Samurai Goal

ブレーメン


スポンサード リンク





大迫勇也に対するバッシングに元ブレーメンDFが苦言「問題を抱えているのは彼だけではない」 

スクリーンショット 2021-01-16 13.04.25

大迫勇也にまたも批判集中…ブレーメン幹部が言及「それもサッカーでは付き物」 

bun21010807300001-p1




1: 2021/01/08(金) 08:49:30.94 _USER9
サンスポ2021.1.8 07:30
https://www.sanspo.com/soccer/photos/20210108/bun21010807300001-p1.html

 ブレーメンのプロ部門兼スカウティングのトップを務めるクレーメンス・フリッツ氏が、会見に臨み、その中で周囲からの批判が止まない日本代表FWの大迫勇也についても語った。

 大迫は昨年9月の今季開幕節ヘルタ戦(1-4)で前半のみに交代され、ホームサポーターがそれを歓迎するかのように拍手。その後7試合スタメンに名を連ねることがなかったものの、複数の同僚のアタッカーたちが負傷離脱を強いられ、第9節ウォルフスブルク戦からの6試合中5試合には先発出場。しかし、フロリアン・コーフェルト監督は2日のウニオンとのホームマッチ(0-2)ではその低調なパフォーマンスを受け、MFレオナルド・ビッテンコートとともに前半のみでの交代を言い渡すことに。そして、ネットなどではまたも大迫に批判が集中した。

 会見では直近リーグ戦6試合で1勝5敗と不調に陥っているチームの現状などについて語ったフリッツ氏は、批判の的となっている大迫に対するにも言及。「彼は私にとって、依然として経験豊富な選手だ。もちろん誰も批判を受けることを望まない。だが最終的には我々は全員、批判に強くなければならないし、サッカーでは付き物の一つだ。それにユウヤは自分の中でそれらを正しく整理できるだけの経験を持っている」と指摘すると、次のようにも続けた。

 「大事なの、彼がトレーニングで自信を取り戻すこと、練習グランドで全力で取り組むことだ。時には自分に圧力をかけ過ぎることもあるため、ちょっとばかりの余裕を持って、やはりトレーニングで頑張るのがベストだろう。チームに確かな付加価値をもたらす存在になるためにもね。彼の個の力に関して語る必要はないだろう。だが当然、我々も彼自身も、彼がそれをピッチ上で見せることを望んでいる」

 18年にケルンから加わった大迫はブレーメンとの契約は22年まで。今冬の移籍の可能性も報じられる中、同クラブで最も苦しい時期を過ごすアタッカーは昨季終盤戦でのリーグ戦4試合で4得点記録したころの姿を取り戻せるのだろうか。(Goal.com)

ブレーメン大迫、Jリーグ復帰の可能性に独メディア見解 「東京五輪が懸かっている」 

スクリーンショット 2021-01-06 11.49.50




1: 2021/01/06(水) 07:20:53.36 _USER9
 ドイツ1部ブレーメンの日本代表FW大迫勇也は今季、レギュラーの座を奪えずにいる。今冬のJリーグ復帰も囁かれるなか、ドイツメディアは改めて、今後の去就動向に注目している。

 ブレーメンで3シーズン目を迎えた大迫は、ここまでリーグ戦11試合に出場も無得点。スタメンに名を連ねた試合もあるが、2日の第14節ウニオン・ベルリン戦(0-2)では前半のみで交代を告げられるなど、チーム内で確固たる信頼を勝ち取れていない。

 こうした状況を受け、現地メディアは今冬に放出される可能性を報じ、新天地候補としてJリーグが浮上。2014年のFCケルン加入以降、ブンデスリーガで7シーズンにわたって戦ってきた30歳ストライカーの動向に注目が集まるなか、ブレーメン専門サイト「Deich Stube」は、改めて日本復帰の可能性に注目している。

 同メディアは、スポーツディレクターのフランク・バウマン氏が「移籍候補だとは言っていない」と指摘しつつも、チーム内での序列が低下している現状から、「移籍期限内において、彼の中でも変化の要求が成熟する可能性がある」と、今後の移籍動向における見解を綴った。

