Samurai Goal

ブンデスリーガ


スポンサード リンク





宇佐美貴史をケルンが狙う!?ブンデスリーガ1部から2部に移籍ってどうよ? 

no title
1 2018/07/17(火) 14:48:02.00 _USER9
▽ブンデスリーガ2部のケルンが、アウグスブルクに所属する日本代表FW宇佐美貴史(26)の獲得に興味を抱いているようだ。ドイツ『エキスプレス』が伝えている。

▽2017-18シーズンにレンタルでデュッセルドルフに加わり、昨季リーグ戦28試合8ゴール3アシストでブンデスリーガ2部制覇と1部昇格に貢献した宇佐美。同選手の引き留めを目指すデュッセルドルフだが、アウグスブルクが要求する300万ユーロ(約3億9000万円)の支払いに難色。交渉の行き詰まりが取り沙汰され、撤退の可能性も伝えられている。

▽今回伝えられるところによると、ケルンが宇佐美獲得を検討。移籍交渉が行われていたかは定かではないが、アウグスブルクのスポーツディレクターを務めるシュテファン・ロイター氏が、ケルンのキャンプ地に訪れて、ケルンのスポーツディレクターであるアルミン・フェー氏と1時間半の会談を行っていたことも伝えている。
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=320944

宮市亮“回復ハンパない”怪我を治し実戦復帰を果たす!! 

1 2018/07/07(土) 22:58:33.36 _USER9
ブンデスリーガ2部ザンクト・パウリに所属するFW宮市亮は、7日に行われたテストマッチに出場し、実戦復帰を果たした。

昨年6月末には右ひざの前十字じん帯を断裂で長期離脱を余儀なくされていた宮市は、4月末にはザンクト・パウリ2軍の4部リーグでの試合に出場。公式戦復帰となるはずのこの一戦では13分に右ひざを痛めた様子で負傷交代を強いられ、前十字じん帯を再び断裂した可能性が高いと見られていた。

しかし、その後日本に帰国した同選手だが、5月の末には自身のインスタグラムで「日本での検査の結果、幸いなことに前十字靭帯は切れておらず、再建した靭帯の周りに少し炎症が起きていただけでした」と報告。新シーズンに向けて6月25日に始動したクラブに戻り、数日間の個人練習を経て先日からはチーム練習も再開している。

そして、ザンクト・パウリはそんな宮市を7日に行われた4部フレンスブルク戦、8日に臨むブレンビー戦に向けた遠征メンバーに招集。その1戦目に後半開始から出場し、6-1での大勝を収めるなか1アシストを記録した。

ドイツメディア『リーガ2』は、宮市はこの試合で「彼特有の強みを見せた」とそのプレーを評価。「マルクス・カウチンスキ監督は攻撃陣における新たなオプションが与えられることを喜んでいるだろう」と伝え、「日本人選手のドリブル能力とスピードはザンクト・パウリに必要」と宮市に対する期待をうかがわせている。

7/7(土) 22:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00000031-goal-socc

写真
no title

香川真司“W杯必見の10人”に選出!!ブンデスリーガ公式発表! 

f07db_1429_05e9a2e0_4d90fddf
1 2018/06/16(土) 22:32:56.17 _USER9
 ブンデスリーガの公式サイトが日本代表MF、香川真司をベタ褒めだ。

 6月14日に開幕したロシア・ワールドカップ。ブンデス公式が特集したのは、「本大会でウォッチすべきスター10選」だ。同リーグに所属する出場選手の中から、各国のエース級を厳選した。マノエル・ノイアーやハメス・ロドリゲスらが順当に名を連ねるその10傑に、堂々香川がチョイスされたのである。

 まずは日本代表の置かれている現状を説明しつつ、香川の上り調子ぶりを報じている。

「6大会連続で本大会に登場する日本だが、本番に向けた準備は苦難続きだった。開幕2か月前にヴァイッド・ハリルホジッチ監督を更迭し、アキラ・ニシノ(西野朗)を新たな指揮官に指名したが、ガーナとスイスに敗れ去り、ようやく6月12日の3戦目(パラグアイ戦)で初勝利を挙げたのだ。そこで異彩を放ったのが、ドルトムント・ファンのお気に入りであるシンジ・カガワだ。サムライブルーが無得点時間を231分で止めたゲームで2アシストを決め、終了間際には鮮やかな突破から1ゴールも奪取した。まさに反撃のチャイムを鳴らしたのはカガワであり、ワールドカップ初戦のコロンビア戦に向け、どうやら“間に合った”ようだ」


