Samurai Goal

プレミアリーグ


スポンサード リンク





リーガとプレミア、どちらが最強か 圧倒的な結果とリーグとしての成熟度  

20171206120410




1: 2019/01/12(土) 17:01:54.75
レアル・マドリーとバルセロナはクラブワールドカップでも過去10年のうち7度、14年以降は5季連続でタイトルを独占している。


 この2クラブに加え、過去5シーズンのうち2度(14年と16年)の欧州チャンピオンズリーグ決勝にはアトレティコ・マドリーも勝ち上がり、レアル・マドリーとのダービーを実現している。過去10年のヨーロッパリーグを振り返れば、セビージャとアトレティコが3度ずつの優勝を果たしている。


 これらの結果を見る限り、近年クラブレベルのフットボールシーンはほぼ常にスペイン勢が独占してきたと言えるだろう。


 しかし、ラ・リーガはこうした結果が物語る通りの世界最強リーグだと言えるのだろうか。これは長らく議論されてきたテーマであり、プレミアリーグの優位性を主張する人も多いはずだ。
 


先述の通り、スペインのクラブはヨーロッパのコンペティションにおいて他の追随を許さぬ圧倒的な結果を手にしてきた。だが、ラ・リーガは組織としての運営力、各スタジアムのインフラ整備、テレビ放映権収入の規模やその分配方法といった多くの要素で、プレミアリーグのレベルに追いつくことができていない。


 レアル・マドリーとバルセロナの2大クラブがプレミアリーグの上位6チームを上回る収益を上げても、プレミアリーグがより競争の激しい魅力的なリーグとなっているのは、クラブ間の経済力にラ・リーガほどの差がないことが原因だからだ。


 スペインではほぼ常にバルセロナとレアル・マドリーが国内のタイトルを独占し続けている。


 一方、過去10年のプレミアリーグではマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティ、チェルシーが3度ずつ、そしてレスター・シティが一度優勝している。今季は現行のプレミアリーグではいまだ優勝経験のないユルゲン・クロップ率いるリバプールが首位に立っている。


つまりラ・リーガの優勝争いはバルセロナとレアル・マドリー、アトレティコのトップ3に限定されるが、プレミアリーグのタイトルはトップ6(マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、リバプール、アーセナル、トッテナム)によって争われていると定義できる。
しかも6チームの実力が均衡しているため、毎年タイトル争いは極めて厳しいものとなっている。



ラ・リーガの特徴である繊細なフットボールも、プレーリズムや戦術的多様性においては各国のトップ指導者が集まるプレミアリーグに対抗するのは難しい。

それに個人的な考えを言わせてもらえば、イングランドフットボールのスペクタクル性はルールを厳守するフェアプレー精神に基づいている。それはスペインではそこまで重視されていない価値観である。


 いずれにせよ、両者がクラブレベルのフットボールシーンをけん引している存在であることは間違いない。今後も世界最強リーグを巡る議論が尽きることはないはずだ。


(翻訳:工藤拓)

全文はこちらから↓
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201901040002-spnavi

ネイマール、プレミア移籍を示唆「偉大な選手ならプレーしなければ」今シーズン18試合15得点7アシスト  

GettyImages-826383016-800x533




1: 2018/12/06(木) 12:44:25.00 _USER9
パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、将来的なプレミアリーグ移籍を示唆した。

史上最高に“ダサい”のは?歴代最悪のユニフォームトップ21

昨年の夏、史上最高額の2億2200万ユーロ(現在のレートで約284億円)でバルセロナからPSGに移籍したネイマール。フランスの地でも輝きを放つ26歳に対しては、レアル・マドリーを筆頭に、マンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッドなどへの移籍のうわさも伝えられてきた。

そのネイマールが、『YouTube』で様々な質問に応じる企画の際、マンチェスター・CのDFバンジャマン・メンディから「いつかプレミアリーグでプレーするのか?」と尋ねられると、以下のように話して将来的な移籍願望があることを示唆した。

「プレミアリーグは大きなコンペティションだ。世界でも最も大きなものの一つだね。僕たちは明日のことなんてわからないものだけど、あらゆる偉大な選手は、少なくともいつかはプレミアリーグでプレーしなければならないと思っている」

今シーズンも、PSGで公式戦18試合15得点7アシストとインパクトを残しているネイマール。プレミアリーグで、その躍動する姿を見ることができる日は来るのだろうか。

12/6(木) 12:11配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00010004-goal-socc

“アザール無双”ハットトリック達成し、チェルシーが開幕5連勝 

キャプチャ

プレミアリーグ各監督の『評価』がコチラ!!ファンの満足度順ランキング 

22e83022373ed643030d4908af94c25b-800x533
 9月の代表ウィークが終わり、プレミアリーグは15日から再開する。開幕から4試合を終えて、期待を上回る結果を残したクラブもあれば、いきなり躓いたクラブもあるだろう。

イギリス紙『ザ・サン』は、“開幕前”と“開幕4試合終了時点”での指揮官に対するファンの満足度についてアンケート調査を実施。株を上げた監督、下げた監督が明らかになった。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00831067-soccerk-socc

【小ネタ】プレミアリーグの選手に大人気“グッチのジャージ”がコレだ!!! 