 日本代表ではエース格であり、今夏に開催予定の東京五輪の代表チームにおいて、オーバーエイジ枠の1人としての招集が有力とされている大迫。「Deich Stube」はそうした事実にも触れながら「何しろ、今夏の東京五輪への出場が懸かっている」と、出場機会の確保が望めるJ移籍の可能性を伝えた。

 かつて2009年から5シーズン、鹿島アントラーズでプレーした大迫だが、13年以来となるJリーグ復帰は実現するだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/636cc6430bba1681217916349ddb90fcd9c1834e
1/6(水) 7:10配信

大迫勇也(30)の放出も「検討せざるを得ない」…ブレーメンSDが移籍市場での動向に言及 11試合0得点 

スクリーンショット 2021-01-05 11.26.27




1: 2021/01/05(火) 00:58:44.12 _USER9
ラシカとともに有力放出候補に?

ブレーメンはオファー次第で今冬にも日本代表FW大迫勇也やコソボ代表MFミロト・ラシカを手放すようだ。クラブのフランク・バウマンSD(スポーツディレクター)が認めた。

コロナ禍の影響による損失にあえぐブレーメンは、今冬の選手売却が濃厚に。バウマンSDはドイツ『スカイ』で報道について「基本的にはあっている」と認めると、放出候補に挙げられる大迫やラシカについても言及。このように語った。

「競技面でなんとかなり、オファー額に納得できる場合のみに選手を手放す。彼らは我々にとって重要なプレーヤー。放出は不本意だ。だが、オファー額が適正ならば、検討せざるを得ない」

2018年にケルンから加わった大迫はブレーメンでの契約は22年まで。同クラブでは公式戦69試合に出場し14得点を記録。今シーズンは第14節消化時点で先発出場は6試合にとどまり、ここまでノーゴール。先日、ブレーメン専門メディア『ダイヒシュトゥーベ』では日本のクラブからの興味を報じられた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c10cfd27c621c330209732346b5faf103e6c118b
1/4(月) 23:11配信

ブンデス第9節 大迫が先制点演出も…ブレーメン、ヴォルフスブルクに5失点敗戦で6戦未勝利 

スクリーンショット 2020-11-28 12.53.00




1: 2020/11/28(土) 08:50:19.79 _USER9
 ブンデスリーガ第9節が27日に行われ、日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンとヴォルフスブルクが対戦した。大迫は開幕節以来の先発出場を果たし、84分までプレーした。

 前節のバイエルン戦で1-1で引き分け、リーグ戦5試合連続で引き分けが続いている9位ブレーメンは勝ち星が欲しい状況だ。上位浮上を目指すブレーメンが6位ヴォルフスブルクのホームに乗り込んだ。

 試合を動かしたのはブレーメンだった。13分、大迫が左サイドの高い位置で相手ディフェンダーからボールを奪うと、そのまま中央へドリブルしてクロスを送る。これにレオナルド・ビッテンコートが合わせ、先制した。しかし、ヴォルフスブルクもすぐに試合を振り出しに戻す。22分、ペナルティエリア手前中央でボールを受けたリドレ・バクが、左足で鋭いシュートを放つと、これがゴール右隅に決まった。

 さらにヴォルフスブルクは25分、FKの流れからヨシプ・ブレカロがペナルティエリア内左を突破し、クロスをあげる。これにジョン・ブルックスがヘディングで合わせ、早くも逆転に成功した。ブレーメンは36分、右サイドからのCKにケヴィン・メーヴァルトがバッグヘッドで合わせると、これがそのままゴール左上に吸い込まれ、同点とした。

 ヴォルフスブルクはその直後の37分、カウンターから右サイドを崩し、中央へクロスを送ると、これにワウト・ウェクホルストが右足で合わせて3点目を奪った。1点ビハインドで後半へ折り返したブレーメンは47分、大迫からのスルーパスで左サイドを突破したミロト・ラシカがクロスをあげる。これがブルックスの足に当たり、ボールはそのままゴールに吸い込まれ、同点に追いついた。

 ヴォルフスブルクは76分、左サイドからのクロスにワウト・ウェクホルストがヘディングで合わせて再びリードを奪った。ブレーメンは80分、メーヴァルトがこの試合2枚目の警告を受けて退場となる。ブレーメンは終盤に大迫を下げてダヴィー・ゼルケを投入する。

