Samurai Goal

プレミアリーグ


スポンサード リンク





【PL最終結果】順位まとめ“ELにはチェルシーとアーセナル” 

2018-05-13-manchester-city_hybihxjvhay8185ombsvq6ian
1   2018/05/14(月) 01:16:40.44 _USER9
プレミアリーグは13日に最終節が行われ、2017-18シーズンの全日程が終了した。
毎年激しい優勝争いが繰り広げていたプレミアリーグだったが、今季はマンチェスター・シティの一強体制となった。シティズンズ(マンチェスター・Cの愛称)は、プレミアリーグ最多記録となる勝ち点「100」を記録。また、最多勝利数「32」、最多ゴール数「106」を記録するなど、圧倒的な強さでリーグを制覇している。
チャンピオンズリーグ出場権を獲得したのは、マンチェスター・Cの他、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、リヴァプール。ヨーロッパリーグ(EL)には、チェルシーとアーセナルが回ることとなった。なお、FAカップ決勝にマンチェスター・Uとチェルシーが進んでいるため、7位のバーンリーがEL予選に出場することになる。
6位で終えたアーセナルでは、アーセン・ヴェンゲル監督が22年目にしてついに退任。1235試合目の指揮となった最終節では、ハダースフィールドを1-0で下して有終の美を飾っている。
一方、2部へ降格するのはスウォンジー、ストーク、ウェスト・ブロムウィッチとなった。吉田麻也所属のサウサンプトンは、厳しい残留争いを勝ち抜き17位でシーズンを終えている。

以下、2017-18シーズン、プレミアリーグ順位まとめ。

優勝:マンチェスター・C

2位:マンチェスター・U

3位:トッテナム

4位:リヴァプール

==CL出場圏内==

5位:チェルシー

6位:アーセナル

==EL出場圏内==

7位:バーンリー※

8位:エヴァートン

9位:レスター

10位:ニューカッスル

11位:クリスタル・パレス

12位:ボーンマス

13位:ウェストハム

14位:ワトフォード

15位:ブライトン

16位:ハダースフィールド
 
17位:サウサンプトン

==降格==

18位:スウォンジー

19位:ストーク

20位:ウェスト・ブロムウィッチ

※FAカップ決勝に進んだチームがすでに欧州カップ戦出場権を獲得しているため、EL予選から出場。


GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000040-goal-socc

PL年間最優秀選手賞“サラーに決定”「批判する人を見返したかった」 

e0fec69d-8276-44ac-9175-a1ee2c4d5dcf
1   2018/05/13(日) 20:31:49.29 _USER9
リヴァプールFWモハメド・サラーが、プレミアリーグ年間最優秀選手賞を受賞した。

今季ローマから加入したサラー。リヴァプール1年目にしてエースに成長し、公式戦43ゴールを記録。プレミアリーグでも31ゴールを挙げ、得点ランキングトップを走っている。

そんなエジプト代表FWは活躍が認められ、ファン、記者、関係者の選ぶプレミアリーグ年間最優秀選手賞に選ばれた。すでにイングランドサッカー選手協会(PFA)の年間最優秀選手賞、イングランドサッカー記者協会(FWA)の年間最優秀選手賞も受賞しており、プレミアリーグの個人賞3つを独占した。さらに、クラブの年間最優秀選手にも選ばれている。

チェルシーでは不完全燃焼のまま、イタリアへ活躍の場を移したサラー。25歳FWは、批判する人々を見返したかったと明かしている。

「この賞は本当に、本当に誇らしいよ。僕が一度目のプレミア挑戦で失敗したことを揶揄する人に対し実力を示すため、イングランドへ戻ってくることはいつだって考えていたんだ」

イングランド再挑戦1年目で、見事な活躍を収めたサラー。27日にはチャンピオンズリーグ決勝でレアル・マドリーと対戦する。キャリア最高のシーズンで、誰もが羨むビッグイヤーを掲げることは出来るだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00000027-goal-socc

『チェルシー戦は格別だ』リバプール・クロップ監督が意気込みを語る!! 

JurgenKlopp20151218-thumb-500x380-114000

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、6日に行われるプレミアリーグ第37節のチェルシー戦に向けて意気込みを語った。5日付のロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』が同監督のコメントを伝えている。

 リヴァプールは26日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝でレアル・マドリードとの対戦を控えている。しかし、クロップ監督はプレミアリーグの残りの試合に集中することがまずは大事だと主張した。

「どの試合であろうと私にとってはとても重要だ。目の前の試合以外のことを考えている余裕はない」

 現在、3位リヴァプールと5位チェルシーの勝ち点差は「6」となっており、この試合に勝利するとリヴァプールはCL出場圏内の4位以内でシーズンを終えることが確定する。クロップ監督はチェルシー戦の重要度を以下のように語った。

