Samurai Goal

ブンデスリーガ


スポンサード リンク





ブンデスリーガ日本人の市場価格トップ10。ドイツ人アナリストがガチ評価 

スクリーンショット 2020-10-19 14.08.50




1: 2020/10/19(月) 12:39:29.89 _USER9
1部、2部ともに序盤戦を終えたドイツ・ブンデスリーガ。日本人選手たちも試合に出場し、ピッチ上でプレーする姿を見せている。プレシーズンの準備を含め、ここまでの今季の日本人選手たちの評価は、どのようなものだろうか?

 ドイツ国内をはじめ、世界中でサッカー選手たちの市場価格の目安と使われているポータルサイト『トランスファーマルクト』で、日本および日本人選手を担当しているトビアス・ドライマン氏に解説・分析をしてもらった。

 ドライマン氏は、同サイトでデータスカウトおよび選手の市場価格アナリストとして活躍する一方、ドイツ国内のJリーグ放送でも日本サッカーのエキスパートとしてコメンテーターも務めている。ドイツ国内の日本人選手のアクチュアルな情報にも精通しているドライマン氏の評価は、ドイツでの日本人選手の評価を正確に反映している。

1位 鎌田大地(フランクフルト):市場価格1200万ユーロ(14億7600万円)
2位 堂安律(ビーレフェルト):市場価格630万ユーロ(7億7490万円)
3位 大迫勇也(ブレーメン):市場価格300万ユーロ(3億6900万円)
4位 遠藤航(シュツットガルト):市場価格250万ユーロ(3億750万円)
5位 原口元気(ハノーファー):市場価格160万ユーロ(1億9680万円)
6位 遠藤渓太(ウニオン・ベルリン):市場価格130万ユーロ(1億5990万円)
7位 室屋成(ハノーファー):市場価格100万ユーロ(1億2300万円)
8位 長谷部誠(フランクフルト):市場価格80万ユーロ(9840万円)
9位 宮市亮(ザンクトパウリ):市場価格65万ユーロ(7995万円)
10位 アペルカンプ真大(デュッセルドルフ):市場価格22万5000ユーロ(2767万5000円)

詳しくはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/b333dc52b3d34ef3deb34f369a4491c9534b21bc

<北川航也(ラピッド・ウィーン)>オーストリア・ブンデスリーガ開幕戦でゴール!14分の出場で結果を残す... 

スクリーンショット 2020-09-12 14.49.05




1: 2020/09/12(土) 06:22:10.87 _USER9
ラピッド・ウィーンFW北川航也が、今季のオーストリア・ブンデスリーガ開幕戦でゴールを挙げた。

11日に開幕を迎えたオーストリア・ブンデスリーガ。ラピッド・ウィーンはホームにアドミラを迎えた。序盤から主導権を握ると、開始8分に先制点を記録。その後も43分、72分と追加点を奪って突き放すが、80分に1点を返される。

それでも後半アディショナルタイム、ゴール前にフリーで飛び込んだ北川は右サイドからのクロスを丁寧に合わせ、チーム4点目を記録。76分からの出場で、今季初ゴールを奪った。試合は4-1でラピッド・ウィーンが制している。

昨季オーストリアへ挑戦するも、長期離脱の影響で3ゴールに留まるなどやや不本意な1年目を過ごした北川。開幕戦でゴールを奪った今季は、大きなクラブの期待に応えることができるだろうか。

9/12(土) 6:03 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/f335b7f4d225eb140b394dd90254e964f6b614e1

写真
https://amd.c.yimg.jp/im_siggDD1X5rHSqzNnm7xp2PvutQ---x640-y360-q90-exp3h-pril/amd/20200912-00010000-goal-000-1-view.jpg

世界が注目するヤングスターから絶対王者の主力まで…ブンデスリーガ、2020年夏の移籍市場で注目すべき男たち 

スクリーンショット 2020-08-05 12.47.16

「バイエルンは強すぎる。退屈で悲しい」ドイツ代表GKがブンデスリーガに嘆き 

20200608-00010012-goal-000-1-view

長谷部誠「勝利はとても重要」自身はアジア人ブンデスリーガ最多出場記録に並ぶ 

20200604-00010004-goal-000-1-view




1: 2020/06/04(木) 10:04:22.32
フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠が、勝利の喜びを語った。

フランクフルトは3日、ブンデスリーガ第24節延期分でブレーメンと対戦。長谷部は先発し、同じく先発したブレーメンFW大迫勇也との日本人対決も実現した。試合は60分にフランクフルトが先制。長谷部のインターセプトを起点に、フィリップ・コスティッチのクロスからアンドレ・シウバが先制点を奪う。さらに、途中出場のシュテファン・イルザンカーがセットプレーから2ゴールを挙げ、フランクフルトが3-0で勝利をつかんだ。

