Samurai Goal

プレミア


スポンサード リンク





得点認められた後にFK蹴り直し…プレミアで不可解な判定、指揮官は困惑 

スクリーンショット 2021-02-28 18.17.01

プレミア第24節 南野拓実、2試合連続のスタメンで決定機も…。サウサンプトンはウルブスに逆転負けでリーグ6連敗 

スクリーンショット 2021-02-15 5.42.51




1: 2021/02/14(日) 23:37:22.07 _USER9
【サウサンプトン 1-2 ウルヴァーハンプトン プレミアリーグ第24節】

 イングランド・プレミアリーグ第24節、サウサンプトン対ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ(ウルブス)が現地時間14日に行われた。ホームのサウサンプトンが1-2の敗戦を喫した。

 サウサンプトンに所属する日本代表MF南野拓実はリーグ戦では2試合連続の先発出場。62分までの出場となった。

 11分、レドモンドのパスをペナルティエリア内で受けた南野は左足でシュート。しかし、これはウルブスGKルイ・パトリシオに阻まれた。ゴールとはならなかったが、南野は味方との良い連携でゴールを狙いに行く。

 先制したのはサウサンプトン。25分、左サイドを抜け出したスチュアート・アームストロングが中央にクロスを供給。中央でイングスがドンピシャのタイミングでダイレクトボレー。このボールがゴールに突き刺さった。

 先制したサウサンプトンだったが、51分にバートランドのハンドでウルブスにPK献上。このPKをネヴェスが決め、サウサンプトンは同点に追いつかれる。続く66分、ペナルティエリア右の角度のない位置からネトが左足でゴールを決め、ウルブスが逆転に成功した。

 試合はこのまま終了。逆転負けを喫したサウサンプトンはリーグ戦6連敗となった。

【得点者】
25分 1-0 イングス(サウサンプトン)
53分 1-1 ネヴェス(ウルブス)
66分 1-2 ネト(ウルブス)

https://news.yahoo.co.jp/articles/5eb768b86ba81b719f95124885296f2593641eeb
2/14(日) 22:55配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20113926
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/52
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/52
得点ランキング

ハフェルツも武藤もヴェルナーも苦戦 ブンデスからプレミア挑戦は難しい? 

スクリーンショット 2021-01-30 13.11.26




1: 2021/01/30(土) 12:12:56.24 _USER9
昨夏の移籍市場では、ドイツのブンデスリーガから大物プレイヤー3名がイングランドへ向かった。

金額順に見ていくと、最も高額だったのは総額7000万ポンドの移籍金でレヴァークーゼンからチェルシーへ向かったMFカイ・ハフェルツ、4750万ポンドでライプツィヒから同じくチェルシーへ向かったFWティモ・ヴェルナー、総額2500万ポンドでバイエルンからリヴァプールへ加入したMFチアゴ・アルカンタラの3人だ。

彼らは昨夏の市場でも目玉プレイヤーだったが、まだ実力を100%発揮できていない。チェルシーは指揮官フランク・ランパードが解任される事態となり、チアゴもまだリヴァプールで噛み合っていないところがある。やはりブンデスリーガからプレミアリーグのスタイルに適応するのは簡単ではないのだろう。

近年の動きを見ても、ブンデスリーガからプレミアへ向かった選手が苦戦を強いられるケースは目立つ。2019年夏にはフランクフルトからFWセバスティアン・ハラーがウェストハムへ、ホッフェンハイムからFWジョエリントンがニューカッスルへ向かったが、この大型FW2人も本領を発揮できたとは言い難い。

ウェストハムはハラーにクラブ史上最高額となる4500万ポンドの移籍金を支払ったが、今季はリーグ戦16試合で3得点しか奪えず。フランクフルト時代の活躍から考えると少々寂しいか。今冬にはオランダのアヤックスへ移籍しており、4500万ポンドにふさわしい活躍は見せられなかった。

