Samurai Goal

ブンデスリーガ2部


スポンサード リンク





<原口元気>絶好調!2試合連続ゴール!こぼれ球押し込み貴重な先制弾..今季4ゴール目 

1: Egg ★ 2020/02/09(日) 22:24:13.31 ID:d2oGSxTJ9
ブンデスリーガ2部は9日に第21節が行われ、グロイター・フュルトとハノーファーが対戦した。

リーグ戦直近4試合で勝利から遠ざかり(2分け2敗)、3部入れ替え戦圏内の16位ボーフムと2ポイント差の13位と、低迷するハノーファー。今季20試合目の出場となった原口元気は、左ウイングにポジションを取った。

すると41分、原口元気が先制点を奪う。マイナのシュートが弾かれたところを押し込んでいる。原口にとっては2試合連続、今季4ゴール目となった。

2/9(日) 22:17配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-00010026-goal-socc

写真
no title

ドイツ2部で珍事! アップ中の控え選手のプレー関与がPKに  

20191026-00363486-usoccer-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/10/26(土) 20:18:51.76 ID:v0btZKuo9
25日に行われたブンデスリーガ2部のホルシュタイン・キールvsボーフムで珍事が起きた。スペイン『マルカ』が伝えている。

今回の珍事が発生したのは、同試合の前半30分過ぎだった。ボーフムのFWシルヴェル・ギャンブラ・エンブシがボックス右からシュートを放つも、ボールは枠の左に大きく外れる。これをゴールラインの後ろのスペースでウォームアップ中だったホルシュタイン・キールのMFミヒャエル・エヴァールヴァインがラインを割ったと思い、ワンタッチでピッチへ蹴り返した。

このままホルシュタイン・キールのゴールキックでプレー再開かに思われたが、主審は無線を使ってビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)担当と何やらやり取りをかわすと、ボーフム側のPKを宣告。この不可解な判定に当然ホルシュタイン・キールサイドは主審に判定理由を問いただした。

しかし、今回の判定に関してはエヴァールヴァインがボールに触ったのが、ゴールラインを完全に割っていない状況であり、正当な競技者以外がピッチに入ってプレーを妨害したと判断された。

そして、主審はボールの位置によって直接FKあるいは、PKによってプレーを再開するという通常の競技規則に則り、ホルシュタイン・キールのボックス内でのファウルと判断し、ボーフム側にPKを与えた。また、このファウルによってエヴァールヴァインにイエローカードを掲示した。

なお、ギャンブラ・エンブシのPK成功によって試合は1-1のタイに戻ったが、後半立ち上がりにホルシュタイン・キールが勝ち越しゴールを奪ったため、ホームチームの2-1の勝利に終わっている。そのため、ピッチ外からチームに迷惑をかけたエヴァールヴァインも安堵する結果となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00363486-usoccer-socc

宮市亮、右サイドバックで奮闘!開幕3試合連続で先発フル出場 遠藤航ベンチで日本人対決は実現せず 

1: Egg ★ 2019/08/17(土) 22:54:34.29 ID:YVtoSZiD9
[8.17 ブンデスリーガ2部第3節 シュツットガルト2-1ザンクト・パウリ]

ブンデスリーガ2部は17日、第3節を行い、FW宮市亮が所属するザンクト・パウリは敵地で日本代表MF遠藤航の加入が決まったシュツットガルトと対戦し、1-2で敗れた。
宮市は右サイドバックで奮闘し、開幕3試合連続で先発フル出場。遠藤はベンチに入ったが、出番はなかった。

ザンクト・パウリは前半18分、MFマッツ・ダーリのゴールで先制に成功。しかし、後半はシュツットガルトが流れを引き寄せ、後半15分にDFマルク・オリヴァー・ケンプフが同点ゴール。
後半アディショナルタイムにFWニコラス・ゴンサレスが決勝ゴールを挙げ、シュツットガルトが2-1で逆転勝利をおさめた。

