Samurai Goal

ブラジル


スポンサード リンク





ブラジル、アルゼンチンと韓国との親善試合へメンバー発表…18歳ロドリゴを初招集!  

20191026-00010001-goal-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/26(土) 10:57:57.03 ID:5Dfb1lxW9
ブラジル代表が11月に行われる親善試合に向けて、23名のメンバーを発表した。

ブラジルは11月15日にアルゼンチン、19日に韓国と対戦する。それぞれサウジアラビア、UAEで行われる親善試合となるが、アリソンやチアゴ・シウバ、ロベルト・フィルミーノなど主力選手たちが順当に招集された。

その中で、最大の注目を集めたのがレアル・マドリーのロドリゴだ。18歳の新星でありながら、A代表初招集となった。ロドリゴはU-22ブラジル代表として日本代表と対戦した経験もある中、先日はチャンピオンズリーグデビューを果たすなど、白い巨人で確かな進歩を遂げている。なお、負傷中のネイマールはメンバー外となった。

メンバーは以下の通り。

GK
エデルソン(マンチェスター・シティ/イングランド)
アリソン・ベッカー(リヴァプール/イングランド)
ダニエウ・フザート(ローマ/イタリア)※

DF
アレックス・サンドロ(ユヴェントス/イタリア)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/フランス)
チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン/フランス)
エデル・ミリトン(レアル・マドリー/スペイン)
ダニーロ(ユヴェントス/イタリア)
レナン・ロージ(アトレティコ・マドリー/スペイン)
エメルソン(ベティス/スペイン)※
フェリペ(アトレティコ・マドリー/スペイン)

MF
ドウグラス・ルイス(アストン・ヴィラ/イングランド)※
ファビーニョ(リバプール/イングランド)
カゼミロ(レアル・マドリー/スペイン)
アルトゥール(バルセロナ/スペイン)
ルーカス・パケタ(ミラン/イタリア)
フィリペ・コウチーニョ(バイエルン/ドイツ)

FW
ロベルト・フィルミノ(リヴァプール/イングランド)
リシャルリソン(エヴァートン/イングランド)
ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ/イングランド)
ウィリアン(チェルシー/イングランド)
ロドリゴ・ゴエス(レアル・マドリー/スペイン)※
ダビド・ネレス(アヤックス/オランダ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00010001-goal-socc
10/26(土) 6:38配信

【快挙】「相手はPKの2点だけ」U-22日本、敵地でタレント揃いのブラジル撃破で国内からは驚きと称賛の声  

65331_ext_04_0




1: ラッコ ★ 2019/10/15(火) 15:32:59.12 ID:W0qzdO0N9
「サンロレンソの奇跡」「相手はPKの2点だけ」U-22日本、タレント揃いのブラジルを撃破!国内からは驚きと称賛の声

■タレントを揃えたブラジルを相手に“敵地”での逆転劇!

 ブラジルに遠征中のU-22日本代表が10月15日、サンロレンソダマタのアレナ・ペルナンブコでU-22ブラジル代表と対戦。日本が3-2の逆転勝利を収めた。
日本は今夏のトゥーロン国際大会の決勝でPK戦の末にブラジルに敗れていたが、見事にリベンジを果たす形となった。

 立ち上がりの15分にPKで先制を許した日本だったが、28分に田中碧の強烈なミドルシュートが決まり同点。
さらに後半に入り52分、再び田中がミドル弾でネットを揺らし、逆転に成功した。
日本の勢いは止まらず、68分には中山雄太のスーパーミドルがブラジルゴールに突き刺さり3点目。
その後、再びPKで1点差に迫られたものの、終盤は堅守で逃げ切り、日本は敵地でブラジルを破るという快挙を成し遂げた。

 この勝利には国内からも驚きや称賛の声が相次いだ。ブラジル戦勝利を伝える日本代表公式ツイッターの投稿には
「凄い!相手はPKの2点だけ!」
「サンロレンソの奇跡」
「アウェイで勝つのは本当に凄い!」
「敵地でトゥーロンのリベンジ」
「田中ナーイス、前回のリベンジだ!」
「田中碧は冬移籍しそう」
「最高にいい試合でした」
などと、返信が寄せられている。

 ブラジルは今季ライプツィヒと5年契約を結んだマテウス・クーニャやレアル・マドリーも獲得を狙っているとされるコリンチャンスのペドリーニョらが先発、
後半途中にはレアル・マドリーに所属するロドリゴを投入するなど、錚々たるメンバーが出場。
局面では個々のレベルの高さを感じさせたブラジルだが、日本は堂々たる内容で勝利を掴み取った。