ジョエリントンもニューカッスル史上最高額の4000万ポンドで加わったが、昨季はリーグ戦2得点、今季もここまで1得点だ。納得できる数字ではないだろう。

2018年夏にはドルトムントから5800万ポンドの移籍金でFWクリスティアン・プリシッチがチェルシーへ、5200万ポンドとされる移籍金でライプツィヒからMFナビ・ケイタがリヴァプールへ移籍。

プリシッチの方は昨季リーグ戦で9得点を奪い、今季からはエデン・アザールの着用していた10番を受け継いだ。突破力はさすがだが、今季はリーグ戦13試合で1得点のみ。まだアザールの後継者とは呼べない状態で、10番にふさわしいパフォーマンスとは言えない。奮闘は見せているものの、やや波がある印象か。

ケイタの方は怪我も続いており、なかなか指揮官ユルゲン・クロップの信頼を獲得できていない。こちらはクラブのレジェンドであるスティーブン・ジェラードが着用した8番を引き継いだのだが、さすがに荷が重すぎたか。ポテンシャルは高いのだが、リヴァプールではすっかり影が薄くなってしまった。

この年は日本代表FW武藤嘉紀もマインツからニューカッスルへ向かっているが、結果は大失敗だった。特にブンデスリーガからプレミアへ向かったアタッカーが苦戦している傾向にあり、フィジカルの違いなど適応が難しいのだろう。

大物アタッカーですぐさま適応したのは2018年冬にドルトムントからアーセナルへやってきたFWピエール・エメリク・オバメヤンが最新か。アーセナルは獲得へ5600万ポンドを投じているが、2018-19シーズンと2019-20シーズンにはリーグ戦22得点を挙げる活躍を見せている。移籍金にふさわしいパフォーマンスと言えよう。

果たしてハフェルツやヴェルナーはここから本来の実力を発揮できるのか。ブンデスからプレミアへ大物プレイヤーが向かうケースは毎回の移籍市場で起きているが、思うような結果に繋がっていない。移籍金額が高額なだけに期待も大きいのだが、ブンデスリーガでスターだった男たちはプレミアでもスターになれるか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b823542fa14f0972ff516bb3a41c6e4aea6adee4

【プレミア初得点】「タキ、とにかく楽しめ」南野拓実を見捨てず…名将クロップの愛情が熱すぎる 

スクリーンショット 2020-12-21 13.39.07

プレミア初得点の南野拓実を称賛するクロップ、起用法については「何よりもタキを起用したい」 

スクリーンショット 2020-12-20 8.53.47




1: 2020/12/20(日) 07:31:53.18 _USER9
リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、クリスタル・パレス戦後に南野拓実について言及した。

19日に行われたプレミアリーグ第14節でリヴァプールは敵地でクリスタル・パレスと対戦。この試合に前線の一角で先発出場した南野は、
開始わずか3分で待望のプレミアリーグ初ゴールとなる先制点をマークする。その後、チームは大量得点を奪って、クリスタル・パレスに7-0で勝利した。

試合後、クロップ監督はプレスカンファレンスで、先制点をマークした日本代表FWを前線か中盤どちらで起用することが理想的かと問われ
「何よりも、我々はタキを起用したい」と話し、起用法について続けて、この試合の活躍を称えた。

「我々のプレースタイルにおいて中盤にはオフェンシブスキルも求められる。これはタキが中盤でプレーできることを意味し、実際に2度プレーして、
良いプレーを見せた。さらに重要なこととして、彼はトレーニングで本当にシャープに見えるし、本当に調子が良い。だから、彼は今日プレーした」

「今日、彼は一番の試合をプレーしたし、良いフィニッシュだった。これこそ我々が求めていたものだ。ドレッシングルームで彼の姿をさっき見てきたが、
満面の笑みを堪えられないようだった。良い瞬間だ。彼は良い状態で、我々をよく助けてくれている」

https://news.yahoo.co.jp/articles/3bbf48ce92eb93978d165a4c9920644804f01b15

南野が念願のプレミア初ゴール! 首位リヴァプールが7発大勝、フィルミーノとサラーは2得点 

スクリーンショット 2020-12-20 7.02.11




1: 2020/12/19(土) 23:21:43.31 _USER9
 プレミアリーグ第14節が19日に行われ、FW南野拓実が所属するリヴァプールはアウェイでクリスタル・パレスと対戦した。

