Samurai Goal

プレミア


スポンサード リンク





スランプ?期待外れ?プレミア序盤戦で株を落とした選手たちワースト10 

スクリーンショット 2020-11-15 19.40.30

ケガ人続出のプレミアリーグ…7人離脱のリバプール・クロップ監督が「5人交代制」廃止を痛烈批判 

スクリーンショット 2020-10-31 18.43.56

エジルは来年2月まで試合に出場できず…ELに続きプレミアでもアーセナルの登録メンバー外に 

スクリーンショット 2020-10-21 16.27.26




1: 2020/10/21(水) 13:49:32.58 _USER9
3月から1分も出場なし

アーセナルは、MFメスト・エジルをプレミアリーグの登録メンバーから外したようだ。『Goal』の取材で明らかになった。

昨シーズンのリーグ戦が再開した3月以降、1分も出場がないエジル。先日にはヨーロッパリーグ(EL)グループリーグの登録メンバーから外れたことが明らかとなっていた。

そして20日はプレミアリーグの選手登録期限となったが、アーセナルが提出したリストにエジルの名前がなかったことが『Goal』の取材で発覚。これにより、冬の移籍市場後に再度登録メンバーを提出する2月上旬までプレミアリーグのピッチに立つことが不可能となった。リーグ、ELと登録外となったため、週給35万ポンド(約4800万円)を受け取るエジルは2013年から所属するクラブで飼い殺しの状態となる。

プレミアリーグでは、登録メンバー25選手のリストの提出期限が20日正午に設けられており、各クラブ21歳以上のホームグロウンではない17選手の登録が認められる。アーセナルには19人のノン・ホームグロウン選手がおり、エジルとソクラティス・パパスタソプーロスの2選手がメンバー外となっている。

ミケル・アルテタ監督は先日、EL登録メンバーから両選手を外した際に「彼らに面と向かってこの決定を伝えたかったし、理由も説明した。簡単ではなかったが、これはルールであり、彼らはこの決定を受け入れ、トレーニングを続け、チームを助けなければいけない」と話していた。

アルテタ監督の構想外とされるエジル。アーセナルは今夏の移籍市場で売却に動いたものの、同選手は契約が満了を迎える2021年までの残留を望み、移籍は実現せず。来冬の移籍市場後にリーグ戦とELの登録メンバーリストは再提出されるが、現段階で元ドイツ代表MFがメンバー入りする可能性は極めて低いと考えられている

https://news.yahoo.co.jp/articles/ae52810377c01320595dc14991853eecf868ac57
10/21(水) 11:42配信

プレミア“ビッグ5”やリーガ3強も参戦へ…英スカイが「欧州プレミアリーグ」計画をスクープ 

news_314104_1




1: 2020/10/20(火) 23:36:30.09 _USER9
欧州各国の名門クラブを集めてリーグ戦を行う「ヨーロピアン・プレミア・リーグ」計画が現在、話し合いの真っ只中にあるようだ。イギリス『スカイ』が20日、スクープしている。

 記事によると、ヨーロピアン・プレミア・リーグは国際サッカー連盟(FIFA)が新たに開発している新リーグ戦。
イギリス、スペイン、ドイツ、イタリア、フランスの5大リーグから最大18チームが加盟し、グループリーグとトーナメントで年間を通して覇権を争う。

すでに12以上のチームが創設メンバーに名乗りを上げているといい、暫定的な開幕日は2022年8月の予定。イングランドからは5クラブの参戦になる見込みで、
その場合、「ビッグ6」と呼ばれる6クラブのうち1クラブだけが落選する形となる。

 記事ではスペインメディアの記述も引用し、ラ・リーガからはレアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーが参戦すると推測。
またフランスのパリSG、イタリアのユベントス、ドイツのバイエルンも接近しているという。

現状の計画では、参戦クラブが各国リーグを離脱するというわけではないという。
一方、欧州サッカー連盟が主催するUEFAチャンピオンズリーグとの衝突は避けられない上、各国のクラブ間格差がさらに拡大する懸念が指摘されている。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?314104-314104-fl

奇跡的優勝の再現狙える? ハメスだけじゃない…プレミア首位のアンチェロッティ・エヴァートン 

スクリーンショット 2020-10-17 17.57.04

ドイツ代表ハヴァーツがプレミアとブンデスの違いを体感 「全員のレベルがとても高い」 

スクリーンショット 2020-10-12 7.08.26




1: 2020/10/11(日) 16:02:17.27 _USER9
チェルシーのドイツ代表MFカイ・ハヴァーツがブンデスリーガとプレミアリーグの違いについて語った。クラブ公式サイトが伝えている。

今夏に推定移籍金総額9000万ユーロ(現レートで約112億4000万円)でレバークーゼンからチェルシーに活躍の場を移したハヴァーツ。ここまで公式戦5試合に出場しており、EFLカップ3回戦のバーンズリー(イングランド2部相当)戦でハットトリックを達成するなど、順調なスタートを切っている。