 さらに賛辞のコメントは続く。

「カガワの経験と創造性は日本がグループHを戦う上で、間違いなく重要なキーファクターとなるだろう。4度アジア王者に輝いた日本はこれまで2度、ワールドカップでベスト16に進出しているが、8強の壁はいまだ崩せていない。それをクリアできるかどうかは、カガワに懸かっているのかもしれない。脂の乗り切った29歳がプレーメーカーとしての本領を発揮すれば、いかなる相手であっても手を焼くはずだからだ」

 ブンデス史上最強の日本人プレーヤーと謳われる背番号10。この格別な評価に結果で応えられるか。運命のコロンビア戦まで、あと4日だ。

 なおブンデス公式が厳選した「必見10選手」は以下の通りだ。

マヌエル・ノイアー(バイエルン/ドイツ代表)
マルコ・ロイス(ドルトムント/ドイツ代表)
ハメス・ロドリゲス(バイエルン/コロンビア代表)
ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン/ポーランド代表)
トーマス・ミュラー(バイエルン/ドイツ代表)
バンジャマン・パバール(シュツットガルト/フランス代表)
アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/クロアチア代表)
チアゴ(バイエルン/スペイン代表)
香川真司(ドルトムント/日本代表)
アルフレッド・フィンボガソン(アウクスブルク/アイスランド代表)

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14869668/

『ブンデスで戦う日本人』の印象を武藤嘉紀が語る! 

r9EGqGIt_400x400
1 2018/06/08(金) 08:55:53.06 _USER9
6月19日にロシア・ワールドカップの初戦を迎える日本代表。初のW杯に臨むFW武藤嘉紀(マインツ)が、6月6日付けのドイツ誌『シュポルト・ビルト』のインタビューで日本代表のチームメイトついて語った。ドイツ人記者がピックアップしたブンデスリーガで戦う日本人選手たちについて、武藤は各選手へのリスペクトを示しながら紹介している。

長谷部誠(フランクフルト)
「代表チームで最も重要な支柱となる存在です。僕らのキャプテンであり、中盤でチームをまとめてくれます。海外で何年にもわたってたくさんの経験を積んでいます。パスの能力は突出していますし、学ぶことがたくさんあります」

大迫勇也(ケルン→ブレーメン)
「日本人で最も優れたFWのひとりです。僕らはいいコンビネーションができています。ブンデスリーガで非常に多くのことを学んで大きく成長し、ゴールへの嗅覚も鋭く、ますますたくましいプレーを見せています」

香川真司(ドルトムント)
「足首のケガで、難しい状況にいますが、大会までにフィットしてベストコンディションに戻ってくれることを願っています。長谷部さんと同じように、難しい状況のなかでチームをうまく導いてくれます。彼がいることで、他の若い選手たちの緊張も少しは軽くなります。これはワールドカップのような大舞台では、とても大事なことだと思います」

原口元気(デュッセルドルフ)
「とりわけ左サイドで素晴らしいプレーを見せています。ワールドカップ予選では、最も成功したゴールゲッターでした。浅野拓磨も重要なゴールを決めて、日本代表の成功に貢献してくれました。彼らはカウンターで非常に高い能力を発揮します」

 さらに、日本のサッカーについて聞かれた武藤は、「ファンの方々はドイツと良く似ていて、とても心が暖かい人たちです。とても素晴らしいことだと思います」と説明。そのうえで、ドイツでプレーする利点を挙げている。「ブンデスリーガでは、世界中から来るさまざまな選手たちのプレーを知ることができました。これは、僕の成長に大きく役立っています」。

 ブンデスリーガで今シーズンも8得点4アシストと結果を残し、欧州での市場価値が上がっている武藤嘉紀。ドイツでの経験を活かしてW杯で活躍を見せられるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180608-00772117-soccerk-socc

【朗報】“宇佐美・原口”先発でデュッセルドルフ優勝に貢献!! 

haragutiusami
1   2018/05/14(月) 00:27:16.49 _USER9
 ブンデスリーガ2部最終節が行われ、宇佐美貴史と原口元気が所属するデュッセルドルフとニュルンベルクが対戦した。

