1: Egg ★ 2019/07/08(月) 06:45:50.88 ID:855t8UPy9
移籍金55億円で加入したブラジル人DFゴエスとともにカスティージャの目玉に

スペインの名門レアル・マドリードへの移籍が決まった日本代表MF久保建英は、7月にトップチームが行うカナダとアメリカのプレシーズン遠征メンバーの30人に入ったとスペインメディアで報じられ、注目度は日に日に増している。2019-20シーズンはレアルBチーム(カスティージャ)からスタートを切ることが発表されているが、スペイン紙「マルカ」は、カスティージャの“注目選手”の1人に日本が誇る18歳のレフティーを挙げている

 今季、FC東京の主力としてリーグ戦13試合で4ゴールをマークした久保は、6月9日の国際親善試合エルサルバドル戦(2-0)で史上2番目の若さとなる18歳5日でA代表デビュー。直後のコパ・アメリカ(南米選手権)でも全3試合に出場したなか、ブラジルの地でレアルへの電撃移籍が決まった。

 7月にトップチームが行うカナダとアメリカのプレシーズン遠征に参加するとされており、ジネディーヌ・ジダン監督にアピールできるかが注目を集めている。

 一方で、「マルカ」紙はレアルBチーム・カスティージャの注目選手の1人に久保をピックアップ。記事では、「ラウールはカスティージャでデビューのための“スーパーチーム”を持つ」と見出しを打ち、新シーズンから指揮を執る元スペイン代表FWのラウール・ゴンサレスが強力な陣容を擁しているとし、ブラジルの名門サントスから移籍金4500万ユーロ(約55億円)で獲得した18歳のブラジル人FWロドリゴ・ゴエスとともに紹介している。

「久保はカスティージャの選手だが、カナダとアメリカでのプレシーズンをジダンの元で過ごす予定だ」

 久保への注目度は、日本のみならず、スペインでも高まっているようだ。

7/8(月) 6:30配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190708-00202138-soccermzw-socc

写真
no title