しかし、ハヴァーツからすれば、プレミアリーグは初挑戦。ブンデスリーガとはまた異なる特性のリーグであり、適応が求められる。そんなイングランドの地に渡って数カ月が経ち、プレミアリーグとブンデスリーガの違いを体感したようだ。

「特に、プレミアリーグは異なるリーグだから、とても難しかった。とても激しくて、最初の数試合で気づかされたよ。最近はかなりうまくいくようになったが、まだまだ改善の余地があると思う。これからの数週間、数カ月でそうしていきたい」

「(バーンズリー戦での)ハットトリックは僕にとって良いものだった。チームでのトレーニングは5、6日しかなかったのに、すぐのデビュー戦だったから、スタートは少し難しかった。家族や慣れた環境から離れたことは僕にとって、とても大きな一歩だった。もちろん、適応するまでには時間がかかる」

「デュエルと走力のインテンシティが本当に高い。完全に違うリーグだし、ここでの試合は本当に疲れる。ブンデスリーガも悪くないが、違いに気づいたよ。ここには平均的なレベルの選手や悪い選手はいない。全員のレベルがとても高い」


https://news.yahoo.co.jp/articles/cf674aa10bcd0478e5d918624467d5f449f6a0d4

<カバーニ>マンチェスター・U加入が正式発表! キャリア初のプレミア参戦決定 

1: 2020/10/06(火) 06:08:55.53 _USER9
マンチェスター・Uは5日、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの獲得を発表した。クラブ公式HPによると、1年延長オプション付きの1年契約。

カバーニは今年6月30日で契約満了に伴い、パリ・サンジェルマン(PSG)を退団したため、今夏の去就に注目が集まっていた。
レアル・マドリードやベンフィカへの加入も取り沙汰されていたが、最終的にはマンチェスター・Uで自身初のプレミアリーグに挑戦することとなった。

現在33歳のカバーニは母国クラブのダヌービオでキャリアをスタートさせた。2007年1月にパレルモへ加入。
同クラブで頭角を現し、2010年7月にナポリへ移籍した。ナポリでは3シーズンを過ごし、公式戦通算で138試合出場104得点を記録。

2013 -14シーズンから昨シーズンまで在籍していたPSGでは、公式戦通算301試合に出場し200ゴールを挙げた。

10/6(火) 5:59配信 サッカーキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/9bc46bc4793204b33586dbb6c0d52291cf28b190

写真
no title

<中田英寿、香川真司もプレミアの壁に苦戦>一番成功した日本人選手は? 

スクリーンショット 2020-09-30 6.23.45




1: 2020/09/29(火) 22:03:50.82 _USER9
またひとり、プレミアリーグのピッチから日本人選手の姿が消えた。
武藤嘉紀はマインツ時代、2015年からの3シーズンで66試合20得点と活躍。持ち前のスピードに加え、179cmながら大柄なDFに当たり負けしない身体の強さも認められて、ニューカッスル・ユナイテッドへの移籍を勝ち取った。

だが、プレミアリーグの2シーズンでは、通算25試合に出場してわずか1得点。不本意な成績に終わり、ラ・リーガのエイバルへと新天地を求めた。
これで武藤の去ったプレミアリーグには、日本人選手はリバプールの南野拓実だけになった。振り返ってみれば、この世界最高峰リーグに数多くの日本選手たちが挑んでいる。

先鞭をつけたのは、2001年に21歳でアーセナル移籍を決めた稲本潤一(現SC相模原)だ。アーセン・ベンゲル監督が率いた当時のアーセナルは、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールと3強を形成し、
稲本が加入した2001-02シーズンはリーグ戦とFAカップを制覇した。

当時のアーセナルでは、デニス・ベルカンプ、ティエリ・アンリ、パトリック・ビエラ、ロベール・ピレス、フレドリック・ユングベリ、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルストといった錚々たる各国代表が躍動していた。
それに対して稲本には、リーグ戦、FAカップともに1度も出番が訪れなかった。

プレー機会を求めた稲本は、2002-03シーズンからフラムにレンタル移籍し、2年間でリーグ戦41試合出場4得点を記録する。
その後もWBA(2004-05、2005-06)カーディフ・シティ(2004-05)でプレーし、プレミアリーグには通算で66試合に出場した。

この稲本と2002年日韓W杯でボランチのコンビを組んだ戸田和幸も、プレミアリーグに挑んでいる。毛髪を赤色に染めたモヒカンスタイルで臨んだ2002年W杯でのプレーが認められ、
26歳だった2003年1月からシーズン終了までトッテナム・ホットスパーにレンタル移籍し、リーグ戦に4試合出場した。

9/29(火) 11:30配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/67f0b4a6733e9e64989d1271b5f479c9da06dc25

南野拓実が終盤に今季初出場 イングランド・プレミアリーグ 

スクリーンショット 2020-09-21 12.37.46

プレミア初戦で躍動のハメス、スペイン紙は指揮官を比較「ジダンが与えられなかったものは…」 

スクリーンショット 2020-09-15 8.43.07


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索