Samurai Goal

プレミアリーグ


スポンサード リンク





リバプールはなぜ崩壊した? 些細なきっかけで揺らぐプレミアリーグ王者のメンタリティ【分析コラム】 

スクリーンショット 2021-02-14 16.43.45

岡崎慎司が核心つく指摘も…日本人がプレミアリーグで苦戦する“3つの理由” 

スクリーンショット 2021-02-10 22.42.39

岡崎慎司が核心つく指摘も…日本人がプレミアリーグで苦戦する“3つの理由” 

スクリーンショット 2021-02-05 22.30.23




1: 2021/02/05(金) 20:44:23.05 _USER9
「プレミアリーグは、日本人選手にとって鬼門である──」。

 いつからか、そんな風に言われるようになった。プレミアリーグで出場歴のある選手は、稲本潤一、中田英寿、戸田和幸、宮市亮、吉田麻也、香川真司、岡崎慎司、武藤嘉紀の8人。出場機会を求めてリバプールからサウサンプトンへのレンタル移籍が決まった南野拓実を入れると、これまで9選手がプレミアの門を叩いた。

 レスターの岡崎のようにレギュラーとしてリーグ優勝に貢献した選手もいれば、志半ばでイングランドを離れた選手も少なくない。イタリアで大きな実績を残した中田や、ドイツで特大のインパクトを放った香川にいたっては、他国ではトップクラスの結果を残しながらプレミアリーグでは苦戦した。

 では、なぜ日本人選手はイングランドで苦しむのか。3つのポイントから理由を探ってみたい。

【1】「個の力」を重視するサッカー

 1つ目の理由は、プレミアリーグでは「個の力」が重視される点。近年は外国人監督が多数流入し、チーム戦術も緻密、かつ高度になってきたが、戦いの根本にあるのは選手ひとりひとりの「個の力」だ。プレミアは、個人能力への比重が極めて高いリーグだろう。

 実際、ピッチに目を向けると、敵をぶっちぎるスピードや、マーカーを翻弄するドリブル、1対1の局面で当たり負けしない体の強さなど、はっきりとした特長を持つ選手が多い。レスター在籍時の岡崎は、ドイツのブンデスリーガと比べながら、「プレミアリーグの印象」と「日本人プレーヤーの可能性」について次のように語っていた。

「プレミアには、個の力がバケモノみたいな選手がいる。印象で言えば、あまり戦術を気にせず、個の力だけでやってしまう選手が活躍できるリーグ。『どんだけドリブルするねん!』って選手も多いし、それぞれ自分の得意とする形を持っている。ただ日本人は、自分の形を持っていない選手が多い。ドイツでハマるのは、周囲の選手が(日本人選手に)合わせてくれるから。あと、ブンデスには個の力がバケモノみたいな選手がそこまでいないからだと思う」

「自分の場合は、能力を平均的に持っていると思う。ある程度走れるし、体も持つし、ケガにも強い。ただ、プレミアでは、ちょっと抜き出たところで勝負しないといけない。プレミアは、(ひとつの能力が)突出しているような選手ばかりじゃないですか。ドリブルに自信を持っている選手がいたり、それぞれの特徴がはっきりしている。でも、自分の場合は『これだったら勝てる』というのがないんですよね。だから、俺がプレミアで1トップのCFとして勝負するのは無理だなって思う。でも(レギュラーCFの)ジェイミー・バーディーには絶対的な速さがある」

https://news.yahoo.co.jp/articles/061a986bce74ddf6e4ba89ff30acb015890e2c6c
2/5(金) 17:00配信



 

今季折り返しを迎えたプレミアリーグ、前半戦のベストイレブンは? 