 来年、東京五輪を迎える日本にとっては、大きな自信になる1勝となったはずだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

サッカーダイジェストWeb 2019年10月15日
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=65331
画像:ブラジル相手に2点を決めた田中。ブラジルはマテウス・クーニャ(19番)などが先発した。(C) Getty Images

ハイライト動画
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=65331

<再放送予定>(※※再放送多数あり)
サッカー U-22日本代表 ブラジル遠征 国際親善試合 U-22ブラジル代表 vs. U-22日本代表| J SPORTS【公式】
https://www.jsports.co.jp/program_guide/02/12/84798_2229731/

<関連情報>
国際親善試合 ~ブラジル遠征~|JFA|公益財団法人日本サッカー協会
https://www.jfa.jp/national_team/u22_2019/20191014/

<関連スレ・関連記事>
【サッカー/疑惑のPK判定×2】U-22日本(3-2)U-22ブラジル 解説者「会心の試合。日本の2失点も『それPKか?』というPKですから」(※実質3-0!?)
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1571120966/
【サッカー】<地元メディア>ブラジル撃破のU-22日本代表を称賛!「我々のチームは、日本のGKを怖がらせることがほとんどできなかった」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1571097902/
【サッカー】ホームで日本に衝撃の逆転負け…ブラジルメディア落胆、ロドリゴらに厳しい評価
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1571114788/
【サッカー】U-22日本代表が“敵地”でブラジル撃破!ミドル3発、衝撃の逆転劇!!★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1571094636/
【サッカー】U-22日本代表、ブラジル戦スタメン発表
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1571077988/
【サッカー】U-22日本代表vsU-22ブラジル代表のテレビ放送が決定
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1570847440/
U-22日本代表、U-20サンパウロFC相手に3-0~ブラジル遠征~|日本サッカー協会
https://www.jfa.jp/national_team/news/00023077/

ホームで日本に衝撃の逆転負け…ブラジルメディア落胆、ロドリゴらに厳しい評価  

20191015-43472796-gekisaka-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/10/15(火) 13:46:28.89 ID:mbXotZMQ9
14日、東京五輪世代にあたるU-22ブラジル代表は、ホームでU-22日本代表と国際親善試合を行い、2-3で逆転負けを喫した。地元メディアの『グローボ』は、五輪連覇を目指すブラジルの敗戦に落胆している。

 6月に行われたトゥーロン国際大会決勝で日本と戦ったブラジルは、同点に追いつかれながらも、PK戦の末にPPK5-4で勝利をおさめ、2014年以来5年ぶりの優勝を果たした。その再戦の注目度は高く、アレナ・ペルナンブーコには7911人のサポーターが集まったという。

 だが、試合は前半16分にFWマテウス・クーニャがPKを決めて先制したものの、日本に3本のミドルシュートを決められて逆転。後半37分にはFWペドロがPKを決めて1点差とし、終盤に日本に退場者が出たが、同点に追いつくことができなかった。

 同メディアは「ブラジルの攻撃は、日本を打ち負かすには至らなかった。試合中、日本人を危険にさらすことは、ほとんどなかった」と厳しい評価。さらに選手採点では、DFホージェル・イバニェスにチーム最低の『3.5』をつけ、「多くのパスミスを犯した。特に前半は、チームメイトに謝りながら手を挙げた彼を見るのは簡単だった」と寸評をつけた。

 また、『4.0』をつけたFWパウリーニョについては「パフォーマンスは非常に悪かった。ネガティブなハイライトの1つ」。トゥーロン決勝で先制点を挙げたFWアントニーに対して「10日のベネゼエラ戦とは大きく違った。チャンスをつかむことができず、ほぼすべての1対1で負け、予想をはるかに下回った」として、『4.5』をつけた。

 さらに後半13分から途中出場したレアル・マドリーのFWロドリゴ・ゴエスには『5.5』をつけ、「左サイドで攻撃を加速させるために入り、時間が経つにつれて良くなかったが、危険な存在ではなかった」と厳しい言葉を添えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-43472796-gekisaka-socc

U-22日本代表が“敵地”でブラジル撃破!ミドル3発、衝撃の逆転劇!!  