フランクフルトは連勝となり、フル出場の長谷部は喜びを語る。

「勝利は僕らにとってとてつもなく重要なものです。これで降格圏とは8ポイント離れました。土曜日のマインツ戦で勝ち点3を取れば、また上を見ることができます」

なお、長谷部は、ブレーメン戦でブンデスリーガ通算308試合に出場。韓国のレジェンドであり、フランクフルトの先輩でもあるチャ・ブンクン氏の記録に並んだ。次節のマインツ戦で出場すれば、アジア人におけるブンデスリーガ最多出場記録を更新することとなる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f1fe5910b38f6eee19382f275d16607b63980744

無観客試合に約1万3000人がスタンドに集結! ブンデスリーガでなぜ? 

1: 2020/05/24(日) 15:04:37.46
16日にヨーロッパ5大リーグの先陣を切って再開したブンデスリーガ。無観客で行われる試合は異様な雰囲気に包まれていた。

それから1週間、2週目の開催も同様に無観客であり、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染防止策を厳重にとって行われた中、
あるスタジアムのスタンドには多くの観客の姿が…。

スタジアムには300名程度しか入れない中で、その数1万2993人。由々しき事態かと思いきや、これはダンボールで作られた人だった。

この試みをしたのはボルシアMG。再開後初のホームゲームとなったレバークーゼン戦でお披露目となっていた。

ボルシアMGのファンは1人19ユーロ(約2200円)で段ボールを購入し、自身の写真が貼られた段ボールがスタンドに。およそ1万3000人も
集まると、遠目には一瞬観客がいるようにすら見えるから不思議だ。

これは中断明けが無観客試合となることが予想され、閑散としたスタジアムをどうにか解消するために、ボルシアMGのサポーターグループ
『FPMG』が発案したもの。サポーターは“ドッペルゲンガー(分身)"をスタンドに送り込み、チームをサポートするというものだ。

なお、この19ユーロのうち、2.5ユーロ(約290円)が『FPMG』の収益となり、2ユーロ(約230円)が『FPMG』の慈善キャンペーンに、さらに
2ユーロが地元地域への貢献のためにボルシア財団に送られる事になる。残りは段ボールサポーターの制作費に当てられる。

日本では、2014年5月28日に、大宮アルディージャがアウェイの鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで徳島ヴォルティスと
対戦した際に段ボールにユニフォームを着せてサポーターを増やしたことが話題となっていた。

一方、お隣韓国ではFCソウルが無観客のスタンドを賑わすためにラブドールでファンを模したものの、これは大きな問題となり、
韓国サッカー界史上最高額となる1億ウォン(約876万円)の罰金処分が下されていた。

ちなみに、ドイツ『ビルト』によると、レバークーゼン側にも6人だけ“ドッペルゲンガー”サポーターがいたようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200524-00375061-usoccer-socc

画像
no title

no title

<ブンデスリーガ>欧州で視聴率爆上がり!”レヴィアダービー”27.4%を記録! 

1: 2020/05/23(土) 18:30:31.65
写真no title


新型コロナウイルスの影響でフランス、オランダ、ベルギーのリーグ戦が打ち切りになるなか、欧州サッカー5大リーグの一つ、ドイツのブンデスリーガが5月16日に無観客試合で再開。3月13日以来、66日ぶりのことだった。

 ブンデスリーガは今回の再開にあたり、感染症対策を徹底。試合前の整列はなく、両チームの先発選手による握手や円陣もなし。

 ベンチメンバーはマスク着用で、観客席に間隔を空けて座るなど、ピッチの外でもソーシャルディスタンスを守っておこなわれた。

 長谷部誠(36)、鎌田大地(23)が所属するフランクフルトはボルシアMGと、大迫勇也(30)が所属するブレーメンはレーバークーゼンと、それぞれ格上と対戦したこともあり、1-3、1-4で敗戦。

 鎌田は先発で78分までプレーしたが、長谷部は74分から、大迫は85分からの途中出場。勝利に貢献することはできなかった。

 久々のリーグ再開に注目したのは、日本に限ったことではなかった。それは”数字”が物語っている。ドイツサッカーに造詣が深いサッカージャーナリストの安藤正純氏が語る。

「ドルトムント対シャルケの”レヴィアダービー”を中継した『Sky TV』の視聴率が、これまでの2倍にあたる27.4%を記録。

 これは同局の新記録ということです。サッカーが国技なだけに、再開を心待ちにしていたのでしょう」

 スペインでも同試合は大注目。有料チャンネル『Moistar Plus』によると、”レヴィアダービー”は、同国で放映されたブンデスリーガの試合としては過去最高の視聴率を記録。

