Samurai Goal

ブレーメン


スポンサード リンク





【動画】大迫勇也、今季初ゴール!!一旦、オフサイド判定もVARで覆り得点に! 

1 2018/09/01(土) 23:27:57.24 _USER9
正確なクロスで最初の決定機も演出!

9月1日、ブンデスリーガ第2節が行なわれ、ブレーメンはフランクフルトとアウェーで対戦。21分に大迫勇也が今シーズン初ゴールで、チームに先制点をもたらしている。
 
M・エッゲシュタインの縦パスでDFラインの裏に抜け出した大迫は、落ち着いてシュート。前日の移籍市場最終日にパリ・サンジェルマンから加入したばかりのGKトラップの股間を抜いて、ゴールネットを揺らした。
 
ところが、副審はフラッグを上げてオフサイドをアピール。大迫もこの判定に落胆するが、主審がVARで確認した結果、ゴールが認められ、改めて大迫は喜びを爆発させた。
 
リーグ2戦目で初ゴールを記録した大迫は、この試合では前線の左サイドに張り、立ち上がりから精力的に攻守で走り回っている。またチャンスにも絡み、16分、クルゼの決定的なヘディングシュートを引き出したのは、大迫の正確なクロスだった。
 
大迫はその後、30分にもハルニクのラストパスを受けて惜しい場面を迎えている。
 
試合は32分、フランクフルトのヴィレムスがゲブレ・セラシェに手を出して一発退場。ホームチームが数的不利を負うこととなった。なお、体調不良により前節でメンバーから外れた長谷部誠は、練習には復帰していたものの、今節もベンチ外となっている。

9/1(土) 23:17配信  サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180901-00046637-sdigestw-socc

写真
no title

“原口・大迫・浅野”ブンデス3選手が共演!!勝敗決まらずドローに! 

1 2018/08/26(日) 00:30:51.11 _USER9
ブンデスリーガ第1節が25日に行われ、ブレーメンとハノーファーが対戦した。

今夏、移籍した日本人3選手が在籍する両チーム。全員が先発としてピッチに立つ期待が寄せられたが、原口元気はベンチスタートとなった。ブレーメンFW大迫勇也は右ウィング、ハノーファーFW浅野拓磨はツートップの一角として先発している。

序盤はブレーメンがボールを支配。左右に散らしながら、ゴールへと迫り、大迫も右サイドからアクセントを加える。一方のハノーファーはカウンターから好機を作ろうと試みるが、距離が長く、ゴールまでなかなかたどり着かない。

前半はともにビッグチャンスを作るには至らず、スコアレスで折り返す。

後半開始早々、ブレーメンは中央で浮き玉をつなぎ、最後はダフィ・クラーセンからルドウィグ・アウグスティンソンがボレー。しかし、シュートは惜しくもゴール右へ逸れ、先制点とはならず。

直後、エースのマックス・クルーゼが足を引きずるようにして途中交代。大迫が右から中央へとポジションを移す。56分にはクラーセンがヘディングでフリックしたところを、大迫が抜け出して左足でシュート。うまくミートせず、ボールはゴール右へと外れていった。

劣勢のハノーファーは10番の原口を投入。左サイドのアタッカーに入った。

逆にブレーメンは、39歳の重鎮クラウディオ・ピサーロを投入し、勝負を決めにかかる。

ハノーファーは原口、ブレーメンは大迫を中心に攻撃が回り始めるが、最後のパスやトラップが決まらず、決定的なシュートチャンスには結びつかない。そんな中、どちらに転ぶかわからない試合を動かしたのはハノーファー。77分、浅野と交代で入ったヘンドリク・ヴァインダントが浮き球のパスに抜け出すと、ワントラップから冷静に流し込み、ついに試合が動く。

それでも諦めないブレーメン。左サイドのクロスにピサーロが飛び込むと、そのまま流れたボールをゲブレ・セラシエが頭で押し込み、終盤で試合を振り出しに戻す。

試合は結局そのまま終了。1-1のドローに終わっている。

■試合結果

ブレーメン 1-1 ハノーファー

■得点者

ブレーメン:ゲブレ・セラシエ(85分)

ハノーファー:ヴァインダント(77分)

8/26(日) 0:21配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000027-goal-socc

写真
no title

大迫勇也を“小さな怪物”とブレーメン地元紙が紹介!182cmでも小さいって半端ない!! 

