Samurai Goal

ブログ


スポンサード リンク





“サッカー大好き少女”日向坂46影山優佳さん、ブログで札幌を紹介「ペトロヴィッチ監督の采配と…」 

1: 2020/05/31(日) 19:59:52.58
アイドルグループ日向坂46の影山優佳さんのブログがサッカーファンの間で話題になっている。

日向坂46の1期生メンバーである影山さんは2018年6月から学業のために活動を休止していたが、今月26日に活動を再開した。キャッチコピーに「サッカー大好き少女」を掲げ、サッカーの4級審判の資格も保持。
16年のブログではMF久保建英(マジョルカ)やMF平川怜(FC東京)をおすすめしていたサッカー通としても知られる。好きなクラブにはサンフレッチェ広島とドルトムントを挙げている。

26日に活動再開の報が流れると、27日のブログではさっそくサッカーネタを披露。26日に行われたブンデスリーガ第28節バイエルン対ドルトムント戦というダービーマッチを夜更かししながらリアルタイムで観戦したことを報告した。

その内容は「ドルトムントは前半からサイド、特に左のデイビスの裏を狙うように仕掛けていきましたが、デイビスそして前のゴレツカがそれを阻止したことでサイドからの展開が難しくなりましたね、堅かった。
相手の戦術を察知しすぐに対応できるバイエルンはとても器用なチームだなと改めて感じました!」と本格的な分析となっている。

さらに、決勝ループ弾を挙げたMFジョシュア・キミッヒについて「あの場面で振り切らずバックスピン気味を選択する冷静さに感動です。15-16シーズン、レヴィアダービーのときの香川選手のループがフラッシュバックしました!!」と振り返った。

また、30日には「影山優佳のWE_LOVE_Jリーグ_#1」という題名で更新。Jリーグ全クラブの魅力を紹介していくと宣言し、
「私が大好きなJリーグ、サッカーをもっとたくさんの人に知ってもらいたい!そして、新型コロナウイルスの影響で開催が延期となってしまったJリーグを、
無力な私ですが私なりに盛り上げられる支えられる方法はないのだろうか!という想いのもとで考えた連載企画でございます」と新たな企画をスタートさせたことを報告した。

栄えある最初の紹介チームは札幌。チーム名の由来といったライトな情報から、「攻撃的なサッカーが持ち味のペトロヴィッチ監督の采配との見事な融合により、攻めるときは攻める、
自分たちで点を決めて勝利できるチームになってきています」といった鋭い分析も。注目選手にはDF進藤亮佑とFWチャナティップをチョイスしている。

31日にはメッセージアプリの紹介動画に影山さんが登場し、アプリ上で取り組むラインナップを7つ紹介。最初にサッカーについて語っており、今後の夢として「Jリーグ公式女子マネージャーになること」を挙げた。
そのために、国内外のサッカーの魅力を発信していくことを目標に掲げている。

以下、影山優佳さんのブログ
https://www.hinatazaka46.com/s/official/diary/detail/34063?ima=0000&cd=member

https://news.yahoo.co.jp/articles/3d193c368845ad1d88823496ee1507e6fe41266d
5/31(日) 18:54配信

no title

no title

柴崎岳がブログで心境吐露「今見ているこのひどい光景が日本で…背筋が凍ります」 

20200329-03290124-sph-000-6-view

<香川真司がブログで“伝えたいこと”>「他人事だと思わないで。危機感が少し薄いように思えます」 

1: 2020/03/28(土) 05:24:56.07
サラゴサのMF香川真司は27日、自身のブログ(https://lineblog.me/kagawa/)を更新。新型コロナウイルスについて私見を述べた。

 中国・武漢で発生した新型コロナウイルスだが、現在は欧米での感染者・死者数が急増。香川が住むスペインでも外出禁止令が出て、2週間が経過している。香川はブログ内で「今はチームの練習もなく、自宅で過ごす日々。ピッチの上でボールは蹴れませんが、練習場が自分の家になっただけで、それ以外はいたって普通のリズムで生活しています」と近況を報告している。

 試合が再開されるときを心待ちに「これまでよりもいい状態になっているはず。その時に身体がどう反応するかも楽しみです」と語りながらも、その再開の目途が立たないことに「どこに目標を持っていけばいいのか?もちろんストレスがたまる部分もありますが、こういう時に人間力、精神力が試されるのかとも思います」と胸中を明かした。

 また、東京オリンピック延期にも言及。「このタイミングで延期が決まるというのはアスリートにとって、本当に大変なことだと思います」と選手たちの気持ちを汲みつつ、「ただ、もう決まったことですし、今の状況を考えれば仕方がない部分もある」と諭す。「これをどれだけ前向きに捉えて取り組めるか。そういう選手がまた上まで上がっていくでしょうし、あと1年強化できるとプラスに考えてやっていくしかないと思います」と述べた。

 来年に延期された五輪に向けて「大会後、あの1年があったからメダルを取ることができた、と振り返られるアスリートがひとりでも多く出てくれば、それは最高のストーリーになる。ぜひ、このピンチをチャンスに変えて、前向きな思考で進んでほしいですね」とエールを送った。

 欧州では未曾有の事態を乗り切るため、全体が一致団結していると実感を語る香川。しかしそれでも増え続ける感染者に「だからこそ、楽観視せずに日々の予防や危機感を持ち生活して行く必要があると思う」と改めて予防を心掛けることを誓った。

 その上で日本の現状に少しだけ苦言も。「日本の皆さんも日々大変なことかと思います」と語りながら「でも他人事だと思わないでほしい。東京の映像を見ても、危機感が少し薄いように思えます」と指摘。「個人個人が出来ること。それを考え、行動に移すべきだと思います。苦しい時ですが、みんなで乗り越えていきましょう」と訴えた。

 また自身のツイッター(S_Kagawa0317)では、改めてブログで発信した理由も語っている。「3週間前にスペインがこんな被害にあうとは誰もが思っていなかった。なぜなら、中国での出来事だから関係のない話だと思っていた」と当時を振り返る。

 しかしその後、短期間で状況が一変。それを間近で感じた香川は「ただ、その時と今は全く違う話になった。個人の意識で予防する事で変われる事もある。感染者が少ないうちに出来る行動を、ぜひ考えてほしい」と静かに強調している。

3/27(金) 23:54ゲキサカhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200327-43479247-gekisaka-socc

写真
no title

引用元: ・【サッカー】<香川真司がブログで“伝えたいこと”>「他人事だと思わないで。東京の映像を見ても、危機感が少し薄いように思えます」



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索