キャプチャ

PL開幕4連勝のワトフォード、強さの秘訣は“1分15,000円”の罰金制度だった!? 

キャプチャ

イギリス人選手が海外に挑戦しない理由「プレミアを離れる必要がないから」 

bedcbbb0e8b3d0edf2ed37714b6e2939
1 2018/09/08(土) 21:18:41.57 _USER9
かつてリヴァプール、レアル・マドリード、マンチェスター・Cでプレーした元イングランド代表MFスティーブ・マクマナマン氏が、国外でプレーするイギリス人が少ないという事実について自身の考えを語った。

 2018 FIFAワールドカップ ロシアのイングランド代表選手が全員プレミアリーグでプレーしていることからも分かるように、国外でプレーするイギリス人選手はあまり多くない。リーガ・エスパニョーラで活躍した経験があるマクマナマン氏は、この現象について以下のように自身の見解を述べた。

「(マイケル・)オーウェンは失敗したわけじゃない。レアルに1年しかいなかっただけだ。海外でプレーしたイギリス人選手はそれほど多くはない。必要だと感じない場合が多かったからだ。10年前のマンチェスター・Uやチェルシーは絶賛されていた。そういうチームがプレミアリーグを支配し、チャンピオンズリーグでもかなり良い戦いをしていた。最高のチームのひとつにいるのならばプレミアリーグを離れる必要はないだろう」

「プレミアリーグの組織は素晴らしい。あるリーグを離れて他国のリーグでプレーする場合は、自分自身だけでなく家族のことや子供の学校のことも考える必要がある。他国の別のリーグでプレーするのは非常に難しいことだと思う。私は信じられないような素晴らしい時間を過ごすことができた」

 また、数少ない国外でプレーするイギリス人選手であるレアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルについては次のように語った。

「ギャレス・ベイルはレアルで本当によくやっている。今季で確か5シーズン目だと思う。自分自身を楽しむことができている。だが、それは個々人の状況により異なるものだと思う」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00827631-soccerk-socc

歴代移籍金額『トップ10』1位は212億円のシェフチェンコ!! 

キャプチャ
過去の名選手の移籍金を、青天井に高騰する現代の移籍市場に換算すると、プレミアリーグの移籍金最高額は、2006年夏にACミランからチェルシーへ移籍した元ウクライナ代表FWアンドリュー・シェフチェンコで、移籍金は1億4440万ポンド(約212億円)になるだろうと、4日付の英紙デーリーメール電子版が報じた。

この移籍金は、放映権料や商業機会の増加などを加味され、現代の移籍市場に反映させたという「フットボール・プレーヤー・インフレーション」という計算式によって算出。

TotallyMoneyが算出した計算では当時、チェルシーへ移籍したシェフチェンコは、現代の移籍金では1億4440万ポンド費やしたことになるという。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00321179-nksports-socc

マンU“ダメ記録樹立”プレミア通算50敗をマーク!原因は誰のせい? 

GettyImages-525998776-800x600
1 2018/08/28(火) 17:38:44.22 _USER9
マンチェスター・Uがホームでプレミアリーグ通算50敗を喫した。

 27日にホームでトッテナムと対戦したマンチェスター・U。前半は試合を支配していたものの、決定機を決められずにスコアレスで折り返すと、後半立ち上がりに立て続けに得点を奪われ、終盤にもダメ押しの3点目を許し、0-3で完敗した。

 データ会社『Opta』によると、この敗戦でマンチェスター・Uは1992年にプレミアリーグが設立されて以降、ホームで通算50敗目を記録。この50敗中、マンチェスター・Uの伝説的監督として知られるサー・アレックス・ファーガソン氏が退任した2013-14シーズン以降に16敗を喫しており、その割合は32パーセントを占めている。

 ファーガソン氏が率いたプレミアリーグの21シーズンではわずか34敗にとどまっていた一方、同氏退任後6シーズン目のホーム2戦目で16敗に達してしまった。

 ファーガソン政権以降は、デイヴィッド・モイーズ氏が就任1年目のシーズン途中で解任され、ライアン・ギグス氏(暫定監督)がシーズン終了まで引き継いだ。翌シーズンからはルイ・ファン・ハール氏を新指揮官に招へいしたが、わずか2年で解任されるなど、短命政権が続いている。

 現在マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、27年間にわたり同クラブの指揮を執ったファーガソン氏のように長期政権を目指していることを明かしている。しかし、同氏の退任以降では最長となる3年目を迎えた今シーズンは、開幕3試合で1勝2敗と厳しい船出となってしまった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00820836-soccerk-socc

アザールがプレミアで受ける激しいタックルについて言及!!『試合後はうんざりした』 

GettyImages-898749962-800x533
 チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、自身が受けるタックルについてコメントした。

28日、イギリス紙『デイリー・メール』が伝えている。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00820783-soccerk-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索