「(最終節の)ブライトン戦ももちろん重要な試合だが、チェルシー戦は格別だ。私のキャリアの中でもトップクラスで重要な試合となるだろう」


SOCCER KING

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00753733-soccerk-socc

吉田麻也“退場”、試合結果もドローとなり二連勝ならず!! 

net
1   2018/05/06(日) 04:31:04.55 _USER9
 プレミアリーグ第37節が5日に行われ、吉田麻也が所属するサウサンプトンがエヴァートンと対戦した。吉田はこの試合でも先発出場を果たしている。

 試合が動いたのは56分。縦パスに反応して右サイドの深い位置に走り込んだセドリック・ソアレスがクロスを供給すると、ペナルティエリア内に走り込んだ途中出場のネイサン・レドモンドが頭で合わせてネットを揺らした。指揮官の采配が見事に当たり、サウサンプトンが先制に成功する。

 85分にはエヴァートンのバイェ・ウマル・ニアッセを倒した吉田がこの試合2枚目のイエローカードを提示され、退場処分を受けてしまう。数的不利となったサウサンプトンだったが、その後も集中した守りを見せてエヴァートンの攻撃陣にゴールを割らせない。

 そのまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム、試合は再び動きを見せる。トム・デイヴィスが放ったミドルシュートがサウサンプトンのヴェスレイ・フートの脚に当たって方向が変わり、ボールはそのままゴールへと吸い込まれていった。最後まで諦めずに攻撃に出たホームチームが、土壇場で試合を振り出しに戻した。

 直後にタイムアップの笛が鳴り、サウサンプトンは前節に続くリーグ戦2連勝とはならず。土壇場で痛恨の失点を喫したことで、勝ち点2を落とす形となってしまった。なお、先発出場を果たした吉田は最終ラインで奮闘していたが、84分に退場処分を受けてピッチを後にしている。

 次節、サウサンプトンは8日にアウェイで、勝ち点「33」で並んでいるスウォンジーとの直接対決に臨む。

【スコア】
エヴァートン 1-1 サウサンプトン

【得点者】
0-1 56分 ネイサン・レドモンド(サウサンプトン)
1-1 90+6分 トム・デイヴィス(エヴァートン)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00753589-soccerk-socc

武藤嘉紀「夢はプレミアリーグ」ニューカッスルからオファーか 

1   2018/05/02(水) 13:08:32.81 _USER9
マインツのFW武藤嘉紀は、最後まで残留のために戦い抜くことを誓った。ドイツ誌『キッカー』が報じている。

武藤は前節、RBライプツィヒとの一戦で2ゴールに絡む活躍で勝利に貢献。残留争いに巻き込まれるチームに、貴重な3ポイントを届けた。武藤は「マインツの残留を助けたいです」と、残り2試合でのさらなる奮起を誓う。

しかし、マインツはシーズン最多スコアラーを来季には失う可能性がある。ここまで7ゴールを挙げる武藤は、以前からプレミアリーグ挑戦が夢であることを隠していない。「行くのであれば、今は正しいタイミングだと思います。失敗したとしても挑戦はしたいですね」と語っている。

マインツ移籍以前にチェルシーからオファーがあったとも伝えられる武藤。今夏に向け、ニューカッスルからオファーが送られているとのうわさもあり、身辺が騒がしくなりそうだ。

5/2(水) 12:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00000006-goal-socc

写真
no title

マンチェスターC、監督渾身のギャグに総ツッコミww 

guardiola-wallpaper-1737426604
1   2018/04/30(月) 22:02:40.85 _USER9
[4.29 プレミアリーグ第36節 ウエスト・ハム1-4マンチェスター・C]

 マンチェスター・シティはプレミアリーグ第36節でウエスト・ハムに4-1に大勝した。

 圧倒的な強さで優勝を決めたシティだが、その勢いはシーズン終盤にも落ちていない。現在勝ち点93のシティはあと1勝で、2004-05シーズンにチェルシーが記録した最多勝ち点「95」を塗り替える。また、あと2得点で同じくチェルシーが09-10シーズンに記録した最多得点「103」も更新。勝利数もチェルシーが昨季記録したリーグ最多タイの「30」に並んだ。

 クラブ公式サイトによると、ジョゼップ・グアルディオラ監督は「より多くの得点を決められて嬉しいよ。最多勝ち点の記録を破るためには、あと1勝が必要だ。ファンの前で勝ち点96という記録を作って、トロフィーを掲げるために、今日の試合で勝ちたかった」と喜びを語った。

 シティは直近の3試合で12ゴールを挙げている。指揮官は「チャンピオンの風格でプレーしている。自信からくるスペシャルなものだ。でも同時に、集中するために、目の前に目標をもたらす必要がある」と記録更新を掲げ、選手たちのモチベーションを維持させているようだ。

 次節のハダースフィールド戦はホームでの試合となるため、試合後には優勝トロフィーの授与式が行われる。念願の授与式を前に、グアルディオラ監督は「僕らは、全員散髪をするよ。とても楽しみにしているんだ」と改めて優勝の喜びを噛みしめている。「シティファンが集まって、一緒に楽しむ日だ。ハダーズフィールド戦も良い試合がしたい。ファンの前で、トロフィーを受け取るわけだし、勝ち点3を獲得したい。僕らにふさわしい。疑問の余地はないよ」と会見を締めくくった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-01653262-gekisaka-socc

『香川が欲しい!!』プレミアリーグ2チームが片想い!? 