 前節トッテナム戦から中2日のリヴァプールは、今季のリーグ戦で初めてモハメド・サラーをベンチスタートとし、南野を3トップの左ウイングでスタメン起用。南野はリーグ戦で4試合ぶり2回目の先発出場となり、フル出場を果たした。

 試合は開始早々の3分に動く。リヴァプールは右サイドからトレント・アレクサンダー・アーノルドが浮き球のパスを通し、反応したサディオ・マネがグラウンダーで折り返すと、中央で受けたのは南野。相手に寄せられながらもボールを収めた南野は、右足を振り抜いてゴール左下に突き刺した。南野にとっては約1年間待ち望んだプレミアリーグでの初ゴールとなり、同リーグで得点を決めた7人目の日本人選手となった。

 その後はしばらく、先行を許したクリスタル・パレスの時間帯が続くが、ホームチームはチャンスを生かすことができない。すると35分、リヴァプールが追加点をゲットする。エリアの外での密集からこぼれたボールをロベルト・フィルミーノが素早く縦につけると、マネは柔らかいタッチで前を向き右足一閃。鋭いシュートをゴール左下隅に運んだ。

 44分、リヴァプールが追加点を獲得する。右サイドの深い位置でボールを奪ったアレクサンダー・アーノルドから、フィルミーノを経由してボールが逆サイドのアンドリュー・ロバートソンに渡ると、人数をかけてカウンターを展開。最後はロバートソンのアーリークロスから、相手DFの隙間に飛び込んだフィルミーノが右足アウトサイドキックで右下に流し込んだ。前半はリヴァプールの3点リードで折り返した。

 リヴァプールは52分、さらにリードを広げる。密集の中で後方からの浮き球を収めた南野のパスから、ナビ・ケイタが右サイドに大きく展開。受けたアレクサンダー・アーノルドは後方から飛び出してきたジョーダン・ヘンダーソンへ丁寧に落とすと、キャプテンはエリアの外から右足ダイレクトでフィニッシュ。ボールは緩やかな弧を描いてゴール左に吸い込まれた。59分にはケイタのスルーパスから抜け出した南野が、スピードに乗りながら右足でゴール左下隅を狙ったが、これは相手DFのスライディングタックルにコースを限定されて枠を捉えることができなかった。

 アウェイチームの勢いは止まらず、68分に5点目が生まれる。リヴァプールは途中出場のモハメド・サラーが右から中央へと切り込むと、南野が縦への動きでスペースを空け、ボールは大外のフィルミーノに渡る。フィルミーノはファーストタッチで相手の前に上手く体を入れると、ループシュートで飛び出してきた相手GKの上を通してネットを揺らした。

 81分にはアレクサンダー・アーノルドの右コーナーキックをジョエル・マティプが頭で折り返し、サラーがヘディングでコースを変えて6点目を奪う。さらに84分、アレックス・オックスレイド・チェンバレンのパスを受けたサラーが、カットインから得意の左足でゴール左上に決めてダメ押しの7点目。サラーは今季リーグ戦での得点数を「13」に伸ばし、得点ランキング単独トップに立った。

 試合はこのまま終了。リヴァプールは2連勝で首位を維持、クリスタル・パレスは4試合ぶりの黒星で3戦未勝利となった。次節、リヴァプールは27日にホームでウェスト・ブロムウィッチと、クリスタル・パレスは26日にアストン・ヴィラと対戦する。

【スコア】
クリスタル・パレス 0-7 リヴァプール

【得点者】
0-1 3分 南野拓実(リヴァプール)
0-2 35分 サディオ・マネ(リヴァプール)
0-3 44分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)
0-4 52分 ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール)
0-5 68分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)
0-6 81分 モハメド・サラー(リヴァプール)
0-7 84分 モハメド・サラー(リヴァプール)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b49c46684c447c77f2c4025fd70fa271d513cb7c