 ヴォルフスブルクは後半アディショナルタイム5分、カウンターから左サイドを崩し、中央へ折り返す。最後はバルトシュ・ビアレクが右足で押し込んで5点目を奪った。試合はここで終了。ブレーメンがヴォルフスブルクに敗れ、6戦未勝利となった。ヴォルフスブルクは3連勝とし、好調を維持している。

 次節、ブレーメンは12月6日にホームでシュトゥットガルトと、ヴォルフスブルクは同月5日にアウェイでケルンと対戦する。

【スコア】
ヴォルフスブルク 5-3 ブレーメン

【得点者】
13分 0-1 レオナルド・ビッテンコート(ブレーメン)
22分 1-1 リドレ・バク(ヴォルフスブルク)
25分 2-1 ジョン・ブルックス(ヴォルフスブルク)
36分 2-2 ケヴィン・メーヴァルト(ブレーメン)
37分 3-2 ワウト・ウェクホルスト(ヴォルフスブルク)
47分 3-3 オウンゴール(ブレーメン)
76分 4-3 ワウト・ウェクホルスト
90+5分 5-3 バルトシュ・ビアレク(ヴォルフスブルク)

11/28(土) 6:28
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201128-01147333-soccerk-socc

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20112627
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/56
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/56得点ランキング

ドイツ紙「これはまずい!」指揮官「本当に悲劇的」と懸念も…ブレーメンが大迫の負傷状況を発表 

スクリーンショット 2020-10-27 12.49.34

ブレーメン・大迫 長期離脱の可能性 コーフェルト監督「本当に悲劇的」 

スクリーンショット 2020-10-27 7.25.12

ブレーメンFW大迫、フライブルク戦ベンチ外 リーグ戦のため代表途中離脱も… 

スクリーンショット 2020-10-18 7.51.17




1: 2020/10/18(日) 02:12:24.40 _USER9
ドイツ1部ブレーメンの日本代表のFW大迫勇也(30)が17日、リーグ第4節のアウェー・フライブルク戦でベンチから外れた。

 日本代表でオランダ遠征に参加した大迫は、9日のカメルーン戦にフル出場した後に代表を離脱。帰国後にブレーメン州の保健当局が定める5日間の自主隔離が必要なためだった。

 大迫は隔離期間中に自宅でトレーニングを行い、コーフェルト監督は16日の会見で「彼の自宅にはトレーニング器具がそろっている。基本的なこと(練習)はこなしていた」と説明。隔離期間明けの15日からチームに合流していたが、メンバー入りしなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/374b2834c08f5a437a58a1279b88ba0521d5e2cf
10/17(土) 22:20配信


https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10006994
成績

ブンデスPO後にファンの蛮行…ブレーメンの街で逮捕者、ハイデンハイムではチームバス襲撃 

20200708-01093861-soccerk-000-3-view




1: 2020/07/14(火) 20:31:00.43
 ブンデスリーガの昇降格プレーオフ・セカンドレグが6日に行われ、2部3位ハイデンハイムとFW大迫勇也が所属する1部16位ブレーメンが対戦。2-2で引き分けたブレーメンが、アウェイゴール差で1部残留を決めた。同試合後、両クラブのサポーターの一部が暴徒化したようだ。7日、ドイツメディア『t-online』が伝えた。

 ブレーメンの街では、サポーターが歌い踊り、花火などでチームの残留を祝福。警察の発表によると、約700名が街の中心部に集ったようだ。しかし、その一部は瓶や爆竹を投げるなど暴徒化。瓶が頭に直撃し、病院へ搬送された通行人もいたという。警察は催涙ガスを用いて暴徒の鎮静化を試み、複数の逮捕者が出た模様だ。

 一方、ハイデンハイムのサポーターの一部も暴力行為を働いたという。ドイツ紙『ビルト』によると、約150名のサポーターは試合後、ハイデンハイムの本拠地『フォイト・アレーナ』周辺に集結。ブレーメンのチームバスに対して、瓶や石、発煙筒などを投げつけた。フロントガラスが破損したチームバスは、警察に護衛されながらスタジアムを後にしたようだ。警察は現在、破壊行為を働いた人物を特定するべく捜査を進めている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e861d42c01ce13e8ee9354e42fb054a1c5058edd

ブレーメン大迫がドイツ1部残留も…日本代表戦力外の危機 

20200712-00000012-nkgendai-000-1-view



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索