DlQB_nPVsAAyrI7
1 2018/08/24(金) 15:00:05.14 _USER9
サッカーのドイツ1部リーグで18日、ブレーメンの大迫勇也が移籍後初の公式戦となったドイツ・カップ1回戦でいきなりヘディングシュートを決めた。地元紙は、先のワールドカップ(W杯)ロシア大会の活躍で流行した「大迫半端ないって」のフレーズとともに、28歳の日本代表FWのデビューを好意的に伝えた。
 ブレーメンの地元紙「クライスツァイトゥング」は、低迷したケルンから移籍した大迫を「小さな怪物」と見出しで紹介し、ヘディングの強さを称賛。182センチの身長はドイツでは選手の平均を下回るものの、新天地加入後はプレシーズンマッチを含めて頭で得点する場面が続いており、コーフェルト監督らを驚かせている。
 大迫が高校時代に全国選手権で大活躍し、対戦した選手が「大迫半端ないって」と嘆いたエピソードも紹介。この言葉と、相手選手の悔し泣きする顔がTシャツにプリントされ、いまだに売れていることも詳報した。ドイツでグッズ販売するアイデアも冗談交じりに提案している。
 24日に開幕する新シーズンで持ち味を発揮し続ければ、ドイツでも「半端ない」に当たる声が聞こえてくるかもしれない。(ベルリン時事)(2018/08/23-09:12)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082300271&g=scr

大迫勇也、ファンからのプレゼントに苦笑い...その理由とは? 

キャプチャ
 ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也が、ブンデスリーガ開幕を前に注目を集めている。練習場での様子をドイツ誌『Kicker』日本語版が23日に伝えた。

 先日、マネージャーを務めるフランク・バウマン氏からヘディングでの得点嗅覚について「空中戦の野獣」と表現された大迫。今シーズン最初の公式戦となったDFBポカール初戦やビジャレアルとのテストマッチにおいて、空中戦という新たな武器を身に着けた印象を与えている同選手だが、「まぐれですよ。素晴らしいセンタリングを上げてもらったというのもあります」と謙虚に返答したという。

〈続く〉


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180823-00817507-soccerk-socc

「大迫・原口・浅野」日本代表3選手の共演がブンデスで実現か! 

1 2018/08/22(水) 23:28:30.78 _USER9
8/22(水) 19:20配信
日本代表3選手が共演へ!ブレーメン対ハノーファーで大迫、原口、浅野が先発とリーグ公式が予想

いよいよ今週末に開幕するブンデスリーガ。25日に行われるブレーメン対ハノーファーだが、リーグ公式はFW大迫勇也、FW浅野拓磨、MF原口元気はともに先発すると予想している。

今夏の移籍市場でアーセナル、ヘルタ・ベルリンからそれぞれ加入した日本代表の両選手。地元メディアも、プレシーズンマッチなどでの両選手の活躍を称賛しており、浅野は先日のDFBポカールでデビュー戦ゴールを記録。早くも新天地で適応を見せている。

そんな中、ブンデスリーガ公式サイトは浅野、原口がともに開幕戦のブレーメン戦で先発すると予想している。DFBポカールは負傷のため欠場していた原口も、この一戦では間に合うと見込んでいるようだ。

なお、対戦するブレーメンには大迫が在籍。ブンデスリーガは、DFBポカール1回戦で先制点を奪った28歳FWもスタメン入りすると予想しており、この一戦では日本代表3選手がピッチで躍動する姿を見ることができるのかもしれない。

ブレーメン対ハノーファーは、ブレーメンの本拠地「ヴェーザーシュタディオン」で日本時間25日22:30にキックオフを迎える。

以下、ブンデスリーガ公式HPが予想する両チームのスターティングメンバー。

【ブレーメン】
GK:パブレンカ
DF:セラシエ、ベリコビッチ、モイサンデル、アウグスティンソン
MF:エッゲシュタイン、バルグフレーデ、クラーセン
FW:大迫、クルーゼ、カインツ

【ハノーファー】
GK:エッサー
DF:ソルク、アントン、ヴィマー、オストルツォルク
MF:ベブ、シュヴェグラー、ワラセ、原口
FW:浅野、フュルクルク

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00010003-goal-socc
no title

大迫勇也、新たなニックネーム“ヘッダーモンスター”に決まり!? 