リヴァプール南野拓実、待望のプレミアリーグ初ゴール! 日本人選手7人目 

スクリーンショット 2020-12-19 22.10.41

「労働許可証」「ホーム・グロウン」などのルールが阻む、日本人選手がプレミアで活躍できない理由 

1: 2020/12/17(木) 13:54:02.49 _USER9
 サッカーの“世界最強リーグ”といえば、どこを思い浮かべるだろうか。プレミアリーグ(イングランド)、リーガ(スペイン)、セリエA(イタリア)、ブンデスリーガ(ドイツ)、リーグ1(フランス)の欧州5大リーグのうち、世界的な人気と実力、莫大な収益を生み出すビジネス構造を併せ持つリーグとして近年筆頭格と言えるのがプレミアリーグだろう。ただ、日本人選手にとって“プレミアの壁”は高く、不本意な成績に終わった例が多い。なぜ、日本人選手はプレミアで苦戦するのか。その一因になっているのが、独自のシステム、ルールの存在だ。

 今季、プレミアで戦う日本人選手はザルツブルク(オーストリア)からリバプールにジャンプアップした日本代表MF南野拓実しかいない。しかし、その南野も2020年1月に移籍金725万ポンド(約10億円)で加入後、ここまで決して本領発揮とはいえない状況が続いている。今季は試合終盤での起用が主で、リーグ戦初先発となった11月28日のブライトン戦でもフル出場を果たしたものの見せ場をつくることはできなかった。

 プレミアの壁-。日本人選手にとって、それは非常に高いものとして立ちはだかってきた。最近ではブンデスリーガ・マインツで15年から3シーズンを過ごし、66試合20得点の活躍を見せてプレミアに乗り込んだFW武藤嘉紀も、ニューカッスルでの通算2シーズンで25試合1得点という成績にとどまった。12年から20年1月までサウサンプトンでリーグ戦通算154試合(6得点)を記録したDF吉田麻也、15-16年シーズンにレスターのクラブ創設132年目での初優勝に大きく貢献したFW岡崎慎司という成功例もあるが、あくまで稀有なケース。ドイツなどでの活躍に比べると、プレミアでの日本人選手の存在感はやや薄い。

 その要因は何なのか。(1)クラブ格差、(2)労働許可証、(3)ホーム・グロウン・ルール。この、他の欧州各国とは異なる独特の環境が、そこにはある。

(1)クラブ格差
 1992年に始まり、世界約10億人が視聴する世界で最も人気があるとされるプレミアリーグだが、年間の放映権料総額は世界最高額を誇る。スカイスポーツ、BTスポーツ、アマゾンが放送する国内分に海外分も加えると実に36億200万円ユーロ(約4180億円、19-20年シーズン)。しかも、この配分方式が独特で、成績に左右されず一律に等配分される額が100億円以上と非常に大きいのが特徴となっている。たとえば18-19年で見ると、優勝したマンチェスター・シティへの分配金が1億5098万6355ポンド(約210億円)だったのに対し、最下位・20位のハダースフィールドでも9662万8865ポンド(約134億円)。つまり、下位の小さなクラブでも経営面で一定の安定を得られているわけだ。

 これがスペインならトップのバルセロナが1億6650万ユーロ(約201億円)なのに対し、最も分配金の少なかったウエスカで4420万ユーロ(約53億円)と4倍近い格差がある。プレミアリーグは莫大な放映権料により、最下位のチームですら他リーグの中堅ほどの資金を得られることになり、必然的に移籍市場で世界中の人気選手を集めることが可能になる。プレミアの下位クラブでも「豪華メンバー」と感じることが多々あるのは、そのためだ。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/f951146aebca522b5eb11c249d517364c579e623
no title

<日本代表FW鈴木武蔵>ベルギーからプレミアのウェストハムに移籍か 

スクリーンショット 2020-12-03 21.17.27




1: 2020/12/03(木) 20:52:10.53 _USER9
ベルギー1部ベールスホットの日本代表FW鈴木武蔵(26)にイングランド・プレミアリーグ移籍が急浮上した。