 リーグ戦1位ニュルンベルクと2位デュッセルドルフの直接対決となり、勝ったほうが優勝となる一戦で、宇佐美と原口は先発出場した。

 開始早々に先制点を奪われると13分、自陣左サイドを深い位置まで押し込まれ、中央にクロスを送られる。マークを外したティム・レイボルドに合わせられ、早くも2点のリードを奪われた。

 しかし、宇佐美が反撃の狼煙をあげる。37分、左サイドでボールを持ったニコ・ギーセルマンが中央へクロスを上げると、相手のマークを外した宇佐美がヘディングでファーサイドに流し込み、点差を縮めた。

 さらに60分、敵陣ペナルティエリア外中央でボールを奪ったギーセルマンが思い切って左足を振り抜く。これがゴール左隅に決まって、スコアをタイに戻した。

 そして後半アディショナルタイム2分、左サイドからクロスが上がると、カーン・アイハンがヘディングで流し込み逆転に成功。試合はこのまま終了し、デュッセルドルフがリーグ優勝を達成した。原口は75分に途中交代、宇佐美はフル出場を果たした。

【スコア】
ニュルンベルク 2-3 デュッセルドルフ

【得点者】
1-0 6分 ゲオルク・マルクライター(ニュルンベルク)
2-0 13分 ティム・レイボルド(ニュルンベルク)
2-1 37分 宇佐美貴史(デュッセルドルフ)
2-2 60分 ニコ・ギーセルマン(デュッセルドルフ)
2-3 90+2分 カーン・アイハン(デュッセルドルフ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00757498-soccerk-socc

【絶好調】宇佐美の強烈“ヘディングゴール”Twitterで大反響!! 

GettyImages-943576738-1-800x533

ブンデスリーガ2部、第34節が5月13日に行われ、フォルトゥナ・デュッセルドルフに所属する日本代表MFの宇佐美貴史がニュルンベルク戦でゴールを決めた。

2部優勝をかけた大一番で先発した宇佐美は、1点ビハインドで迎えた38分、左サイドからのクロスに頭で合わせてネットを揺らした。

なお、宇佐美にとって、今シーズン8点目のゴールとなった。


Goal編集部


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00010006-goal-socc

【ブンデス最終結果】バイエルンは最終節黒星ながら6連覇!! 

DdAxwAVUQAAn__Z

ブンデスリーガは12日、2017-18シーズンの全日程が終了した。

王者バイエルン・ミュンヘンの史上初の6連覇で幕を閉じた今季のブンデスリーガ。途中指揮官交代もあったが、バイエルンはユップ・ハインケス監督のもとで2位と21ポイント差をつける圧倒的な力を見せつけて優勝を飾った。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00000036-goal-socc

【悲報】伊藤達哉の活躍も虚しくHSV2部降格へ… 

dly1804080005-f1

1   2018/05/13(日) 00:33:32.72 _USER9
◆ドイツ・ブンデスリーガ最終節 ハンブルガーSV―ボルシアMG(12日・ハンブルク)

 日本代表DF酒井高徳(27)が主将を務めるハンブルガーSVが、クラブ史上初めてブンデスリーガ2部に降格した。

 入れ替え戦枠を争うヴォルフスブルクが勝利。ハンブルガーSV―ボルシアMG戦は発煙筒が投げ込まれて終了間際に試合が中断したが、この一戦の終了を待つことなく降格が決まった。

 ブンデスリーガは63年に創設。ハンブルガーSVはリーグ54年の歴史で唯一、降格したことがないクラブとして知られていた。前節まで勝ち点28で自動降格圏の17位。入れ替え戦へ進む16位ヴォルフスブルクとは勝ち点2差。ヴォルフスブルクが1FCケルンに敗れ、ハンブルガーSVが勝つことだけが、得失点差との関係から残留へ望みをつなぐことができる唯一の条件だった。

 酒井は右サイドバックで、伊藤達哉(20)が左MFで日本勢はダブル先発。ドリブラーの伊藤がトップチームに定着した3月中旬以降、チームは3勝1分け3敗と持ち直し、地元メディアからは“救世主”とも言われていた。伊藤はチーム2点目のゴールをアシストし活躍したが、逆転残留とはならなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00000326-sph-socc

香川真司、試合復帰完了!!途中出場の訳は“アリバイ…?” 

