破
バレンシア(スペイン/リーグ4位)
インテル(イタリア/リーグ4位)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア/リーグ王者)※予選2回戦から突破

▼ポット4
ロコモティフ・モスクワ(ロシア/リーグ2位)
ヘンク(ベルギー/リーグ王者)
ガラタサライ(トルコ/リーグ王者)
ライプツィヒ(ドイツ/リーグ3位)
スラビア・プラハ(チェコ/リーグ王者)※予選プレーオフから突破
ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア/リーグ王者)※予選1回戦から突破
アタランタ(イタリア/リーグ3位)
リール(フランス/リーグ2位)

■グループステージの日程
▼第1節
9月17、18日

▼第2節
10月1、2日

▼第3節
10月22、23日

▼第4節
11月5、6日

▼第5節
11月26、27日

▼第6節
12月10、11日

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-00973795-soccerk-socc

CL予選の場外に戦車、セルビアとクロアチアの間で非難の応酬 

20190828-00000021-jij_afp-000-6-view[1]

<英ウィリアム王子>サッカー観戦!ごひいきチーム昇格で大喜び  

1: Egg ★ 2019/05/28(火) 20:50:19.47 ID:gTCbR1qx9
[27日 ロイター] - 「サッカーの聖地」と呼ばれる英ウェンブリー・スタジアムで27日行われたプレミアリーグ昇格を争うプレーオフ決勝で、アストンビラが勝利し、同チームのサポーターであるウィリアム王子が喜ぶ姿が客席で目撃された。

王子はこの日、昇格をかけた大一番を現地観戦。先制ゴールでは、一緒に応援していた元アストンビラのヨン・カリューとともに、ガッツポーズでうれしさを爆発させた。

アストンビラはダービー・カウンティに2―1で勝利し、来季からイングランドの1部リーグであるプレミアリーグへ4季ぶりに復帰することになる。

5/28(火) 10:30配信 ロイター
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00000038-reut-ent

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索