今シーズン途中の加入ながらも8月30日のスタンダール戦に途中出場でデビューすると、ここまでリーグ10試合出場(先発6)で5ゴールと結果を出している。
日本代表にも定着し、さらなる躍進が期待されているストライカーだが、今夏にもイングランドの名門ウェストハムに移籍する可能性があるという。

Jクラブ関係者は「もともとベルギーに移籍したのも(イングランド)プレミアリーグ移籍を見据えてのこと。ベルギーで結果を出せば、武蔵に興味を持っているウェストハムが獲得するといわれているからね。
本人も〝そこにチャレンジしたい〟と言っていたようだし、まずはいい感じ(好スタート)じゃないか」と語った。

ベルギーはオランダと並びイングランドへの登竜門リーグとも言われている。実際、ベルギー経由で移籍したプレーヤーは多く、
2018年ロシアW杯で4位となったベルギー代表イレブンの多くはイングランドのクラブ所属。鈴木も環境に適応し、さらなる活躍を見せれば、来夏にも世界最高峰リーグへステップアップする可能性は高いと言える。

しかも、現在ベールスホットは鈴木の活躍もあってベルギーリーグで首位に立っており、移籍への後押しになりそう。自身もかねて「目標はプレミアリーグ」と公言しているように、明確な目標に向かってチャレンジを続けている。
このままゴールを量産すれば、来季には次のステージに進むことになりそうだ。

12/3(木) 17:32配信 東京スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/cbc59492da2e55201b887db70e61880b547eeb1d

1位は” ロシアの石油王”の3倍!プレミア各クラブオーナーの資産額一覧 

1: 2020/11/29(日) 21:15:12.24 _USER9
各クラブが新型コロナウイルスの影響で経済的な打撃を受ける中、今夏の移籍市場でも巨額の移籍金が動いたプレミアリーグ。各チームのオーナーはどれだけの資産を持っているのか、イギリス『talkSPORT』が紹介している。

毎年のように多額の資金を投入し、世界のリーグでも圧倒的に選手に資金を投じているプレミアリーグ。豊富な資金を持つオーナーたちが揃う中、断トツの1位に輝いたのは、マンチェスター・シティのシェイク・マンスール氏。シティ・フットボール・グループの代表で、マンスール氏の資産は233億ポンド(約3兆2100億円)だとされている。



そして、今夏にも大型補強を敢行したチェルシーのロマン・アブラモビッチ氏が85億ポンド(約1兆1700億円)で続く。ロシアの石油王として知られるアブラモビッチ氏の資産額も想像がつかないような金額だが、マンスール氏のおよそ3分の1になっており、いかにマンスール氏が抜きんでた資金力を持っているかが分かる。

また、ウォルバーハンプトンの郭広昌氏(約6890億円)やサウサンプトンのガオ・チーシェン氏(約4270億円)、さらにはウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)のライ・チュアン氏(約3030億円)など中国人実業家の名も目立つ。

そして、昨シーズンのプレミアリーグ王者であるリバプールのジョン・ヘンリー氏は13番目の23億5000万ポンド(約3240億円)となっており、「ビッグ6」(リバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、チェルシー、トッテナム)の中では最も少なく、健全な補強、クラブ運営を行なっていることも頷ける順位となった。

◆プレミアリーグのオーナー資産ランキング
1位:シェイク・マンスール氏(マンチェスター・シティ)
233億ポンド(約3兆2100億円)

2位:ロマン・アブラモビッチ氏(チェルシー)
85億ポンド(約1兆1700億円)

3位:スタン・クロエンケ氏(アーセナル)
68億ポンド(約9370億円)

4位:シャヒド・カーン氏(フルアム)
58億ポンド(約7990億円)

5位:ナセフ・サウィリス氏(フルアム)
55億ポンド(約7580億円)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f6d8435aecc64829f69cbb26cf3198ef7ec1f3e6
no title


トップ20
https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=386101&from=yahoonews_extra



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索