キャプチャ
ドイツの名門ヴェルダー・ブレーメンで新たなチャレンジをスタートさせた大迫勇也。先週土曜日のDFBカップ1回戦、4部のヴォルマティア・ヴォルムスとの一戦で決めた“高打点ヘッド”が、いまだ話題を呼んでいる。
 
 最終的に6-1で終了したゲームは、今シーズンのブレーメンにとって初の公式戦だった。大迫は4-3-3システムの右ウイングで先発出場し、開始8分、フロリアン・カインツのFKを頭で合わせて先制点をゲット。

屈強なマーカーをものともしない迫力満点のヘッダーで観衆の度肝を抜いた。これをあらためてフィーチャーしたのがドイツ紙の『Bild』。「オオサコがブレーメンのヘッダーモンスターになる!」と題し、こう報じている。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180821-00046002-sdigestw-socc

【動画】大迫勇也“初ゴール”ブレーメン加入後に早くも活躍! 

Dk45Mp6U8AAH_dE
1 2018/08/18(土) 23:07:57.03 _USER9
8/18(土) 23:05配信
大迫勇也、ブレーメン加入後初ゴール!今季最初の公式戦で大きな結果

DFPポカール1回戦が8月18日に行われ、ヴェルダー・ブレーメンに所属する日本代表FWの大迫勇也がヴォルマティア・ヴォルムス戦でゴールを決めた。

先発した大迫は前半9分にゴールを挙げる。FKから最後は頭で押し込み、貴重な先制点を挙げる。

なお、大迫にとって、今季最初の得点に。ブレーメンにとって最初の公式戦で大きな結果を残してみせた。

ブレーメンはその後もフロリアン・カインツ、フィリップ・バルグフレーデが追加点を挙げ、前半30分終了時点で3点をリードしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000026-goal-socc

【動画】大迫勇也が華麗なヘッド弾を決めた!!ビリャレアルとのプレシーズンマッチ 

40487_ext_04_0
1 2018/08/12(日) 00:02:20.10 _USER9
ブレーメン大迫が途中出場で得点
プレシーズンマッチ
2018/8/11 23:50
©一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/401025348776871009

【ブレーメン(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグ、ブレーメンに加入した日本代表FW大迫勇也は11日、ホームでビリャレアル(スペイン)とのプレシーズンマッチに後半16分から出場し、1―2の試合終了間際に頭で同点ゴールを決めた。チームは直後に勝ち越されて2―3で敗れた。 

大迫勇也「他のクラブは選択肢になかった」ブレーメンを選んだ理由に迷い無し!! 

1 2018/08/06(月) 12:51:27.82 _USER9
8/6(月) 12:40配信
大迫勇也がブレーメンを選んだ理由「他のクラブは選択肢に入らなかった」

ヴェルダー・ブレーメンに加入した日本代表FW大迫勇也が、移籍先の候補の中からブレーメンを選んだ理由を語っている。『マイン・ヴェルダー』が報じた。

2014年に1860ミュンヘンへ移籍して以来、およそ4年間に渡ってブンデスリーガでプレーする大迫。昨季はケルンで公式戦32試合に出場6ゴールを記録したが、クラブの降格に伴い新天地を求め、来季はブレーメンでプレーすることとなった。

大迫は「他に選択肢として考慮するクラブはありませんでした」と話し、ブレーメンを選んだ理由を語っている。

「フロリアン・コーフェルト監督の下で、ヴェルダーは攻撃的で、魅力的なフットボールをしていました。それでいて成功も収めていました。監督と話し、新シーズンもこういうスタイルでやると教えてくれたので」

また、お気に入りのポジションについて「10番か9番。その辺りでプレーしたいですね。ウィングとしてもプレーできますけど」と語っている。

新天地では8番を背負う大迫。攻撃的なスタイルを掲げるチームで輝きを放つことはできるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00000008-goal-socc
no title

大迫勇也“ブレーメン初デビュー”途中出場するも「上手くやれた」 

2018-08-02-yuya-osako_16fcry237598p1g634oahijepa
ブレーメンに加入した日本代表FW大迫勇也は、先月30日のテストマッチに出場し、新天地での実戦デビューを果たした。ドイツ『ラッテンクロイツ』が同選手のコメントを紹介している。

大迫はこのフェンロとの一戦でブレーメンが1-0でリードする状況のなか、先制弾を決めたマルティン・ハルニクが負傷したため、29分から途中出場。存在感を示すも最終的には不発に終わり、試合は50分にフェンロが同点に追いつくと、スコアは1-1のまま動かなかった。

〈続く〉


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索