DdAuRIrVQAAr8Zo


1   2018/05/13(日) 00:25:41.40 _USER9
■ブンデスリーガ最終節 ホッフェンハイム 3-1 ドルトムント

ホッフェンハイム:クラマリッチ(26分)、サライ(63分)、カデジャベク(73分)

ドルトムント:ロイス(57分)

ブンデスリーガは12日に最終節が一斉開催され、ホッフェンハイムとドルトムントが対戦した。

勝ち点55で3位のドルトムントと、同52で4位のホッフェンハイムの一戦。両チームともチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得のため、負けられない一戦となった。注目された香川真司は、ベンチスタートとなった。

両者ともにボールを奪ってから速い攻撃を見せる。ドルトムントは14分、ショートカウンターから最後はゲレイロがミドルシュート。しかし、ここはGKバウマンのセーブに防がれた。17分にもゲレイロにチャンスが訪れたが、ここもGKの好セーブにあった。

ホッフェンハイムも19分に反撃。左サイドのクロスからゴール前で人が入れ替わり、最後はクラマリッチがミドルシュート。ここはGKビュルキが防いだ。

両者とも緊張感を持ってプレーしていたが、意外な形でスコアが動く。26分、ドルトムントは相手のプレッシャーを警戒してGKビュルキにバックパス。すると、ビュルキがトラップをミスし、後ろに流れたボールを慌ててクリア。これが相手に渡り、クラマリッチが冷静にゴールネットを揺らした。

追いつきたいドルトムントは、33分にビッグチャンス。カウンターの場面でシュールレがGKと一対一を迎えるも、枠外に外してしまった。前半は、ホッフェンハイムがリードして折り返す。

後半は、ホッフェンハイムが主導権を握る。52分には決定機を迎えたが、ドルトムントがなんとかこのピンチを凌いだ。

すると57分、ドルトムントが同点に追いつく。左サイドでボールを持ったロイスが2人をかわし、ボールを預けてエリア内へ。リターンパスを押し込んだ。

しかしホッフェンハイムがすぐさま突き放す。63分、ゴール前の連携からサライが追加点。さらに73分、カデジャベクがネットを揺らしリードを2点に広げる。

CL出場権が危うくなってきたドルトムントは、74分に香川を途中投入する。だが、反撃することはできず。ホッフェンハイムが3-1で勝利を収めた。

この結果、ホッフェンハイムが得失点差で3位に浮上。他会場のレヴァークーゼンは勝利したが、得失点差でドルトムントが4位に。CL出場権を堅守している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00000033-goal-socc

【ブンデスリーガ】HSVの“2部降格”が現実味を帯びてきた!!耐え切れるのだろうか 

img_f0797567a8e0f98b27a0be0c1898e540242280
1   2018/05/07(月) 01:50:12.60 _USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3173546?cx_position=25

2018年5月6日 13:30 発信地:ベルリン/ドイツ
【5月6日 AFP】17-18ドイツ・ブンデスリーガ1部は5日、第33節の試合が行われ、ハンブルガーSV(Hamburger SV)は0-3でフランクフルト(Eintracht Frankfurt)に完敗し、1963年のリーグ創設以降、常に1部で戦ってきた唯一のクラブの2部降格が現実味を帯びてきた。

 フランクフルトはマリウス・ヴォルフ(Marius Wolf)とオマール・マスカレル(Omar Mascarell)がゴールを決めると、2014-15シーズンの得点王ながら、今季初出場となる元主将のアレクサンダー・マイアー(Alexander Meier)が交代出場から終了間際に3点目を決め、ファンを喜ばせた。

 敗れたハンブルガーは18チーム中17位にとどまり、残り1節で15位のSCフライブルク(SC Freiburg)に追いつくことは不可能となった。残留への残された道は、2部で3位のチームとのプレーオフに回れる16位浮上のみで、ハンブルガーは2014年と2015年にもプレーオフを制して1部に生き残っている。

 ただし、現在16位のVfLボルフスブルク(VfL Wolfsburg)とハンブルガーとの勝ち点差は2ポイントだが、最終節の対戦相手はハンブルガーが中位のボルシア・メンヘングラッドバッハ(Borussia Moenchengladbach)なのに対し、ボルフスブルクはすでに降格の決まっている最下位ケルン(1. FC Cologne)となっている。

 ボルフスブルクは今節勝利していれば勝ち点を逆転不可能な差に広げることができたが、こちらもRBライプツィヒ(RB Leipzig)に1-4で大敗し、ライプツィヒに公式戦6試合ぶりの勝利を献上した。(c)AFP/Ryland JAMES



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索