20170614180633
1   2018/04/28(土) 13:50:33.14 _USER9
エバートンとウェストハムが香川に関心と報道、現在の成績が移籍のネックに?

 ドルトムントのMF香川真司はプレミアリーグのエバートンとウェストハムからの関心が報じられ、今夏の去就問題に注目が集まっている。そうしたなかで英メディア「HITC」では「ウェストハムはカガワとの契約を忘れるべき」と見出しで特集を組み、移籍の話題に言及している。

 香川は2013年から2年間マンチェスター・ユナイテッドに所属。傑出した働きを見せたとは言い難いが、それでも1年目にはプレミアリーグ制覇を経験したほか同リーグでアジア人初のハットトリックを記録した。

 2014年にドルトムントに復帰。再び躍動した姿を見せている香川だが、このところはイングランド復帰の可能性が浮上。ユナイテッド時代の盟友FWウェイン・ルーニーらが所属するエバートンとウェストハムが興味を示していると言われるが、現地メディアの見立てではウェストハム移籍の可能性は限りなく低いとされている。

 記事では、“ハマーズ(ウェストハムの愛称)”の香川獲得は二つの理由から難しいミッションであると指摘されている。

 一つ目は争奪戦の相手となりそうなエバートンとの実力差だ。現在リーグ戦8位でトップ10位内でのフィニッシュが濃厚なエバートンに対し、ウェストハムは15位と苦戦が続く。

 香川はドルトムントでチャンピオンズリーグに出場するなど安定して高いレベルでプレーしている。今季はいまだ2部降格の可能性残すウェストハムがエバートンと争うのは難しいのではと見られている。

ウェストハム、香川真司の獲得が困難な二つの理由 英メディア指摘「契約を忘れるべき」

モイーズ監督と香川は2013-14シーズンに師弟関係にあったが、チームの不振も重なり本領発揮はできなかった
移籍の障壁となり得る一人の存在、「プレーする考えを持つことはないだろう」
 
そして二つ目はデイビッド・モイーズ監督の存在だ。

 香川とは2013-14シーズンに師弟関係にあったが、チームの不振も重なり指揮官の下で本領発揮はできなかった。「モイーズとともに良好な時間を過ごせなかったこともあり、この元エバートン監督(モイーズ)がロンドンのチームを率いている限り、カガワがロンドンのチームでプレーするという考えを持つことはないだろう」と記されている。香川とモイーズ再競演は考えにくいと予測されている。

 香川に関しては日本代表DF長友佑都が期限付き移籍で加入しているガラタサライ移籍の噂も流れている。間もなく負傷から復帰する“小さな魔法使い”の去就問題に今後も注目だ。

Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180428-00100499-soccermzw-socc

【サウサンプトン】吉田麻也が大活躍するもFAカップ敗退 

GettyImages-949955444-800x543
1   2018/04/23(月) 01:39:41.75 _USER9
 FAカップ準決勝が22日に行われ、チェルシーとDF吉田麻也所属のサウサンプトンが対戦した。吉田は公式戦4試合連続で先発に名を連ねた。

 前半はチェルシーが試合の主導権を握って敵陣に押し込む展開となったが、サウサンプトンが猛攻を凌いでスコアレスで折り返す。

 試合が動いたのは後半立ち上がりの46分。エデン・アザールからのパスでペナルティエリア内左に抜け出したオリヴィエ・ジルーが二度の切り返しでDF3人とGKをかわし、最後は右足アウトで流し込んだ。

 1点ビハインドのサウサンプトンは72分、エリア手前中央からネイサン・レドモンドが左足で強烈なミドルシュートを放ったが、GKウィリー・カバジェロの好セーブに阻まれた。

 追加点を狙うチェルシーは80分にジルーを下げてアルバロ・モラタを投入。すると直後の82分、右サイドからセサル・アスピリクエタが上げたクロスをモラタが頭で叩き込み、リードが2点に広がった。

 試合はこのままタイムアップを迎え、チェルシーが2-0で勝利。2シーズン連続のFAカップ決勝進出を果たした。

 決勝は5月19日に開催予定で、マンチェスター・Uとチェルシーが対戦する。

【スコア】
チェルシー 2-0 サウサンプトン

【得点者】
1-0 46分 オリヴィエ・ジルー(チェルシー)
2-0 82分 アルバロ・モラタ(チェルシー)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00747071-soccerk-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索