20191015-00362930-usoccer-000-2-view[1]




1: れいおφ ★ 2019/10/15(火) 06:32:37.77 ID:0+nCmD7X9
[10.14 国際親善試合 U-22日本代表 3-2 U-22ブラジル代表]

U-22日本代表は14日、国際親善試合でU-22ブラジル代表とアウェイで対戦し、3-2で勝利した。

6月に行われたトゥーロン国際決勝で敗れたブラジルに対し、東京五輪に向けて強化を続けるU-22日本は、
4日前に行われたU-20サンパウロとの練習試合を3-0で勝利。そ

の日本は[5-4-1]の布陣で臨み、GKに大迫敬介、5バックに右から橋岡大樹、渡辺剛、立田悠悟、
町田浩樹、杉岡大暉、中盤に右から三好康児、田中碧、中山雄太、食野亮太郎、1トップに小川航基を据えた。

ドウグラス・ルイスやマテウス・クーニャらを先発で起用してきたブラジルに対し、開始3分に大迫のキックがカットされてピンチを迎える
。ヒヤりとする立ち上がりとなった中、守備を固めた日本だったが、15分に渡邉がボックス内のマテウス・クーニャに対し、足を高く上げたプレーがPKに。
これをマテウス・クーニャに決められ、ブラジルに先制された。

その後も自陣に引いて凌ぐ日本は20分、食野のミドルシュートで牽制すると、28分に追いついた。
ボックス手前右から田中がミドルシュートを放つと、GKは一歩も動けずネットを揺らした。同点として以降も守備に徹した日本は1-1で前半を終えた。

そして迎えた後半、52分に逆転する。決めたのはまたも田中。相手GKのキックミスをカットした流れから、ボックス手前中央の田中がミドルシュート。
DFにディフレクトしたボールがゴールに吸い込まれた。

逆転を受けてレアル・マドリーのロドリゴを左サイドに投入したブラジルが、そのロドリゴにボールを集めて打開を図るも、68分に日本が3点目を奪いきる。
ボックス手前右から中山が左足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。

しかし81分、立田がボックス内でハンドを取られ、2つ目のPKを宣告される。
これをペドロに決められ、1点差とされた日本は、85分に両足タックルを見舞った町田が一発レッドカードで退場に。
それでも三好に代えて菅原由勢を投入し、守備を固めた10人の日本が3-2で逃げ切り。敵地ブラジルで勝利する金星を挙げている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00362930-usoccer-socc

ミドル3発!! 衝撃の逆転劇!! U-22日本代表が“敵地”でブラジル撃破
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-43472787-gekisaka-socc
U-22日本代表、鮮烈ミドル3発でブラジルを敵地で撃破!田中碧が2発、中山雄太が3点目を奪取
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00065320-sdigestw-socc

【速報】サッカー日本代表さん外国籍選手の力を借りることなくアウェーでブラジル代表を撃破してしまうwww  

GettyImages-1172831864-1




1: 風吹けば名無し 2019/10/15(火) 06:05:28.14 ID:YEF+Cg/n0
ラグビーよ
これが本物の「日本代表」だ

U-22日本代表、10月のブラジルに続き11月にはコロンビアと対戦へ…森保監督「貴重な強化になる」  

20190926-43472064-gekisaka-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/26(木) 23:00:54.95 ID:IKUPLaDE9
 東京オリンピックに出場するU-22日本代表が11月に広島でU-22コロンビア代表とキリンチャレンジカップで対戦することが決定した。17年12月に始動して以降、国内では初の対外試合となる。試合はフジテレビ系で生中継される。

 同代表は10月にもブラジル遠征を実施し、同14日に現地でU-22ブラジル代表と対戦する。

 森保一監督は「コロンビアは世界のサッカー強国のひとつで、我々にとって個の力、チームの力を上げる貴重な強化の試合になる」とコメント。「オリンピックが平和の祭典と捉えられているなかで、東京オリンピックチームが世界で二つしかない被爆地(広島、長崎)で試合をする。我々も平和があるから大好きなスポーツができるということに感謝しながら臨みたい」と意気込みを語った。

対戦カード
U-22日本代表対U-22コロンビア代表

開催日時
2019年11月17日12時50分キックオフ

会場
エディオンスタジアム広島

テレビ放送
フジテレビ系列で全国生中継(一部地域を除く)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-43472064-gekisaka-socc

ブラジル国内人気No1はフラメンゴ!国民の20%が支持。2位はコリンチャンス(14%)。3位はサンパウロ(8%)  

20190919-00010002-nikkey-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/09/20(金) 09:06:13.92 ID:PT4lI/cE9
ブラジルの世論調査ダッタフォーリャによると、ブラジル国民の20%はフラメンゴファン(フラメンギスタ)で、14%はコリンチャンスファン(コリンチアーノ)であることがわかった。
 