 詳細は発表されなかったが、同局でのブンデスリーガ戦の中継で、これまでの最高視聴者数の4倍を記録したとしている。

 それは自国のアトレティコ・マドリーやバレンシアのリーグ戦並みの数字だったという。

 リーグ戦が中止に追い込まれたオランダでも同様の結果になった。

 人口約1728万人というオランダの『FOXスポーツ』で、この一戦を視聴したのは20万3000人。

 同日夜のフランクフルト対ボルシアMG戦の中継でも9万4000人の視聴者が集まった。コロナ渦前のレバークーゼン対アウグスブルグ戦は8000人程度しか視聴しておらず、いかに関心が高かったかがわかる。

 また、”サッカー後進国”の米国の『FOXスポーツ』では時差がありながらも、”レヴィアダービー”の中継はピーク時には45万人の視聴者を獲得していたという。

 前出の安藤氏が続ける。

「欧州では、それだけサッカーが日常に浸透しているということなんです。それは、視聴者数の多さが物語っている。

 また、イングランドでは”レヴィアダービー”を生中継しましたが、これは画期的なことです。

 というのも、これまで土曜の午後3時30分からという時間帯では他国のリーグ戦を一切、生中継してきませんでした。

 それは自国のプレミアリーグための時間帯であり、プレミアリーグの視聴率を守るためでもありました。

 それが今回、初めてこれまでのルールを破ってまで生中継した。欧州各国の人々がそれだけサッカーに飢えていた、ということです」

 ドイツのライバル国の一つであるイタリアはどう報じたのか。有力紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』は「ブンデスリーガの再開は、我がセリエAの今後の指針となるだろう」と書き、最後にこう綴っている。

「再開後、最初のゴールをあげたドルトムントのハーランドは、アポロ11号で人類初となる月面着陸に成功したアームストロング船長に匹敵する」と。
コロナ後のサッカー界の指針としても注目されているブンデスリーガは、6月27日の最終節までおこなわれる。

5/23(土) 16:32 スマートフラッシュ
https://news.yahoo.co.jp/articles/83a7a03293e96a815d9f2717879ef16f7386e125

冨安争奪戦が激化? ブンデスリーガも熱視線、現地メディア指摘「ローマに加えて…」 

20200522-00263152-soccermzw-000-1-view




1: 2020/05/23(土) 00:02:54.71
 今季ボローニャに加入した日本代表DF冨安健洋は、セリエA初挑戦のシーズンに主力の座を勝ち取っている。名門ASローマへの移籍が取り沙汰されるなか、ブンデスリーガのクラブも獲得に熱視線を送っているとイタリアメディアが伝えている。

 2019年夏にベルギー1部シント=トロイデンからボローニャに加入した冨安は、右サイドバック(SB)としてレギュラーの座を確保。日本代表活動で負傷した影響で一時離脱こそあったが、今季リーグ戦20試合に出場し、安定したパフォーマンスで信頼を得ている。

 冨安にはローマが新天地候補に浮上しており、イタリア国内でのステップアップ移籍に注目が寄せられているが、イタリア現地メディア「1000 Cuori Rossoblu」によると、ブンデスリーガのクラブも冨安の獲得に熱視線を送っているようだ。

 冨安への関心が噂されているのはレバークーゼンだ。トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンを輩出したクラブとしてアジアでも馴染みのあるクラブであり、記事では「ローマに加え、レバークーゼンも冨安に関心を示している」と伝えている。

 一方で、「現時点では、スポーツ・ディレクターのウォルター・サバティーニ氏によって譲渡不可を宣言されている」とボローニャ側は冨安の放出を検討していないと強調している。期待の逸材として、イタリアだけでなく、他国クラブも冨安に目を光らせているようだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/b7337d1ea60e1b0d3bd980db1ef3b2e3e1e6868b

ブンデスリーガ、2019-20シーズンがついに再開!今後の見どころ、優勝争いはどうなる? 

20200515-00010006-goal-000-1-view

<ドイツ・ブンデスリーガ>16日再開!欧州主要リーグで初めて 

4291_1




1: 2020/05/07(木) 22:19:50.24
サッカーのドイツ・リーグは7日、オンライン形式の記者会見を開き、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中断していた同国1、2部リーグを16日から無観客で再開すると発表した。欧州主要リーグは3月から中断しており、再開するのはドイツが初めて。

 16日は長谷部誠と鎌田大地が所属するフランクフルト―ボルシアMG戦などが行われる。大迫勇也のブレーメンは18日にレーバークーゼンと顔を合わせる。1部は各クラブとも9~10試合を残しており、6月末までの完了を目指す。

 欧州ではフランスやオランダが既に打ち切りを決め、イングランドやスペイン、イタリアは再開へ模索している。

 ドイツ政府は6日、各種の制限を大幅に緩和すると発表し、サッカーについては5月中旬から無観客での開催を認めることで各州と合意していた。 


5/7(木) 21:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200507-00000112-jij-spo



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索