Samurai Goal

ブラジル人


スポンサード リンク





<あのブラジル人J戦士のいま【第1回】ビスマルク>「これからも大好きな日本との縁を大切にしたい」 

1: 2020/07/13(月) 09:29:59.53
フットボール王国のエリートコースを歩んだ
no title



93年の第2ステージからヴェルディに加入したビスマルク。黄金時代を築き上げた。(C)SOCCER DIGEST

 Jリーグ創成記に眩いばかりの輝きを放った超大物ブラジル人選手。もしビスマルクが日本へ来ていなければ、Jリーグの最初の9年間の歴史は違っていたかもしれない。

 精巧なテクニックの持ち主で、ほとんどミスをしない。派手さはないが、状況判断が素晴らしく、常に最適のプレーをやってのけた。勝負強さも群を抜いていた。

 カリオカ(リオっ子)だが、ブラジル人の一般的なイメージとは正反対で、生真面目で物静か。

 敬虔なクリスチャンで、得点後、跪いて眉の間を右手でつまんで神に祈りを捧げるポーズが一世を風靡した(本人は、「点を取ったことにではなく、神様に日本という素晴らしい国でプレーする機会を与えてもらえたことへの感謝だった」と打ち明ける)。

 8歳の時、リオの名門ヴァスコ・ダ・ガマの下部組織に入り、16歳にしてトップチームからデビュー。あのロマリオとも一緒にプレーした。1989年のワールドユースでMVPに選ばれ、1990年ワールドカップに20歳で招集される、というフットボール王国のエリートコースを歩んだ。

 ヴァスコで5年間プレーした後、新たな挑戦をしたいと考え、Jリーグが開幕した1993年、23歳の若さでヴェルディ川崎へ。三浦知良、ラモス瑠偉、武田修宏らと創造性豊かな攻撃陣を構成し、、二年連続でJリーグとナビスコ杯の二冠を達成。黄金時代を築いた。
 
 1997年に“宿敵”鹿島アントラーズへ移籍すると、今度は小笠原満男、本山雅志、中田浩二らと共に5シーズンで3度、J王者に輝く。2000年には、Jリーグ、ナビスコ杯、天皇杯の三冠達成という初の偉業を成し遂げた。

 2003年、ヴィッセル神戸を最後に引退すると、ブラジル有数の敏腕代理人と共同で代理人事務所を設立。リオとポルトアレグレにオフィスがあり、約60人の選手を日本、中国、欧州各国など約10カ国に送り込んで、忙しい日々を過ごしている。

 日本には、2005年にFWアレックス・ミネイロを古巣の鹿島へ、2019年に右SBマギーニョを川崎フロンターレ(今季から横浜FC)へ送った。

 引退後、代理人になることは現役時代から考えていたという。

「指導者になることは考えなかった。数十人の選手を管理し、クラブ関係者、メディア、サポーターらと良い関係を築かなければならないし、常に勝利を求められることは大変なプレッシャーだからね。

 選手時代、僕は代理人がいなくて苦労したので、かつての自分のような選手を助けてあげたいと考えた。代理人には色々なタイプがいるが、自分はあくまでも誠実に仕事をするのがモットー。誰に対しても決して嘘をつかず、約束は必ず守る。これは僕の父親の教えでもある」

つづく

サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/5e7c16cae5f2e05f5a1b797b07f87c228c6aefc0

存在感見せた久保建英 カタルーニャメディア「彼がブラジル人だったらバルサは再獲得していたか 

20200614-00010010-goal-000-4-view




1: 2020/06/15(月) 01:51:08.95
13日のラ・リーガ第28節で、ホームにバルセロナを迎えたマジョルカは0-4で試合を落とした。敗戦したチームの中で躍動したMF久保建英は、バルセロナが拠を構えるカタルーニャのメディアの中でも印象的な存在だったようだ。

前半を主として、左サイドから積極的にバルセロナを切り崩してマジョルカで最も得点の可能性を感じさせた久保。下部組織で4年を過ごした古巣のバルセロナ相手に、彼らが見込んだ才能を披露した格好となった。

カタルーニャのメディアにおいても、久保の存在感は無視できないものだった様子。『El Nacional.cat』は「タケ・クボ、痛恨のミスになり得る」との見出しで、バルセロナが18歳となった久保を再獲得しなかった是非を問う記事を掲載している。

「バルサのマジョルカでの勝利は多くの解釈ができ、そのほとんどがポジティブなものだ。ただネガティブなのは、日本人のことについてだ。この土曜、マジョルカで最も目立っていたのは、バルサのカンテラで育ち、現在レアル・マドリーからのレンタルでソン・モッシュでプレーするタケフサ・クボだった」