 どのサッカーチームを応援しているかに関する調査は、8月末に国内175市在住の2878人を対象に行われた。3位はサンパウロFC(8%)で、4位がパルメイラス(6%)、5位には4%でヴァスコ・ダ・ガマ、クルゼイロ、グレミオが並び、8位タイは3%のインテルナシオナルとサントスFCだった。
 また、「どこのチームも応援していない」と答えた人も全体の22%いた。
 白人限定ではコリンチャンスが16%で、フラメンゴが13%、黒人限定ではフラメンゴが24%で、コリンチャンスは11%、褐色(パルド)ではフラメンゴが23%で、コリンチャンスが4%だった。
 ブラジルを、北部、北東部、中西部、南東部、南部に分けると、リオ州のフラメンゴ、サンパウロ州のコリンチャンスが共に属する南東部ではコリンチャンス18%に対し、フラメンゴが17%で拮抗した。北部、北東部、中西部では、フラメンゴが1位で、コリンチャンスが2位だった。
 南部だけは、南部に属するグレミオが1位。同じく南部に属するインテルナシオナルが2位。コリンチャンスは3位だった。

ホーム平均観客動員も唯一の5万人台

フラメンゴの人気はホームゲームの平均有料入場者数にも表れている。全国選手権全38節の半分にあたる19節までを消化した15日現在の平均観客動員数は、フラメンゴが5万694人で1位。2位のコリンチャンスは3万6621人、3位はサンパウロFCの3万6336人で、4位はパルメイラスの3万2475人だった。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190919-00010002-nikkey-socc

復帰戦のネイマールがコロンビア相手に1G1A! ラフプレーで一触即発の場面も 

20190907-43471371-gekisaka-000-3-view[1]

【珍事件】ブラジル1部、大量の“ミツバチ”がフラッグに群がりキックオフ遅延  

1: 久太郎 ★ 2019/08/21(水) 11:10:36.82 ID:HmbDQmUM9
ブラジル全国選手権1部の試合で、大量の“ミツバチ”により試合のキックオフが遅延を余儀なくされるという珍事が起きた。ブラジル『グローボエスポルチ』などが伝えている。

 予期せぬ災難に見舞われたのは、現地時間17日に行われたブラジル全国選手権1部第15節のフォルタレーザ対インテルナシオナウ戦。この試合のキックオフ前に、ピッチ隅のコーナーフラッグのひとつに大量のミツバチが群がっていた。

 フラッグ部分をほぼ覆い隠すほどのミツバチへの対応にスタジアム関係者は苦慮。消化器や放水で追い払うことを試みたが、一旦飛び去ったミツバチがまたすぐに戻ってきてしまい、無駄に終わったようだ。対処を試みる中でハチに刺されてしまったスタッフもいたという。

 最終的にはフラッグ自体を取り除き、薬品を撒いてなんとか試合を開始できたとのこと。この影響でキックオフは予定より約19分間遅れることになった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190821-00335122-footballc-socc

画像:閲覧注意
https://img.r7.com/images/fortaleza-internacional-17082019185104733?dimensions=660x360

https://img.jovempan.uol.com.br/uploads/2019/08/um-enxame-de-abelhas-atrasou-em-quase-20-minutos-o-inicio-de-jogo-no-castelao.jpg

no title

【残忍】ブラジルの刑務所で暴動、受刑者の頭を切断し蹴ってサッカーするギャングの姿が撮影される 

2a53c2a9




1: アンドロメダ ★ 2019/08/01(木) 20:07:39.66 ID:CAP_USER
ブラジル北部のアルタミラ刑務所で29日、ギャングによる暴動が勃発。
57人の受刑者が死亡する騒動になったが、切断された人間の頭をボール代わりに蹴りサッカーする囚人の姿が見られたようだ。

ギャング同士の争いにより死者57人を出した今回の暴動。
うち16名はナイフで頭部を切断されてしまったのだが、ギャングはこれらをボール代わりにしたようだ。
刑務所建物の屋根でサッカーをする受刑者らの姿が撮影され、世界を震撼させている。

ブラジル政府機関の発表によれば、アルタミラ刑務所の収容定員は163人ながら、事件当時343人の受刑者が収容されていたことが判明。
これに対して看守の数はたったの33人だったようだ。
大暴動が起きたのはここ2ヶ月で2度目であり、看守不足の問題が浮き彫りになっている。

https://livedoor.blogimg.jp/yurukuyaru/imgs/2/a/2a53c2a9.jpg
http://yurukuyaru.com/archives/80566772.html

https://nypost.com/2019/07/30/brazilian-prisoners-seen-playing-soccer-with-rivals-severed-heads/
https://www.bbc.com/news/world-latin-america-49163046
https://www.reddit.com/r/news/comments/cjswxe/brazil_prison_riot_leaves_57_dead_16_decapitated/

▼関連スレ
【ブラジル】アルタミラの刑務所で暴動:少なくとも死者57人 うち16人は頭部を切り離される [07/30]
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1564482811/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索