ザンクト・パウリは開幕3戦未勝利(1分2敗)とし、今季リーグ戦初勝利は持ち越し。シュツットガルトは開幕3戦無敗(2勝1分)と好スタートを切っている。

8/17(土) 22:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-43470612-gekisaka-socc

写真
no title

宮市亮(ザンクト・パウリ)開幕2試合連続フル出場!前半45分に今季初アシストを記録  

1: Egg ★ 2019/08/03(土) 09:00:13.67 ID:vudq44jN9
[8.2 ブンデスリーガ2部第2節 ザンクト・パウリ 1-3 G・フュルト]

ブンデスリーガ2部第2節が2日に行われ、FW宮市亮の所属するザンクト・パウリは本拠地でG・フュルトと対戦し、1-3で敗れた。宮市は開幕2試合連続で先発フル出場。前半45分に今季初アシストを記録した。

ホーム開幕戦となったザンクト・パウリは前半17分と同35分にG・フュルトのFWダニエル・ケイタ・ルエルに連続ゴールを許し、2点を追いかける展開となる。

第1節ビーレフェルト戦(1-1)に続いてスタメン出場した宮市は前半45分、右からクロスでFWディミトリオス・ディアマンタコスの追撃弾を演出。開幕2戦目で今季初アシストを記録した。

だが、ザンクト・パウリは後半25分にG・フュルトのFWジュリアン・グリーンに3ゴール目を献上。そのまま1-3の敗戦を喫し、今季初白星はお預けとなった。

8/3(土) 7:38配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190803-43470051-gekisaka-socc

写真
no title


【サッカー】<宮市亮>開幕戦フル出場!ドイツ2部ザンクトパウリ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1564446489/

宮市亮、ザンクトパウリと2年契約延長 首脳陣絶賛「人間性も非の打ちどころがない」  

GettyImages-529099726-800x532




1: 久太郎 ★ 2019/03/06(水) 07:48:06.21 ID:hXZN1Vdt9
指揮官は「パワーにもスピードにも優れた攻撃的プレーヤー」と高評価
 ブンデスリーガ2部ザンクトパウリは5日、元日本代表FW宮市亮との契約を2年間延長したことを発表した。2021年6月30日までの契約延長となったなか、首脳陣から「パワーにもスピードにも優れた攻撃的プレーヤー」「人間性も非の打ちどころがない」と称賛の声が上がっている。

 現在26歳の宮市は中京大中京高からJリーグのクラブを経由せずにアーセナルに加入したが、イギリスの就労ビザ発行基準に達していなかったため、初年度はオランダの名門フェイエノールトへ期限付き移籍。2011年2月6日に18歳でプロデビューし、そのシーズンは12試合出場で3得点5アシストと上々の成績を残した。

 その後、アーセナル、ボルトン、ウィガンと渡り歩き、2013-14シーズンに再びアーセナルに復帰するも結果を残せず、2014-15シーズンはオランダのトゥウェンテでプレー。2015年夏にアーセナルとの契約を満了し、ザンクトパウリへ加入するも、同年7月と2017年6月に前十字じん帯断裂の大怪我を負った。

 長いリハビリを経て復活し、今季はブンデスリーガ2部で16試合に出場して3ゴールを挙げている。そんななか契約更新の運びとなり、スポーツディレクターのウーヴェ・シュテーファー氏が宮市についてクラブ公式サイトで言及。「亮は本当に素晴らしい我々の仲間で、人間性も非の打ちどころがない。そして負傷を重ねたものの、まだ彼にはポテンシャルが秘められていると、我々は思っている。その能力を存分に発揮してもらえるようサポートしていく」と語る。

 またマルクス・カウチンスキ監督も「亮はパワーにもスピードにも優れた攻撃的プレーヤーであり、相手の選手にとって彼を止めることは非常に難しい。非常にポジティブな人間で、このチームに完璧に合致している」と称賛した。

 ザンクトパウリで存在感を放ち、日本代表復帰を果たす日が訪れるだろうか。



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索