「2014年、バルサがFIFAに処分されたことでクボは日本に戻り、FC東京ですぐ頭角を現した。彼には欧州の多数のビッグクラブが獲得を狙ったが、本人はバルセロナ復帰を優先していた。そして昨夏、クボが移籍先を探すときになって、バルセロナ首脳陣は彼から過剰な金額を求められていると結論づけ、最終的にレアル・マドリーが彼を誘惑した」

「バルサは間違えてしまったのか? それはまだ確証のないことだ。しかしながらクボは、ほかとは異なる選手であることをすでに示している。わずか19歳で、日本人はマジョルカの最大の脅威として君臨しているのだから。実際、バルサ戦の前半、マジョルカのたった2本のシュートは彼のスパイクから生まれている。もしクボがブラジル人だったら、(バルセロナの強化部門責任者)アビダルとそのスタッフは、おそらく彼の代理人に連絡を入れていただろう」

6/14(日) 10:09GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/571e22e9aa4dcf4d0a08a17fd13b209ff28a1a9e

「なんて美しい場所だ」 ブラジル人MF、城と桜をバックに“日本ショット”で反響 

20200421-00258060-soccermzw-000-1-view




1: 2020/04/22(水) 08:37:39.35
広島2シーズン目のMFハイネル、騒動のなかでも前向きなメッセージを発信

 J1サンフレッチェ広島のブラジル人MFハイネルが公式インスタグラムを更新し、日本のお城をバックにした写真をアップした。「嵐の中でも学び続けるという考え方が好き」と綴り、新型コロナウイルスの影響が広がるなかで前向きな姿勢を見せ、「なんて美しい場所だ」と反響を呼んでいる。

【写真】「保存した」「なんて美しい場所だ」と反響! 広島のブラジル人MFハイネル、城と桜をバックにした“日本ショット”公開

 現在29歳のハイネルは2017年に初来日し、川崎フロンターレでプレー。リーグ戦14試合1ゴールの結果を残したが、翌年から母国に戻っていた。だが2019年に再びJリーグへ舞い戻り、広島に加入。豊富な運動量でピッチを駆け回り、独特のリズムを刻むドリブルで脅威を与え、リーグ戦24試合2ゴールと活躍した。

 今季も主力としてフル稼働が期待されるハイネルは、ルヴァンカップ初戦の横浜FC戦(2-0)、Jリーグ開幕節の鹿島アントラーズ戦(3-0)でともに先発出場。チームに欠かせないピースとして存在感を示すなか、新型コロナウイルスの影響を受けてシーズンは一時中断している。

 そんなハイネルが自身のインスタグラムを更新。日本だけでなく、世界中で不安が広がっている情勢のなか、「嵐の中でも学び続けるという考え方が好きだし、それが僕にとっての強みでもある」とメッセージを発信した。さらにホームタウンの名所となっている広島城と美しい桜をバックにした1枚の写真をアップしている。

 異国で苦難に直面しながらも、前向きな姿勢を見せるハイネルに対して、コメント欄では「インパクトのある言葉だ」「美しい心だ」などの声が上がった。また、日本の文化を紹介するような写真に対して「保存した」「なんて美しい場所だ」というコメントも届いている。

 Jリーグは再開に向けて協議を進めているものの、いまだ目途は立っていない。先の見えない状況が続くなかでも、ハイネルは異文化から貪欲に学び、自分の人生を豊かにしようとする思いを改めて強めたようだ。

Football ZONE web編集部
4/21(火) 6:55配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200421-00258060-soccermzw-socc

アレ浦和メモ
NGワード;サンフレッズ

中国2部のブラジル人FWからコロナウイルス陽性反応。中国で選手の感染は初 

20200318-00367418-footballc-000-1-view




1: 2020/03/18(水) 19:47:46.01
中国・甲級リーグ(2部)の梅州客家に所属する30歳のブラジル人FWドリエウトンから、新型コロナウイルスの陽性反応が検出されたようだ。『AFP通信』などが伝えている。

 報道によれば、現地の保険当局が17日に新たに確認された感染者に関する情報を18日に発表。個人名は伏せられているものの、年齢や国籍、プロサッカー選手であることなどは明かされており、該当者がドリエウトンであることは間違いないようだ。

 新型コロナウイルスは全世界に拡大し、欧州では各国トップリーグに所属するサッカー選手たちにも感染者が出始めている。だが中国ではプロレベルのサッカー選手が感染したのは今回が初の例だとされている。

 2月に開幕が予定されていた中国の2020シーズンは、ウイルス感染拡大の影響により無期限延期された。4月または5月頃の再開が期待され始めていた状況ではあったが、選手の初感染が新たな打撃になる可能性があるとの見通しも伝えられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200318-00367418-footballc-socc

J2松本がブラジル人MF2選手を完全移籍で獲得! 中盤を強化し1年でのJ1復帰を目指す! 