スクリーンショット 2021-01-27 13.01.35

輝きを失いつつあるユーベの“宝石”ディバラ、来夏プレミアリーグ移籍も視野か 

スクリーンショット 2020-12-07 11.30.07

プレミアリーグに激震…EU離脱で18歳以下の海外選手が獲得禁止に 

5598ca5e-ea74-8210-bd85-88ada4f0be1c




1: 2020/12/03(木) 12:17:12.44 _USER9
EU離脱が決まっている英国では2020年末で移行期間が終わるため、年明けからプレミアリーグを含めたサッカー界に様々な影響が及ぶとされている。

『Independent』によれば、新たなブレグジット・ルールでは、プレミアリーグのクラブが18歳以下の海外選手を獲得することは禁止されるという。

21歳以下の外国人選手についても、プレミアリーグのクラブは移籍市場ごとに3人までしか獲得できないとのこと。つまり1年間で最大でも6人までになる。これは才能あるホームグロウン選手たちを生み出すことを助長するためのものでもあるそう。



なお、21歳以下の選手獲得制限が適用されるのはプレミアリーグのクラブだけ。英2~4部のチームは、GBEを満たしているなら選手なら18~21歳までであっても制限なく獲得できる。

このルールは2021年1月1日から施行されるが、来夏の移籍市場が終わった後に再検討されるとのこと。なお、女子選手についても同じ規則が適用される。


プレミアリーグは他国クラブから有望な18歳以下選手を引き抜いてきただけに、英国外ではこの決定を喜ぶファンも多いようだ。

https://qoly.jp/2020/12/02/pl-banned-from-singing-u-18-iks-1

プレミアリーグに大異変、その要因は? ビッグ6の4クラブが二桁順位の序盤戦 

スクリーンショット 2020-10-30 17.44.20

サッカーの英プレミアリーグ、中国との放映権契約を打ち切り 

Unknown




1: 2020/09/04(金) 03:06:25.85 _USER9
(ブルームバーグ): サッカーのイングランド・プレミアリーグは、中国での放映権を巡る合意を打ち切った。6億5000万ポンド(約920億円)に上る契約だったが、英中の政治的緊張の高まりによるあおりを受けた。

この決定によりプレミアリーグの放映権を持つ中国国営の中央テレビ局(CCTV)は、12日に開幕する新シーズンの試合を放送しない。プレミアリーグは電子メールで配布した発表文で、これ以上の詳細を説明していない。

CCTVは7月、プレミアリーグの試合放送をメインのスポーツチャンネルから視聴者が比較的少ないチャンネルへと格下げしていた。英中関係はここ数カ月、英政府が第5世代(5G)移動通信ネットワークから中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)を排除すると決め、中国の香港国家安全維持法制定に反対したことなどから悪化した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2d60308e6edb7bbbcdd3e0192b9c91695879db21

プレミアリーグ、中国企業と法廷闘争 放映権を巡り政治的余波も 

77927984-89a7-64c4-48a4-988f70870692




1: 2020/08/12(水) 13:18:40.29 _USER9
新型コロナウイルスによる中断を経て、2019-20シーズンを閉幕させたプレミアリーグ。

『Daily Mail』によれば、プレミアリーグは中国での放映権を持つ企業と法廷闘争になっているという。

中国での放映権を保有する蘇寧ホールディングスは3月に支払う予定だった1.6億ポンド(221億円)を保留。これに対して、プレミアリーグ側も契約期間を3年延長して2022-2025シーズンまで伸ばすというオファーを拒絶する報復措置に出たという。

ただ、プレミアリーグにとって中国は英国以外で最も高額な放映権を支払っている大口顧客。その額は2019-2022シーズンで5.64億ポンド(781億円)。プレミアリーグ側は今後3年間のさらなる増額を見込んでいたとか。

プレミアリーグは支払いを怠った蘇寧ホールディングスの契約違反を主張している。そうなったのは新型コロナによる中断が原因と考えられているが、政治的側面も含まれているとか。

英国のボリス・ジョンソン首相が中国の内政干渉を非難するなど両国間の緊張感は高まっており、プレミアリーグがそれに巻き込まれる危険性もあるとのこと。

中国政府はオリンピック予選を除く年内のスポーツイベントを中止しており、プレミアリーグのクラブも予定していた中国へのサマーツアーを中止している。

プレミアリーグのクラブは先週の総会でこの件について話し合い、即時の支払い要求、支払い期限の修正交渉、契約解消など様々なオプションを検討したそう。


中国からの支払い遅延が続けば、プレミアリーグクラブの財政にも影響しかねないという。


https://qoly.jp/2020/08/11/premier-league-vs-china-iks-1

今季のプレミアリーグベストイレブン。独走優勝のリヴァプールが半数以上を占める結果に 

スクリーンショット 2020-07-30 9.29.40


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索