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/29(水) 23:44:45.21 ID:oPtthjTY9
「日本にいまいることをとても幸せに感じています」

松本山雅FCは1月29日、シャペコエンセ(ブラジル1部)からMFアウグストを、モンテディオ山形よりMFアルヴァロ・ロドリゲスを完全移籍で獲得したことを発表した。
 
 アウグストは、ブラジル出身の27歳。2011年にインテルナシオナル(ブラジル)でプロキャリアをスタートさせ、その後はメキシコやイラン、UAEなど様々なクラブを渡り歩き経験を積んだ。昨シーズンはシャペコエンセで主にボランチを務め、リーグ戦13試合に出場していた。
 
 クラブの公式サイトを通じて、「はじめまして、アウグスト・セザールです。日本にいまいること、この素晴らしいサポーターがいるチームの一員になれたことを、とても幸せに感じています。チームの力になり、たくさんのタイトルを獲得したいと思っています。僕のベストを出すことを皆さんに約束します。応援よろしくお願いします」と喜びのコメントを発表している。
 
 また、A・ロドリゲスは2018年に来日し山形に加入。初年度から21試合に出場し、高い技術と戦術眼で攻撃の起点となり、最終節では大分の優勝を阻む同点弾を挙げるなどインパクトを残した。昨シーズンは4試合の出場に留まっていた。
 
 A・ロドリゲスのコメントは以下の通り。
 
「モンテディオ山形から来ましたアルヴァロ・ロドリゲスです。松本山雅FCの緑のユニフォームを着て、このチームでプレーできることを嬉しく感じてることをサポーターの皆さんに知ってほしいです。皆さんのたくさんの笑顔を見る為にがんばります。そして、仲間と一緒に松本山雅FCをJ1に復帰させるために一生懸命がんばります。よろしくお願いします」
 
 昨季は4年ぶりのJ1挑戦も、17位フィニッシュで悔しくもJ2降格となった松本。今季はFC東京からレンタルで加入したFWジャエルを含め、ブラジル人助っ人3名を加えて、1年でのJ1復帰を狙う。
 
1/29(水) 19:19配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200129-00069289-sdigestw-socc

no title

浦和新加入のブラジル人FWレオナルド(22)が日本国籍取得を目指す 18年J3得点王 19年J2得点王 

20200109-00010027-chuspo-000-6-view[1]




1: ニーニーφ ★ 2020/01/09(木) 20:54:32.10 ID:eOZIxSAP9
 J1浦和は9日、埼玉スタジアムで今季の新体制を発表した。
2018年にJ3鳥取、19年にJ2新潟で得点王に輝いた新加入のブラジル人FWレオナルド(22)は
「ぼくも妻も日本を気に入っている。できるだけ長い間、日本でプレーしたい」と抱負を語り、
「日本代表でプレーするチャンスがあれば、帰化も考えている」と日本国籍取得を検討していることを明らかにした。

 「引き続き5年以上日本に住んでいること」などという日本国籍の取得要件に関して、レオナルドは
「(すでに)調べている。日本に5年住んで、日本語を操れないと申請できない。日本代表に必要とされれば帰化したい」と語った。

 レオナルドがJリーグで結果を残し、将来的に日本国籍を取得すれば、ブラジル人ストライカーが日本代表の秘密兵器になるかもしれない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00010027-chuspo-socc

鹿島がMFファン・アラーノ、FWエヴェラウドのブラジル人助っ人2名を完全移籍で獲得 

20200104-00367520-usoccer-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/04(土) 13:38:16.14 ID:jcASB0Xc9
鹿島アントラーズは4日、インテルナシオナルからブラジル人MFファン・アラーノ(23)、ケレタロからブラジル人FWエヴェラウド(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。

ファン・アラーノは、インテルナシオナルの下部組織で育ち、2017年1月にトップチーム昇格。昨シーズンはコリチーバへとレンタル移籍していた。

コリチーバではセリエBで33試合に出場し5ゴール5アシストを記録していた。

エヴェラウドは、グレミオの下部組織出身で、グレミオの他、フィゲイレンセ、パイサンドゥ、アグア・サンタ、サンタ・クルス、アトレチコ・ゴイアエンセなどでプレー。
2017年7月にメキシコのケレタロへ完全移籍。昨シーズンはシャペコエンセへレンタル移籍していた。

シャペコエンセではセリエAで33試合に出場し13ゴール1アシストを記録している。セリエAでは通算85試合24ゴール2アシスト、メキシコのリーガMXでは38試合に出場し4ゴール2アシストだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00367520-usoccer-socc
1/4(土) 11:13配信

セリエA、人種差別で試合を3分間中断…FIFA会長も苦言「スタジアムから追放するべき」 

20190923-00010026-goal-000-1-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索